☆ブログランキングに参加しております

    にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

    

    商品先物ブログ・RSSナビ

■ ■ 内外の市況・ニュース記事など ■ ■

◆3月16日の海外株式・債券・為替・商品市場
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-03-16/OMX327SYF01T01
◎NY外為:ドルが下げ渋り、米財務長官が長期的に強いドルを支持
 16日のニューヨーク外国為替市場ではドルが下げ渋る展開。ムニューシン米財務長官はドルの長期的な強さについて、米経済にとって最大の利益であり、世界の基軸通貨としての信頼を反映しているとの見解をあらためて示した。
 新たな材料がなく、ドルは主要通貨に対して高安まちまち。前日は連邦公開市場委員会(FOMC)の金融政策見通しが予想ほどタカ派的でなかったために下落し、週間でも3週間ぶりに下げる勢いだ。ユーロは午後に上昇した。欧州中央銀行(ECB)の政策委員会メンバー、オーストリア中央銀行のノボトニ−総裁が債券購入プログラムを終了させる前に利上げに踏み切る可能性に言及したことがユーロ買いを誘った。
 ニューヨーク時間午後5時現在、ドルは対円で前日比0.1%安い1ドル=113円31銭。対ユーロでは0.3%下落の1ユーロ=1.0766ドル。主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.2%低下の1229.07。
◎米国株:反落、FOMCによる騰勢失う−ヘルスケア関連が安い
 16日の米国株は反落。米金融政策当局は前日、利上げを実施したが、先行きについては従来通りの緩やかなペースの利上げ予測を維持した。金融当局のハト派的な姿勢で値上がりした後、この日はその一部に巻き戻しが見られた。公益事業とヘルスケア関連銘柄が売られた。
 S&P500種株価指数は前日比0.2%低下して2381.38と、前日の騰勢が失われた。ダウ工業株30種平均は15.55ドル下げて20934.55ドル。
◎米国債:下落、欧州債に連れ安−ECB当局者発言が終盤の重しに
 16日の米国債相場は下落。この日はイングランド銀行(英中央銀行)が利上げに近づいたとの見方から英国債が急落。またオランダ下院選の情勢判明で不透明感が後退したことを背景にユーロ圏の中核国の債券も値下がり。そうした中で米国債も売られる展開となった。また欧州中央銀行(ECB)政策委員会メンバー、オーストリア中央銀行のノボトニ−総裁の発言も米国債には下押し圧力となった。
 ニューヨーク時間午後4時59分現在、10年債利回りは前日比5ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の2.54%。前日は米連邦公開市場委員会(FOMC)参加者の向こう2年間における追加利上げの予測中央値が前回から変わらなかったことに反応し、約11bp下げていた。
◎NY金:上昇、イエレンFRB議長が緩やかな利上げ軌道を再確認
 16日のニューヨーク金先物相場は上昇。イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長が前日の連邦公開市場委員会(FOMC)後の記者会見で、緩和解除のペースは変わらないと再確認したことから、安心感が広がった。
 シンク・マーケッツUKの主席市場アナリスト、ナイーム・ アスラム氏は、「今年3回の利上げは既に価格に織り込まれており、これは当社の基本シナリオだ」と指摘。「貴金属に関して言えば、ショートを維持するのは得策ではないかもしれない」と述べた。
 ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は前日比2.2%高の1オンス=1227.10ドルで終了。中心限月としては昨年6月24日以来の大幅上昇となった。
 銀先物は2カ月ぶりの大幅高。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のプラチナとパラジウム先物も値上がりした。
◎NY原油:小反落、米在庫減少後もなお供給超過の不安根強く
 16日のニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物が小反落。サウジアラビアのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相は、世界的な在庫水準の高さに懸念を表明した。前日には米国の石油在庫が先週、今年初めて減少したことが統計で示された。
 プライス・フューチャーズ・グループ(シカゴ)の市場担当シニアアナリスト、フィル・フリン氏は電話インタビューで、「商用在庫は減ったが、それでも在庫水準は極めて高いことを市場はなかなか振り切れずにいる」と話した。
 ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物4月限は前日比11セント(0.23%)安い1バレル=48.75ドルで終了。日中高値は49.62ドル、安値は48.45ドルで、出来高は100日平均を約12%上回った。ロンドンICEの北海ブレント5月限は7セント安い51.74ドルとなった。
◎欧州株:1年3カ月ぶり高値−米金利見通しとオランダ下院選挙を好感
 16日の欧州株式相場は上昇し、指標のストックス欧州600指数は1年3カ月ぶり高値を付けた。米連邦公開市場委員会(FOMC)が将来の利上げ見通しを早めることなく利上げに踏み切ったほか、オランダ下院選挙でポピュリスト(大衆迎合主義)政党の獲得議席が予想を下回ったことから、安心感が広がった。
 ストックス600は前日比0.7%高の377.73で終了。これは2週間ぶりの大きな上げ。この日は景気動向に敏感な銘柄を中心に買われた。オランダのAEX指数は0.6%上昇し、2007年12月以来の高値で引けた。
◎欧州債:ドイツ国債が下落−オランダ選挙結果で不透明性が後退
 16日の欧州債市場では、オランダ下院選挙の情勢判明で不透明感が後退したことを背景に、ドイツ国債が下落。フランス国債は朝方に値上がりしたものの、買いが続かずに下げた。トレーダーによればオランダの選挙結果で中核国でのリスクヘッジを再考する動きが広がり、ドイツ国債の2年物と5年物の利回りは3bp上昇。
 イタリア国債はフランス国債とともに大きく上下動。10年債利回りは約5bp上げた。英国債はドイツ国債を下回るパフォーマンス。イングランド銀行の金融政策決定会合でフォーブス委員が利上げを主張したほか、一部メンバーも上向きのニュースがあればより早期の景気支援策縮小が正当化される可能性があると示唆した。
◆土壇場で心変わりしたヘッジファンド、はしご外される−ドル予想裏目
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-03-16/OMWAG16TTDS001
 ヘッジファンドはいったん決めた方針を見直すことがいかに高くつくかを15日に思い知ったかもしれない。
 下落し続けてきたドルのネットロング(買い越し)が8週間ぶりに増加したわずか数日後、米連邦公開市場委員会(FOMC)は利上げを決めた上で、金融政策の引き締めは引き続き緩やかなものになるとの予測を示した。これを受けてドルは昨年7月以来の大幅な下げを記録した。商品先物取引委員会(CFTC)のデータによれば、ドル高に賭けるポジションがドル安を見込むポジションを17万2639枚上回っていた。前週は14万4507枚だった。
 今回のFOMC前、イエレン連邦準備制度理事会(FRB)議長を含む高官らは口々に強気のコメントをしており、ドル強気派はドル上昇に再び勢いをつける材料を期待していた。
 INTL・FCストーンの通貨・金利担当マネジングディレクター、エリック・ドノバン氏は「市場は15日のFOMCに向けて築かれ、皆が発表時間の午後2時(日本時間16日午前3時)を待った。だが当局は何もせず、何も言わなかった」と述べた。
◆きょうの国内市況(3月16日):株式、債券、為替市場
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-03-16/OMW9YF6S972901

■米予算教書、歴史的な大規模削減を提案−国防・安全保障費増額で
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-03-16/OMVZEJ6S972J01
■G20:貿易の文言巡り調整難航、英仏伊などドイツ譲歩案拒否−関係者
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-03-16/OMXHLD6KLVR401
■ムニューシン米財務長官、強いドル支持を再確認−初外遊で
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-03-16/OMXE2S6JIJUP01
■米独財務相会談、通商問題巡る口論をトーンダウン−衝突回避で協議へ
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-03-16/OMXH8I6K50XT01
■独中主脳が電話会談、自由貿易推進に向けた連携で一致=独報道官
http://jp.reuters.com/article/germany-china-idJPL3N1GT5OE?il=0
■英国:EU離脱通告法が成立−リスボン条約50条発動の準備整う
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-03-16/OMWNV86KLVR501
■スコットランド住民、過半数が独立に反対=世論調査
http://jp.reuters.com/article/britain-eu-scotland-survation-idJPKBN16N0O3
■オランダ下院選、与党自民党が第1党維持 極右は第2党に
http://jp.reuters.com/article/netherlands-election-exit-poll-idJPKBN16M2ZM
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-03-15/OMVHQ76JIJUP01
■原油減産は必要に応じて継続の可能性−サウジ石油相
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-03-16/OMX9176JIJUO01
■物価1%達成でも機械的利上げ考えない=黒田日銀総裁
http://jp.reuters.com/article/kuroda-boj-press-idJPKBN16N0X9

●米週間新規失業保険申請件数:24.1万件に微減、継続受給は3万人減少
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-03-16/OMWTA7SYF01S01
●米住宅着工件数:2月は4カ月ぶり高水準に増加−許可件数は減少
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-03-16/OMWSZASYF01S01
●2月の米小売売上高:半年ぶりの小幅増、自動車は2カ月連続マイナス
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-03-15/OMUZ5L6JTSEP01
●英中銀、8対1で政策据え置き決定 今後一段と大きく票割れる可能性
http://jp.reuters.com/article/boe-keeps-rate-intact-with-split-vote-idJPKBN16N21H
●欧州:2月の新車販売、前年同月比2.1%増−伸び鈍化
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-03-16/OMWCN16TTDS101
●豪州:2月の失業率は予想外の上昇、雇用者数減少−豪ドル下落
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-03-16/OMVUXV6K50XS01
●日銀:金融政策維持、長期国債買い入れ80兆円めども据え置き
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-03-16/OMUBZX6K50Y101


☆ ランキング参加中です クリック頂ければうれしいです

    にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ