☆ブログランキングに参加しております

    にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

    

    商品先物ブログ・RSSナビ

■ ■ 内外の市況・ニュース記事など ■ ■

◆3月17日の海外株式・債券・為替・商品市場
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-03-17/OMZ0CN6VDKHS01
◎NY外為:ドル下落、米インフレ期待のデータが低調
 17日のニューヨーク外国為替市場ではドルが下落。インフレ期待のデータが1980年以来の低水準となったことに反応した。
 ブルームバーグ・ドル・スポット指数は昨年11月11日以来の低水準をつけた。ミシガン大学消費者マインド指数(速報値)の長期インフレ期待は1980年までさかのぼれる同データ史上で最低水準となった。
 米連邦公開市場委員会(FOMC)が今週公表した政策金利の予測中央値は年内あと2度の追加利上げ想定しており、前回と変わらなかった。欧州の政治リスク後退もドルにとって好ましい兆候ではないと、モルガン・スタンレーは指摘した。
 ハンス・レデカー氏らモルガン・スタンレーのストラテジストは「ドルは全面安になると当社では見込んでいる」とリポートで指摘。「オランダ総選挙の結果を受けて政治懸念は幾分か和らいだ。英ポンドさえも安定の兆しを示している」と述べた。
 ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.1%低下の1227.49。ドルは対円で前日比0.5%安の1ドル=112円70銭。対ユーロでは0.3%高の1ユーロ=1.0738ドル。
◎米国株:小幅安、国債利回り低下で金融売り・公益事業買い
 17日の米国株は小幅安。国債相場の上昇を手掛かりに公益事業銘柄が買いを集めた一方、金融株が大幅安となった。
 S&P500種株価指数は前日比0.1%下げて2378.18。週間ベースでは0.2%上昇した。ダウ工業株30種平均は前日比19.93ドル(0.1%)安の20914.62ドル。
 S&P500種の公益事業株は0.7%高。この日米10年債利回りは4ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下した。金融株は1.1%安。
 金利先物市場動向によると、市場で織り込まれている6月までの追加利上げの確率は54%。
◎米国債:上昇、週間でもプラス圏−消費者のインフレ期待後退
 17日の米国債相場は上昇。米消費者のインフレ期待が大きく後退したことが手掛かり。また欧州中央銀行(ECB)当局者の発言を受けて売られていた欧州債が下げを埋めたことも、米国債を支えた。米国債相場は週間ベースでも上昇した。
 この日発表された3月のミシガン大学消費者マインド指数(速報値)によると、今後1年間のインフレ期待は2.4%、前月の2.7%から低下した。向こう5年間では2.2%と、1980年代以来の低水準となっ
 ニューヨーク時間午後5時現在、10年債利回りは前日比4ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の2.50%。利回りは週間ベースでも下げた。
◎NY金:続伸、緩やかな利上げペース見通しで安心感続く
 17日のニューヨーク金先物相場は続伸。米連邦公開市場委員会(FOMC)が今週の会合で緩和解除のペースは変わらないと再確認したことから、安心感が続いた。
 FOMCの経済予測で経済成長の大幅な上方修正が示されなかったことも逃避資産としての金需要を支えた。
 シンク・マーケッツUKの主席市場アナリスト、ナイーム・アスラム氏は、「FOMCが近い将来にタカ派的になることはない」と電子メールで指摘した。
 ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は前日比0.3%高の1オンス=1230.20ドルで終了。週間ベースでは2.4%高と、2月3日終了週以来の大幅上昇。
◎NY原油:ほぼ横ばい、減産合意の先行き不透明感で
 17日のニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物がほぼ横ばい。石油輸出国機構(OPEC)加盟国・非加盟国の減産合意について、ロシアのノバク・エネルギー相が延長を協議するのは時期尚早だと話し、市場で高まっていた延長への期待が後退した。
 BNPパリバの商品調査責任者、ハリー・チリンギリアン氏 (ロンドン在勤)は「生産抑制を当初合意した6カ月より延長する必要があるかもしれないという現実を、受け入れつつある産油国が少し増え、生産側からの肩入れが多少強まっていた。だがここに来て、この建設的な雰囲気にロシア政府が冷や水を浴びせた」と話した。
 ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物4月限は前日比3セント(0.06%)高い1バレル=48.78ドルで終了。ロンドンICEの北海ブレント5月限は2セント上昇の51.76ドルで取引を終えた。
◎欧州株:1年3カ月ぶり高値更新、鉱業株高い−週間ベースでも上げる
 17日の欧州株式相場は上昇。指標のストックス欧州600指数は2015年12月以来の高値を更新した。米利上げとオランダ総選挙の結果による安心感で、週間ベースでも値上がりした。
 ストックス600指数は前日比0.2%高の378.32で終了。前週末比では1.4%上げた。鉱業株は今週8.4%上げ、昨年11月以来の大幅高を記録した。
◎欧州債:ドイツ債、ほぼ変わらず−米経済指標で下げを埋める
 17日の欧州債市場ではドイツ国債がほぼ変わらず。ECB政策委員会メンバー、ノボトニー・オーストリア中銀総裁の16日の発言でECBの利上げを織り込む動きが強まり、朝方は下げていた。
◆きょうの国内市況(3月17日):株式、債券、為替市場
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-03-17/OMY59F6TTDS801

■貿易分野、着地見えず=声明で触れない可能性も−為替は従来合意確認・G20初日
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017031800144&g=int
■トランプ米政権の予算案、大打撃を受けるのは
http://www.bbc.com/japanese/39300981
■メルケル独首相、トランプ大統領と初会談 緊張感漂う冷たい雰囲気
http://www.afpbb.com/articles/-/3121874?cx_part=topstory
■米入国禁止令、トランプ政権が上訴 差し止め撤回求め
http://www.afpbb.com/articles/-/3121867
■対北朝鮮で軍事行動排除せず、戦略的忍耐終わった=米国務長官
http://jp.reuters.com/article/rex-tillerson-seoul-idJPKBN16O0ZR
■EU:英国は離脱時の拠出金でまず合意を、通商交渉はその後−関係者
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-03-17/OMYM5L6JTSE801
・EU、英国が拠出金で合意するまで通商協議は一切しない方針
・合意不成立のまま英国が離脱する可能性に備えるよう企業に呼び掛け
[ 後略 ]
■サウジ、イランからの大巡礼受け入れ
http://www.afpbb.com/articles/-/3121857
■イスラエル首相、シリア空爆の標的はヒズボラ向け「高性能兵器」
http://www.afpbb.com/articles/-/3121876
■家計の金融資産、過去最高の1800兆円 現預金増・株高・円安で
http://jp.reuters.com/article/shikin-junkan-idJPKBN16O00V

●米ミシガン大消費者マインド指数:3月速報値97.6に上昇−予想97
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-03-17/OMYPOR6VDKHV01
●米鉱工業生産指数:2月は前月比変わらず、製造業は6カ月連続で上昇
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-03-17/OMYQIM6KLVR401



☆ ランキング参加中です クリック頂ければうれしいです

    にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ