☆ブログランキングに参加しております

    にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

    

    商品先物ブログ・RSSナビ

■ ■ 内外の市況・ニュース記事など ■ ■

◆3月14日の海外株式・債券・為替・商品市場
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-03-14/OMT4NB6VDKHS01
◎NY外為:ドル、対ユーロで上昇−米当局が利上げペース加速示唆か
 14日のニューヨーク外国為替市場ではドルが対ユーロなどで上昇。米連邦公開市場委員会(FOMC)が15日に利上げペース加速を示唆するかどうかに注目が集まっている。
 金融市場はイエレン連邦準備制度理事会(FRB)議長が年内4回の利上げに前向きだと示唆するかどうかに注目しており、そうした場合、市場参加者は一段の利上げを織り込もうとする可能性がある。
 ニューヨーク時間午後5時現在、ドルはユーロに対して前日比0.5%高い1ユーロ=1.0604ドルとなっている。 対円では0.1%安の1ドル=114円75銭。主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.3%高の1247.49。
◎米国株:下落、原油安でエネルギー株に売り−FOMC待ち薄商い
 14日の米国株は下落。投資家は連邦公開市場委員会(FOMC)が15日発表する金融政策に注目している。サウジアラビアが原油生産を増やしたと石油輸出国機構(OPEC)に伝えたことを手掛かり下げ、株式市場ではエネルギーや資本財・サービス、素材銘柄が売られた。
 S&P500種株価指数は前日比0.3%下げて2365.45。ダウ工業株30種平均は44.11 ドル(0.2%)安の20837.37ドル。
◎米国債:上昇、原油安でインフレ期待が後退−PPIで一時失速も
 14日の米国債相場は上昇。2月の生産者物価指数(PPI)は予想を上回る伸びとなったものの、原油相場が昨年11月以来の安値に下げたことでインフレ期待が後退した。
 ニューヨーク時間午後5時現在、10年債利回りは前日比3ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の2.60%。5年債利回りは1bp下げて2.13%。30年債利回りは4bp低下して3.18%。
◎NY金:ほぼ変わらず、今週予想される利上げ後の2017年見通しに注目
 14日のニューヨーク金先物相場はほぼ変わらず。COMEXの金先物4月限は前日比0.1%未満下げて1オンス=1202.60ドルで終了した。投資家は米金融当局からの年内の政策引き締めペースに関するシグナルを待っている。
 今週はFOMCの他、日銀やイングランド銀行も政策会合を開く。
  「今週予定されている複数の中銀の会合を控え、金価格は比較的小動きだ」−ジョン・マイヤー氏らSPエンジェル・コーポレート・ファイナンスのアナリストがリポートで指摘。
 銀先物は下落、プラチナとパラジウム先物も値下がり。
◎NY原油:続落、48ドル割れ−サウジの減産緩和受け
 14日のニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物が続落。サウジアラビアが2月に原油生産を日量1000万バレル強に再び増やしたことが石油輸出国機構(OPEC)月報で示され、1バレル=48ドルを割り込んだ。
 ストラテジック・エナジー・アンド・エコノミック・リサーチ(マサチューセッツ州ウィンチェスター)のマイケル・リンチ社長は電話インタビューで、サウジアラビアが産油量引き上げ分を市場に放出しなかったと伝わったことから「サウジアラビアが生産枠割り当てに見切りを付けたのではないかとの懸念」が和らいだと指摘。「一方で、石油市場の材料の大半は弱気だ。在庫水準が高く、シェールオイル生産の活況が著しい状態が今も続いている」と話した。
 ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物4月限は前日比68セント(1.4%)安い1バレル=47.72ドルと、昨年11月29日以来の安値で終了。ロンドンICEの北海ブレント5月限は43セント安い50.92ドルとなった。
◎欧州株:広範に売られる−FOMCとオランダ総選挙を控え
 14日の欧州株式相場は下落。この日から2日間の日程で始まった米連邦公開市場委員会(FOMC)と15日のオランダ総選挙の結果待ちで慎重な商いの中、広範に値下がりした。
 指標のストックス欧州600指数は前日比0.3%安の373.46で終了。業種別では19指数のうち15指数が下げた。英FTSE250指数は0.4%下落。前日は終値での過去最高値を記録していた。
◎欧州債:中核国債が上昇、独10年債利回り0.5%超から反転−原油急落で
 14日の欧州債市場では中核国の国債が上昇。ドイツ10年債利回りは一時0.5%を超えたものの、原油価格の急落が支援材料となり押し目買いが入った。
 フランス国債は狭いレンジ内で推移し、10年債のドイツ国債に対する上乗せ利回り幅(スプレッド)は2bp拡大。15日にはオランダ総選挙が実施される。
◆中国人民銀の外貨取引、2月の売り越しは9カ月ぶり低水準
http://jp.reuters.com/article/china-economy-forex-idJPKBN16L0VL
◆きょうの国内市況(3月14日):株式、債券、為替市場
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-03-14/OMSFY96JIJUO01

■サウジアラビア、減産を緩和−3分の1を逆転し日量1000万バレル強
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-03-14/OMT8Q56TTDS001
■原油減産合意、延長めぐる統一見解まだない=ロシア大統領報道官
http://jp.reuters.com/article/ru-oil-idJPKBN16L2DW
■トランプ大統領、中国主席をフロリダに招き会談へ
http://www.cnn.co.jp/world/35098067.html?tag=top;topStories
■欧州のNATO加盟国、2016年軍事支出が7年ぶりに拡大
http://jp.reuters.com/article/nato-spending-idJPKBN16L0LR
■与党、対極右でリード拡大=TV討論影響か−オランダ下院選
http://www.afpbb.com/articles/-/3121396
■英上院、EU離脱手続き開始権限を首相に与える法案可決
http://jp.reuters.com/article/britain-eu-article50-lords-idJPKBN16K2T5
■コラム:不確実性増す欧州情勢、「大惨事」の瀬戸際か
http://jp.reuters.com/article/column-europe-crisis-idJPKBN16L1EF
 「瀬戸際」ではなく、大惨事はすでに始まっているのだ。
■輸入不許可、4割が台湾から=蔡政権発足で「協力に支障」−中国
http://www.afpbb.com/articles/-/3121379
■スティグリッツ教授:政府・日銀保有国債の無効化主張−諮問会議
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-03-14/OMSL6D6JIJUO01

●米生産者物価指数:2月は前月比0.3%上昇、市場予想を上回る伸び
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-03-14/OMT4026JIJUO01
●ドイツ:3月のZEW景況感、予想ほど伸びず−先行き不透明で
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-03-14/OMSX1Z6JIJUZ01
●中国不動産販売、1─2月は前年比25.1%増 抑制策の効果薄く
http://jp.reuters.com/article/china-realestate-idJPKBN16L0A7
●インド:2月にインフレ加速、食料値上がりで−中銀の懸念を裏付け
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-03-14/OMT40P6K50XS01




☆ ランキング参加中です クリック頂ければうれしいです

    にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ