☆ブログランキングに参加しております

    にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

    

    商品先物ブログ・RSSナビ

■ ■ 内外の市況・ニュース記事など ■ ■

◆5月18日の海外株式・債券・為替・商品市場
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-05-18/P8XDH06S972C01
◎NY外為:逃避先通貨が上昇、新興国通貨やイタリア情勢受け
 18日のニューヨーク外国為替市場では、円やスイス・フランなどの逃避先通貨が上昇した。新興国通貨が軟調に推移したことや、イタリアのポピュリスト2政党による連立協定合意を巡る懸念からイタリア国債が下落したことを受けた。
 円とフランはドルとユーロに対して上昇。米国債利回りが軒並み低下したことが背景となった。中南米通貨が下落したことから、MSCI新興国通貨指数は今年1月以降で初めて200日移動平均を割り込む場面があった。ドルは主要10通貨に対してまちまちだったが、ブルームバーグのドル指数は今週1.2%上げ、5週連続の上昇となった。
 ニューヨーク時間午後4時38分現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.3%上昇。ドルは円に対し0.1%未満下げて1ドル=110円73銭。ユーロは対ドルで0.2%安の1ユーロ=1.1769ドル。
 ドルは円に対し早い時間の上げ(0.3%高)を維持できなかったが、週間ベースでは8週連騰となった。
 ドルはスイス・フランに対して、一時0.6%安の1ドル=0.9951フランまで下げた。MSCI新興国通貨指数が主要支持水準を下回ったことが背景。
◎米国株・国債・商品:S&P500下落−10年債利回り3.1%下回る
 18日の米株式市場では、薄商いの中でS&P500種株価指数が下落。外国為替市場ではドルが上昇し、米国債市場では利回りが低下した。米中の貿易交渉に関する相反するシグナルを市場は見極めようとしている。
 S&P500種の構成銘柄の出来高は過去30日間の平均を8%下回った。この日はテクノロジー株が安い。アプライド・マテリアルズが示した売上高見通しを嫌気した。一方で小型株は上昇。ドルの値上がりが手掛かりとなった。米国債市場では10年債利回りが3.1%を下回った。S&P500種株価指数は前日比0.3%安の2712.97。ダウ工業株30種平均は1.11ドル上げて24715.09ドル。
 米国債市場では、ニューヨーク時間午後4時56分現在、10年債利回りが5ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の3.06%
 原油市場では、ロンドンICEの北海ブレント原油が週間ベースとしては2011年以降で最長の連続高となった。石油輸出国機構(OPEC)の減産により、需給バランスの改善が一段と進んでいるとの見方が市場には広がっている。今週は米国の対イラン制裁や在庫減少、ベネズエラでの生産減少を巡る懸念が世界の原油価格を下支えした。18日の取引ではブレント原油とニューヨーク原油先物市場のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物がともに下落。ブレント原油7月限は79セント安の1バレル=78.51ドル。WTI先物6月限は21セント安い71.28ドル。
 ニューヨーク金相場は反発。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物6月限は0.15%高の1オンス=1291.30ドル。週間では昨年12月8日以来最大の下げとなった。
◎欧州債:イタリア債が再び下落、ドイツ債とのスプレッドは節目突破
 18日の欧州債市場では、イタリア債利回りが再び急騰。10年債のドイツ債との利回り格差は160ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)を超え、昨年10月以降で最大に達した。株が売られる中でドイツ債は堅調で、米国債と英国債も上昇した。
 イタリア債とドイツ債のスプレッドは16日に150bpを突破し、160bpが主な抵抗水準とみられていた。イタリア10年債利回りは11bp上昇の2.22%となり、10カ月ぶりの高水準。
◆きょうの国内市況(5月18日):株式、債券、為替市場
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-05-18/P8WURZ6K50XW01

■米大統領、雇用の中国流出は断固阻止 米中通商協議続く
https://jp.reuters.com/article/us-cn-trade-talk-idJPKCN1IJ2UM?il=0
■中国、貿易黒字削減で「要求の多くに応えている」=米NEC委員長
https://jp.reuters.com/article/usa-trade-china-kudlow-idJPL3N1SP59V
■米商務長官、中国ZTEに対する措置を再検討中=カドローNEC委員長
https://jp.reuters.com/article/kudlow-zte-idJPKCN1IJ2UE?il=0
■米、イラン核合意代替案で各国に協力要請へ
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30728760Z10C18A5000000/
■米、駐韓大使にハリス氏を指名
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30728780Z10C18A5000000/
■IMF理事会、アルゼンチンの金融支援要請を協議
https://jp.reuters.com/article/argentina-imf-idJPL3N1SP4XU
■米イラン制裁再開の対抗策、EUが準備着手
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30728540Z10C18A5000000/
■ロシア大統領が独首相と会談、パイプライン計画で米けん制
https://jp.reuters.com/article/russia-germany-merkel-putin-0518-idJPKCN1IJ2LO
■イタリアの「同盟」と「五つ星運動」、連立政権樹立の合意書に署名
https://jp.reuters.com/article/italy-politics-five-star-idJPKCN1IJ1AD
■中国がトランプ氏に2000億ドルの米貿易赤字削減を提案
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-05-17/-2000-jhb4kzfd
■日本、米鉄鋼・アルミ輸入制限に対抗措置用意 WTOに通知
https://jp.reuters.com/article/usa-trade-japan-countermeasure-0518-idJPKCN1IJ2AX
■太平洋・島サミット開幕 首相、2日間で会談ラッシュ
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30724470Y8A510C1EA3000/?n_cid=DSTPCS001

●ユーロ圏経常収支、3月は季節調整後で黒字縮小
https://jp.reuters.com/article/euro-zone-current-account-idJPKCN1IJ0W2
●4月の独卸売物価指数、前月比0.5%上昇・前年比1.4%上昇
https://jp.reuters.com/article/germany-economy-wpi-idJPKCN1IJ0M8



☆ ランキング参加中です クリック頂ければうれしいです

    にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ