普及畜産チャンネル

福岡県内の畜産技術情報、畜産物販売情報をご提供します。 なお、掲載情報は投稿日現在のものです。

サイレージ

フレコンバッグでオカラサイレージを作ろう

オカラと濃厚飼料を混ぜたものの山 向こうにフレコンバックが見える

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(´▽`)朝倉2号です。エサ高騰の折、オカラなどの食品製造副産物をなんとかエサとして利用したいという声を聞きます。この普及畜産チャンネルでもサイロを利用してオカラサイレージを製造する方法をご紹介して参りました。

 参照 オカラサイレージの作り方(2008年3月)
     宗像市のすすき牧場(2007年12月)

で、こないだある肉牛農家でフレコンバッグを利用してオカラサイレージを作っている場面に出会いました。社長さんのお話によると「サイロだと部分的に腐敗する恐れがある」「フレコンバッグを利用することでどこにでも保管できる」んだそうです。というわけで、フレコンバッグを利用したオカラサイレージの製造方法をご紹介します。

続きを読む

オカラサイレージの作り方

(´▽`)朝倉2号です。地球温暖化をきっかけに、トウモロコシをはじめとした飼料穀物の価格が高騰しているのはご存じのとおりです。そのため比較的安価に利用できる食品製造副産物に注目が集まっています。でも、いままで利用していなかったということは、何か理由があるということ。成分が不安定だったり、腐敗しやすかったり、給与に手間がかかったり、どこかに欠点があるのです。

朝倉地域でよく利用されているのが豆腐を製造するときにできるオカラ。日本最大のアゲ屋さん「オーケー食品」から大量のオカラがでるので、酪農のエサとして以前から盛んに利用されてきました。特に馬田地域にはオカラを発酵させてサイレージとすることで、腐りやすいと言うオカラの欠点をカバーして、安定的に給与する酪農家が多く存在します。そこで今回はオカラサイレージの作り方をご紹介します。

A牧場のオカラサイレージの作り方
 原   料 オカラ     4立米
        圧ペン大麦   1立米
        ビートパルプ 1立米
        糖蜜飼料   60kg
 発酵期間 鉄板サイロに詰め5週間密封して発酵

オカラ2トン車2台分です

オカラを2トン車に2台分用意します
豆腐屋さんから持ってきて、その日のうちにサイロに詰めないと腐ってしまいます。注意しましょう。

 

 

続きを読む

お肉づくりへの気持ちに感動〜宗像市のすすき牧場〜

直営店ならではの安さ!直営店「肉のススキ」(´▽`)朝倉2号です。宗像市東郷にある肉のススキマルキョウ店に行ってきました。このお店は地元の「株式会社すすき牧場」直営店だけあって美味しくて安いお肉が揃ってます。
オススメはもちろんすすき牧場産の宗像牛。見事な霜降りのお肉が考えられない安値で売られてるんで、思わず店長さんに「商売にならないでしょ」と聞いちゃいましたw サガリを買って帰って焼いて食べると肉の味が濃厚で、ジューシーで美味い。こんなお店が地元にある宗像の方々がウラヤマシイです。

どうやって、こんな美味しいお肉を作っているんでしょう?
知りたい方は↓続きを読むをクリック。

 

 

続きを読む
現在のアクセス数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

チャンネルオーナー
畜産の生産技術等に関する情報交換の場をWEB上に作りたいと思い、このブログを立ち上げました。新情報等ありましたら、まずはメールでご提供ください。

お問い合わせ等はコチラ
agrikurume19@gmail.com
タグクラウド検索
最新コメント
livedoor 天気
月別の記事
livedoor プロフィール

fukyuu

  • ライブドアブログ