☆ブログランキングに参加しております

    にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

    

    商品先物ブログ・RSSナビ

■ ■ 内外の市況・ニュース記事など ■ ■

7月3日の海外株式・債券・為替・商品市場
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-07-03/PBAJGX6K50XX01
◎NY外為:ドル下落、中国当局者が通貨を武器として使わずと発言
 3日のニューヨーク外国為替市場ではドル指数が反落。中国人民銀行(中央銀行)の幹部が、米国との通商問題で人民元を武器として活用することはないと表明したことが背景にある。ただ、米中の輸入関税発動期限を控えて緊張が続いている。
 米国の独立記念日を翌日に控えたこの日、ドルは主要10通貨全てに対して値下がり。主要通貨ではスウェーデン・クローナが最も大きく上げた。スウェーデン中銀のイングベス総裁が利上げを示唆したことが手掛かり。
 人民元は急伸。中国を巡っては、関税の影響を緩和するため元を切り下げているとの観測が広がっており、そうした中で人民銀幹部らは今回、為替への姿勢について説明した。
 ニューヨーク時間午後4時46分現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.6%低下。ユーロは対ドルで0.2%高の1ユーロ=1.1662ドル。ドルは対円で0.3%下落し1ドル=110円58銭。米国債利回りが低下したほか、米国の祝日を控えてドルのロングポジションを減らす動きが広がった。
 ユーロは対ドルでは小幅な上げを維持したが、他のほとんどの主要通貨に対しては値下がり。5月のユーロ圏小売売上高が軟調だったことが背景にある。また域内の当局者らは、貿易問題を巡り警戒感を示した。
◎米国株・国債・商品:株反落、ハイテク銘柄や金融株に売り
 3日の米株式相場は反落。ハイテク銘柄や金融株が軟調となり、相場全体も下げに転じた。ニューヨーク原油先物は一時、2014年11月以来で初めて1バレル=75ドルを上回ったが、その後は伸び悩んだ。
・ 米国株は反落、ハイテク株や金融株に売り
・ 米国債は上昇、10年債利回り2.83%
・ NY原油は小幅高、一時は2014年以来の75ドル台に上昇
・ NY金は反発、ドル安や米国債利回りの低下で

 主な株価指数は全て下落。中国の裁判所が米半導体大手マイクロン・テクノロジーの販売を差し止める仮処分命令を出すと、S&P500種株価指数は急速に下げた。米独立記念日を翌日に控えたこの日は、米株式市場は午後1時まで、米債券市場は午後2時までの短縮取引となった。S&P500種株価指数は前日比0.5%安の2713.22で終了。ダウ工業株30種平均は132.36ドル(0.5%)下落し24174.82ドルで終えた。
 米国債市場では10年債利回りが4ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の2.83%。
 ニューヨーク原油先物市場のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)は小幅高。一時は約3年ぶりの高値を付ける場面もあったが、供給が増えるとの見通しから伸び悩んだ。米国の祝日を前に買い持ち高が縮小されたことも相場を圧迫した。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物8月限は前日比20セント(0.3%)高の1バレル=74.14ドル。ロンドン北海ブレント9月限は46セント高い77.76ドルで終了した。
 ニューヨーク金先物相場は反発。ドル指数や米国債利回りの低下を受けて買いが入った。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物8月限は前日比1%高の1オンス=1253.50ドル。
◎欧州債:イタリア債が失速、次第にリスクオフ優勢に
 3日の欧州債市場は、次第にリスクオフが優勢となった。朝方はセンチメントがリスクオンに傾き、ドイツ債が売られイタリア債が上昇したが、株価が上げ幅を縮小するとともに動きが巻き戻された。
◆中国人民銀行が口先介入、人民元は貿易戦争の武器にしないと主張
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-07-03/PBA2E96KLVR401
・ 易総裁と潘副総裁、「元の安定維持する」と相次ぎ表明
・ 人民銀行のシグナル無視すれば、当局は強力な措置も−コメルツ銀
[ 後略 ]

◆きょうの国内市況(7月3日):株式、債券、為替市場
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-07-03/PBA40U6JTSE801

■日本など40カ国・地域、WTOで米自動車関税に強い懸念表明
https://jp.reuters.com/article/usa-trade-autos-wto-idJPL4N1TZ511?il=0
■米議会、トランプ大統領を阻止する取り組み失速−関税やZTE問題
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-07-02/PB9BJZ6TTDS001
・ 関税発動で議会承認を義務付ける上院案の法案付加、採決に至らず
・ 安保強硬派はZTEへの制裁解除で強く出られず
[ 後略 ]
■トランプ大統領がNATO首脳に書簡、国防費増額求める 米紙報道
https://www.cnn.co.jp/world/35121880.html
■「金委員長に完全非核化の意図なし」、米国防情報局が見解
https://www.cnn.co.jp/world/35121819.html
■メルケル独首相、他国登録の移民送還に同意 連立崩壊を回避
https://www.bbc.com/japanese/44694015
■ECB、10年前の利上げがトラウマか−ゼロ金利解除を逸するとの声も
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-07-03/PBAO6I6JIJVA01
■マレーシア:ナジブ前首相を逮捕、政府系投資会社1MDB汚職捜査で
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-07-03/PBACWL6JIJUO01
■中国、大規模な海外リスクに対応可能=金融安定発展委
https://jp.reuters.com/article/china-economy-financial-risks-idJPKBN1JT1Z6
■中国、米通商政策対抗でEUに連携働き掛け=欧州当局者
https://jp.reuters.com/article/china-trade-idJPKBN1JT2W1
 中国が今月の中国・欧州連合(EU)首脳会議でトランプ米大統領の通商政策に対する力強い共同声明を採択するよう欧州側に圧力を掛けていることが欧州当局者の話で明らかになった。
 中国とEUは今月16─17日に北京で首脳会議を開催する。これに先立ちブリュッセル、ベルリン、北京などで実施された協議で、王毅外相を含む中国高官がEUとの連携を提案。一段の市場開放に努める方針を示すと同時に、双方が世界貿易機関(WTO)を通して米国に対し協調行動を起こす案も提案した。
 ただ、複数のEU当局者、および外交官はロイターに対し、EU側は米国に対抗するために中国と連携する案を退けたことを明らかにした。

■中国軍、対外拡張打ち出す 習氏改革、防衛型を転換
https://this.kiji.is/386810306368521313?c=39546741839462401
 中国の習近平国家主席が2015年末から進めている大規模な軍の組織改革について、中国軍の内部教材で「国土防衛型」から「外向型」に転換し、対外拡張の意図を明確にしていることが3日、分かった。組織改革の狙いについて軍は指揮系統の近代化などと説明してきたが、改革が進めば東・南シナ海などで日本をはじめとする近隣国との摩擦が一層強まりそうだ。軍事力で米国を追い抜く意欲も示唆している。
■百度、日本で自動運転実験 ソフトバンク子会社と提携
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32555980T00C18A7MM8000/?n_cid=TPRN0026
■首相、今夏のイラン訪問を断念
https://jp.reuters.com/article/idJP2018070301002130

●米5月製造業受注0.4%増、設備投資に減速の兆し
https://jp.reuters.com/article/us-may-manu-idJPKBN1JT24K
●6月米自動車販売、予想上回る1747万台 SUV・ピックアップ好調
https://jp.reuters.com/article/usa-autos-sales-idJPL4N1TZ51Y?il=0
●スウェーデン中銀が政策金利据え置き、利上げ見通し維持
https://jp.reuters.com/article/sweden-idJPKBN1JT0TY
●豪中銀、政策金利1.5%に据え置き
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32549950T00C18A7FF2000/



☆ ランキング参加中です クリック頂ければうれしいです

    にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ