☆ブログランキングに参加しております

    にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

    

    商品先物ブログ・RSSナビ

■ ■ 内外の市況・ニュース記事など ■ ■

◆5月14日の海外株式・債券・為替・商品市場
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-05-14/P8PXWP6KLVRU01
◎NY外為:ドル高に転じる、逃避の買いや国債利回り上昇が支え
 14日のニューヨーク外国為替市場ではドルが上昇。ブルームバーグのドル指数は朝方の一時0.2%安から切り返し、2営業日続伸。ユーロはドルに対し約1週間ぶり高値を付ける場面もあったが、投機目的の買い持ち高縮小を受けて上げを消した。
 ドルは主要10通貨の大半に対して上昇。アルゼンチン・ペソの最安値更新を受けた、中南米通貨不安を背景とする安全通貨への逃避目的の買いが入った。米10年債利回りの上昇もドル買いを促した。
 ニューヨーク時間午後4時55分現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前週末比0.2%高。ユーロは対ドルで0.1%下げて1ユーロ=1.1927ドル。ドルは対円で0.2%高の1ドル=109円64銭。
 ドル指数はロス米商務長官の発言を受けて日中高値を更新した。中国との通商協議に先立ちロス長官は、中国は貿易でフェアプレーをしてこなかったとの見方を示したほか、欧州連合(EU)との間で6月1日までに合意がなければ鉄鋼・アルミニウム輸入関税を適用すると述べた。
◎米国株・国債・商品:S&P500種が小幅高−原油は中東懸念で上昇
 14日の米株式相場は薄商いの中で小幅高となった。また米国債市場では10年債利回りが3%を超えた。市場は、貿易問題の行方や中東情勢に注目している。
・ 米国株、薄商いの中でS&P500種は小幅高
・ 米国債は下落−10年債利回りは3%超え
・ NY原油は上昇、中東での緊張の高まりが手掛かり
・ NY金は下落、ドルが上げに転じる

 S&P500種株価指数構成銘柄の出来高は30日平均を17%下回った。テクノロジー株は堅調を維持。米中間の貿易摩擦の改善に向けたトランプ大統領の動きが手掛かりとなった。一方、米10年債利回りが3%に近づく中で金利敏感株は下落した。S&P500種株価指数は前週末比0.1%高の2730.13。ダウ工業株30種平均は68.24ドル(0.3%)上げて24899.41ドル。
 米国債市場では、ニューヨーク時間午後4時48分現在、10年債利回りが3ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇し3.001%。
 ニューヨーク原油先物市場のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物は上昇。中東での緊張悪化に対する懸念が広がった。在イスラエル米大使館のエルサレム移転を巡り、パレスチナのガザ地区では数万人規模のデモ参加者がイスラエルとの境界付近で同国軍と衝突。パレスチナ人50人以上が死亡した。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物6月限は26セント(0.4%)高の1バレル=70.96ドルで終了。ロンドンICEの北海ブレント7月限は1.11ドル上げて78.23ドル。
 ニューヨーク金先物相場は下落。ドルが上げに転じたことが背景にある。ブルームバーグ・ドル・スポット指数は一時0.2%安となったが、その後回復した。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物6月限は0.2%安い1オンス=1318.20ドルで終了。
 トランプ米大統領は米政府の制裁で苦境に立った中国の通信機器メーカー、中興通訊(ZTE)を巡り救済策を模索する意向を明らかにした。この動きは、中国との貿易摩擦の解消にトランプ大統領が前向きになっている可能性があることを示唆している。中国側は劉鶴副首相の訪米を決めた。
◎欧州債:ドイツ債が下げ幅拡大、ビルロワドガロー氏の発言を材料視
 14日の欧州債相場は下げ幅を拡大する展開だった。ECB政策委員会メンバーのビルロワドガロー仏中銀総裁が、量的緩和終了から「相当期間」金利を据え置くとしているガイダンスについて、数四半期を指しているのであり数年ではないと述べたことが材料視され、ドイツ10年債利回りは月初来高値を付けた。
 イタリアの「五つ星運動」と「同盟」が連立政権発足で合意に近づいている様子だが、イタリア債とドイツ債のスプレッドは変わらず。
◆大豆、上値抑えるアルゼンチン通貨安
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30363350R10C18A5000000/
◆きょうの国内市況(5月14日):株式、債券、為替市場
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-05-14/P8PHZJ6KLVR801

■トランプ米大統領:ZTEへの制裁緩和で釈明−共和、民主の批判受け
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-05-14/P8QLL26KLVR501
 トランプ米大統領は14日、米制裁を受け事業停止した中国の通信機器メーカー、中興通訊(ZTE)の救済に協力する意向を示した前日のツイッター投稿が共和、民主両党から批判されたことを受け、ツイートで釈明した。
 共和、民主両党はZTEの救済に協力すれば、国家安全保障が脅かされる恐れがあると批判。これに対しトランプ大統領は、「ZTEは部品の大きな割合を米企業から調達している」とした上で、「これはまた、われわれが中国と交渉している、より大規模な通商協定と、私の習近平国家主席との個人的関係も反映している」と述べた。
■ロス米商務長官:中国のZTEへの制裁に代わる「別の改善策」検討へ
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-05-14/P8QKNZ6S972801
■米、イランと取引する欧州企業に制裁も 大統領補佐官「可能性ある」
https://www.cnn.co.jp/world/35119091.html
■来年初めまでに「逆イールド」起きる可能性=米セントルイス連銀総裁
https://jp.reuters.com/article/usa-fed-bullard-yieldcurve-idJPKCN1IF2O5
 逆イールドの可能性を踏まえ、連邦準備理事会(FRB)は短期金利の引き上げペースを速める必要はないと述べた。
■アルゼンチン大統領、ペソ安でトランプ氏と電話会談
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30511400V10C18A5000000/?n_cid=TPRN0003
 アルゼンチンのマクリ大統領は14日、トランプ米大統領と電話会談し、アルゼンチンの通貨ペソを巡る混乱への対応について話し合った。トランプ氏は「アルゼンチンと国際通貨基金(IMF)の対話を支援する」と応じたという。ただ、ペソは下がり続け、過去最安値を更新した。
 [ 中略 ] ペソは対ドルで年初来34%安となっており、資金流出が続く新興国の中でも下げ幅が突出している。市場ではアルゼンチンの中央銀行がペソ買い・ドル売りの介入に動いているとされているが、下落に歯止めがかからない。
■ECB当局者ら、インフレ鈍化を楽観視 緩和解除の方針維持
https://jp.reuters.com/article/ecb-policy-villeroy-idJPKCN1IF13A
■ドイツは投資拡大、経常黒字縮小を=IMF年次報告書
https://jp.reuters.com/article/germany-economy-imf-idJPKCN1IF2P3
■米大使館エルサレム移転 抗議活動に軍発砲 55人死亡
https://jp.reuters.com/article/jerusalem-embassy-idJPKCN1IF316
 米国が在イスラエル大使館をエルサレム移転・開設した14日、パレスチナ自治区ガザの境界付近で抗議活動を行ったパレスチナ人に対しイスラエル軍が発砲し、少なくとも55人が死亡、2700人余りが負傷した。1日の死傷者数としては2014年以のガザ戦争以来最悪となっている。
■米副報道官、ガザでの衝突「ハマスに責任」
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30511270V10C18A5000000/
 米ホワイトハウスのシャー大統領副報道官は14日の記者会見で、パレスチナ自治区ガザで起きた米国の在イスラエル大使館の移転に対する抗議デモで多数の死者が出たことについて、イスラム原理主義組織ハマスに「直接的な責任がある」と批判した。イスラエル軍はデモ隊に実弾を使ったが「イスラエルには自衛権がある」と擁護した。
■安保理、エルサレム問題で緊急会合へ
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30511110V10C18A5000000/
■メイ英首相、EU離脱へ決意再表明 閣僚は関税同盟巡り対立
https://jp.reuters.com/article/britain-eu-idJPKCN1IF0GI
■JPモルガン、中国に「全力」投入へ−4年間空席の中国CEOを指名
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-05-14/P8Q7HR6S972N01
■ポルトガル電力公社、中国長江三峡による買収案拒否する構え−関係者
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-05-14/P8QLZT6K50Y001
■中国の劉副首相が15−19日に訪米、経済・貿易協議で
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-05-14/P8PO436JTSED




☆ ランキング参加中です クリック頂ければうれしいです

    にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ