☆ブログランキングに参加しております

    にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

    

    商品先物ブログ・RSSナビ

■ ■ 内外の市況・ニュース記事など ■ ■

◆10月12日の海外株式・債券・為替・商品市場
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-10-12/OXPMHX6K50XZ01
◎NY外為:ポンド上昇、EU離脱巡る報道で乱高下−ドル小幅高
 12日のニューヨーク外国為替市場ではドルが小幅高。市場の注目は、英国の欧州連合(EU)離脱を巡る動向で乱高下したポンドに集まった。
 ポンドは離脱交渉に関するドイツ紙ハンデルスブラットの報道を受けて大きく上昇し、ドルに対し0.5%上げて日中高値をつけた。報道は、EU側交渉責任者のミシェル・バルニエ氏が英国に2年のEU市場アクセス維持と移行期間を設けることを提案するというもの。これによりポンドは、交渉が暗礁に乗り上げたとする前日のバルニエ氏の発言を受けたそれまでの大幅な下げを全て埋めた。
 ニューヨーク時間午後5時現在、ポンドはドルに対し前日比0.3%上げて1ポンド=1.3262ドル。主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.1%上昇。ドルは対ユーロで0.2%高の1ユーロ=1.1830ドル。
 英紙フィナンシャル・タイムズは、EUの指導部がバルニエ氏に、離脱の移行期に関する取り決めと離脱後の英国との関係に関する「内部の予備協議」を開始するよう勧めたと報じた。その前には、クロス取引を巻き戻し円やユーロなどの通貨を買う動きが広がる中、ポンドはドルに対し一時は0.8%安となっていた。
 ドル指数はこの日、9月の米生産者物価指数(PPI)発表後に日中高値をつけた。食品とエネルギーを除くPPIコア指数が前月比で0.4%上昇、前年同月比では2.2%上昇し、いずれも市場予想を上回る伸びとなった。9月の連邦公開市場委員会(FOMC)で低インフレに対する懸念を一部参加者が示したことが議事録で判明したため、13日に発表される9月の消費者物価指数(CPI)と小売売上高が市場関係者の注目を集める。
◎米国株・国債・商品:S&P500種は小反落、原油も下げる
 12日の米株式相場は小反落。米税制改革の行方と連邦公開市場委員会(FOMC)の次の政策を見極めたいとの思惑が強かった。

・米国株は小反落、税制改革と金融政策の行方を注視
・米国債は上昇、ガソリン高でPPIは大幅上昇
・NY原油は反落、IEAが供給だぶつき解消の見通しに懐疑的な見方示す
・NY金は5営業日続伸、FOMC議事録でハト派に傾斜と判断


 S&P500種株価指数は取引時間中の最高値を更新したものの、下げに転じた。原油安を背景にエネルギー株が下落し、AT&Tが7−9月(第3四半期)のテレビサービス契約者の大幅減少を明らかにしたため、通信サービス株が大きく下げたことが影響した。決算を発表したJPモルガン・チェースとシティグループも安い。米国債利回りは低下した。米労働省は9月の米生産者物価指数(PPI)がガソリン価格の急騰を反映して5カ月ぶりの大幅上昇となったと発表した。
 S&P500種株価指数は前日比0.2%安の2550.93で終了。ダウ工業株30種平均は31.88ドル(0.1%)下げて22841.01ドルで終えた。ニューヨーク時間午後5時現在、米10年債利回りは3ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の2.32%。

 ニューヨーク金相場は5月以降で最長の5営業日続伸。前日の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録で低インフレへの懸念が強まりつつまる状況が示唆されたことが背景。ニューヨーク時間午後2時26分現在、金スポット相場は前日比0.2%上げて1オンス=1294.49ドル。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物は0.6%高の1296.50ドルで終了。

 ニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物が反落。米エネルギー情報局(EIA)の統計では予想以上の米原油在庫の減少が示されたものの、国際エネルギー機関(IEA)は世界的な供給だぶつきの解消見通しに疑問を投げ掛けた。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物11月限は前日比70セント(1.4%)安の1バレル=50.60ドルで終了。ロンドンICEの北海ブレント12月限は69セント下げて56.25ドル。

◎欧州株:ほぼ変わらず−スペイン情勢とFOMC議事録に注目
 12日の欧州株式相場はほぼ変わらず。最新のスペイン情勢を見極めようと様子見姿勢がとられたほか、米利上げの手掛かりとなるFOMC議事録が注目された。
 指標のストックス欧州600指数は前日比0.1%未満高の390.28で終了。業種別19指数のうち14指数が値上がり。構成銘柄で上昇したのは369銘柄、下落したのは214銘柄。
  ドイツのDAX指数は初めて1万3000の大台に乗せた後、終値での最高値を更新。スペインのIBEX35指数はほぼ変わらず。ラホイ首相はカタルーニャ自治州政府のプチデモン首相に対し、スペインからの独立を宣言したかどうかについて5日以内に明確化することを求めた。
◎欧州債:イタリア国債が上昇−改正選挙法巡る信任投票可決で
 12日の欧州債市場ではイタリア国債が大きく上げた。同国議会で反体制派「五つ星運動」に不利となり得る改正選挙法を巡る3つ目の信任投票が可決されたことが背景にある。
 スペインを除く他のユーロ参加国の国債も買われ、利回りは2−3bp低下。ECBのプラート理事が基調的なインフレ圧力はまだ弱いと述べた。
 ドイツ10年債利回りは2bp低下の0.45%、イタリア10年債利回りは4bp下げ2.12%。一方、スペインの10年物利回りは1bp上昇し1.64%。
 イタリア議会は13日までに改正選挙法を巡るもう1つの信任投票を秘密投票で行う。これはより大きな試練となる可能性がある。
◆OPEC:原油の供給超過、1年以内にようやく解消へ−関係者
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-10-12/OXPU5A6JTSEA01
◆きょうの国内市況(10月12日):株式、債券、為替市場
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-10-12/OXOOPC6KLVR501

■インタビュー:米FRB、インフレ目標守らなければ信頼失う恐れ=セントルイス連銀総裁
http://jp.reuters.com/article/bullard-interview-idJPKBN1CH2OH
 同総裁はロイターのインタビューで、「インフレ目標を設定するなら、守る必要がある。インフレ目標の達成を掲げるなら、達成に向け努力し、信頼を維持する必要がある」と述べた。
 そのうえで、FRBが物価水準を推し量るために注目している指標がこのほど低下していることは、目標達成に向け「過去2年間に見られた成果が多かれ少なかれ、完全に失われたことを意味している」とし、こうした環境下で利上げを継続することは「インフレ目標はそれほど重要ではないとのシグナルを市場に送ることになる」と指摘。
 インフレが低下するなかでFRBが利上げを実施すれば、インフレの一段の低下、さらには景気後退につながる政策上の誤りを犯すリスクが出てくるとの見方を示した。
■米、5年ごと見直し提案=NAFTA再交渉で
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017101300251&g=int
■「富裕層の増税で富分配を」、IMFがトランプ税改革に異例のけん制
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-10-12/OXPXVW6JTSEG01
■ECB総裁、低金利政策を維持する姿勢あらためて表明
http://jp.reuters.com/article/ecb-chief-reitereates-keeping-rates-low-idJPKBN1CH2O2
■ECB、金利を長期間にわたり低水準にとどめるべきでない=独連銀総裁
http://jp.reuters.com/article/german-cenban-chief-idJPKBN1CH2OC
■英離脱、移行措置の準備着手か=12月までの「十分な進展」前提に−EU
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017101300250&g=int
■カタルーニャは独立宣言したのか スペイン首相、期限付きで説明要求
http://www.bbc.com/japanese/41591097
■ギリシャ国債の利子収入約1兆円、ユーロ圏内に新たな火種か
http://www.afpbb.com/articles/-/3146481?cx_position=14
■クルド部隊、主要道を一時封鎖=「イラク軍の攻撃」に警戒
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017101201284&g=int
■ハマス、ファタハと「合意に達した」と発表 10年余りの対立に終止符
http://www.bbc.com/japanese/41592146
■米ゴールドマン、スイスでトレーディング業務拡大へ−関係者
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-10-12/OXPQJF6K50XV01
■BofA、パリの凱旋門近くにオフィススペース確保−移転計画が始動
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-10-12/OXP0SD6JTSE801

●米卸売物価指数、9月は0.4%上昇 12月利上げ観測持続か
http://jp.reuters.com/article/us-ppi-idJPKBN1CH2OW
9月の前年同月比は2.6%上昇と、2012年2月以来の大幅な伸びだった。市場は2.5%の上昇を見込んでいた。8月は2.4%のプラスだった。
●米週間新規失業保険申請:24.3万件に減少、ハリケーン前の水準に
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-10-12/OXPMUYSYF01S01



☆ ランキング参加中です クリック頂ければうれしいです

    にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ