November 11, 2012

対 FC岐阜戦

横浜FC 3 − 2 FC岐阜


やっぱり!!さすが永井雄一郎!!というゴールでしたね。
見かけはラッキーゴールだけど、ああいう所に詰めているのが永井なのでしょう。。。

独特の緊張感というのか、まだまだチームとして未熟なのか、今日の選手たちは動きが硬く失点のシーンも今後に不安を抱く様なものでした。
ただ、こういう大事な試合において経験を持つ選手というのは本当に貴重ですし、自分自身永井に一番期待していた事です。

J1でのデビュー戦も思えば永井にやられましたからね(^^;)

これで横浜FCは4位でシーズン終了。
来週の日曜にホーム三ツ沢で千葉と対戦します。

今年2回負けた相手ですし、相手にとって不足はないでしょう!!
とにかく当たって砕けろのつもりでぶつかって参ります。。。

さてさて、堀之内がゲームキャプテンを務める中、永井が決めて勝利しました。
恐らく、毎朝聴いている地元ラジオ局のレッズ特集のコーナーでとりあげられるんだろうなぁ。。。

来週の対戦相手・千葉には高橋俊稀もいたりするわけだし。。。

お願いだから、レッズサポの方々は来週三ツ沢に集結しない様に・・・(−−;)

fulie383 at 22:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

August 06, 2012

対 湘南ベルマーレ戦

横浜FC 1 − 0 湘南ベルマーレ



気が付けば本当に久々の観戦日記です。
家のPCが故障したりと色々と事情があり、観戦してもゆっくりと観戦記を書く時間がなかったのも事実ですが。。。

さて、昨日の試合ですがここまで白熱した神奈川ダービーはいつ以来だったかな?
と考えていました。それくらいお互いが上を目指す中でぶつかったレベルの高いダービーだったと思います。

今まで横浜FCと湘南においては、必ずどちらかが上の順位にいる時にどちらかが下位に低迷している、もしくはどちらも下位にいる事が多く、上の順位同士での激突というのがなかなかありませんでした。

昨日の試合、序盤は湘南のプレスが強くてボールを圧倒的に試合された劣勢の展開でした。
開始早々のチャンスに古橋が決定的なシュートを外してくれたのが振り返ってみるとかなり大きなプレーだったと思います。
後半に入って横浜の方の組織が機能してきた、というよりも湘南の監督が言っていた様に湘南がペースダウンした事でボールをキープできる様になったのは事実でしょう。

6位以上の相手から勝ち点3を奪った事がない今季の現状を表す様に、相手の組織とガチでぶつかった時にどの様な対応をするかが今後の大きな課題となるだけに、寺田の加入は本当に大きいですね。。。


とにかく、順位など関係なく熱く盛り上がるのがダービー、、、自分が今まで観た中で一番熱く激しいダービーだったと思います。
これから、熱い8月になりそうですがこちらに失うものはありません。
やっちゃいましょう!!

fulie383 at 12:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

May 18, 2012

記念日

日付変わって5月18日になりました。
この日は自分にとって、横浜FCの試合を生で初めて観戦した日。
今思えば、人生が大きく変わっちゃった日でしょう。。。
2003年のこの日、地元埼玉の大宮で横浜FCの試合を見た衝撃や感動というのは10年近く経つ今も自分の脳裏に焼き付いてます。。。

城の左足での反転シュート、内田が倒されながらも粘って折り返し、それを吉武が蹴り込んだ2点目。
終了間際のチャンスになぜか左足でシュートして外しちゃった大久保のシュートシーン等々、、、
ただ、勝った負けたとか強い弱いでなく、当時自分が惹きこまれたのは選手・サポーターすべての横浜FCから感じ取れる熱気でした。
色んな歴史の中で喜怒哀楽を共にしてきましたが、どんな目に遭おうがどんな試合を見せられようが(汗)、横浜FCが好きな気持ちは何も変わってません。。。
後悔した事なんか一度もありません。
だってこれは運命だったんでしょうから。。。

そして、横浜FCを通じてたくさんの大切な仲間と出会えた事に、今年も自分は心から感謝したいと思います。。。
これからも、共に歩んでいきましょう!!

Hey!! Don't stop!! Fulie!!

fulie383 at 00:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!横浜FC 

May 06, 2012

同窓会



長文なので興味ある人だけどうぞ。。。

昨日の話になりますが、小学校の同窓会に行って参りました。
同窓会といっても、連絡が取れて集まれる人だけ集まって飲み会をしただけなんですけどね。。。
ちなみに、自分が育った埼玉の町は田舎町で、特に小学校は1学年にクラスが1つしかない、少子化がひとまわりも早く訪れた地域でした(−−;)
...
でも、6年間みんなとクラスが一緒。色んな意味で家族の様に毎日を過ごしていたのでありました(^^;)
昨日はたまたま、中学時代以来殆ど会っていなかった同じ野球部のエースだった友達とも再会しました。
知らない人もいるかもしれませんが、自分は小学生の頃はサッカーではなく野球少年でした。(というか、サッカー選手としてのキャリアは全くありません・・・)
今思えば、自分たちの世代のみ起きた事件と言うか危機なのかもしれません。
自分が小学生の3〜4年生のスポーツ少年団に入り始める年(93〜94年)はいわずとしれたJリーグブーム(バブル)で、男の子の殆どがJリーガーに憧れてサッカー部に入団したのでありました。。。

なので、人数の少ない小学校の野球部は深刻な部員不足に悩まされ、ひとつ上の代あたりから大会参加を辞退するチームも出る様になりました。
自分の小学校も例外でなく、自分達の代は自分含めて5人。そして1つ下の学年に至っては3年生になった時点で部員0という深刻な状況。。。
野球部は解散する、、、そのうちそんな噂が学校内に流れる様になり、人数がありあまっているサッカー部の役員をやってる保護者から、人数が少なくて大会に出れない事をからかわれたりと悔しい思いをしていたのでありました。。。

どんな事があっても解散にはさせない。
自分の中でそんな信念が芽生えていたのを今でも覚えていますし、技術はたとえ下手だったとしても他の仲間も含めみんな真面目に練習していたし野球が好きだったと思います。
そんな思いが通じたのか、高学年になると少年団に入っていない子やサッカー部を退団した子が集まり、なんとか春の大会からではありましたが自分達の代は試合に出られる様になりました。
入りたての3年生が控え選手として登録されていたり、左投げ左打ちの自分が2塁を守っていたのですから、チームとしてのレベルは想像できるでしょう…。

それでも楽しかった、野球ができる事が心から幸せだった。。。
そんな小学時代を過ごした自分でありました。。。

昨日は、その野球部でエースだった友達の誕生日という事もありサプライズで誕生ケーキをプレゼントしたりとメモリアルな同窓会でした。
ちなみに友達は、中学でも野球を続け高校では埼玉県の強豪校でエースになって活躍、大学・社会人と進み今も野球を続けているそうです。。。
何年か前にはドラフト候補にもかかったんだとか、、、
今年がプロ行くとしたら最後のチャンスだと話していたので、本当に頑張ってほしいです。
あの、弱小野球部で一緒にプレーした一員としても・・・。

もうイチイチ説明するのもされる方も面倒くさいと思うので最近はあまり人に話さないのですが、このエピソードを通せば自分が約10年前に横浜FCを好きになった理由やフリューゲルスの消滅問題に関心を持っていた理由も分かって頂けると思います。

そんな昔話をふと思い出した昨日の同窓会でした。。。
続きを読む

fulie383 at 17:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

May 01, 2012

対 町田ゼルビア戦

横浜FC 2 − 4 町田ゼルビア



町田ゼルビア、このチームを自分は数年前から横浜FCにとって脅威の存在だと思っていました。
横浜に近くてサッカーが盛んな街。。。
それでいて資金は少ないながらもチーム作りは一貫している・・・。
また、横浜FCのサポーターの中にも町田在住の方も多いため、モタモタしていると横浜FCの試合を見に来ている町田市民は愚か、横浜FCのライト層のサポーターすら持っていかれ兼ねないと思っていたからです。。。

今日の試合、招待客が沢山いたんでしょう。
沢山の一般客とゴール裏を埋め尽くしたといって良い数の町田サポーターを見た時、心がざわついたのは自分だけでしょうか?

どちらか勝った方がこの会場に集まった一般客を取り込める。。。
今更ながら、パイの奪い合いを初めて肌で感じました…。

今日の試合、守ってカウンターという町田の戦術にハマってしまったわけですが、出だしに見せた町田の早いプレスや動き出しに対して引いてリアクションサッカーに切り替える事だけはして欲しくなかった。
それだけに、この結果に関しては半ば素直に受け止めている自分がいます。


本当に今欲しいのは勝ち点3だけで良いのか?
賛否両論分かれるでしょうが、もし引いて町田の様子を伺う様なサッカーをしていたら、横浜FCの悪い方の歴史は変わらないままだと思います。

何か難しい事を言ってる様に聞こえてしまうかもしれませんが、まずは結果よりもひとつのサッカーを完遂させること。
これが横浜FCにとって大切な事であり、山口が監督だからこそ個人的にも切に願う事なのです…。

ただ、その半面前述した様に今日は負けてはいけない試合だった。
だから試合後は悔しさと歯がゆさでいっぱいでした。。。

今、いろんな意味でショックを受けていてどんな感情で表わせばよいのか分からないのですが、次の岡山戦はさる事ながら次に町田と戦う時は絶対に負けてはいけないという事です。。。

また、今回自分が書いている事の理由は、決して今日の試合に負けたからではありません。
むしろ勝った場合でも、今後に対する不安や課題を書くつもりでいました…。

それ位、町田ゼルビアは脅威です。。。
どうか、余計なお世話でしょうが、町田が同じカテゴリーになった事を「近くのアウェーが増えた」とか「いいライバルができた」なんて呑気に歓迎ムードでいる人は、どうか町田市民や町田出身の方だけでいる事を願います。。。

fulie383 at 00:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

April 10, 2012

対 モンテディオ山形戦

横浜FC  1 − 2  モンテディオ山形



試合が終わった後、勝てなかったという悔しさと、それでもチームは前進しているというポジティブな気持ちが入り混じっています。
そんなゲームだったと思います。
シュートの展開にすら持ちこめてなかった一カ月前を考えたら、昨日の試合は充分前向きになれる内容だったと自分は思います。

なんだかんだいってまだ1勝もできていないわけですが、自分が思い続けている事があります。
それは、山口が監督になったから勝てる、山口が監督になったのだからすぐにでも昇格しようという気持ちを持つのではなく、チームのOBでもある山口が監督になってくれたのだからこそ、じっくり時間を掛けてチームを作り上げていこうという事です。

消極的に思われるかもしれませんが、J2に戻ってからの5年間、、、過去の監督3人は自分たちが指導者として持つチーム作りとフロントが要求する結果との差が悪循環を生み、今日に至ってしまったと思われているからです。

過去を否定したいわけではありません。。。

だけど、これから先の横浜FCの事を考えたら、山口が監督になったのだからこそ、、、悪い歴史を時間をかけても替えて欲しいと思うわけです。。。

さて、昨日の試合に関してはキーパーに対するバッシングがかなり挙がっているかと思われます。
自分の方からとやかく言うつもりはありません。
それは本人が一番悔しがってると思うからです。
試合が終わった時の挨拶時、目を真っ赤にして泣いていた関がどう今後頑張ってくれるかは期待したい所でもあります。
決めるのは監督ですが、久々に潤之助を見たいという気持ちもありますが。。。

どうあれ、山口横浜は始まったばかりです。
ひとつずつ乗り越えて、今までにない強いチームになる事を心から祈っています…。

fulie383 at 02:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

April 01, 2012

対 ザスパ草津戦

ザスパ草津 1 - 1 横浜FC




強風が吹き荒れる中、山口監督の地元、そして私の職場でもある群馬県での試合が行われました(笑)
正直、勝敗どうこうよりも中身のある試合をしてくれれば満足するつもりでいました。
山口監督がやろうとしているコンセプトがどこまで選手に伝わっているのか、それを元にチームがどういう方向に進もうとしているのか。。。

今日は天候が悪い中でも、山口監督がやろうとしているサッカーというのが見る限り伝わってきたし、選手も気持を見せてくれたと思います。

高いDFラインからコンパクトにボールを繋いでいく意図が見られましたし、今日の段階では悪くはないと思います。
勝ち点3という結果には結び付きませんでしたが、なんといえばいいのでしょう。。。

今日みたいな試合での勝ち点3奪取というのは、サッカーの制度をあげていけば自ずとついてくるものだと自分は捉えています。
だから、仮に今日後半の失点のまま配線したとしても下を向く必要は全然なかったと思います・・・。

さて、途中出場でゴールを決めた永井、さすがですね。。。
というのも、永井という選手は得意のドリブルから相手を抜き去って決めるイメージを持っている人が多いかもしれませんが、自分の中では永井は抜群の吸かく力を持った選手のイメージがあります。

何か大事な場面でそこにいる選手、そのシーンだけ見れば簡単なゴールに見えますが、そこまでの背景にはポジショニングだとか抜群のセンスによってもたらされるものがあるというか…。
城なんかがそうでしたよね、、、
そういう事を考えれば、永井は大舞台を知る選手。
彼を獲得して良かったというシーンはこれからもあると思います。

横浜FC、とりあえず今日から開幕です。。。




March 18, 2012

対 ジェフ千葉戦

ジェフ千葉  3 − 0 横浜FC



内容も天気も、今シーズンの中で一番寒い試合だったと思います。
実は前節も見に行ってはいたのですが、その時は試合レポートを書く気にはなれませんでした。

なぜなら、ネガティブな事しか思い浮かばなかったからです。。。
まだ、たった2試合でマイナス思考ではこの先が思いやられる。
書こうと思うとつい暗い文を書いてしまう、だったら書かない方がいいじゃないか。
そんな理由からでした・・・。

で、、、昨日の試合、サポーターの皆さんはどう思われたでしょうか?
明らかに試合内容に進歩が見られない事、戦い方のビジョンが見られない事、また昨日の試合に限らず相手を攻略する為の策が講じられていない事。
そして何よりこれは去年から見ていて全く変わっていないこと・・・。
自分にはそれが目に余るほど焼き付いてしまいました。

昇格という目標に触れる以前に、去年と同じ課題にぶち当たり局面を打開できないでいるのなら、早い段階での監督の更迭もありだと思います。
ちなみに、3-0というスコアは千葉だったからでなく、前節の愛媛戦でも相手の決定力不足に助けられなければその位のスコアになっていたでしょう。

まだ3試合という見方もあるでしょうし、自分だってこの段階で言いたくはなかった。
だけど、黙ってもいられないのでここに残しておきます・・・。





fulie383 at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!横浜FC 

March 04, 2012

対 水戸ホーリーホック戦

水戸ホーリーホック 2 - 1 横浜FC 



負けた、、、勝ち試合を落としたというより勝ちをもらいそこねたというのが正しいでしょう。

風の強い中少ないチャンスをモノにしてジャンボのゴールで先制、それまでは良かったものの流れを掴みきれなかった事がすべて。

攻撃の形ができているとは言い難い出来だったので、勝ち点3をもらえたら儲けものだったでしょう。

さて、1試合を終えたばかりですが、勝っても負けても騒ぐ事はないという事です。
昨年と比べて個人技で打開できるSBやボランチがいるわけですし、とにかく選手たちを信じたいです。

ただ、、、 敢えて言うなら采配でしょうか。
ビハインドの場面での田原の投入、パワープレイという意味では頷けますが、ピッチには既にジャンボというポストプレイヤーがいました。
そして投入された田原の出来が悪くジャンボが影に隠れてしまい、返って工夫のない相手にとって守りやすい攻撃になってしまいました。

色んな意味でまだ1試合。監督、頼みますよ・・・。

最後に、8年ぶりに歌った大久保哲哉コール。
本当に懐かしくて感慨深いものでしたが、何よりもジャンボ自身の成長ぶりを肌で感じる事ができて嬉しかったです。

現地の天候も結果も、本当にお寒いものでした(-_-;)
だけど、切り替えていきましょう。。。

fulie383 at 18:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

January 13, 2012

ジャンボとウッチー

一昨年のシーズン最後、チームの古株であった早川と智吉が引退するにあたり、自分が2003年に初めて観た横浜FCの試合に出場していた選手が誰もいなくなってしまった事を日記やブログに書いた記憶があります。

横浜FCのサポーターとして今年で節目の10年目を迎える今季、その初めて観た試合に揃って途中出場した若手2人がチームに帰って来る事になりました。

ジャンボにウッチー、
素質はあるけど未完成な2人は、当時の横浜サポにとって希望でもありました。

自分が2人に期待したい・いや課したいのは、実力でチームの顔になる事。
ある種リーダー不在であった昨季を考えれば、戻ってきた2人の役割というのは今後の横浜FCを占う意味でも大事だと私は思います。

2人に期待したい事は?と聞かれれば、誰だってチームの歴史や近年失われ掛けている創設時からのDNAの継承と言いたい所でしょう、私もそう思います。
だけどまずはレギュラーを実力で確保する事からです。

長年チームを見守ってきたサポーターからすれば少し無理な話でしょうが、私は2人をえこひいきしたくはありませんし、他の方にもして欲しくないです。

甘い目で見守られて、起用法についてサポ内でゴタゴタ論争する様な光景は見たくない、というのが本音であります(汗)

本当に2人に歴史やDNAの継承に一役買って欲しいと思っている方は、思い出話と共にえこひいきしたり監督をはじめとした現場批判に繋げる事ばかりするのだけは個人的にやめてもらいたいですね。
まぁ、今の段階から言うのもおかしいのと余計なお世話ですかね・・・。

ただ、考えて頂きたいんです。
2人が以前いた時のキャプテンの背中を・・・。

気が付けばジャンボもウッチーも、城がウチに来た時の年齢を過ぎてしまいました。

ここで結果を出さなければもう後はない。
その位のつもりで戦って欲しいです。

なにはともあれ、お二人とも、おかえりなさい・・・。


fulie383 at 13:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!横浜FC