普及畜産チャンネル

福岡県内の畜産技術情報、畜産物販売情報をご提供します。 なお、掲載情報は投稿日現在のものです。

馬庵このみ

ウマい馬肉料理なら馬庵このみ善導寺店へ!

馬庵このみ善導寺店

オヤジです、(´▽`)朝倉2号です。

馬刺で有名な熊本のお隣にある福岡ですが、
特に久留米〜朝倉あたりの筑後川中流域は馬肉をよく食べる地域。
ホルモンだって牛豚より馬が喜ばれちゃいます。
そんな馬食地域最大の肉用馬農家、
木稲(このみ)畜産直営の馬肉レストラン“馬庵このみ善導寺店”が、
久留米市善導寺にオープンしました。

 ※木稲畜産の牧場の様子は → コチラ

この馬庵このみ、「馬肉=馬刺」という皆さんの思い込みを、
見事にひっくり返してくれちゃいます。
馬刺4種盛り(霜降り、赤身、ふえたご、たてがみ)に始まり、
ユッケ、唐揚げ、ステーキ、スモーク、スジ煮込みと、
いろんな部位をいろんな料理で楽しませてくれます。

桜ユッケ630円桜ステーキ1050円

馬すじ煮込み380円桜肉の燻製480円馬ホルモン塩焼き490円桜肉のからあげ525円

焼肉は桜ロース、桜カルビ、桜ウインナーなど、お肉の種類も豊富。
その他、博多和牛やよい豚など、馬肉以外も揃ってます。
うれしいぞ〜〜〜。
(馬肉を美味しく食べるコツは「焼きすぎないこと」だそうです)

桜ロース840円・桜カルビ1050円・桜ウインナー480円やきにく〜♪

博多和牛&やよい豚博多和牛カルビ780円・やよい豚バラ480円

焼肉以外にも すきやき や しゃぶしゃぶ もありました。
こいつは何度も行かないといかんですね〜。

最後のしめ、ごはん系も充実。
ごはんに馬刺をたっぷりのせたさくら丼や、
牛丼を馬肉で作ったばあん丼の他にも、
桜やきめしや桜クッパなどなど、どれを食べようか迷いまくり。
馬庵さん、もうヤメテ〜w

さくら丼420円ばあん丼420円

店内まねき馬?

店内は座敷、テーブルにカウンターでわりと広め。
なのに、いつもお客さんがいっぱいで、なかなか入れない超人気店です。
ぜひ事前予約しておでかけください。


馬庵善導寺店 馬庵このみ 善導寺店
  場所/久留米市善導寺町木塚388−10
  定休日/月曜日
  営業時間/18時〜23時(LO10時30分)
  電話/0942−47−5666


大きな地図で見る続きを読む

久留米産のお肉が味わえる“ツイてる喜笑家たけし”

久留米さざなみどりとこのみ桜

(´▽`)朝倉2号です。
久留米市役所の近くにある居酒屋“ツイてる喜笑家たけし”は、
地元の食材とお酒にこだわるおいしいお店。
先日、思う存分“地元のお肉”を食べて参りました〜。

このメニュー(写真)をご覧下さい。
さすがはこだわりの喜笑家たけし。
久留米で生産される鶏肉、牛肉、馬肉をつかった料理が
ずら〜〜っと並んでいます。
どれにしようかな〜って迷いまくりですw

久留米産のお肉とお酒がいっぱい! 南筑ファームの“久留米さざなみどり”
  地鶏炭火焼き
  大手羽一本揚げ
  地鶏肝炙り串 など

 博多和牛生産者、浅野牧場の牛肉
  極上テールのカリッと炭火焼き
  テールスープ雑炊
  MIXホルモン鉄板 など


 木稲牧場の馬肉“このみ桜”
  馬刺し
  ハツの黒胡椒炒め
  馬ホルモン炒め など

このなかから、久留米さざなみどりの炭火焼き、
テールのカリッと炭火焼き、ハツの黒胡椒炒めをいただきました。
こだわりのお店だけあって、素材の味を活かした美味しいものばかり。
お酒も杜の蔵(久留米市三潴町)や山口酒造場(久留米市北野町)など
地元の逸品をそろえてありました。

浅野さんちの牛のテールのカリカリ焼き久留米さざなみどりのモモ一本焼き

おめめがかわいいw木稲さんちのお馬さん

 久留米の繁華街からはちょっと離れてますが、
 これだけ久留米のお肉とお酒が揃っているお店は
 そうそうありません。
 みなさんぜひご利用下さい。
←馬さんのおめめがかわいいの〜w



ツイてる喜笑家たけし ツイてる喜笑家たけし
  場所/福岡県久留米市通町4−4
  店休日/日曜日、年末年始
  営業時間/18〜24時(OS)
          祝日18〜23時(OS)
  電話番号/0942−32−0624
  公式ウェブサイトは → コチラ
  公式ブログは → コチラ


大きな地図で見る

久留米の食文化“馬肉”を堪能してきました〜。

馬刺し三点盛り(特上霜降り、赤身上、ふたえご)

ダイエット継続中の(´▽`)朝倉2号です。
昨日、久留米まち旅博覧会のプログラムのひとつ、
馬肉マイスター直伝 善導寺の桜とさくら肉料理”に参加してきました。
浄土宗の九州大本山 善導寺 の桜を愛で、
久留米の食文化である馬肉(さくら肉)を味わうという、
なんとも嬉しい企画です。

 ※久留米まち旅博覧会公式ウェブサイトは → コチラ

   久留米まち旅オフィシャルブログは → コチラ



善導寺の桜は残念ながら一部咲き

善導寺へまず善導寺で桜見物のはずだったんですが、
今年は寒さで開花が大きく遅れ、
まだ一分咲き程度。
固いつぼみをいっぱい見かけました。
ちょっと残念ですが、それが自然というもの。
しかたありません。

それでも本堂や庫裏などを
丁寧な解説付きで案内いただき、
古い歴史を肌で感じることができました。

 ※善導寺のウェブサイトは → コチラ



樟桜善導寺本堂



馬肉講座を聞きながら馬肉料理を味わう

よろしくお願いします次に向かったのは、
馬肉料理専門店“さくら三昧(ざんまい)”です。

ここは久留米市大橋町で馬の肥育をてがける
木稲(このみ)畜産の直営店。
店主の木稲さんはまだ若いんですが、
馬肉をどう扱えばいいのかを
隅から隅まで知り尽くしています。

人呼んで“馬肉マイスター”。
馬肉料理も楽しみですけど、
木稲さんから聞くことのできる馬肉の話も楽しみなんですよね。

馬肉マイスターの木稲さん

この日のメニューは次の7品。
 馬刺し三点盛り
 心刺し、肝刺し盛り合わせ
 スモーク三点セット
 馬タンの塩焼き
 馬のハラミ焼き
 桜丼・桜なっとう丼・桜いくら丼のうち一品
 コーヒーゼリーまたはバニラアイス

この美味しい馬肉料理を食べながら、
・馬の品種による霜降りのなりやすさ
・部位による肉質の違い
・「たてがみ」の部分だけなぜ食べる
・馬肉料理のポイント
などなど、興味深い話を聞くことができました。

また、参加者の皆さんからも、
「たてがみってどうやって食べるんですか?」という初歩的な質問から、
「犬くらいの大きさの馬を飼いたいんだけど飼い方は?」
「爪切りは? 蹄鉄もいるの?」など
マイスターもたじたじになるような質問まで、
いろいろな質問が飛び交いました。

おかげで予定時間を20分もオーバーし、
皆さんおなかも心も満足されて、帰途につきました。
いやいや楽しい時間でしたよ。

この“馬肉マイスター直伝 善導寺の桜とさくら肉料理”は
4月3日(日)にも開催されます。
まだ余裕があるようですので、興味のある方は参加されてはいかがですか?
善導寺の桜も見頃を迎えていると思いますよ〜。


 問い合わせ先
  まち旅博覧会事務局
  電話/0942−31−1730
  受付時間/9〜17時
  定休日/土・日・祝日休み
  オフィシャルブログは → コチラ


心刺し、肝刺し盛り合わせスモーク三点セット(桜ウインナー、くんせい、くんせいペッパー)馬タンの塩焼き

馬のハラミ焼き桜丼バニラアイス


 桜ざんまい
  住所/久留米市善導寺町112−11
  電話/0942−47−3637
  定休日/毎週火曜日
  営業時間/18時〜23時
  ブログは → コチラ




大きな地図で見る

続きを読む

2011年春の久留米まち旅博覧会が始まります。

2011年春の久留米まち旅博覧会

先日、2011年春の「久留米まち旅博覧会」プログラムが発表されました。
「久留米まち旅博覧会」とは福岡県久留米市を中心とした地域の
自然や食文化、伝統工芸などを実際に体験し、地域の魅力に触れる博覧会。
この春で5回目を迎えます。

 久留米まち旅博覧会オフィシャルブログは → コチラ

で、今回は3戸の畜産農家が4つのプログラムに参加されています。
素晴らしいですね~。


福田養鶏場&たまごらんど(採卵鶏)

たまごひろい昨年秋も大好評だったこのプログラム。
ふだんは入れない鶏舎のなかで
うみたての卵をひろい、
その卵でおいしいマドレーヌを作っちゃいます。
焼きたてのマドレーヌって「しあわせ~~」って言いたくなるほど美味しいんですよ~。

 前回のレポートは → コチラ

定員が1回3組と少ないので、早い者勝ち!
予約開始の2月22日(火)9時きっかりに電話しましょう。

 プログラムNo.69 こどもと一緒にたまご収穫とマドレーヌづくり 



木稲畜産(肥育馬)

どんな馬肉料理がでてくるのかな?古い歴史を持つ善導寺で桜を愛でた後は、
馬牧場の木稲畜産直営店「桜ざんまい」へ。

おいしい桜肉(馬肉)を食べながら、
馬肉マイスターから馬肉の食べ方、栄養などなど
興味深いお話しを聞けちゃいます。

これからもこんな企画を通じて、
馬刺しや馬ホルモンなど馬肉を食べる
久留米の食文化をアピールしてほしいですね。


 プログラムNo.17 馬肉マイスター直伝 善導寺の桜とさくら肉料理



森光牧場(酪農)

牛さんのエサやりも楽しいぞ~皆さんお馴染み、森光牧場の酪農体験です。
お母さん牛の乳しぼりをしたり、
子牛にミルクを飲ませたり、
大きな牛さんにエサをあげたりできるんで、
心待ちにしている方も多いでしょう。

今回は更にレベルアップ!
森光牧場のヨーグルトなどを飲んで育った筑後ミルク豚のランチ付き。
更に人気を呼びそうです。

 プログラムNo.17 森光牧場で酪農体験&ミルク豚ランチ

森光牧場のチーズや筑後ミルク豚とともに、
巨峰ワインやシェ・サガラのパンを味わえるツアー。
美味しい料理を味わいながら、
森光さんをはじめ、生産者の皆さんから興味深いお話しを聞ける企画です。

 プログラムNo.47 久留米を知る・味わう美しき食バスツアー


2011年春の久留米まち旅博覧会の予約は2月22日(火)午前9時から。
人気のプログラムはすぐ定員がいっぱいになりますので、
お早めの予約をオススメします。

予約については コチラ をご覧下さい。

農家直営の馬肉料理店“桜ざんまい”

馬肉のすきやき(写真は3人前)

(´▽`)朝倉2号です。
久留米市にある馬肥育農家、木稲畜産直営の馬肉料理店、
桜ざんまい”に行って参りました。
木稲畜産のお店と言えばいつぞやもご紹介した“馬庵このみ”。
“馬庵このみ”がファミリーでも入れる大きなお店なのに対して、
桜ざんまい”はカウンター中心のこぢんまりとしたお店でした。

カウンターの前には馬刺し用のブロックがずらり小さなお店といっても
そこは農家直営のお店ですから
馬肉の質に間違いはありません。
カウンターの向こうにはお寿司屋さんさながらに
様々な部位の馬肉が並んでいます。
で、いろいろと食べました〜。


馬刺し三点盛り(特上霜降り、赤身上、ふたえご刺し)
 霜降りは当然ですが、赤身も柔らか〜。
 ふたえごは脂身の甘さがたまりません。

馬肉のすき焼き
 「馬肉は火を通しすぎると硬くなりますから」ということで、
 サッと火を通していただくと美味いのなんの。
 お野菜もいっぱい入ってヘルシーです。

馬のタン塩焼き
 こいつは牛タンと同じような食感。
 コリコリシャキシャキでウマイ。

桜丼
 締めのごはんは桜丼。
 小さなサイコロに切った甘い馬刺しが山盛りでたまりません。

馬刺し3点盛り馬肉のすき焼きです










馬のタン塩締めは「桜丼」










その他にも煮込み、揚げ物、焼肉などなど
いろんな料理がありましたが、さすがに食べきれません。
そいつは次回のお楽しみということで。

新しい馬肉料理専門店“桜ざんまい”。
うきは市吉井町の“馬庵このみ”ともどもよろしくね〜。
 ※馬庵このみは → コチラ


「桜ざんまい」は「こでまり保育園」の目の前です桜ざんまい
住所/久留米市善導寺町112−11
電話/0942−47−3637
定休日/毎週火曜日
営業時間/18時〜23時




大きな地図で見る
現在のアクセス数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

チャンネルオーナー
畜産の生産技術等に関する情報交換の場をWEB上に作りたいと思い、このブログを立ち上げました。新情報等ありましたら、まずはメールでご提供ください。

お問い合わせ等はコチラ
agrikurume19@gmail.com
タグクラウド検索
最新コメント
livedoor 天気
月別の記事
livedoor プロフィール

fukyuu

  • ライブドアブログ