☆ブログランキングに参加しております

    にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

    

    商品先物ブログ・RSSナビ

■ ■ 内外の市況・ニュース記事など ■ ■

◆6月13日の海外株式・債券・為替・商品市場
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-06-13/PA9HXV6JIJUO01
◎NY外為:ユーロ上昇、FOMC後の下げを埋める−ドルは下落
 13日のニューヨーク外国為替市場では、ユーロが米連邦公開市場委員会(FOMC)政策決定後の下げから反転し、日中高値を更新した。欧州中央銀行(ECB)政策委員会を翌日に控えたポジション調整や、米中貿易摩擦への懸念が背景。ブルームバーグのドル指数はFOMC後に上昇し日中高値を付けるも失速、前日比で反落した。
 FOMCが25ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%) の利上げを決定し、2018年通年の利上げ予測を4回に上方修正したことを受け、声明の発表直後にはドル買いが広がった。その後でドルは、米国が中国製品への関税を準備中だとする米紙報道に押された。ユーロは遅い時間に1ユーロ=1.1801ドルの日中高値を付けた。
 ニューヨーク時間午後4時30分現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.1%低下。ユーロは対ドルで0.4%上昇し1ユーロ=1.1789ドル。ドルは対円で0.1%未満高い1ドル=110円35銭。
 パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長が来年1月から毎回のFOMC後に記者会見を開催するとの発表が、利上げペース加速の兆候かもしれないと受け止められ、一時ドル買いを促した。ただ、同議長がその後、賃金の伸び悩みや比較的早い時期に中立金利に達するなどと指摘したことから、ドルは値を消した。ドルは主要10通貨の大半に対して下げた。円に対しては3週間ぶり高値の110円85銭まで上伸する場面を経て、前日比ほぼ変わらずとなった。
 米中間の貿易摩擦を巡る懸念も再燃。米紙ウォールストリート・ジャーナルは、米国は中国製品に対する関税を15日にも発動する準備をしていると、情報源を明らかにせずに報じた。
◎米国株・国債・商品:株が下落−FOMC声明がややタカ派寄り
 13日の米株式相場は下落。米連邦公開市場委員会(FOMC)の声明のトーンがややタカ派的だったことが手掛かり。米国債も値下がり。ドル指数はFOMC声明発表後に一時大きく上昇したが、その後下げに転じた。
・ 米国株は下落、FOMC声明のトーンがややタカ派寄り
・ 米国債は値下がり、10年債利回りは一時3%超え
・ NY原油は3日続伸、米統計で原油と燃料の在庫が減少
・ NY金スポットは上昇、ドルの下落で

 失業率が低下し、インフレ率が目標付近で推移する中、FOMCは政策金利を引き上げ、さらに2018年通年の利上げ回数の予測を上方修正した。10年債利回りはFOMC声明発表後に一時3%を上回る場面があった。
 S&P500種株価指数は前日比0.4%安の2775.63.ダウ工業株30種平均は119.53ドル(0.5%)下げて25201.20ドル。
 米国債市場ではニューヨーク時間午後4時59分現在、10年債利回りが1ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の2.97%。
 ニューヨーク原油先物市場のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物は3日続伸。朝方は一時下落していたが、米政府の統計で原油と燃料の在庫減少が示されたことを手掛かりに上げに転じた。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物7月限は28セント(0.4%)高の1バレル=66.64ドルで終了。ロンドンICEの北海ブレント8月限は86セント上げて76.74ドル。
 ニューヨーク金市場では、スポット相場が上昇。午前中に堅調に推移した後、米連邦公開市場委員会(FOMC)の利上げや利上げ予測上方修正に反応し一時下げたが、その後、米中間の貿易摩擦が悪化するとの見方からドルが下落したことを手掛かりに上げに転じた。金スポット相場はニューヨーク時間午後4時06分現在、0.3%高の1オンス=1299.81ドル.FOMC声明発表前に取引が終了したニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物8月限は0.2%上昇し1301.30ドル。
 アバディーン・スタンダード・インベストメンツの欧州担当エコノミスト、ジェームズ・マッキャン氏はリポートで、「FOMCは年内あと2回の利上げを示唆したほか、金利はしばらく長期的に見込まれる水準を下回った状態が続くとの市場へのシグナルを削除した」と指摘。「この転換は、堅調な国内経済の成長を反映している」と続けた。
 米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は、声明発表後の記者会見で、失業率とインフレ率はともに低いとし、利上げペースは遅過ぎても速過ぎても悪影響を及ぼし得ると指摘した。また2%を上回るインフレ率に金融当局は過剰反応しないとも述べた。このほか来年1月から、全てのFOMC会合後に記者会見を開くことを明らかにした。
◎欧州債:イタリア債が小幅上昇、入札堅調でも勢い続かず
 13日の欧州債市場では、イタリア債が入札で堅調な需要を集めた。それでも同国債先物は12日高値の125.97に2回迫る場面がありながら突破できず、10年債利回りは2.75%を割り込めなかった。一方、ドイツ債は入札が低調だったものの10年債利回りは50ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)で支えられた。注目は14日のECB政策判断とドラギ総裁の記者会見に移っている。
◆きょうの国内市況(6月13日):株式、債券、為替市場
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-06-13/PA8V8B6KLVR401

■FOMC:1.75−2%に利上げ、18年の利上げ予測を4回に上方修正
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-06-13/PA9X7S6TTDS601
 今回の声明では「FF金利は今後しばらく中長期的に有効となる水準を下回る可能性が高いと予想している」との文言が削除された。そのほかの変化点としては、「さらなる漸進的な調整」という文言が「さらなる漸進的な引き上げ」に置き換えられた。また、「中長期的なインフレ期待の指標は、ならしてみるとほとんど変わっていない」と表現。前回声明の「市場に基づくインフレ調整指標は低い水準が続き、調査に基づく中長期的なインフレ期待の指標」から簡素化された。
■FOMC声明:利上げ決定後も金融政策スタンスは「引き続き緩和的」
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-06-13/PA9YJ26TTDS001
■パウエルFRB議長、来年1月から毎回のFOMC後に記者会見へ
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-06-13/PA9ZFNSYF01S01
■トランプ米大統領:中国は今後数週間に動揺する可能性−通商措置で
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-06-13/PAA2V06K50XU01
 トランプ米大統領は今後数週間に貿易を巡って中国と「非常に強力に」対立することになるだろうと述べ、金正恩朝鮮労働党委員長との会談の後で、北朝鮮の最大の貿易相手国である中国に警告を発した。
■対中関税、トランプ政権が15日にも発動へ準備
https://jp.wsj.com/articles/SB12390688177033003890604584284843752540628
 トランプ米政権は15日にも、数百億ドル規模の中国輸入品に対して関税を課す方向で準備を進めている。関係筋が明らかにした。実際に発動されれば、中国から大規模な報復措置を招きそうだ。
■「米韓演習中止」 トランプ氏発言に驚きと戸惑いの声
https://www.cnn.co.jp/usa/35120780.html
[ 抜粋 ]
 米国のバイデン前副大統領は、トランプ政権が北朝鮮から何の見返りも得ないうちに、多くの勝ち点を与えたことになると指摘。北朝鮮がすでに勝ち取ったものとして、米大統領と会談したことで得られる正統性、国際社会からの制裁圧力の軽減に加え、軍事演習の中止を挙げた。さらに、トランプ氏が「核交渉を始めるというあいまいな約束と引き換えに米国の交渉力を弱め、同盟関係の弱体化を示唆してしまった」と批判した。
■米朝会談でほくそ笑む中国、狙うは非核化の主導権
https://jp.wsj.com/articles/SB12638417168000953295604584284601625929752
米朝首脳会談の陰で、意外な勝者が誕生している。中国だ。中国は今後、平和協定の締結から兵器査察、経済支援まで、北朝鮮の未来を決める重大局面で中心的な役割を担おうと虎視眈々と狙っている。
■トランプ大統領、北朝鮮の「核の脅威はない」−廃棄の期限未定でも
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-06-13/PA9FR66TTDS901
 トランプ大統領は13日、米朝首脳会談を行ったシンガポールから帰国。ワシントン到着の直後に、「誰もが、私が就任した日よりもはるかに安心できるだろう」とし、「もはや核の脅威はない」とツイートした。
 何ら根拠のない「希望的観測」ですね。
■米国務長官:北朝鮮の非核化、トランプ政権1期目中の進展を望む
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-06-13/PA9ROO6K50XW01
 「希望的観測」に基づく「希望・期待表明」でしかないが。
■トランプ米大統領とイラン、原油相場巡り舌戦
https://jp.reuters.com/article/usa-trump-oil-opec-0613-idJPKBN1J91UR
■サウジとロシア、原油増産の段取りを今週協議
https://jp.wsj.com/articles/SB11074846559170153569704584284973286182560
■英首相、保守党取りまとめへ妥協案作成急ぐ−失敗なら政権崩壊の危機
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-06-13/PA9E7C6TTDS101
■イタリアとフランス、移民問題めぐり対立激化 閣僚会談を延期
http://www.afpbb.com/articles/-/3178419
■ノルウェー、米海兵隊400人を新たに受け入れ
https://www.cnn.co.jp/world/35120775.html
■サウジ有志連合、イエメンの港に進攻を開始
http://www.bbc.com/japanese/44464545
 サウジアラビア主導の有志連合は13日、イエメン西部の主要港フダイダへの進攻を開始した。
フダイダは、内戦が続くイエメンに人道支援が届けられる主要な入り口になっており、援助団体は、フダイダが攻撃されれば人道的大惨事が起きると警告していた。同国内の700万人以上が食糧支援に依存している。
 有志連合は、イランが後押しする反政府武装組織「フーシ」に対して13日午前零時(日本時間午前6時)をフダイダからの撤退期限としていたが、期限を過ぎても撤退しなかったことを受け、爆撃を始めた。
■南部天然ガス輸送路のアゼルバイジャン〜トルコ間が開通
https://www.jetro.go.jp/biznews/2018/06/95909685424549ff.html
■米韓軍事演習の中止、中国の提案が実際的なこと示す=中国外務省
https://jp.reuters.com/article/northkorea-usa-china-idJPKBN1J90UM
 中国の「勝利宣言」。
■米投資家、市場開放へ向かう中国債券市場に熱視線−ゴールドマン
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-06-13/PA8WMP6K50YN01
■北朝鮮メディア、米朝会談の成果報道 トランプ氏を称賛
https://www.cnn.co.jp/world/35120796.html

●〔表〕FRB米経済見通し
https://jp.reuters.com/article/%E3%80%94%E8%A1%A8%E3%80%95%EF%BC%A6%EF%BC%B2%EF%BC%A2%E7%B1%B3%E7%B5%8C%E6%B8%88%E8%A6%8B%E9%80%9A%E3%81%97-idJPL4N1TF4SZ
●英国:5月インフレ率は2.4%、前月から横ばい−燃料価格が急上昇
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-06-13/-2-4-jicxytnb



☆ ランキング参加中です クリック頂ければうれしいです

    にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ