普及畜産チャンネル

福岡県内の畜産技術情報、畜産物販売情報をご提供します。 なお、掲載情報は投稿日現在のものです。

農業経営

“農業関係者のためのブログ講習”が開催されます

アドバイスをする田中先生

(´▽`)朝倉2号です。
消費者の食の「安心安全」に関する意識はかつてないほど高まっています。
でも安心と安全は全くの別物。
農家が「安全」な農畜産物を生産していても、
そのことを消費者に伝えなければ「安心」してもらえません。
安全安心が求められているいまだからこそ、
情報発信がますます重要になってきているのです。

というわけで、12月1日から4回にわたって
“農業関係者のためのブログ講習”が開催されます。
私も今年1月に受講しましたが、和気あいあいとして楽しい講習会でした。
ご自分で農畜産物やその加工品を販売しておられる農業者の方々には
とても役に立つものとなると思います。
受講料もテキスト代の1000円のみ。
この機会にブログで情報発信を始めませんか?


 日時と内容
   第1回  12月1日(火) 18〜21時
          「ブログの効果・可能性を知る」
  第2回 12月8日(火) 18〜21時
          「個性にあったブログの作り方」
  第3回 12月15日(火) 18〜21時
          「ビバ!ターゲット」(ワークショップ)
  
第4回 12月17日(木) 18〜21時
      「農業の現場で活かせる実践編」

 会場
  久留米ビジネスプラザ(福岡県久留米市宮ノ陣4−29−11)

 定員
  20名

 対象者
  久留米市内及び近郊の農業関係者

 受講料
  1,000円(テキスト代等)

 講師(ナゼか“田中さん”ばっかですw)
  田中美智子氏(オフィス・タナカ代表)※ブログは → コチラ
  田中大輔氏(農業者)※ブログは → コチラ
  田中克之氏(WebFactory代表) ※ブログは → コチラ

お問い合わせは久留米ビジネスプラザまでどうぞ。


農業関係者のためのブログ講習会

情報発信を支援しよう

(´▽`)朝倉2号です。
先日ご紹介した「農業経営IT化講習会(ブログ活用編)」
受講生として参加しました。

もともと農業サイドから発信する情報が少なすぎる、
だから消費者に生産現場のことが伝わっていないと考えていました。
そんななか全4回の本講習会を受講し、ますますその想いを強くしました。

生産現場や畜産物のことを消費者の皆さんに知ってもらうため、
農家からの情報発信を支援しませんか?
特に畜産物やその加工品を販売している畜産農家の皆さんにとって、
ブログによる情報発信はリピーターやサポーターの確保、
新規のお客さん獲得に大きな力を発揮します。
私たち関係者が畜産農家の支援するなかで、
生産技術、経営支援とともに、情報発信についても
支援していかなければならないのではないでしょうか?

ということで、ブログを使って情報発信してある事例をご紹介します。

 百笑倶楽部〜農業で笑顔を伝える 一生百笑〜 →コチラ
   久留米市田主丸町でお米を有機無農薬栽培し、
   宅配で販売している田中大輔さんのブログ。
   田中さんの日々の生活や農業に関する想いを綴ってあります。
   家族の写真を載せているのもポイント。

 白苺日記 →コチラ
   三潴郡大木町で“あまおう”のイチゴ狩り農園をしてある
   農事組合法人ホワイトベリーさんのブログ。
   ブログにイチゴ狩りに来られたお客さまの写真を掲載することで、
   リピーターを増やし、また、新規のお客さんをゲット!
   してるんじゃなかろうかと思いますw

 D−1ブログ〜酪農で一番を目指せ〜 →コチラ
   埼玉県で活動する後継者、従業員、JA職員などで作った
   酪農サークル“D−1(Dairy One)”のブログ。
   牛乳消費拡大のために始めたオリジナルヒーロー
   「白い勇者ミルクマン」の情報が満載。
   自分では売ることができない牛乳でも、
   このような形で生産現場の情報を発信することができます。

ブログでの情報発信については次のようなポイントがあるそうです。
ここらへんを押さえておくとよさそうですね。
 ・「ナニ」を「誰」に伝えたいか、きちんと決めること。
  →これがハッキリしないと内容もハッキリしません。
 ・「生産者が知っていること」≠「消費者が知っていること」
  →消費者は知らない、と思って伝えて下さい。
 ・文章はわかりやすく、見やすく、楽しく
 ・必ずプラスの言葉で書く(愚痴でも最後はプラスで)
 ・継続は力なり
  
とりあえず、商業等の異業種を巻き込んで地域連携による経済発展を目的とした、地域からの情報発信による地域活性化セミナー「情報発信から始める農商工連携」が開催されますのでお知らせいたします。

 場所 久留米ビジネスプラザ大ホール(福岡県久留米市宮ノ陣4−29−11)
 日時 平成21年3月5日(木)13時30分〜16時45分(受付13時開始)
 定員 150名(農業経営者、商店経営者等)
 内容 基調講演「新水産物流システムによる情報発信コミュニティの創造」
      講師 西川益通氏(旬材 代表取締役社長)
     事例紹介「久留米商店街の店舗と近郊農家の連携」
      講師 小林氏(ITコーディネータ)
     その他、経済産業省、農林水産省からの施策発表
 費用 入場無料

情報発信から始める農商工連携

農業経営IT化講習会【ブログ活用編】が開催されます

(´▽`)朝倉2号です。
消費者の食の「安心安全」に関する意識はかつてないほど高まっています。でも安心と安全は全くの別物。農家が「安全」な農畜産物を生産していても、そのことを消費者に伝えなければ「安心」してもらえません。安全安心が求められているいまだからこそ、情報発信がますます重要になってきているのです。

というわけで、来週から4回にわたって「農業経営IT化講習会(ブログ活用編)」が開催されます。受講料はなんと2千円ポッキリ、久留米市内および近郊(朝倉地域もOKとのこと)の農業関係者が対象です。「農作業の様子をブログで紹介したい」「うちの自信作をみんなに自慢したい」という方、いかがですか?(申込み締め切りが1月19日なんでお急ぎ下さい)

 日時と内容
  第1回 1月20日(火) 18:00〜21:00
        自分らしいブログを作ってみよう。投稿してみよう。
  第2回 1月22日(木) 18:00〜21:00
        写真や地図の載せ方。ブログの仕組みはこうなっている。
        効果的な文章の書き方。
  第3回 1月30日(金) 18:00〜21:00
        携帯電話を活用したブログへの投稿。
  第4回 2月 5日(木) 18:00〜21:00
        成功事例から見る戦略としてのブログ活用他。

 会場
  久留米ビジネスプラザ(福岡県久留米市宮ノ陣4−29−11)

 定員
  20名

 対象者
  久留米市内及び近郊の農業関係者の方で、パソコンの操作ができる人

 受講料
  2,000円(テキスト代等)

お問い合わせは久留米ビジネスプラザまでどうぞ。
(受付時間は平日の9〜17時です)

化成肥料、大幅値上げ不可避か

平成20年6月3日付 日本農業新聞1面

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(´▽`)朝倉2号です。ちょっと前の記事で恐縮ですが、平成20年6月3日付の日本経済新聞1面トップに、化成肥料の価格が大幅に上がる見込みという記事が載っていました。

尿素・リン安・塩化カリの国際価格の推移

左のグラフを見てもわかりますが、肥料成分のチッソ、リン酸、カリの国際価格は去年の10月あたりから急騰し、いまもその勢いがおさまらない感じです。肥料メーカーは原料値上げと原油高による製造コスト上昇を理由に最大80%の大幅な値上げを要求しているそうです。

なんでも肥料年度は7月からだそうで、いままで価格を抑えていた農協も7月から値上げせざるを得ない状況のようです。地元でもその話が出ていて、ただでさえ採算性の悪い米や麦の作付けに大きな影響がでるのではないかと心配されています。で、肥料値上げは畜産農家に対しても影響を及ぼすものと思われます。

それは自給飼料作付けのコスト上昇。畜産農家は牧草の栽培に際してふんだんにある堆肥を使いますが、化成肥料なしというわけにはいきません。いまの季節ならトウモロコシへの追肥。春先にはイタリアンライグラスの追肥も化成肥料が必要です。えさ代を減らすために飼料自給率を高めようとしているさなかに、値上げはきついです。

で、朝倉2号がちょっと期待しているのが「堆肥が見直されるのではないか」ということ。化成肥料の値上げに対応し米麦や野菜を栽培するのに必要な肥料を、化成肥料から堆肥に置き換える動きが出てくるのではないでしょうか。
そうなると、いままで邪魔者扱いされていた堆肥が耕種農家の奪い合いになり(なんか食品製造副産物みたいですね〜w)、耕畜連携が一気に進む気がします(っていうか、そうなって欲しい)。ただ、畜産側も堆肥を分析し成分表示をしておく必要がありますので、皆さん早めにご準備を。

「穀物高騰 もう戻らない」んだそうです

20080524日本経済新聞「穀物高騰 もうもどらない」

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

平成20年5月24日付けの日本経済新聞朝刊より

農林水産省は23日、世界的に需給が逼迫する食糧の問題について、国内の商社7社との意見交換会を開き、穀物価格がかつての安値圏に戻らないとの認識で一致した。(後略)

農水省の方々が状況を冷静に見つめているのはわかったんですが、畜産の現場にとっては厳しい話です(ぼんやりと分かってはいましたが)。エコフィードによるコスト削減もなかなか難しいし、途方にくれるしかないのでしょうか?


 参照 NIKKEI NET
  穀物高騰「もう戻らない」・農水省が商社と初の意見交換会

現在のアクセス数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

チャンネルオーナー
畜産の生産技術等に関する情報交換の場をWEB上に作りたいと思い、このブログを立ち上げました。新情報等ありましたら、まずはメールでご提供ください。

お問い合わせ等はコチラ
agrikurume19@gmail.com
タグクラウド検索
最新コメント
livedoor 天気
月別の記事
livedoor プロフィール

fukyuu

  • ライブドアブログ