普及畜産チャンネル

福岡県内の畜産技術情報、畜産物販売情報をご提供します。 なお、掲載情報は投稿日現在のものです。

タチアオバ

飼料イネってどれくらい食べる?

飼料イネを食べる牛さん











(´▽`)朝倉2号です。
昨年より耕畜連携による飼料イネ生産の仕組みづくりに取り組みました。
その甲斐あって、21年の飼料イネ作付面積は大きく伸びそうです。

1日に14キロも食べますそうなると気になるのが飼料イネの給与方法。
去年から給与を始めた酪農家から
「なんか腹が張るっちゃんね〜〜」
とか言われて気になってました。
ということで、
以前より飼料イネを大量に給与している酪農家の
飼料給与内容を調査しました。

搾乳牛(乳量20kg/日)の場合
 配合飼料                        3.3キロ
 自家配                          2.4キロ
 オカラサイレージ                      4キロ
 ルーサン                         1.6キロ
 イタリアンライグラスラップサイレージ DM40%   14キロ
 飼料イネサイレージ(あきさやか) DM40%     14キロ

NRCで給与診断しても、なかなかいい具合です。

驚いたのは飼料イネを1日に14キロも給与していること。
これだけやると肋骨が開いてきて、
腹の大きな乳牛になったとのことでした。

腹が張ったりというトラブルがないか聞いたのですが、
特に困ったことなどはないとのこと。
秘訣を聞いたのですが、
「育成から飼料イネばやりようけんかね〜?」だそうです。

タチアオバのロールですそこで育成牛を見に行くと食べてました〜。
昨年10月下旬に収穫したタチアオバでした。
飼槽に山のように盛られた飼料イネを、
牛さんたちがモリモリ食べてます。

育成牛がガンガン食べてました来年の今ごろは、
耕種農家に作ってもらった
飼料イネのロールが
ごろごろしているはずです。

うまく使いこなして
エサ代を減らせるといいですね。   

飼料イネ専用品種タチアオバを収穫しました

モアで刈り取ってます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(´▽`)朝倉2号です。本日、朝倉市で飼料イネ専用品種タチアオバの収穫が行われました。

タチアオバは多収で倒伏に強い極晩生品種で、福岡県南地域で広く栽培されています。ところが朝倉地域でには導入されてませんでしたので、飼料自給率向上のため展示ほを設置し、近隣の酪農家や地域の農家の皆さんに見て頂いてました。

ロールベーラでまきまきします

飼料イネのロールです

 

 

 

 

収穫したタチアオバはすぐにロール、ラップされました。
管理をお願いしていた酪農家の奥さんによると、タチアオバの収量は直径1mのロールで10aあたり20個。食用品種の「あきさやか」は10個だったということですから、その多収性は驚くばかりです。

あと心配なのは嗜好性。倒伏に強いだけあって茎が太いので、機会があればこの場でまたご報告したいと思います。吉木1号さんから「採食良好」って報告があってるので大丈夫だと思うんですけどね。

続きを読む

飼料イネ専用品種タチアオバを疎植しました

タチアオバの田植えです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(´▽`)朝倉2号です。本日、吉木1号氏の指導のもと、飼料イネ専用品種タチアオバの田植えを行いました(もちろん私がではなく、試験委託先の酪農家の方が、ですが)。
レバーで1株あたりの苗本数を調整今回の田植えでは、1株あたりの苗数を少なくすることで苗箱数を減らし、飼料イネ作付けにかかるコストを下げる試験をお願いしています。1株あたりの苗数を減らそうとすると欠株が心配されます。が、いままで行われた試験のデータでは、5%程度の欠株では大きな減収はないため特に問題はないとのこと。

そこで、かき取り本数と欠株率をみながら、田植機のかき取り本数調整レバーを下から2番目に設定。約42アールのほ場に田植えをしてもらい、使用した苗箱は52箱でした。

1株あたりの苗は3〜4本くらいか?

で、これが田植えした苗の状態です。
1株あたり3〜4本かと思います(詳しくは吉木1号氏がデータをとってるので、わかり次第追記します)。多少寂しいのかもしれませんが、1本でも植わっていれば大丈夫なんだそうです。

この田んぼにはジャンボタニシ(スクミリンゴガイ)がうじゃうじゃいたので食害が心配ですが、とりあえず秋の収穫を目指して暖かく見守っていきたいとおもいます。

田植えの様子はコチラ

 

※6月26日追記

タチアオバの田んぼでカブトエビを見つけました。
エサを探しているのか、元気にすいすい泳いでましたよ。

現在のアクセス数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

チャンネルオーナー
畜産の生産技術等に関する情報交換の場をWEB上に作りたいと思い、このブログを立ち上げました。新情報等ありましたら、まずはメールでご提供ください。

お問い合わせ等はコチラ
agrikurume19@gmail.com
タグクラウド検索
最新コメント
livedoor 天気
月別の記事
livedoor プロフィール

fukyuu

  • ライブドアブログ