普及畜産チャンネル

福岡県内の畜産技術情報、畜産物販売情報をご提供します。 なお、掲載情報は投稿日現在のものです。

現地情報(技術・アイディア)

飼料イネってどれくらい食べる?

飼料イネを食べる牛さん











(´▽`)朝倉2号です。
昨年より耕畜連携による飼料イネ生産の仕組みづくりに取り組みました。
その甲斐あって、21年の飼料イネ作付面積は大きく伸びそうです。

1日に14キロも食べますそうなると気になるのが飼料イネの給与方法。
去年から給与を始めた酪農家から
「なんか腹が張るっちゃんね〜〜」
とか言われて気になってました。
ということで、
以前より飼料イネを大量に給与している酪農家の
飼料給与内容を調査しました。

搾乳牛(乳量20kg/日)の場合
 配合飼料                        3.3キロ
 自家配                          2.4キロ
 オカラサイレージ                      4キロ
 ルーサン                         1.6キロ
 イタリアンライグラスラップサイレージ DM40%   14キロ
 飼料イネサイレージ(あきさやか) DM40%     14キロ

NRCで給与診断しても、なかなかいい具合です。

驚いたのは飼料イネを1日に14キロも給与していること。
これだけやると肋骨が開いてきて、
腹の大きな乳牛になったとのことでした。

腹が張ったりというトラブルがないか聞いたのですが、
特に困ったことなどはないとのこと。
秘訣を聞いたのですが、
「育成から飼料イネばやりようけんかね〜?」だそうです。

タチアオバのロールですそこで育成牛を見に行くと食べてました〜。
昨年10月下旬に収穫したタチアオバでした。
飼槽に山のように盛られた飼料イネを、
牛さんたちがモリモリ食べてます。

育成牛がガンガン食べてました来年の今ごろは、
耕種農家に作ってもらった
飼料イネのロールが
ごろごろしているはずです。

うまく使いこなして
エサ代を減らせるといいですね。   

乳房炎の分娩前診断(7回目)

採材中です














牛舎の横に咲いていた桃の花(´▽`)朝倉2号です。
1月から始めた乳房炎の分娩前診断。
朝倉市の酪農家で7回目の診断を行いました。
今日で11頭目。
だんだんポイントがわかってきた気がします。

4月5日分娩予定(分娩10日前)11頭目 4月5日分娩予定 分娩10日前 

 

 

 

 

 





分娩前初乳の診断結果
 1右前 シコリなし 色1 濁り  粘張度−  PL:色+/凝集3+
 2右後 シコリなし 色3 透明 粘張度3+ PL:色−/凝集−
 3左前 シコリなし 色1 濁り  粘張度−  PL:色−/凝集−
 4左後 シコリなし 色1 透明 粘張度−  PL:色−/凝集−

PLテスト右前の分房を治療しました今回は分娩10日前に行いました。
右前はサンプルにブツが入り、
PLの結果も乳房炎を示したので、
セファメジンを注入して
治療を行いました。

 試験場でのテストは → コチラ

 酪農家での1回目は → コチラ

 酪農家での2回目は → コチラ

 酪農家での3回目は → コチラ

 酪農家での4回目は → コチラ

 酪農家での5回目は → コチラ

 酪農家での6回目は → コチラ

調査項目、判断基準等については
↓「続きを読む」をクリックしてください。

続きを読む

いよいよ自走式汎用細断ロールベール収穫機の市販が近づいてきました

汎用収穫機2007版汎用収穫機リールヘッダ左 2007年仕様の汎用収穫機と自走式ラップマシン
右 リールヘッダ アタッチ、稲や麦の収穫に用いる

 吉木1号です。随分昔の記事で汎用細断収穫機について紹介しました。その後、サボって音沙汰無しにしておりましたが、色々と改良が追加され、2009年度に市販される予定になりましたので、経過についてご報告したいと思います。
 なお、この記事でご紹介するのは一昨年、2007年度の概要になります。最新2008年度の状況につきましては後の記事で詳しくご紹介したいと思います。

続きを読む

乳房炎の分娩前診断(6回目)

採材中です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(´▽`)朝倉2号です。
こないだから始めた乳房炎の分娩前診断。
朝倉市の酪農家で6回目の診断を行いました。

3月18日分娩予定(分娩14日前)
10頭目 3月18日分娩予定

 

 

 

 

 

 

 

 

 

分娩前初乳の診断結果
 1右前 シコリなし 色1+薄緑 透明 粘張度2+ PL:色−/凝集−
 2右後 シコリなし 色1+緑   透明 粘張度+  PL:色±/凝集−
 3左前 シコリなし 色1+薄緑 透明 粘張度2+ PL:色−/凝集−
 4左後 シコリなし 色1+緑   透明 粘張度+  PL:色±/凝集−

PLテスト

今回は分娩14日前に行いました。
このところ予定日より早めに分娩する牛が多いため、
診断もちょっと早めに実施したものです。

前の分房と後ろの分房でハッキリ別れた感じです。
ただ、乳房炎の兆候は感じられなかったので、
治療は行いませんでした。

 試験場でのテストは → コチラ

 酪農家での1回目は → コチラ

 酪農家での2回目は → コチラ

 酪農家での3回目は → コチラ

 酪農家での4回目は → コチラ

 酪農家での5回目は → コチラ

調査項目、判断基準等については
↓「続きを読む」をクリックしてください。

続きを読む

乳房炎の分娩前診断(5回目)

採材中で〜す

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(´▽`)朝倉2号です。
こないだから始めた乳房炎の分娩前診断。
朝倉市の酪農家で5回目の診断を行いました。

3月3日分娩予定(分娩6日前)
8頭目 3月3日分娩予定

 

 

 

 

 

 

 

 

 

分娩前初乳の診断結果
 1右前 シコリなし 色緑 濁り 粘張度3+ PL:色±/凝集−
 2右後 シコリなし 色2  濁り 粘張度+  PL:色±/凝集±
 3左前 シコリなし 色3  濁り 粘張度3+ PL:色±/凝集±
 4左後 シコリなし 色1  濁り 粘張度3+ PL:色+/凝集−

※「右後」だけ粘張度が+で乳房炎が疑われました。
  しかし、乳房炎の履歴がないため、治療はせず、
  分娩後の推移をみることとしました。

 

3月6日分娩予定(分娩9日前)
9頭目 3月6日分娩予定

 

 

 

 

 

 

 

 

 

分娩前初乳の診断結果
 1右前 シコリなし 色1  濁り 粘張度2+ PL:色−/凝集−
 2右後 シコリなし 色1  濁り 粘張度2+ PL:色−/凝集−
 3左前 シコリなし 色緑 濁り 粘張度2+ PL:色−/凝集−
 4左後 シコリなし 色1  濁り 粘張度2+ PL:色−/凝集−

※特に問題なしと判断しました。

 

 試験場でのテストは → コチラ

 酪農家での1回目は → コチラ

 酪農家での2回目は → コチラ

 酪農家での3回目は → コチラ

 酪農家での4回目は → コチラ

 

調査項目、判断基準等については
↓「続きを読む」をクリックしてください。

続きを読む
現在のアクセス数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

チャンネルオーナー
畜産の生産技術等に関する情報交換の場をWEB上に作りたいと思い、このブログを立ち上げました。新情報等ありましたら、まずはメールでご提供ください。

お問い合わせ等はコチラ
agrikurume19@gmail.com
タグクラウド検索
最新コメント
livedoor 天気
月別の記事
livedoor プロフィール

fukyuu

  • ライブドアブログ