平成21年4月18日西日本新聞18面

福岡県久留米市は「人口あたりの焼き鳥店が全国1位(2003年)」。
ということで、毎年“久留米焼きとり日本一フェスタ”を開催したり、
去年はB−1グランプリを開催したりということで、
焼きとりの街「久留米」を積極的に売り出しています。

その久留米市に今年4月1日、
社団法人久留米焼きとり文化振興会が誕生しました。
以下、4月18日付け西日本新聞18面の記事より抜粋。

同振興会は9月4日を「串の日」と定めて同フェスタを開くほか、
同市の地鶏「さざなみ鳥」の普及に努める。
北海道室蘭市や山口県長門市など
全国の焼き鳥自慢の都市で巡回開催されている
「やきとりンピック」の誘致にも意欲的だ。

久留米の焼き鳥といえば、やっぱ豚バラでしょ!久留米の焼きとりって、
豚バラやダルムが名物だったり、馬の串焼きがあったり、
ものすごくバラエティに富んでいます。
ただ、地元産をうたったネタが少ないのも事実。

社団法人設立をきっかけに地元の畜産農家とコラボして、
地場産の鶏肉、豚肉、牛肉、馬肉をアピールできればいいですね。