☆ブログランキングに参加しております

    にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

    

    商品先物ブログ・RSSナビ

■ ■ 内外の市況・ニュース記事など ■ ■

◆2月13日の海外株式・債券・為替・商品市場
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-02-13/P43J7L6K50YY01
◎NY外為:ドル指数が下げ縮小、円は5カ月ぶり高値維持できず
 13日のニューヨーク外国為替市場では、ドルがユーロと円に対し続落。ドル指数は、朝方に強かったリスク警戒感が和らいだことで、下げ幅を縮小した。円は主要10通貨の大半に対して上昇を維持した。
 円はドルに対し底堅く推移した。ただ、米国株が寄り付きの下げを埋め、その後も値を保ったことから、円は5カ月ぶり高値を維持できなかった。ドルは主要通貨の大半に対して下げたが、ドル指数は一時の0.5%安から下げ幅を縮めた。外為取引の出来高は意外なほど低調だったとトレーダーらは指摘した。
 ニューヨーク時間午後4時30分現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.4%低下。ユーロは対ドルで0.5%上げて1ユーロ=1.2354ドル。ドルは対円で0.8%安の1ドル=107円82銭。
◎米国株・国債・商品:株が3日続伸、国債も買われる−ドルは下落
 13日の米株式相場は上昇。一方でドルは下落し、米国債は値上がりした。14日に発表される米消費者物価指数(CPI)に市場は注目している。
・ 米国株は上昇、S&P500種が3日続伸
・ 米国債は値上がり−10年債利回り2.83%
・ NY原油は小反落、OPEC減産の取り組みとシェール増産の綱引き
・ NY金は続伸、原油との価格差は昨年12月以来の最大

 S&P500種株価指数は3営業日続伸。1月半ば以降で最長の連続高となった。金融や食品小売りが高い。またこの日は、先週見られたボラティリティー急上昇が引き続き市場の重しとなる中で安全資産が買われ、円が大幅高となったほかスイス・フランや金も値上がりした。ドルは3営業日続落で、約1週間ぶり安値。
 S&P500種株価指数は前日比0.3%高の2662.94。ダウ工業株30種平均は39.18ドル(0.2%)上昇の24640.45ドル。米国債市場ではニューヨーク時間午後4時34分現在、10年債利回りが3ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の2.83%。
 ニューヨーク原油先物市場のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物は小幅反落。世界的な供給過剰を解消させようと石油輸出国機構(OPEC)が取り組む一方で、米国のシェールオイル生産が増えていることが重し。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物3月限は前日比10セント(0.2%)安の1バレル=59.19ドルで終了。ロンドンICEの北海ブレント4月限は13セント上げて62.72ドル。
 ニューヨーク金先物相場は続伸。米シェールオイル生産が増加する中、原油との比較で金は昨年12月以来の割高な水準で取引されている。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は前日比0.3%高の1オンス=1330.40ドルで終了した。
 ボラティリティーの水準は依然として高く、投資家の不安がなお続いていることが示されている。14日発表の米CPIは、今後の市場の行方を見極める上で手掛かりとなる可能性がある。
 ヘッジファンドなど大口の投機家による米国債先物の弱気ポジションは過去最高に達し、債券相場の下落が近く再開するとの市場の予想を示している。ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントは、米10年債の利回りが今後半年の間に3.5%に達する可能性があると分析。米国の利上げペース加速を市場が織り込むとみている。
◎欧州株:ストックス600は反発、世界的に株式相場が上昇で
 12日の欧州株式市場では、指標のストックス600指数が反発。過去2週間続いた下げが止まった。市場が安定しつつある兆しが広がっている。
 ストックス600指数は前週末比1.2%高の372.93。英FTSE100は1.2%高、独DAXは1.4%高、仏CAC40は1.2%高。
◎欧州債:スペイン債など周辺国債が下落−イタリア国債入札は堅調
 13日の欧州債市場ではスペイン債を中心に周辺国の長期債が下落。イタリアでの国債入札を控えたコンセッションが午後の相場でも続き、周辺国の国債に波及した。一方、円が上昇を維持する中でドイツ国債は堅調な相場が続いた。
◆ヘッジファンドが過去最大の米国債ショート−CPIが成否決めるか
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-02-13/P42C506JTSGX01
◆世界の石油供給、18年は需要の伸びを上回る可能性=IEA
https://jp.reuters.com/article/iea-oil-idJPKBN1FX12C
◆きょうの国内市況(2月13日):株式、債券、為替市場
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-02-13/P42SQV6JTSIW01

■パウエルFRB議長:米利上げ継続を示唆−最近の株価急落でも
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-02-13/P43YLA6TTDS101
 米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル長は13日、最近の株価急落の後を受け、金融システムへの脅威に対する警戒を怠らないとしつつも、緩やかな利上げを継続する方針を表明した。 [ 後略 ]
■トランプ米大統領、関税・数量制限など検討 鉄・アルミ輸入品対応で
https://jp.reuters.com/article/usa-trump-trade-idJPL4N1Q35Y9?il=0
■トランプ米政権、外交予算の大幅削減を提案 19年度予算教書
https://www.cnn.co.jp/usa/35114612.html?tag=top;topStories
ワシントン(CNN) トランプ米政権が2019会計年度(18年10月〜19年9月)の外交予算と対外援助予算の大幅な削減を提案している。国防費を増やし、それ以外の予算は削減するという方針に沿った措置となる。 [ 後略 ]
■米、北朝鮮への対応巡り「決断の時」=国家情報長官
https://jp.reuters.com/article/usa-security-northkorea-time-to-decide-idJPKBN1FX29U
 ダン・コーツ米国家情報長官は13日、北朝鮮の核開発がもたらす脅威に対し米国が行動を取ることができる時間は残りわずかになりつつあり、決断の時が近づいているとの見解を示した。
■トランプ氏の「相互税」方針、ドイツ産業界が懸念
https://jp.reuters.com/article/usa-tax-germany-bdi-0213-idJPKBN1FX2Q3?il=0
■英艦、南シナ海航行へ=中国に権利主張−豪有力紙
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018021300865&g=int
■イスラエル警察、ネタニヤフ首相の起訴勧告 2件の汚職疑惑で
http://www.afpbb.com/articles/-/3162318?cx_position=2
■与党、ズマ大統領解任決定=本人は即時辞任拒否−南ア
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018021301050&g=int
■金正恩氏、南北関係改善を指示
https://jp.reuters.com/article/idJP2018021301001495

●英国:1月のインフレ率3%、コアは上昇−5月にも英利上げか
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-02-13/P433046K50XY01



☆ ランキング参加中です クリック頂ければうれしいです

    にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ