普及畜産チャンネル

福岡県内の畜産技術情報、畜産物販売情報をご提供します。 なお、掲載情報は投稿日現在のものです。

むねちゃんちの健康豚

中島農産で農業農村体験ツアーが開催されました。

中島農場で農業農村体験ツアーが開催されました。

ちょっと熱っぽいぞ〜、(´▽`)朝倉2号です。

先日、大木町の中島農産で農業農村体験ツアーが開催されました。
「農業農村体験ツアー」とは、
福岡県(農林水産部食の安全・地産地消課)が主催のイベント。
農業に親しんでもらうために「ふくおか農業応援ファミリー」を無料で招待し、
年間30回以上行われているものです。

 ※詳しくは → コチラ(ふくおかの農業応援団)

中島さんご夫妻今からアスパラを収穫します。

まずは中島農産の中島さんご夫妻からごあいさつです。
中島さんが育てているのは肉豚、アスパラに合鴨米。
消費者との交流活動も積極的に取り組んでおられ、
毎年11月の収穫祭にはたくさんのお客さんがこられるんだとか。

 ※中島農産の紹介は → コチラ(スローフード協会筑後平野HP)


まずはアスパラを収穫します。

参加者の皆さんが最初に向かったは、アスパラガスのハウス。
中島さんは、養豚で出たフンや敷料を良質な堆肥にし、
26aのハウスに施用しています。
土をふかふかにするためにも堆肥は欠かせないそうで、
今年は10aあたり7トンも入れたんだとか。

そんなハウスでそだったアスパラを
「これが大きいっちゃない?」「おかあさん、これがいい」って感じで
皆さん収穫していかれます。
アスパラがはえてる様子を初めて見た方も多く、
思い思いに記念写真を撮っておられました。

根本から切りますお母さんといっしょ

こんなに採りました記念写真


キノコ菌床を使った豚舎を見学

中島さんが飼っている豚は2200頭で、年間出荷6000頭にもなります。
その多くがサニーなどで売ってる「博多もち豚」になるとともに、
一部は道の駅おおきのデリ&ビュッフェレストランくるるんで、
豚肉料理やソーセージなどで提供されているんです。

ここの豚舎の特徴は「キノコ菌床くずを使った発酵床」であること。
地域特産のキノコ栽培で発生した菌床くずを敷料として使用することで、
豚舎自体の臭いが少なくなり、良質の堆肥ができるんだそうです。

「ほ〜ら、豚さんがこっちに寄ってくるよ、人なつっこいっちゃね〜」
ふだんはなかなか見ることのできない豚の様子を
みなさん、興味深げに見ておられました。

2200頭ほど飼ってます豚さん

キノコの菌床を床に敷いています。フンは堆肥にしてアスパラに施用します。


アスパラの豚肉巻きを作りました。

さて、お次は中島さんが育てたアスパラを
中島さんが育てた豚肉で巻いて焼く、アスパラの豚肉巻きづくり体験です。
これには子どもさんが大喜び。
上手にくるくるまいてました。

アスパラに豚肉を巻いていきます。中島農産の豚肉とアスパラ

おばあちゃんと巻き巻きできあがったアスパラの豚肉巻きヤキヤキします

できあがった豚肉巻きと、
地元の皆さんが用意してくれた豚汁、キノコごはん、
アスパラとキャベツの味噌和え、お漬けものでお昼ごはんです。
いや〜、これには皆さん大満足されてましたよ〜。

いただきま〜すおいしいよ

アスパラの豚肉巻きキャベツとアスパラの味噌和え

キノコごはん豚汁お漬け物

こんな美味しいツアーに無料でご招待いただける農業応援ファミリー。
こいつは登録するしかないですね〜。
ちなみに、今回のツアー、
定員50名のところに300名の応募があったそうです。
スゲ〜。

 ※ふくおかの農業応援ファミリーについては → コチラ


テレビで紹介されます〜。

で、今回のツアー、実はテレビ取材が入ってました。
取材に来たのはアイドルグループLinQ(リンク)の 岸田麻佑さん原直子さん
4月から始まる福岡県の広報番組“ふくおかにリンク”で
アスパラ収穫や豚舎見学、料理体験の様子が紹介されるそうです。

4月7日(日)朝8時55分、TNCでの放送になります。
皆さん、ぜひご覧下さいね〜。

 ※LINQの公式サイトは → コチラ

LINQの岸田さんと原さん

豚さんを見てま〜す。楽しかったで〜す

見つけた!むねちゃんちの健康豚ソーセージ

むねちゃんちの健康豚ソーセージ

(´▽`)朝倉2号です。
道の駅おおきの農産物直売所くるるん夢市場で、
“むねちゃんちの健康豚ソーセージ”を見つけました。
「宗ちゃん家の健康豚」を生産しているのは中島農産の中島宗昭さん夫婦。
美味しい豚を生産しつつ、そこからでる堆肥をつかい
おいしい米、野菜なども生産しておられる農場です。

 ※中島農産の紹介
   スローフード協会の「もっと知りた〜い! ちっご訪問記」は → コチラ
   「自然循環型農業による地域農業・農村の活性化」は → コチラ

このソーセージはもう1年以上前に、道の駅のレストランで味わったもの。
そのときはレストラン限定だったんですが、
やっと直売所で買えるようになりました。

 ※いつも大賑わいのレストランのご紹介は → コチラ

こうやって、顔の見える畜産物が増えていくのは嬉しいですね。



道の駅おおき「くるるん夢市場」 道の駅おおき“くるるん夢市場”

  住所/福岡県三潴郡大木町大字横溝1331−1
  電話/0944−75−2150
  営業時間/9時30分〜18時30分(4〜9月)
         9時30分〜18時(10〜3月)
  公式ウェブサイトは → コチラ






大きな地図で見る

道の駅おおきに“宗ちゃんちの健康豚”登場!

道の駅おおきの“デリ&ビュッフェくるるん”






















(´▽`)朝倉2号です。
今年4月にオープンした“道の駅おおき”にあるデリ&ビュッフェくるるんは
地元の農産物を美味しく食べさせてくれる人気コーナー。
そこで地元産の「宗ちゃん家の健康豚」を味わうことができます。

「宗ちゃん家の健康豚」を生産しているのは中島農産の中島宗昭さん夫婦。
美味しい豚を生産しつつ、そこからでる堆肥をつかい
おいしい米、野菜などを生産しておられる農場です。

 ※中島農産の紹介
   スローフード協会の「もっと知りた〜い! ちっご訪問記」は → コチラ
   「自然循環型農業による地域農業・農村の活性化」は → コチラ


で、“デリ&ビュッフェくるるん”に行ってきました。
お客さんがすんごい多いの!
土曜日ってこともあったんでしょうが、
開店時間の朝11時にはお店の前に行列ができてました。
前もって受け付け簿に名前を書いておくといいですね。

くるるんの看板農家の皆さん営業時間は朝11時から



開店前にはこんな行列が健康を食べに来てくださいオープンキッチン



しばらくして名前を呼ばれ、やっとのことで中に入りました。
料金は前払い制。
大人1350円、小学生800円、幼児400円、70歳以上1000円。
厨房はオープンキッチンで、
スタッフの皆さんがさまざまな料理を作っているのを見ることができます。

美味しそうな料理が並ぶなか見つけました〜〜。
中島さんが生産した「宗ちゃん家の健康豚」を使った料理の数々。
豚肉のソテー、焼きうどん、ソーセージ、スパゲティなどなど
美味しい料理がいっぱい並んでしました。
なんでもここで使っている豚肉はすべて中島さんちの豚肉とのこと。
思わず何回もおかわりし、お腹いっぱいになるまで堪能してしまいました。

おいしそうな料理が並びます地元の野菜を使ったサラダとドレッシング宗ちゃんちの健康豚ソーセージ








宗ちゃんちの健康豚ソーセージパスタ焼きうどん宗ちゃん家の菜の花米








でもデザートは別腹ですw
ここの名物はチョコフォンデュ。
イチゴやバナナなどのフルーツに流れるチョコをつけて食べるものです。
子どもは大喜びですよ〜。
ひとつ残念だったのは牛乳、
せっかく地元のものにこだわってるんですから、
「柳川牛乳」を使って欲しかったですね〜。

チョコフォンデュ牛乳








“デリ&ビュッフェくるるん”の横にある
“JA福岡大木農産物直売所 くるるん夢市場”には、
新鮮な野菜の他に「はかた地どり」などの畜産物もありました。
きのこの生産が盛んな大木町らしく「きのこ もぎとり体験」もありました。

はかた地どりの新商品「焼肉用」キノコのもぎ取り








“宗ちゃん家の健康豚”をはじめ、
新鮮で美味しい地元産の農畜産物を味わうことのできる「道の駅おおき」。
皆さん、ぜひお出かけください。

※「道の駅おおき」のウェブサイトは → コチラ




大きな地図で見る
現在のアクセス数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

チャンネルオーナー
畜産の生産技術等に関する情報交換の場をWEB上に作りたいと思い、このブログを立ち上げました。新情報等ありましたら、まずはメールでご提供ください。

お問い合わせ等はコチラ
agrikurume19@gmail.com
タグクラウド検索
最新コメント
livedoor 天気
月別の記事
livedoor プロフィール

fukyuu

  • ライブドアブログ