普及畜産チャンネル

福岡県内の畜産技術情報、畜産物販売情報をご提供します。 なお、掲載情報は投稿日現在のものです。

収集した情報

cocomi6月号は船小屋牛特集♪

cocomi6月号は船小屋牛特集♪

今日も絶賛リバウンド中、朝倉2号(^^;)です。

筑後・鳥栖地域のフリーマガジンcocomi(ココミ)。
その6月号は筑後市のブランド牛肉「船小屋牛」特集です♪

 ※今が大好きなオトナたちへお届けするフリーマガジンcocomi
  公式サイトは → コチラ
  フェイスブックページは → コチラ

船小屋牛は約8年前に筑後市の實本牧場で誕生したブランド牛肉。
お父さんが黒毛和種、お母さんがホルスタイン種という交雑種を、
酒粕、ビール粕、パン屑、おからなどを混ぜたオリジナル飼料
「太っちゃん」を与えて育てています。

實本牧場の船小屋牛

うまそ〜〜〜♪

cocomi6月号は實本さんが船小屋牛にたどり着くまでの苦労話や、
船小屋牛が買える4軒のお肉屋さんなどを掲載。
「食べてみた〜い♪」という方に嬉しい配慮ですね〜。

「cocomiを読みたいけど、さすがに筑後までは・・・」という方、だいじょ〜ぶ。
cocomi公式サイトで船小屋牛特集を読むことができるのです。
まぁ読んじゃうと食べたくなって、
けっきょく筑後に行くことになっちゃうと思うけど〜〜w

 ※cocomi「筑後発! 知らざれる幻のブランド牛」は → コチラ

實本さんが愛情をこめてじっくり育てた船小屋牛。
ぜひぜひお召し上がりくださいね。

筑豊フェアは9月30日開催です!

筑豊フェアは9月30日開催です!

朝倉2号です。

こんどの土曜日、9月30日に天神中央公園で開催される筑豊フェア2017。
王塚太鼓やキッズダンスが披露されたり、ゆるキャラが大集合したり、
筑豊グルメが堪能できたり、物産品を買うことができたりというイベントなんですが、
県産畜産物も盛りだくさんなんです〜♪

 ※筑豊フェア2017の公式サイトは → コチラ

で、出店するお店と販売する畜産物は次のとおり。

 〇森本牧場 筑穂牛串
 〇宮の上げんき 筑穂牛バーガー
 〇JAふくおか嘉穂 筑穂牛カレー(レトルト)

  ※ちくほ牛ファンクラブのフェイスブックページは → コチラ

 〇赤崎牛 赤崎牛

  ※赤崎牛の公式サイトは → コチラ

 〇筑前飯塚たまご処卵の庄 プリン、チーズケーキ、げんきタマゴン等

  ※たまご処卵の庄のフェイスブックページは → コチラ

 〇野上養鶏場 味宝卵、プリン、カステラ、親鶏の炭火焼き

  ※味宝卵の公式サイトは → コチラ

 〇手作りデザートCHICHIYA 大庭牛乳でつくったジェラート

  ※CHICHIYAの公式サイトは → コチラ

というわけで、9月30日は天神中央公園にぜひお出かけください。
人気商品ばかりなので、早くいかないと売り切れちゃいますよ〜w


 筑豊フェア2017
  主催/筑豊フェア実行委員会
  日時/平成29年9月30日(土)11時〜15時30分
  会場/福岡市中央区天神1−1天神中央公園(地図
  公式サイトは → コチラ

出店一覧

クックパッドに “はかた地どり” 登場!

クックパッドに「はかた地どり」登場!

職場のエアコンがまだ動きません、(´▽`)朝倉2号です。

本日、そんな職場に届いた西日本新聞夕刊に
「国内最大級 食のサイトに県公式ページ」という記事が載ってました。
国内最大級のインターネット料理レシピ検索・投稿サイト「クックパッド」に
福岡県産農林水産物を使った料理のレシピなどを掲載する公式サイト
「福岡県のキッチン」を開設したというものです。

 ※公式サイト「福岡県のキッチン」は → コチラ

 ※西日本新聞の記事は → コチラ

記事のなかでは福岡県のキッチンに掲載された
はかた地どり」を使った郷土料理「白おこわ」のことが
けっこう詳しく紹介されているんです。

こんなに詳しく・・・筑紫野市の郷土料理「白おこわ」

白おこわの由来や、料理研究家山際先生のアレンジのことも紹介されてます。
西日本新聞さん、ありがと〜。

福岡県のサイトには、白おこわの他、
博多和牛と厚揚げの辛味噌炒めなどなど、
多彩なレシピが掲載されてます。

「今日のごはん、何にしようかな?」ってときは、
ぜひクックパッドで「福岡県のキッチン」を見てくださいね。

雷山イデア牧場の井手さんが紹介されました。

雷山イデア牧場 井手剛寛さん

(´▽`)朝倉2号です。

糸島市で養豚業を営む雷山イデア牧場の井手剛寛さんが、
無料情報誌月刊めさーじゅ10月号で紹介されました。

 ※雷山イデア牧場のfacebookページは → コチラ

この記事を読むまでまったく知らなかったんだけど、
雷山イデア牧場の豚肉には

 雷山豚

という名前がついてたんですね〜。
加工品にある「豚舎伝助」が、豚肉の銘柄と思ってました。

糸島発!究極の“雷山豚”メニューしかも、明太子のふくやを通じ、
もう3年も前から福岡のレストランに
卸してるらしいのです。

なんでもめさーじゅ主催で
雷山豚の試食会が行われたらしく、
「究極の雷山豚メニュー」が
いくつも紹介されています。
(料理の写真がすんげー旨そうなの〜)

 ※究極の雷山豚メニューは → コチラ


これまで福岡県内を徘徊しw、
ブランド畜産物はひととおりおさえたつもりでしたが、
まだまだひよっこってことですな。

というわけで、これからも精進を続けてまいりますので、
ご指導ご鞭撻いただきますよう、よろしくお願い申しあげますw

 ※雷山イデア牧場の直売所のご紹介は → コチラ

   雷山豚の加工品のご紹介は → コチラ

“銘柄豚肉ハンドブック’12”が発行されました。

銘柄豚肉ハンドブック’12

なんだかおなかがすきません、(´▽`)朝倉2号です。

このほど、“銘柄豚肉ハンドブック ’12”が発行されました。
この本は全国の銘柄豚肉を多数掲載したモノ。
2000年に発行された初版は179銘柄掲載だったのが、
03年版、05年版、09年版と改訂されるたびに銘柄が増え、
今回の12年版では380銘柄と初版の倍になりました。

で、掲載されている福岡県内の銘柄豚肉も大幅に増加。
09年版の3銘柄から12年版では12銘柄の4倍になりました。
養豚農家の皆さんの頑張りが認められたようで、
私もすんごく嬉しいです〜〜。


銘柄豚肉ハンドブック ’12掲載の福岡県内の豚肉

 あかむら豚(柏木畜産)

 一貴山豚(いきさん牧場) → ウェブサイト

 糸島玄海ポーク(クリエイティブ協同)

 糸島豚(糸島農業協同組合) → ウェブサイト

 糸島雷山ポーク(良川養豚) → ウェブサイト

 千年豚(庄山農場) → ウェブサイト

 乳豚(梅田畜産) → ウェブサイト

 博多すぃ〜とん(JA全農ミートフーズ九州支社) → ウェブサイト

 はかたもち豚(JA全農ミートフーズ九州支社) → ウェブサイト

 博多夢豚(井上ピッグファーム) → ウェブサイト

 久山やよい豚(中村畜産) → ウェブサイト

 耳納いっ一とん(吉井町養豚組合) → ウェブサイト


ただ、この12銘柄以外にも県内にはいろんな豚肉が生産されています。
次回(’15年版?)ではもっといろんな銘柄豚肉を載せていただけるよう、
生産者の皆さんを応援していきたいと思います。

 ※現時点でつかんでいる県内の銘柄豚肉の詳細は → コチラ

現在のアクセス数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

チャンネルオーナー
畜産の生産技術等に関する情報交換の場をWEB上に作りたいと思い、このブログを立ち上げました。新情報等ありましたら、まずはメールでご提供ください。

お問い合わせ等はコチラ
agrikurume19@gmail.com
タグクラウド検索
最新コメント
livedoor 天気
月別の記事
livedoor プロフィール

fukyuu

  • ライブドアブログ