普及畜産チャンネル

福岡県内の畜産技術情報、畜産物販売情報をご提供します。 なお、掲載情報は投稿日現在のものです。

PR活動

“農業関係者のためのブログ講習”が開催されます

アドバイスをする田中先生

(´▽`)朝倉2号です。
消費者の食の「安心安全」に関する意識はかつてないほど高まっています。
でも安心と安全は全くの別物。
農家が「安全」な農畜産物を生産していても、
そのことを消費者に伝えなければ「安心」してもらえません。
安全安心が求められているいまだからこそ、
情報発信がますます重要になってきているのです。

というわけで、12月1日から4回にわたって
“農業関係者のためのブログ講習”が開催されます。
私も今年1月に受講しましたが、和気あいあいとして楽しい講習会でした。
ご自分で農畜産物やその加工品を販売しておられる農業者の方々には
とても役に立つものとなると思います。
受講料もテキスト代の1000円のみ。
この機会にブログで情報発信を始めませんか?


 日時と内容
   第1回  12月1日(火) 18〜21時
          「ブログの効果・可能性を知る」
  第2回 12月8日(火) 18〜21時
          「個性にあったブログの作り方」
  第3回 12月15日(火) 18〜21時
          「ビバ!ターゲット」(ワークショップ)
  
第4回 12月17日(木) 18〜21時
      「農業の現場で活かせる実践編」

 会場
  久留米ビジネスプラザ(福岡県久留米市宮ノ陣4−29−11)

 定員
  20名

 対象者
  久留米市内及び近郊の農業関係者

 受講料
  1,000円(テキスト代等)

 講師(ナゼか“田中さん”ばっかですw)
  田中美智子氏(オフィス・タナカ代表)※ブログは → コチラ
  田中大輔氏(農業者)※ブログは → コチラ
  田中克之氏(WebFactory代表) ※ブログは → コチラ

お問い合わせは久留米ビジネスプラザまでどうぞ。


農業関係者のためのブログ講習会

8月10日は“やきとりの日”

8月10日はやきとりの日

今日、8月10日は全国やきとり連絡協議会(全や連)が提唱している
“やきとりの日”。

というわけで、焼きとりを食べに行ってきました〜〜。

全や連は全国7つの焼きとりの街の連合体。

その目的は

大衆グルメの真打である「やきとり」を日本を代表する「和食」として、
世界に通じる食文化に築き上げる。
そのために、
・各地が協調して、豊かなやきとり食文化を全国にPRし、
 共同でやきとり全体のイメージアップとファン拡大を図る。
・やきとりの街の各地・各店への集客効果を高め、
 各地の創意工夫によって集客を競う。
・やきとりの従来のイメージを転換し、
 「赤ちょうちん」「縄のれん」「立ち呑み屋」という
 固定化された夜のイメージから脱却し、
 昼のメニュー開発をはかり、
 女子高生のおやつにもなるような
 ファーストフード感覚のやきとりをめざす。


だそうです。(全や連のウェブサイトより抜粋)
8月10日は“やきとりの日”
景気後退で安い鶏肉でさえ売れない状況です。
このような取り組みを通じ、
少しでも消費拡大に結びつけばと思います。

全や連の公式ウェブサイトは → コチラ

“ほとめきのお花実会”で乳しぼりをしよう!

梨の花













(´▽`)朝倉2号です。
こんどの日曜日なんですが、久留米市の藤山梨園において
“ほとめきのお花実会”と題して梨のお花見会が開催されます。
なんでも藤山地区は美味しい梨の産地ということで、
梨の花を愛でながら、イベントを楽しむことができるのです。

キウイをトッピングしてもらいました

で、私がお伝えしたいのが「牛さんとふれあいコーナー」。
皆さんご存じ、久留米市北野町の森光牧場から
かわいい牛さんがやってきて、
乳しぼりを体験させてもらえるんです〜〜〜。
牛さんのでっかいおっぱいから、
温かい牛乳が出てくるのは感動ものですよ。
また、森光牧場の新鮮な牛乳をたっぷり使ったミルクアイスも販売されます。

お近くの皆さん、ぜひお出かけ下さいね。


 ほとめきのお花実会実行委員会のブログは → コチラ

ほとめきのお花実会




























ほとめきのお花実会

酪農ジャーナルに取り上げられました

酪農ジャーナル3月号

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(´▽`)朝倉2号です。
酪農学園大学が発行している酪農専門誌

酪農ジャーナル

の3月号の特集は「安全で実りある酪農体験をしてもらうために」。
酪農教育ファームや酪農体験のポイントを
わかりやすく紹介してくれています。

そのなかで、「できることから自分たちのペースで息長く」と題して
カラーグラビアで紹介されているのが馬田酪農部会女性部。
朝倉市で学童保育所での子どもたちとの交流活動や、
地域住民との交流イベント“みるくフェスティバルin馬田”を
主催している皆さんです。

ここ何年も消費者や地域の皆さんに
牛乳や酪農のことを理解して欲しいと頑張ってきた
馬田酪農部会女性部の皆さんも喜んであるでしょうね。
私も嬉しいです〜。

馬田酪農部会女性部がとりあげられてます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 酪農ジャーナルのホームページは → コチラ

 酪農教育ファームのホームページは → コチラ

 馬田酪農部会女性部のブログは → コチラ

地球の平和と愛する牛乳を守るため 白き勇者ミルクマン参上!

平成21年1月1日 農業共済新聞9面 白き勇者ミルクマン参上

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時は2008年、人々の生活に牛乳が欠かせなくなった時代。
そこに突如として現れた悪の軍団「ワルスギー」。
ワルスギーの狙いは世界征服。

まず奴らは牛乳の持つパワーに注目する。
世界征服のために、世界中の牛乳を奪って、
人々から悪に抵抗する力を奪うという恐ろしい作戦「G作戦」を決行した。

牛乳を失った人々は体が弱く、ワルスギーと戦うことも、もはやかなわない。
このままでは人類がワルスギーの支配下に置かれるのも時間の問題である。
人々は生きる希望を失いかけていた・・・・・・

しかし! そこに敢然と立ち向かう白き勇者が現れた!
その名は「白き勇者ミルクマン」。
彼はワルスギーにたった一人、戦いを挑み、
世界征服をたくらむ悪者どもを瞬く間にけ散らしていく。

だが、まだまだワルスギーの力は衰えていない・・・・・・。
そして今日も、人々の生活を脅かす魔の手が伸びる。
いけ!ミルクマン!
世界の平和と牛乳を、ワルスギーから守るんだ!
(制作・著作=ミルクマンプロジェクト)

(´▽`)朝倉2号です。
農業共済新聞新年号の9面全面を使って、「白き勇者ミルクマン」の特集が組まれていました。皆さん、ご覧になりました〜?

「白き勇者ミルクマン」は埼玉県の若手酪農家グループ「D−1」のメンバーが、牛乳消費拡大のために始めたオリジナルヒーロー。いや〜、マジでカッコイイですね〜。私の牛の着ぐるみ姿とは雲泥の差ですね〜。

ミルクマンは「小さなときから牛乳を好きになって欲しい」と、埼玉の保育園などを中心にショーを展開。スピード感あふれるアクションが炸裂するショーの中でも、牛乳クイズ(正解者にはミルクマンのオリジナルCDをプレゼント!)をやっちゃうなど、基本はばっちり押さえてますw ちびっこたちに大人気なのもうなずけますよね。

私も牛乳消費拡大をめざして様々なイベントを支援していますが、そのなかで実感するのは「消費者に一番届くのは酪農家の言葉だ」ということ。D−1の皆さんはまさにそれを実践してあるんです。これからも消費者の皆さんに牛乳を好きになってもらえるよう、D−1の皆さんには頑張っていただきたいです。もちろん、こっちも頑張りますよ〜。

 ミルクマン情報満載のD−1のブログは→コチラ

現在のアクセス数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

チャンネルオーナー
畜産の生産技術等に関する情報交換の場をWEB上に作りたいと思い、このブログを立ち上げました。新情報等ありましたら、まずはメールでご提供ください。

お問い合わせ等はコチラ
agrikurume19@gmail.com
タグクラウド検索
最新コメント
livedoor 天気
月別の記事
livedoor プロフィール

fukyuu

  • ライブドアブログ