■“北朝鮮ミサイル”念頭に避難訓練、秋田・男鹿市で実施
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3007141.html
 北朝鮮による弾道ミサイルの発射を念頭に置いた全国で初めての避難訓練が、秋田県男鹿市で行われました。
 「さきほどミサイルが発射された模様です」(防災行政無線)
 「ミサイルの発射を伝える防災行政無線から1〜2分が経過しました。住民は続々と避難を開始しています」(記者)
 政府と秋田県、そして男鹿市が行った訓練には市民およそ100人が参加しました。仮想の「X国」からミサイルが発射され、午前9時40分、男鹿半島の沖およそ20キロの領海内に落ちたと想定です。
 ミサイル落下の情報は国からJアラート=全国瞬時警報システムなどで県と市に伝えられ、市は防災行政無線と、登録した市民へのメールで公民館と小学校への避難を呼びかけました。公民館では住民の代表が逃げ遅れた人やけが人がいないか確認しました。
 今月6日には北朝鮮が発射した弾道ミサイル4発が秋田県沖の排他的経済水域に落下していて、住民は不安を感じながら訓練に臨んでいました。
 「やっぱり男鹿半島は近いから、家も海の近くなので怖いなと思います」(訓練に参加した人)
 政府は訓練に参加した住民にアンケートをし、今後の避難計画に活用します。(17日11:52)




☆ ランキング参加中です クリック頂ければうれしいです

    にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ