トレンドおっちゃん

“トレンドおっちゃん”を自称する現役外務員による、日々の相場観測と 現状の認識を書き綴っています

米株大幅安、ウイルス懸念再燃−国債・金、大幅高 《あさイチ02.22》

☆ブログランキングに参加しております

    にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

    

    商品先物ブログ・RSSナビ

■ ■ 内外の市況・ニュース記事など ■ ■

◆【NY外為】ドル下落、米企業活動の縮小示す指数を嫌気−円は反発
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-21/Q62K8FT1UM1101?srnd=cojp-v2
 21日のニューヨーク外国為替市場では、ドルが主要10通貨の全てに対し下落。米企業の活動縮小を示す経済指標が示され、新型ウイルスが米経済への逆風となりつつある兆候と受け止められた。円は前日の10カ月ぶり安値から持ち直したが、週間ベースでは2018年以来最大の下げとなった。
・ ブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.4%低下
・ 早い時間には4カ月ぶり高水準となっていた
・ ドルは幅広い通貨に対し売られたが、特にスウェーデン・クローナとポンドに対しての下げがきつかった。ニュージーランド・ドルとオーストラリア・ドルは米ドルに対し今週初めての上昇
・ 金や米国債といった安全資産が大幅上昇。米マークイット総合購買担当者指数(PMI)が活動の縮小を示した後、10年債利回りは昨年9月以来最低の水準、30年債利回りは過去最低となった
・ IHSマークイットが発表した2月の米総合PMI速報値は前月比3.7ポイント低下し49.6と、13年10月以来の低水準。ウイルス流行でサプライチェーンが打撃を受け、企業が発注を控えたことが影響
・ ニューヨーク時間午後4時30分現在、ユーロはドルに対して0.6%高の1ユーロ=1.0849ドル
・ ユーロは米国時間に上げ幅を拡大。2月のユーロ圏の総合PMIが予想に反して経済活動拡大ペース加速を示したことで騰勢が増した。ただアナリストは、ウイルスの影響を巡る「嵐の前の静けさ」が数値に反映されていた可能性があると注意を促した
・ ドルは対円で0.5%安の1ドル=111円59銭
・ ドルは週間ベースで1.7%高、2018年7月以来の大幅上昇
・ 黒田日銀総裁は新型肺炎に言及。日銀は必要があればためらわず対応するが、まだそうした段階ではないと述べた
・ ポンドはドルに対し0.6%高の1ポンド=1.2959ドル。ただ週間ベースでは下げた
◆【米国株・国債・商品】株が大幅安、ウイルス懸念再燃で逃避の動き
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-21/Q62JQCDWRGGB01
 21日の米金融市場では株が大幅安となった一方、金は大きく上昇。国債利回りは低下した。新型コロナウイルスの感染が中国以外で拡大する中、経済への影響を巡る懸念が再燃した。
・ 米国株は大幅安、ウイルス懸念が再燃−テクノロジー安い
・ 米国債は上昇、30年債利回りは過去最低に低下
・ NY原油は下落、ウイルス感染拡大で影響を懸念
・ NY金は7営業日続伸、ウイルス懸念で逃避需要

 この日は特にテクノロジー株が大きく売られ、ナスダック100指数は2%近く下落。S&P500種株価指数は週間でも下落した。米国債市場では30年債利回りが過去最低に低下。朝方発表された米企業活動の指数は、2013年以降初めて縮小圏に低下。新型ウイルス流行でサプライチェーンが打撃を受け、企業が発注を控えたことが影響した。S&P500種株価指数は前日比1.1%安の3337.75。ダウ工業株30種平均は227.57ドル(0.8%)下げて28992.41ドル。ナスダック総合指数は1.8%下落。
 ニューヨーク時間午後4時55分現在、米10年債利回りは4ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下し1.48%。30年債利回りは4bp下げて1.92%。
 ニューヨーク原油先物相場は下落。新型ウイルスの感染例が中国以外でも増えており、経済への影響に対する懸念が強まった。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物4月限は50セント(0.9%)安い1バレル=53.38ドルで終了。ロンドンICEの北海ブレント4月限は81セント安の58.50ドル。
 ニューヨーク金先物相場は7営業日続伸。新型ウイルスの流行が世界の成長に悪影響を与えるとの懸念が強まった。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は28.30ドル高い1オンス=1648.80ドルで終了。中心限月の終値としては2013年2月半ば以来の高値。

■FRB、政策の方向性巡り金融市場の動向に留意=クラリダ副議長
https://jp.reuters.com/article/usa-fed-clarida-idJPKBN20F2S8
■ブレイナードFRB理事、インフレを押し上げる新戦略の採用訴え
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-21/Q625SDT1UM0Y01?srnd=cojp-v2
■米とタリバン、29日に和平合意調印 暴力削減期間の終了後に
https://jp.reuters.com/article/usa-afghanistan-talks-sign-idJPKBN20F2R6
■トランプ氏、「パラサイト」のアカデミー賞受賞に不満あらわ
https://www.cnn.co.jp/showbiz/35149749.html
■英離脱後のEU首脳会合、予算案協議は難航−21日合意公算小さい
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-21/Q61TEBDWRGG501?srnd=cojp-v2
・ 英国が負担していた拠出額の穴埋め巡り、各国意見が対立
・ EU首脳会合、来月に再度招集の可能性−デンマーク首相
■新型肺炎、過度な中国依存を警告 供給網の見直し必須=仏経財相
https://jp.reuters.com/article/china-health-france-idJPKBN20F2P4
■イラン国会選、保守派優勢の見通し 国民の無関心目立つ
https://www.afpbb.com/articles/-/3269563?cx_part=topstory
■シリア政権軍空爆でトルコ兵2人死亡 国防相「ロシアと対決望まず」
https://www.afpbb.com/articles/-/3269482?cx_part=latest
■中国、米産品65品目への関税を免除−28日から1年間
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-21/Q61NFJT1UM0Z01
■中国の銀行、ウイルス感染拡大で問題債権比率ほぼ倍増も−S&P
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-21/Q60W22DWLU7101?srnd=cojp-v2

●米中古住宅販売件数:1月は1.3%減、2年ぶり高水準近辺を維持
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-21/Q6279WDWX2Q201
●米総合PMIが活動の縮小示す、13年来初−新型ウイルスが影響
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-21/Q6249DDWRGGF01
●ユーロ圏、2月経済活動が予想外の加速−ウイルス脅威もサービス堅調
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-21/Q61R1ODWLU7101?srnd=cojp-v2


☆ ランキング参加中です クリック頂ければうれしいです

    にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ    


円全面安、112円台 《あさイチ02.21》

☆ブログランキングに参加しております

    にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

    

    商品先物ブログ・RSSナビ

■ ■ 内外の市況・ニュース記事など ■ ■

◆2月20日の海外株式・債券・為替・商品市場
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-20/Q60R64DWRGGF01?srnd=cojp-v2
◎NY外為:ドル指数が5カ月ぶり大幅上昇、円は続落し112円台
 20日のニューヨーク外国為替市場ではドルが続伸。新型コロナウイルスの感染拡大が世界経済の成長を抑制するとの懸念が広がった。オーストラリア・ドルは対米ドルで大幅安。日本のリセッション(景気後退)入り懸念を背景に円は対米ドルで続落、4月以来の安値を付けた。
・ ブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.5%上昇。昨年9月25日以来の大幅高
・ 一時は10月2日以来の高水準に達した
・ 2月のフィラデルフィア連銀製造業景況指数の好調や、1月のコンファレンス・ボード米景気先行指標総合指数が予想を上回ったこともドルを支え
・ スコシアバンクのストラテジスト、ショーン・オズボーン氏は20日付リポートで、ドルは「現在ほぼ万全」と表現。逃避需要がある時と、リスク選好の流れになっている時の両方において支えられていると指摘
・ 資源国通貨の中ではオーストラリア・ドルが最も下げた
・ この日は米国債利回りが軒並み低下。金は逃避需要から値上がり
・ ニューヨーク時間午後4時44分現在、ドルは対円で0.7%高の1ドル=112円12銭
・ 一時は0.8%上昇し112円23銭となった
・ ドイツ銀行はドルの対円ロング戦略の維持を勧めた。同社ストラテジストのジョージ・サラベロス氏は、日本を訪れる中国人観光客の減少が円へのマイナス要因だと指摘
・ ユーロはドルに対して0.2%安の1ユーロ=1.0786ドル
・ ソシエテ・ジェネラルが2020年のユーロ相場見通しを引き下げ、同様の修正を行った大手行がまた増えた
・ 豪ドルは米ドルに対し一時1%下げ、2009年3月以来の安値を付けた
◎米国株・国債・商品:ハイテク中心に株反落、ウイルス懸念
 20日の米株式相場は反落。新型コロナウイルスの感染拡大で、企業業績に大きな打撃が及ぶとの懸念が広がった。逃避先資産が買われ、金は7年ぶり高値となった。
・ 米国株は反落、ハイテク安い−自動車や不動産は高い
・ 米国債は上昇、10年債利回り1.52%
・ NY原油先物は続伸、ほぼ4週ぶり高値−米輸出拡大
・ NY金先物は続伸、7年ぶり高値−ウイルス不安で逃避需要

 マイクロソフトやアップルなどテクノロジー大手を中心に株価は下落。日本でクルーズ船から下船した感染者2人が死亡したほか、韓国で初の死者が確認されたことが背景。北京で感染が拡大しているとの現地報道も影響した。個別銘柄では、バイアコムCBSが大幅下落。売上高が予想を下回った。モルガン・スタンレーも安い。同社はディスカウントブローカーのEトレード・ファイナンシャルを130億ドル(約1兆4600億円)で買収することで合意した。一方で自動車株や不動産銘柄は上昇し、S&P500種株価指数は午後に入って下げ幅を縮小した。
 S&P500種は前日比0.4%安の3373.23。ダウ工業株30種平均は128.05ドル(0.4%)下げて29219.98ドル。ナスダック総合指数は0.7%下落。ニューヨーク時間午後4時47分現在、米10年債利回りは5ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.52%。市場センチメントは20日になって悲観に転じた。株価は前日に最高値を更新していた。ウイルス感染は中国本土外へ拡大し続けている。予想を下回る企業決算も悲観が強まる要因となった。ゴールドマン・サックス・グループのピーター・オッペンハイマー世界株式チーフストラテジストは、株式相場が短期的に調整する可能性は高そうだとの見方を示した。
  ニューヨーク原油先物相場は続伸。ほぼ4週間ぶりの高値を付けた。米エネルギー情報局(EIA)の統計で、米原油輸出の急増と、市場予想を大きく下回る在庫拡大ペースが示された。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物3月限は49セント(0.9%)高の1バレル=53.78ドルで終了。ロンドンICEの北海ブレント4月限は19セント高の59.31ドル。
 ニューヨーク金先物相場は続伸し、7年ぶり高値に達した。新型ウイルスの経済的影響を巡る懸念を背景に、逃避先資産の需要が高まったほか、年内の米金融緩和観測も強まった。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は0.5%高の1オンス=1620.50ドルで終了。
◎欧州債:ユーロ圏国債のイールドカーブがフラット化、利回りを追求
 20日の欧州市場でドイツ債はブルフラット化。ユーロ圏の周辺国債がアウトパフォームした。投資家が高利回りを求めたことが背景にある。
◆円が10カ月ぶり安値、新型肺炎や景気巡る懸念で売り継続=NY市場
https://jp.reuters.com/article/ny-forex-20-idJPKBN20E2YW
  ドル高の相手が、ユーロから円に変わって来た。円は今や安全通貨ではない。

■クラリダFRB副議長、市場が本当に利下げを期待しているか疑問提示
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-20/Q60CPDDWX2PV01
■日本にも「渡航注意」情報、新型ウイルス感染拡大で−米CDC
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-20/Q60D7BT0G1LI01?srnd=cojp-v2
■世界の債務残高、今年は過去最高の53兆ドルに=S&P
https://jp.reuters.com/article/markets-global-debt-idJPKBN20E2LE
■トルコ、パトリオットミサイル配備を米に要請―シリアでロシアけん制
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-20/Q609HODWLU7U01?srnd=cojp-v2
■中国、社保減免で企業負担8兆円軽減−雇用情勢を注視し政策調整へ
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-20/Q60RDHDWX2Q501?srnd=cojp-v2
■中国、ローンプライムレート引き下げ−新型ウイルスの影響抑制
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-20/Q5Z8EET0G1KX01?srnd=cojp-v2
■WHO、加盟国に新型肺炎対策費拠出訴え−湖北省は休業措置延長
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-20/Q60SZBDWLU73?srnd=cojp-v2

●米景気先行指標総合指数:1月は前月比0.8%上昇−予想0.4%上昇
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-20/Q609T9T0G1KY01?srnd=cojp-v2
●米新規失業保険申請件数:前週比4000件増の21万件−予想と一致
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-20/Q605IZDWX2PU01?srnd=cojp-v2
●インドネシア、4カ月ぶり利下げ−新型ウイルスによる影響を懸念
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-20/Q5ZOZ8T1UM0Z01?srnd=cojp-v2
●中国全体の与信、1月は急拡大−新型ウイルスで急ブレーキの前
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-20/Q5ZR4QDWX2PU01?srnd=cojp-v2


☆ ランキング参加中です クリック頂ければうれしいです

    にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ    


ドル指数、10月来高水準−FOMC議事要旨受け 《あさイチ02.20》

☆ブログランキングに参加しております

    にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

    

    商品先物ブログ・RSSナビ

■ ■ 内外の市況・ニュース記事など ■ ■

◆2月19日の海外株式・債券・為替・商品市場
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-19/Q5YXMXT1UM0Y01?srnd=cojp-v2
◎NY外為:ドル指数が10月以来の高水準、FOMC議事要旨受け
 19日のニューヨーク外国為替市場ではドルが上昇。米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨の公表後、ドル指数は4カ月ぶりの高水準付近で推移した。議事要旨は現行の金融政策が「当面」適切だと連邦準備制度理事会(FRB)当局者が認識していることを示した。円は対ドルで9カ月ぶり安値。日本経済がリセッション(景気後退)入りするとの懸念が広がっている。
・ ブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.2%上昇−3営業日続伸
・ 一時は10月10日以来の高水準となった
・ 主要10通貨のうち対米ドルで最も大幅に上昇したのはノルウェー・クローネとカナダ・ドル。原油相場の急伸が背景
・ 円は対ドルで下落率最大
・ 「幾人かの」当局者は、当面「インフレが2%を若干上回る」状況に導くことを強く主張−FOMC議事要旨
・ 1月の米生産者物価指数(PPI)で食品とエネルギーを除くコア指数が市場予想を上回る伸びとなったことが、早い時間にドル相場を支えた
・ ミネアポリス連銀のカシュカリ総裁は、次の金利決定は「上げでなく下げになるというのが、私として最も有力な予測」だと述べた
・ ニューヨーク時間午後4時48分現在、ドルは対円で1.3%高の1ドル=111円33銭。昨年5月以来の高値
・ ドルはFOMC議事要旨の発表直後に日中高値に達した
・ 住宅市場の堅調を示した1月の米住宅着工件数など、米経済指標もドルを支えた
・ ドルが110円29銭を上回って今週を終えた場合、少なくとも112円40銭(昨年4月以来の水準)を目指す展開になることを示唆−シティグループのテクニカルストラテジスト、トム・フィッツパトリック氏(19日付リポートで指摘)
・ ユーロはドルに対して0.2%高の1ユーロ=1.0808ドル
・ 早い時間にユーロは2017年以来の安値を付けた
◎米国株・国債・商品:S&P500が最高値、中国景気対策の思惑
 19日の米株式相場は上昇。新型コロナウイルスを要因とした景気減速に揺れる中国が、一段の景気支援策を計画している可能性が示唆されたことを好感した。米金融当局が近い将来の利上げを示唆しなかったことも支援材料。
・米国株は上昇、S&P500とナスダック総合が最高値
・ 米国債ほぼ変わらず、10年債利回り1.57%
・ NY原油先物は上昇、ベネズエラとリビアで供給リスク
・ NY金先物は続伸、7年ぶり高値に近づく−ウイルス不安

 半導体メーカーや銀行株の上昇にけん引され、S&P500種株価指数とナスダック総合指数が最高値を更新。大きな打撃を受けた業界に対する救済の可能性を含め、成長支援に向けた中国の新たな行動に関するブルームバーグ・ニュースの報道が背景。米国債はほぼ変わらず。米連邦公開市場委員会(FOMC)会合(1月28−29日)の議事要旨では、当局者が現行の金融政策は「当面」適切だと認識していることが示された。
 S&P500種は前日比0.5%高の3386.15。ダウ工業株30種平均は115.84ドル(0.4%)上げて29348.03ドル。ナスダック総合は0.9%上昇の9817.18。ニューヨーク時間午後4時40分現在、米10年債利回りは1ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の1.57%。
 ニューヨーク原油先物相場は上昇し、月初来の高値となった。ロシア石油大手ロスネフチの傘下部門に対する米国の制裁やリビア情勢の緊迫が、世界の原油供給を脅かすとの警戒が広がった。ロスネフチ傘下部門への制裁は、同社と関係の深いベネズエラの原油輸出能力を損なう恐れがある。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物3月限は1.24ドル(2.4%)高の1バレル=53.29ドルで終了。ロンドンICEの北海ブレント4月限は1.37ドル高の59.12ドル。
 ニューヨーク金先物相場は続伸。新型ウイルスが世界経済に災難をもたらすとの不安や、中銀の刺激策を巡る観測が広がり、貴金属が引き続き買われた。金は今週1オンス=1600ドルを上回り、7年ぶり高値に近づいている。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は0.5%高の1611.80ドルで終了。パラジウム先物は2.9%上昇。
◎欧州債:ドイツ債、英国債は小幅高−イタリア債は変わらず
 19日の欧州債市場ではドイツ債がブルフラット化した。準中核国や周辺国の長期債は総じてアウトパフォームした。フランスとスペインでは20日、短期債および中期債の入札が実施される。

■FOMC議事要旨:現行の金融政策「当面」適切、リスク警戒は継続
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-19/Q5YQ50T0AFBI01?srnd=cojp-v2
 米連邦公開市場委員会(FOMC)会合(1月28−29日)の議事要旨によれば、過去最長の米景気拡大を減速させ得る国内外のリスクに対して、当局者は警戒は続けるものの、現行の金融政策は「当面」適切だと認識している。 [ 後略 ]
■ファーウェイ製品の米政府調達禁止、違憲との訴えを退け−連邦地裁
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-19/Q5XDAGT0G1KY01?srnd=cojp-v2
 中国の通信機器メーカー、華為技術(ファーウェイ)の製品を米連邦政府機関が調達することを禁じた「2019年国防権限法」について、私権剥奪法に当たり、違憲だとして同社が提訴した裁判で、テキサス州の連邦地裁は18日、同社の主張を退ける判断を示した。
■米、EUにエリクソンなどの5G採用要請 ファーウェイと同等
https://jp.reuters.com/article/telecoms-5g-huawei-portugal-idJPKBN20D2SV
■米国、新華社など中国メディア5社を「外国の宣伝機関」と認定
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-19/Q5X9U7T0AFB901?srnd=cojp-v2
■“ウイグル族不当拘束裏付け” 米団体 内部文書入手と発表
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200219/k10012291831000.html?utm_int=news-international_contents_list-items_008
 中国で大勢のウイグル族が不当に拘束されていると国際社会の批判が強まるなか、アメリカにあるウイグルの人たちの団体は収容施設に送られた人たちの状況を記録した内部文書を入手したと発表し、不当な拘束の実態を裏付けるものだとしています。
■中国、米紙記者3人の記者証を剥奪 「アジアの病人」論説に反発
https://www.cnn.co.jp/world/35149640.html
■中国人民銀、新型ウイルス対策が「最重要業務」−信用支援を拡大へ
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-19/Q5YF2FT1UM0Y01?srnd=cojp-v2
■ウイルスで打撃の海航集団、中国が近く政府管理下へ−関係者
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-19/Q5YIXQDWX2PU01?srnd=cojp-v2
  ウイルスには関係ない。
■日中外務省局長 新型ウイルス拡大防止や習主席訪日で連携確認
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200219/k10012291571000.html?utm_int=news-international_contents_list-items_010
 外務省の滝崎アジア大洋州局長と中国外務省の呉江浩アジア局長による協議は、18日、北京で行われました。そして新型コロナウイルスの感染の拡大防止に連携して取り組むことで一致しました。 た、感染拡大の影響も懸念されている4月の習近平国家主席の国賓としての日本訪問に向けても引き続き緊密に連携し、準備を進めていくことを確認しました。
  日本はまた戦略的な誤りを犯しつつある。上記、米国の戦略と比べてみれば判るだろう。過去から学べない・・

●米住宅着工、1月に堅調維持−許可件数は急増し07年以来の高水準
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-19/Q5YAVJDWRGGC01?srnd=cojp-v2
●米生産者物価指数、伸びが予想上回る−サービスコスト上昇を反映
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-19/Q5YAUTT0G1KX01?srnd=cojp-v2
●1月貿易収支は3カ月連続赤字、春節などで対中国は輸出入とも減
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-18/Q5TZNCDWX2PT01?srnd=cojp-v2
●トルコ中銀が0.5ポイント利下げ、政策金利10.75%に
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-19/Q5Y4SI6JIJUP01?srnd=cojp-v2


☆ ランキング参加中です クリック頂ければうれしいです

    にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ    


ニューヨーク金先物相場は続伸−逃避先資産の需要が高まる 《あさイチ02.19》

☆ブログランキングに参加しております

    にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

    

    商品先物ブログ・RSSナビ

■ ■ 内外の市況・ニュース記事など ■ ■

◆2月18日の海外株式・債券・為替・商品市場
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-18/Q5X25SDWRGGJ01?srnd=cojp-v2
◎NY外為:ドル上昇、資源国通貨は下げ−ウイルスのリスク警戒
 18日のニューヨーク外国為替市場では、ドルと円がその他主要通貨に比べ堅調。新型コロナウイルスが世界経済の成長を妨げるとの懸念が広がり、安全通貨に資金を逃避させる動きが加速した。ニュージーランド・ドルなど資源国通貨は下落。ユーロは対ドルでほぼ3年ぶり安値となった。
・ ブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.2%上昇
・ 一時は11月29日以来の高水準に達した
・ 主要10通貨のうち対米ドルでの下げが目立ったのはNZドルやノルウェー・クローネなど
・ 2月のニューヨーク連銀製造業景況指数が昨年5月以来の高水準となったことも、ドルを支えた
・ スコシアバンクのショーン・オズボーン氏らストラテジスト(顧客向けリポートで指摘): ドルは「広範な上昇はかなり行き過ぎている印象があるが、支えられる状態が続くだろう。COVID−19(新型ウイルス)が活動およびマインドへの脅威となり続ける公算は大きい」
・ 米国債は軒並み値上がり。10年債利回りは一時1.5356%と、2月3日以来の低水準
・ 資源国通貨の下落は中国成長減速懸念を反映
・ NZドルは米ドルに対し一時0.8%安
・ ニューヨーク時間午後4時44分現在、ドルは対円で変わらずの1ドル=109円88銭
・ ドルは一時0.2%安の109円66銭となった
・ ユーロはドルに対して0.4%安の1ユーロ=1.0790ドル
・ 一時は0.5%安の1ユーロ=1.0786ドルを付けた
・ ドイツ欧州経済研究センター(ZEW)の期待指数は2月に急低下、予想を下回った。新型ウイルス感染拡大の海外製造業者への影響懸念が重し
◎米国株・国債・商品:株下落、アップルの見通し響く−国債上昇
 18日の米株式相場は下落。アップルが売上高ガイダンスを達成できない見通しを明らかにしたことで、新型コロナウイルスの経済的影響は限定されると期待していた投資家を動揺させた。米国債は上昇。
・ 米国株はS&P500とダウ平均が下落−アップルの見通しなど響く
・ 米国債は上昇、10年債利回り1.56%
・ NY原油先物は変わらず、ロスネフチ制裁と需要懸念で拮抗
・ NY金先物は続伸、アップル見通しで需要増−パラジウムは最高値

 S&P500種株価指数は最高値から下げた。アップルはウイルスを要因に生産と需要に悪影響が出ると警告した。一方、マイクロソフトとアマゾン・ドット・コム、フェイスブックは上昇し、ナスダック100指数を小幅に押し上げた。S&P500種は前週末比0.3%安の3370.29。ダウ工業株30種平均は165.89ドル(0.6%)安の29232.19ドル。ナスダック総合指数は0.1%未満上げて小幅ながら最高値更新。ニューヨーク時間午後4時52分現在、米10年債利回りは3ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.56%。
 投資家は依然として新型ウイルスが企業や経済に及ぼす影響を見極めようと努めている。中国湖北省での感染症例拡大ペースは引き続き安定化しつつある状況だ。前日は中国の政策当局者が事業閉鎖の長期化で打撃を受けた企業の支援に動いたことを受けて、市場のセンチメントは改善していた。BHPグループは、ウイルスの影響が来月末以降も続く場合、商品価格が打撃を受けるとの見方を示した。
 ニューヨーク原油先物相場は変わらずで終了。新型ウイルスを巡る需要懸念が続いているものの、米国がロシア石油大手ロスネフチの傘下部門に制裁を科したことが意識された。ベネズエラのマドゥロ政権ならびに国営ベネズエラ石油(PDVSA)と関係を維持していることが制裁の理由。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物3月限は変わらずの1バレル=52.05ドルで終了。ロンドンICEの北海ブレント4月限は前日比8セント高の57.75ドル。
 ニューヨーク金先物相場は続伸。アップルが新型ウイルスの影響で売上高ガイダンスを達成できない可能性を示したことから、逃避先資産の需要が高まった。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は前営業日比1.1%高の1オンス=1603.60ドルで終了。中心限月の終値としては、2013年以来の高値となった。パラジウムは7.8%急伸し、2497.60ドルと最高値を更新した。
◎欧州債:ドイツ債が上げを削る、財政緩和懸念で−英国債は上昇
 18日の欧州債市場ではドイツ債が上げ幅を縮小。財政緩和懸念が背景にある。英国債は上昇。予定通り3月11日に予算案が発表される見通しとなった。
◆ドル、対ユーロで約3年ぶり高値 独景気指数さえず=NY市場
https://jp.reuters.com/article/ny-forex-18-idJPKBN20C2NK
◆アップルのサプライヤー株、軒並み下落−アナリストは楽観的な見方
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-18/Q5WN9FT1UM1N01?srnd=cojp-v2

■米金利水準「おおむね適切」、新型肺炎はリスク=ダラス連銀総裁
https://jp.reuters.com/article/fed-kaplan-idJPKBN20C2EP
 FRBのバランスシートについては、6月までに拡大ペースが若干鈍化することを望んでいるとし、銀行システム内の準備金が1兆5000億ドルに達した後は徐々に拡大すると見通した。
■トランプ氏、中国へのジェットエンジン販売を支持−強硬派をけん制
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-18/Q5WLDODWRGG201?srnd=cojp-v2
 トランプ氏は18日のツイートで、「われわれとのビジネスを不可能にさせるようなことは望まない」とし、「注文がどこか他にいくことになるだけだ」と加えた。
 トランプ氏のツイートは、米政権内の対中強硬派を珍しく公に批判した格好だ。一部の対中強硬派は、中国へのテクノロジー輸出に関する規制の厳格化を求めている。
 事情に詳しい関係者3人によれば、米政権高官らは米ゼネラル・エレクトリック(GE)と仏サフランとの合弁会社が製造するジェットエンジンの対中輸出を阻止するかどうか2月中に決定する見込み。
b>■ユーロ圏財務相、財政支出拡大の方向で一致 ドイツが姿勢変化
https://jp.reuters.com/article/eu-ecofin-economy-idJPKBN20C2ER
■英政府、隔離中のクルーズ船から自国民退避させると発表 航空機準備
https://www.afpbb.com/articles/-/3268975?cx_part=latest
 英国に先立ち、米加豪韓の4か国と香港も、自国および地域の市民である乗船者らを退避させると発表しており、米国人300人超は既に17日、帰国している。
■HSBCが米欧投資銀など再編、3万5000人削減も−費用8000億円
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-18/Q5VRQ5T0G1L801
■ロシア、中国市民の入国を禁止 ウイルスを懸念
https://www.afpbb.com/articles/-/3269004?cx_part=top_topstory&cx_position=1
■中国の隔離措置、新型ウイルス国外拡大を2〜3週間遅らせた−WHO
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-18/Q5X0KF6S972801
■中国、今年の成長目標達成可能 新型肺炎感染拡大でも=習主席
https://jp.reuters.com/article/xi-growth-target-idJPKBN20C28J
■中国・湖北省の医療従事者、褒賞として子どもの試験で加点へ
https://www.afpbb.com/articles/-/3268996?cx_part=latest

●米NAHB住宅市場指数が小幅低下、約20年ぶり高水準付近は維持
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-18/Q5WKDRT1UM1901?srnd=cojp-v2
●NY連銀製造業指数、2月は12.9に上昇−昨年5月以来の高水準
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-18/Q5WIRRDWX2PT01?srnd=cojp-v2
●ドイツZEW期待指数:2月は急低下、新型ウイルスのリスクを懸念
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-18/Q5W7GDT0AFBH01?srnd=cojp-v2
●欧州新車販売、1月は5カ月ぶり減少−排ガス規制変更など響く
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-18/Q5VRLMDWRGG201?srnd=cojp-v2


☆ ランキング参加中です クリック頂ければうれしいです

    にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ    


ユーロ、約3年ぶり安値−景気鈍化懸念 《あさイチ02.18》

☆ブログランキングに参加しております

    にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

    

    商品先物ブログ・RSSナビ

■ ■ 内外の市況・ニュース記事など ■ ■

◆2月17日の海外株式・債券・為替・商品市場−米国は祝日
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-17/Q5V731DWX2QA01?srnd=cojp-v2
◎米金融市場はプレジデンツデーの祝日
 株式や債券など一部が休場。取引は18日に再開される。
◎欧州債:イタリア債上昇、ドイツ債はほぼ変わらず−英国債は安い
 17日の欧州債市場はイタリア債が上昇、ユーロ圏の他国債を上回るパフォーマンスだった。ドイツ債はほぼ変わらず。米国はプレジデンツデーの祝日で、株式や債券など一部が休場となった。
◆ユーロ、約3年ぶり安値 景気鈍化に懸念=欧州市場
https://jp.reuters.com/article/ny-forex-idJPKBN20B1VA

■新たな対中貿易規制を米検討、半導体製造機器の使用を制限−DJ
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-17/Q5URO6DWLU6I01
米政府は中国に対する新たな貿易規制として、米半導体製造機器の使用に制限を設けることを検討していると、ダウ・ジョーンズが匿名の関係者情報として報じた。
 報道によれば米商務省は現在、規定変更案をまとめようとしている。この変更案に基づくと、中国の通信機器メーカー、華為技術(ファーウェイ)向けに半導体を製造する工場は、米当局にライセンスを申請しなくてはならなくなる。ファーウェイの広報担当者はこの報道についてコメントを控えたという。
 トランプ大統領はまだ、この案の評価を下しておらず、政権内が賛成で一致しているわけではないと、複数の関係者がDJに述べた。
■英離脱後のEUに早くも試練 臨時首脳会議開催へ
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55633250U0A210C2I00000/
■英国、離脱後の貿易関係でEU規則に従わず=首相側近
https://jp.reuters.com/article/britain-eu-frost-idJPL4N2AH3TM
■中国、全人代の延期検討−政治システムへのウイルス影響認める
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-17/Q5U3ZNDWX2PV01?srnd=cojp-v2
■新ウイルス巡る習主席の1月の演説、共産党が異例の公表−悩む専門家
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-17/Q5UMVDDWX2PU01
 共産党本来の隠蔽体質な面と、習主席が新型肺炎対応でよくやっていると世界に認知さたいという面とが対立的に混在しているがゆえに、チグハグな対応が目立ってくる。

●中国の新築住宅価格、1月は約2年ぶり低い伸び−新型ウイルス影響
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-17/Q5TP19DWLU6801?srnd=cojp-v2
●10−12月GDP年率6.3%減、5期ぶりマイナス-消費・設備投資不振
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-16/Q5MMRSDWX2PX01?srnd=cojp-v2


☆ ランキング参加中です クリック頂ければうれしいです

    にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ    


米、EU製航空機への追加関税率15%に引き上げ 《あさイチ02.17》

☆ブログランキングに参加しております

    にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

    

    商品先物ブログ・RSSナビ

■ ■ 内外の市況・ニュース記事など ■ ■


【ニューヨーク金】 期近週足 一目均衡表&ボリンジャーバンド
NY金週0215
チャートはクリックで拡大
【東京金】 期先週足 一目均衡表&ボリンジャーバンド
東京金週0215
チャートはクリックで拡大
直近の週足は先週末夜間取引分を反映しています

◆〔需給情報〕IMM通貨先物、ドル買い越しが4週連続増加
https://jp.reuters.com/article/idJPL4N2AF017
 米商品先物取引委員会(CFTC)が発表したデータを基にロイターが算出したIMM通貨先物の非商業(投機)部門の取組(2月11日までの週
)によると、ドルの主要6通貨(円、ユーロ、ポンド、スイスフラン、カナダドル、豪ドル)に対する買い越し額は139億4000万ドルと、前週の126億9000万ドルから増加した。ドルの買い越し増加は4週間連続。
ニュージーランドドル、メキシコペソ、ブラジルレアル、ロシアルーブルを含む幅広い指標で見たドル買い越しは96億9000万ドルで、前週の80億7000万ドルから増加した。
◆CFTC 金 投機的ネットポジション
https://jp.investing.com/economic-calendar/cftc-gold-speculative-positions-1618
◆CFTC 原油 投機的ネットポジション
https://jp.investing.com/economic-calendar/cftc-crude-oil-speculative-positions-1653
◆来週の主な予定 FOMC議事録に豪雇用統計、訪日外客数 欧州のPMIや景況感指数にも注目
https://fx.minkabu.jp/news/133577
17日(月)
 日本GDP速報値(第4四半期)
 中国新築住宅販売(1月)
 タイGDP(第4四半期)
 シンガポールGDP(第4四半期)
 プレジデンツデー祝日で米株債券市場は休場
18日(火)
 ドイツZEW景況感指数(2月)
 ユーロ圏ZEW景況感指数(2月)
 米対米証券投資(12月)
 NY連銀製造業景気指数(2月)
19日(水)
 日本貿易収支(1月)
 訪日外客数(1月)
 トルコ中銀政策金利
 英消費者物価指数(1月)
 米住宅着工件数(1月)
 米生産者物価指数(1月)
 FOMC議事録(1月28-29日開催分)
 ダラス連銀総裁、講演
 リッチモンド連銀総裁、講演
 アトランタ連銀総裁、講演
 クリーブランド連銀総裁、講演
 ミネアポリス連銀総裁、講演
20日(木)
 豪雇用統計(1月)
 中国最優遇貸出金利(ローンプライムレート、1年・5年)
 インドネシア中銀政策金利
 ドイツGFK消費者信頼感(3月)
 ユーロ圏消費者信頼感 速報値(2月)
 米景気先行指数(1月)
 フィラデルフィア連銀製造業景気指数(2月)
 リッチモンド連銀総裁、講演
 EU臨時首脳会議、英離脱後の中期予算巡り
21日(金)
 日本消費者物価指数(1月)
 ドイツ製造業PMI速報値(2月)
 ユーロ圏製造業PMI速報値(2月)
 ユーロ圏消費者物価指数(1月)
 米中古住宅販売件数(1月)
 ダラス連銀総裁、講演
 クリーブランド連銀総裁、講演
 クラリダFRB副議長、パネル討論参加
 ブレイナードFRB理事、アトランタ連銀総裁 パネル討論参加
 イラン総選挙
22日(土)
 米大統領選ネバダ州党員集会(民主)
 G20財務相中銀総裁会議(サウジ・リヤド、23日まで)
23日(日)
 独ハンブルク州議会選挙

■米、EU製航空機への追加関税率15%に引き上げ−3月18日実施
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-15/Q5PYKHDWX2Q001
■米、英との諜報共有に変更なし 華為機器の導入決定も
https://www.cnn.co.jp/usa/35149462.html
■横浜港のクルーズ船、米国人40人が新型コロナに感染 米当局
https://www.afpbb.com/articles/-/3268606?cx_part=top_topstory&cx_position=1
■クルーズ船2隻から続々と帰国へ−新型ウイルス、世界にさらに拡散も
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-16/Q5SY8JDWX2PX01
■中国財政相、追加の刺激策実施を表明−新型ウイルス受け景気てこ入れ
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-16/Q5SR8ADWLU6C01?srnd=cojp-v2
 劉昆財政相は16日、中国共産党の理論誌「求是」で、新型ウイルスの影響で生産が打撃を受けているとし、減税や不必要な政府支出の削減といった措置を今年、一層確実に実施していくと表明した。
■中国主席、肺炎対策と同時に「経済・社会統制維持を」 月初に主張
https://jp.reuters.com/article/china-health-xi-idJPKBN20A0QG
 中国の習近平国家主席は今月初めに政府高官らに対し、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大防止策を進めると同時に、経済と社会の統制を維持し、「2次災害」につながり得るパニックを引き起こさないよう留意する必要があると指摘した。
■習氏来日に向け準備継続 日中外相会談
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55704340W0A210C2PE8000/
  習近平は、自らの権威に対し最大の危機に直面しいることを自覚しているだろう。



☆ ランキング参加中です クリック頂ければうれしいです

    にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ    


NY金3日続伸−ドル高下で衰えぬ需要 《あさイチ02.15》

☆ブログランキングに参加しております

    にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

    

    商品先物ブログ・RSSナビ

■ ■ 内外の市況・ニュース記事など ■ ■

◆【NY外為】ユーロは乱高下後に安定、円にはまだ上昇余地との声も
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-14/Q5PK9BT0G1LA01?srnd=cojp-v2
 14日のニューヨーク外国為替市場では、ユーロが下げ止まり、もみ合った。週間ベースでは2週連続で下落。欧州の経済成長を巡る懸念を背景に、域内の金融緩和観測が高まった。ドルは値下がり。米小売売上高の統計がさえない内容となった。ニューヨーク原油先物相場の上昇を追い風に、カナダ・ドルは堅調だった。
・ ニューヨーク時間午後4時56分現在、ユーロは対ドルで0.1%安の1ユーロ=1.0831ドル。週間では1%安
主要10通貨の中で、ユーロの軟調は5営業日続いている。ユーロ圏の鉱工業生産は昨年12月に、ほぼ4年ぶりの大幅減となった。ユーロは今年に入って約3.3%下げており、年初のパフォーマンスとしては2015年以来の弱さ
・ ウェルズ・ファーゴの為替ストラテジスト、エリック・ネルソン氏: 「ユーロに対するファンダメンタルな打撃に加え、ユーロ圏経済の弱さも欧州中央銀行(ECB)政策に関して『低金利の長期化』という見方を補強する方向に作用している。これに後押しされ、ユーロを調達通貨としたキャリー取引が続いている。短期的にはこうした要因で、ユーロは守勢に立たされる可能性がある」
・ 主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数はほぼ変わらず。米国債利回りの低下を一因に圧迫されたが、今週付けた2カ月ぶり高水準付近にはとどまっている
・ 1月の米小売売上高の統計では、飲食店と自動車ディーラー、建材店、ガソリンスタンドを除いたベースのコア売上高が前月比変わらず。市場では増加が予想されていた
・ 一方、2月のミシガン大学消費者マインド指数(速報値)は、ほぼ2年ぶり高水準となった
・ ドルは対円で0.1%未満下げて1ドル=109円78銭
・ INGのフランチェスコ・ペソル氏: 「新型コロナウイルスはリスクセンチメント回復と本格的な逃避の両方を妨げ、為替市場に立ち往生の状態をもたらしている」 「コロナウイルスのニュースをきっかけとした円の上昇にはまだ余地があり、1ドル=109円を割り込む円高になるには、ウイルス関連のニュースが決定的に悪化する必要があるだろう」
◆【米国株・国債・商品】S&P500最高値、もみ合いの末-原油52ドル台
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-14/Q5PL1FT1UM0W01?srnd=cojp-v2
14日の米株式相場はS&P500種株価指数が小幅高。プレジデンツデーの祝日を17日に控える中、比較的堅調な内容の1月の米小売売上高や、新型コロナウイルスの感染拡大症例に関する中国当局の発表内容を消化する展開だった。米国債は続伸。
・ 米国株はS&P500とナスダックが小幅高、出来高は平均未満
・ 米国債は続伸、10年債利回りは1.59%に低下
・ NY原油は続伸、ウイルス影響楽観で52ドル台回復−週間でも上昇
・ NY金先物は続伸、ウイルス懸念根強く週間でも値上がり

 出来高が平均を下回ったこの日、S&P500種は前日終値を挟んでもみ合いを続けた末、終値ベースの最高値を再び更新した。業種別指数はエネルギーや一般消費財が下げたが、テクノロジーや公益、不動産は上昇した。S&P500種株価指数は前日比0.2%高の3380.16。週間ベースでも上昇した。ナスダック総合指数は0.2%上昇。一方、ダウ工業株30種平均は25.23ドル(0.1%)安の29398.08ドル。ニューヨーク時間午後4時32分現在、米10年債利回りは3ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.59%。
 トランプ米政権が株式購入奨励策を検討しているとのCNBC報道が伝わって米国株が持ち直した後、米国債先物は日中高値近辺を離れた。
 ニューヨーク原油先物相場は4日続伸。新型ウイルス感染症例の急増は一時的なものだとの見方が、投資家に安心感を与えた。ゴールドマン・サックスは20年原油需要見通しと第1四半期の原油価格見通しを下方修正したが、楽観ムードの方が優勢となった。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物3月限は63セント(1.2%)高の1バレル=52.05ドルで終了。終値が52ドルを超えるのは今月初めて。ロンドンICEの北海ブレント4月限は1.7%高の57.32ドル。
 ニューヨーク金先物相場は3日続伸。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は0.5%高の1オンス=1586.40ドルで終了。週間ベースでも0.8%上昇した。新型ウイルスの世界経済への影響に対する懸念が根強くある。マイナス利回りの投資適格級債券が130億ドルを突破する中、代替投資としての金需要も高まっている。

■トランプ大統領、中間層向け10%減税を提案の可能性−クドロー委員長
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-14/Q5PB3GT1UM0Y01
■米国、新型ウイルス阻止へ北朝鮮支援の用意
https://jp.reuters.com/article/china-health-usa-north-korea-idJPKBN20730R
■米軍事費、19年は6.6%増 中国と伸び率で並ぶ
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55659610U0A210C2FF8000/
■北京、帰省から帰宅の市民に14日間の隔離義務付け 新型肺炎対策
https://jp.reuters.com/article/china-health-beijing-idJPKBN20827I
■中国の新型肺炎対策は適切、米中合意の履行に影響も=王外相
https://jp.reuters.com/article/china-politics-idJPKBN2082IQ?il=0

●米小売売上高:前月比0.3%増、4カ月連続プラス−コア指標は軟化
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-14/Q5P5GBSYF01T01?srnd=cojp-v2
●米消費者マインド指数、2月速報値は18年以来の高さ−景気判断上向く
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-14/Q5P5PVT0AFBE01
●米鉱工業生産、1月は製造業が低下−ボーイング機の生産停止響く
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-14/Q5P3LJDWLU7I01
●ドイツ、10−12月ゼロ成長−マイナス成長回避も新型ウイルスは脅威
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-14/Q5OK9IDWX2PS01?srnd=cojp-v2


☆ ランキング参加中です クリック頂ければうれしいです

    にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ    


ニューヨーク金続伸−中国が景気対策で流動性注入との観測 《あさイチ02.14》

☆ブログランキングに参加しております

    にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

    

    商品先物ブログ・RSSナビ

■ ■ 内外の市況・ニュース記事など ■ ■

◆2月13日の海外株式・債券・為替・商品市場
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-13/Q5NLQFDWX2PY01?srnd=cojp-v2
◎NY外為:ポンドが上昇、英財務相辞任で財政支出拡大を期待  
 13日のニューヨーク外国為替市場ではポンドが上昇。ジャビド英財務相が辞任したことから、英政府が財政支出の拡大に動くとの期待が高まり、ポンドが買われた。中国当局が新型コロナウイルスの診断方法を変更し、感染症例が急増したため、円やスイス・フランに逃避目的の買いが入った。ただ、世界保健機関(WHO)は急増の大半が数日あるいは数週間前にさかのぼったものだと指摘した。
・ ニューヨーク時間午後4時16分現在、ポンドは対ドルで前日比0.7%高の1ポンド=1.3045ドル。一時は0.9%上昇した。対ドルでの上げは主要10通貨の中ではポンドが首位だった
・ サクソ・キャピタル・マーケッツのアダム・シーグレイブ氏は英財務相の辞任について、「ジョンソン首相は大規模な財政出動をもっと積極的に推進する顧問を望んでいると、市場は解釈しているようだ」と述べた
・ 主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は、0.1%未満の下げ
・ ドルは対円で0.3%安の1ドル=109円80銭。今週に入って初めての下げ。
・ 米疾病対策センター(CDC)が米国で15件目となる新型ウイルス感染症例を確認すると、円は一段高となった
・ ユーロは対ドルで0.3%安の1ユーロ=1.0839ドル。ユーロの下げは過去9営業日で8度目
・ ABNアムロのストラテジスト、ジョルジェット・ブーレ氏は顧客向けリポートで、「対ドルのユーロ相場は底が近い」と指摘
◎米国株・国債・商品:株が反落、NY連銀がレポオペ規模縮小
 13日の米株式相場は反落。新型コロナウイルスの感染拡大を巡るさまざまな材料を受けて上昇と下落を繰り返すような展開だったが、ニューヨーク連銀が翌日物レポオペの規模をさらに縮小すると発表したことを受け、終盤に下げ幅を広げた。米国債は反発。
・ 米国株は反落、NY連銀レポオペ規模縮小の発表が重し
・ 米国債は反発、10年債利回り1.62%に低下
・ NY原油は続伸、51ドル台−ウイルス拡大でWHOが説明
・ NY金先物は続伸、中国が景気対策で流動性注入との観測

 S&P500種株価指数はレポオペ規模縮小のニュースを受け、それまでの小幅高から下げに転じ、今週初の下落となった。一時は、新型コロナウイルス感染症例報告の急増は必ずしも新たな感染例の大幅増を意味しないと世界保健機関(WHO)が説明したことで株価が持ち直していた。S&P500種株価指数は前日比0.2%安の3373.94。ダウ工業株30種平均は128.11ドル(0.4%)安の29423.31ドル。ナスダック総合指数は0.1%低下。
 ニューヨーク時間午後4時59分現在、米10年債利回りが2ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.62%。
 ニューヨーク原油先物相場は3日続伸。中国で新型ウイルス感染件数の急増が報告されたことで動揺が広がったが、これは必ずしも新たな感染例が大幅に増えたことを意味しないとWHOが説明した。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物3月限は25セント(0.5%)高の1バレル=51.42ドルで終了。ロンドンICEの北海ブレント4月限は55セント高の56.34ドル。
 ニューヨーク金先物相場は続伸。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は0.5%高の1オンス=1578.80ドルで終了。中国は新型ウイルスの経済的打撃を抑えるため、景気刺激策として市場に流動性を注入するとの観測が広がった。ブルームバーグエコノミクスは中国当局が追加利下げと財政赤字の拡大を通じて経済をてこ入れすると予想、これが金の代替投資需要を高めるとの見方を示した。
◎欧州債:ドイツ債上昇、イタリア債は上げ幅縮小−英国債は下落
 13日の欧州債市場ではドイツ債が上昇。新型コロナウイルスの正確な感染件数を巡って懸念が高まり、逃避目的の買いが膨らんだ。イタリア債は国債入札後に上げ幅を縮小した。英国債は下落。ジャビド英財務相が辞任を発表し、今後財政支出が拡大するとの懸念が広がった。

■米上院、大統領の対イラン軍事制限決議案を可決
https://jp.reuters.com/article/mideast-iran-congress-idJPKBN2072Y3
■米検察、ファーウェイを企業秘密窃取の疑いで追起訴 北朝鮮とも取引
https://jp.reuters.com/article/usa-huawei-tech-indictment-idJPKBN2072XK
■米、新型肺炎巡る中国の対応に「失望」 透明性欠如=カドロー氏
https://jp.reuters.com/article/china-health-usa-kudlow-idJPKBN2072Q8
■石油需要、第1四半期は約10年ぶりに減少へ 新型肺炎で=IEA
https://jp.reuters.com/article/iea-oil-idJPKBN2072IO
■フランス、ファーウェイを5G網から排除しないと明言
https://www.afpbb.com/articles/-/3268180?cx_part=top_topstory&cx_position=3
■ジャビド英財務相が突然辞任、ジョンソン首相の内閣改造に打撃
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-13/Q5N3MUT0AFBD01?srnd=cojp-v2
■中国が全人代延期検討との報道−新型肺炎の情報開示巡り米が中国批判
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-13/Q5NRET6K50XS01?srnd=cojp-v2
■中国、国際調査団受け入れに消極的 新型肺炎への対応で=専門家
https://jp.reuters.com/article/china-health-who-mission-idJPKBN2072I9
■中国、湖北省と武漢市の共産党トップ解任=新華社
https://jp.reuters.com/article/china-health-hubei-party-idJPKBN2070FA
■「死者数は遅行指数」、SARSよりインフルエンザと比較を−専門家
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-13/Q5M3VZT0G1KZ01?srnd=cojp-v2

●米CPI、コア指数の抑制された状態続く−中古車や医療品が低調
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-13/Q5N6UHDWRGGI01?srnd=cojp-v2
●メキシコ中銀、政策金利を7.0%に25bp引き下げ 約2年ぶり低水準
https://jp.reuters.com/article/mexico-ratecut-idJPKBN2072WD
●米新規失業保険申請件数:前週比2000件増の20.5万件―予想21万件
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-13/Q5N6VYT0AFB401?srnd=cojp-v2
●中国、1月の自動車販売が急減−新型ウイルスで客離れ鮮明
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-13/Q5MMYCT1UM0X01?srnd=cojp-v2



☆ ランキング参加中です クリック頂ければうれしいです

    にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ    


隠匿したいという本音

■湖北省の新型ウイルス感染症例、新たに1万4840件−基準見直し
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-13/Q5M56YT0AFB601?srnd=cojp-v2
 中国湖北省の衛生健康委員会は13日、確認された新型コロナウイルス感染症例が12日に1万4840件増加したと発表した。これには「臨床診断」の症例が含まれるという。
 湖北省は過去の疑い症例の見直しを実施するとともに、中国の新型コロナウイルス治療計画第5版の公表を受けてデータ開示を改定。日次の情報開示には臨床診断で確認された症例も含めていくとしている。
 湖北省では12日に死者が242人増え、計1310人となった。


  GDP成長率にも言える事だが、これまでも、そして今後も、発せられる数字は鵜呑みにできないということだろう。
  隠匿したいという本音が基にある独裁政治なのだ。



☆ ランキング参加中です クリック頂ければうれしいです

    にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ    




ユーロ下落、対ドルで2年ぶり安値 《あさイチ02.13》

☆ブログランキングに参加しております

    にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

    

    商品先物ブログ・RSSナビ

■ ■ 内外の市況・ニュース記事など ■ ■

◆2月12日の海外株式・債券・為替・商品市場
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-12/Q5LXNGDWX2Q001?srnd=cojp-v2
◎NY外為:ユーロ下落、対ドルで2年ぶり安値−域内指標が軟化
 12日のニューヨーク外国為替市場ではユーロが下落。対ドルで2017年以来の安値を付け、対スイス・フランでは16年以来の安値水準に下げた。ユーロ圏の景気減速を示す指標がユーロの売り材料となった。新型コロナウイルスが封じ込められるとの楽観からリスク選好が再び強まり、米株式相場が最高値を更新。ドルと資源国通貨への買いが広がった。
・ ニューヨーク時間午後4時18分現在、ユーロは対ドルで前日比0.4%安の1ユーロ=1.0874ドル。一時は0.5%下落した。昨年12月のユーロ圏鉱工業生産指数は約4年ぶりの大幅低下となり、市場は欧州中央銀行(ECB)の利下げ確率上昇を織り込んだ
・ マネックス・ヨーロッパの外為アナリスト、サイモン・ハーベイ氏は「追加緩和の見通しが強まっている。リスク環境の緩和も加わり、ユーロは苦戦しつつあるようだ」と指摘した
・ メルケル独首相の後継問題に関する不透明感も最近のユーロ売り材料
・ 主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.1%上昇。対ユーロでの上げは、主要10通貨の中でドルが最も顕著だった
・ ニュージーランド・ドルや豪ドル、カナダ・ドル、ノルウェー・クローネなどリスクに敏感な通貨が主要10通貨の中で堅調だった
・ 湖北省での新たな感染症例は今月最少となった
・ 米主要3株価指数が最高値を更新した一方、米国債利回りは上昇
・ ドルは対円で0.3%高の1ドル=110円08銭。米2年債利回りの上昇に伴って高くなった
◎米国株・国債・商品:主要株価指数が高値更新、ウイルス懸念後退
 12日の米株式相場は上昇。新型コロナウイルスの感染拡大に減速の兆候が見られ、世界経済はその影響を克服できるとの楽観が強まった。米国債は続落。
・ 米国株は主要3指数が最高値更新、ウイルス感染減速の兆し
・ 米国債は続落、10年債利回り1.63%に上昇
・ NY原油は続伸、1月初め以来の大幅高−ウイルス感染に減速期待
・ NY金先物は小反発、1オンス=1571.60ドルで終了

 S&P500種株価指数は3日続伸し、最高値を更新。ダウ工業株30種平均とナスダック総合指数も終値ベースで新高値を記録した。中国・湖北省で確認された新型ウイルス感染者数は、今月最も小幅な増加にとどまった。S&P500種株価指数は前日比0.7%高の3379.45。ダウ平均は275.08ドル(0.9%)高の29551.42ドル。ナスダック総合は0.9%上昇。
 ニューヨーク時間午後4時56分現在、米10年債利回りは3ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の1.63%。
 ニューヨーク原油先物相場は続伸。新型ウイルスの感染拡大にペース鈍化の兆しが出たとの見方から、売り一巡感が広がり、約6週間ぶりの大幅上昇となった。新型肺炎と疑われる新たな症例が中国・湖北省で減ったことを政府データが示した。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物3月限は1.23ドル(2.5%)高の1バレル=51.17ドルで終了。ロンドンICEの北海ブレント4月限は3.3%高の55.79ドル。
 ニューヨーク金先物相場は小反発。ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズは、金価格が今後3カ月で1600ドルを超えると予想、見通しはポジティブだと指摘した。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は0.1%高の1オンス=1571.60ドルで終了。
◎欧州債:ギリシャ、イタリア債中心に周辺国債上昇−英国債は下落
 12日の欧州債市場でギリシャ、イタリア債を中心に周辺国債がユーロ圏他国債を上回るパフォーマンスとなった。投資家の高利回りを求める動きが影響した。ドイツ債は下げ幅を縮小。英国債は下落した。市場は英中銀の緩和観測を後退させた。
都合の悪いことはすべて新型ウイルスの影響。もし新型ウイルスの感染拡大がなかったら、世界は今頃ばら色に輝いていた・・・ってか?
◆ユーロ、対ドルで2017年以来の安値−新型ウイルスの経済的影響に懸念
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-12/Q5LNMVDWRGG001
・ ユーロは一時1.0865ドル、2017年5月以来の安値
・ 低成長でECBに追加緩和圧力がかかる可能性−MUFG
◆OPEC:石油需要見通し下げ、新型ウイルスの影響で供給超過を懸念
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-12/Q5L9QKT1UM0X01
  
■トランプ氏、フィリピンの地位協定破棄は「気にしない」
https://jp.reuters.com/article/philippines-usa-defense-trump-idJPKBN206312
■米経済拡大持続に自信、新型肺炎の影響注視 FRB議長証言2日目
https://jp.reuters.com/article/usa-fed-powell-idJPKBN2062OY
■新型肺炎の経済的影響、20年以降は続かない=米財務長官
https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-mnuchin-idJPKBN2062TW
■独SPD、メルケル首相退陣なら連立解消へ
https://jp.reuters.com/article/germany-politics-idJPKBN2062KR
■スペイン通信見本市が中止に、新型肺炎で出展見送り相次ぎ
https://jp.reuters.com/article/china-health-mobileworld-idJPKBN2062X1
■フィリピン、米軍地位協定の破棄発表 同盟関係にひび
https://jp.reuters.com/article/philippines-usa-defence-idJPKBN20605I
■中国で新型肺炎の感染鈍化、WHOは慎重姿勢維持 催し中止相次ぐ
https://jp.reuters.com/article/china-health-who-idJPKBN2062TN

●ユーロ圏鉱工業生産、昨年12月に前月比2.4%減−約4年ぶりの大幅減
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-12/Q5L87ET0AFB501?srnd=cojp-v2


☆ ランキング参加中です クリック頂ければうれしいです

    にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ    


Profile

full3661

広告規制に基づく表示

こちら は必ずご覧下さい
GOLD
WTI
Archives
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ