平成21年1月1日 農業共済新聞9面 白き勇者ミルクマン参上

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時は2008年、人々の生活に牛乳が欠かせなくなった時代。
そこに突如として現れた悪の軍団「ワルスギー」。
ワルスギーの狙いは世界征服。

まず奴らは牛乳の持つパワーに注目する。
世界征服のために、世界中の牛乳を奪って、
人々から悪に抵抗する力を奪うという恐ろしい作戦「G作戦」を決行した。

牛乳を失った人々は体が弱く、ワルスギーと戦うことも、もはやかなわない。
このままでは人類がワルスギーの支配下に置かれるのも時間の問題である。
人々は生きる希望を失いかけていた・・・・・・

しかし! そこに敢然と立ち向かう白き勇者が現れた!
その名は「白き勇者ミルクマン」。
彼はワルスギーにたった一人、戦いを挑み、
世界征服をたくらむ悪者どもを瞬く間にけ散らしていく。

だが、まだまだワルスギーの力は衰えていない・・・・・・。
そして今日も、人々の生活を脅かす魔の手が伸びる。
いけ!ミルクマン!
世界の平和と牛乳を、ワルスギーから守るんだ!
(制作・著作=ミルクマンプロジェクト)

(´▽`)朝倉2号です。
農業共済新聞新年号の9面全面を使って、「白き勇者ミルクマン」の特集が組まれていました。皆さん、ご覧になりました〜?

「白き勇者ミルクマン」は埼玉県の若手酪農家グループ「D−1」のメンバーが、牛乳消費拡大のために始めたオリジナルヒーロー。いや〜、マジでカッコイイですね〜。私の牛の着ぐるみ姿とは雲泥の差ですね〜。

ミルクマンは「小さなときから牛乳を好きになって欲しい」と、埼玉の保育園などを中心にショーを展開。スピード感あふれるアクションが炸裂するショーの中でも、牛乳クイズ(正解者にはミルクマンのオリジナルCDをプレゼント!)をやっちゃうなど、基本はばっちり押さえてますw ちびっこたちに大人気なのもうなずけますよね。

私も牛乳消費拡大をめざして様々なイベントを支援していますが、そのなかで実感するのは「消費者に一番届くのは酪農家の言葉だ」ということ。D−1の皆さんはまさにそれを実践してあるんです。これからも消費者の皆さんに牛乳を好きになってもらえるよう、D−1の皆さんには頑張っていただきたいです。もちろん、こっちも頑張りますよ〜。

 ミルクマン情報満載のD−1のブログは→コチラ