普及畜産チャンネル

福岡県内の畜産技術情報、畜産物販売情報をご提供します。 なお、掲載情報は投稿日現在のものです。

現地情報(その他)

杉さん主催の一遍上人上映会に参加しました。

杉勝也さんとスティーヴ・エトウさん

今日が締め切りの原稿抱えてます、(´▽`)朝倉2号です。

こないだご紹介した映画一遍上人のライブ上映が、
3月29日に日田リベルテで行われました。
たくさんのお客さんが集まり、熱気に包まれたイベントでした。

日田リベルテ階段をのぼると・・・アグリオールスターズ


アグリオールスターズのカレーや、
森光牧場の牛乳とジェラートが振る舞われ、幸せな気分にw

アグリオールスターズのカレー森光牧場の牛乳森光牧場の牛乳を使ったジェラート


圧巻はスティーヴ・エトウさんのライブ。
こいつはしびれました。



映画上映も、スティーヴさんが生演奏で音楽をつけるという特別版。
すっごい満足して帰途につきました。
参加して良かった〜〜〜〜。

はかた一番どり推進協議会が小学校で出前授業を実施

久留米・日吉小 地域の食文化学ぶ

お仕事があいかわらず忙しい(´▽`)朝倉2号です。
今朝の読売新聞に「やきとりの串刺し体験」という見出しで
地域の食文化を学ぶ出前授業が久留米市立日吉小学校で開催され、
5年生約70人がやきとりの串刺しを体験したことが載っていました。

この出前授業は「はかた一番どり推進協議会」が開催したもので、
11月25日と30日の2回に渡って行われました。

 25日 ・ひよこが生まれる様子の観察
      ・鶏の誕生から出荷されるまでのお話し
 30日 ・中抜き解体実演の見学
      ・やきとりの串刺し体験

子どもたちからいろんな質問が出るなど、印象深い授業だったようです。

はかた一番どり推進協議会は数年前から食育に力を入れており、
20〜21年度は久留米筑水高校で教育ファーム、
22年度は日吉小学校の他に、福岡市内の1校で出前授業を開催。
今年10月には会員の古賀さんが「地産地消の仕事人」に選定されました。

これからも古賀さんを中心に出前授業等を行うことで、
消費者の皆さんに養鶏のこと、はかた一番どりのことを、
広く知っていただけるのではないかと期待しています。

はかた一番どり推進協議会がくるめ農業まつりで食育講座開催

博多一番どり推進協議会が食育講座

本日、久留米市で開催されたふるさとくるめ農業まつりにおいて、
はかた一番どり推進協議会が食育講座を開催しました。

まずはひよことのふれあい体験。
かわいいひよこに子どもたちは大はしゃぎ。
大人も顔をほころばせていました。

ひよこ、さわりたい。ひよこひよこ、かわいいね。


「地産地消の仕事人」古賀宣彦

今回の講座を企画したのは、(株)久留米孵卵場の古賀さん。
古賀さんは先日、農林水産大臣から
「地産地消の仕事人」に認定されたばかり。
今回の講座も張り切っておられました。

※「地産地消の仕事人」については → コチラ

その古賀さんが、受精卵からひよこが育っていく様子や、
生まれてから出荷されるまでの流れなどを、
エサの実物や動画などを使いながら、わかりやすく説明。
参加されたお客さんも真剣に聞いてました。

古賀さんの講義皆さん、真剣です

次に、はかた一番どりの食鳥処理を行っている(株)あらいの工場長さんが、
さすがプロの技って感じで、手際よく、中抜きの解体を実演。
解体のポイントや昔と今の消費者意識の違いなども
一緒に解説し、お客さんも一緒になってうんうんってうなづいてました。

工場長の中抜き解体実演かぶりつきです。

最後は解体した鶏肉をジャンケンゲームでプレゼントして終了。
お客さんはニコニコしてお帰りになりました。

はかた一番どり推進協議会はこのような食育講座の他、
小学校での出前授業にも取り組んでおられます。
これからも養鶏に関する理解醸成、鶏肉の消費拡大のため、
がんばっていただきたいです。

久留米筑水高校で教育ファーム〜食鶏処理場を見学〜

食鶏処理場見学

(´▽`)朝倉2号です。
5月に開講した久留米筑水高校の教育ファーム。
最後となる8回目のイベントは食鶏処理場の見学です。
生徒たちが見学させて頂いたのは古賀市にある株式会社あらい
「はかた一番どり」の処理を一手に引き受ける工場です。


食鶏処理場見学&モモ肉骨抜き体験

今回の食鶏処理場見学は、命あるものが食べ物になることを
生徒たちに知って欲しいという想いで企画されました。


青いかごの中には鶏が入ってます生徒たちは工場への鶏の搬入、放血、脱羽から
内臓を取り出して中抜きになる工程、
また、砂肝を処理する工程などを見学しました。
工場長さんや営業課長さんからは
処理工程について詳しく教えて頂きました。
今まで見たことのない「鶏が鶏肉になる現場」に
固まっちゃってる生徒も見られました。

工場長から説明を受けてます砂肝を処理してます










もも肉の骨抜き体験
処理ラインを見せていただいたあとは、
モモ肉の骨抜き作業を体験しました。
作業員のかたが見本を見せてくれたのですが、
そのあまりの早さと正確さに
みんな驚いていました。






最後に工場の方々にお礼を言って、高校に戻りました。



お勉強の時間です。

学校に戻ってお勉強です学校に戻ってからはお勉強の時間。
久留米の農畜産物を
   久留米の人に食べてもらうには?
」 
というテーマのワークショップです。
4〜5人ひと組の3班にわかれ、
ブレスト&KJ法でまとめて発表です。

生徒たちは、これまでの半年間に様々な体験をとおして得たものを
いろんなアイディアにして出してくれました。

ブレストまとめ中(1班)ブレストまとめ中(2班)ブレストまとめ中(3班)






最後に発表













はかた一番どり推進協議会が久留米筑水高校と一緒に行う
教育ファームの取り組みは今回が最終回。
あとは閉校式を残すのみとなりました。
生徒たちがどんなことを感じ、どう変わったのか、最後に聞いてみたいです。

久留米筑水高校で教育ファーム〜スローフードフェスタに参加〜

てりやきチキンチーズバーガー&チェリーバーガー

(´▽`)朝倉2号です。
5月に開講した久留米筑水高校の教育ファーム。
7回目のイベントは“筑後スローフードフェスタ”への参加。
10月11・12日の二日間に渡って開催されたシンボルイベントに参加し、
久留米バーガーを調理、販売してまいりました。

生徒たちが販売したのは
 ・てりやきチキンチーズバーガー
 ・チェリーバーガー
 ・からあげ
の3アイテム。
どれも地元の食材をぜいたくにつかった逸品です。

てりやきにしていますキャベツをバンズにはさんでますからあげも揚げました




いらっしゃいませ〜朝9時に集合してお店の準備。
11時に開店してからは、
一生懸命持ち場で頑張っていました。
で、14時頃には売り切れ。
買えなかったお客さん、ごめんなさい。








旨そうに食べる生徒たち。う〜む、うらやましい旨そうな「まかない」です




生徒たちにはごほうびに、
超豪華な「まかない」がふるまわれました。
てりやきチキンと馬の焼き肉と
森光さんちのチーズをはさんだもの。
う〜む、ウラヤマシイ。

5月に開講したこの教育ファームも、
11月の食鶏処理場見学が最後です。
この半年でいのちの大切さや農畜産業の現場のことを
少しでも感じてくれていたら嬉しいです。

最後に案山子と一緒に記念撮影

現在のアクセス数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

チャンネルオーナー
畜産の生産技術等に関する情報交換の場をWEB上に作りたいと思い、このブログを立ち上げました。新情報等ありましたら、まずはメールでご提供ください。

お問い合わせ等はコチラ
agrikurume19@gmail.com
タグクラウド検索
最新コメント
livedoor 天気
月別の記事
livedoor プロフィール

fukyuu

  • ライブドアブログ