☆ブログランキングに参加しております

    にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

    

    商品先物ブログ・RSSナビ

■ ■ 内外の市況・ニュース記事など ■ ■

◆7月6日の海外株式・債券・為替・商品市場
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-07-06/PBG3GB6JTSEA01
◎NY外為:ドルが4日続落−週間で3月以降最大の下げ
 6日のニューヨーク外国為替市場では、ドルが4日続落。米雇用統計で失業率が予想より悪かったほか、賃金の伸びが予想を下回ったことで、インフレ懸念が後退した。また貿易関係を巡る緊張が続いていることも影響した。ブルームバーグのドル指数は週間ベースで3月以降最大の下げとなった。
 ドルは主要10通貨全てに対して値下がり。最も上げたのはニュージーランド(NZ)ドルとスウェーデン・クローナ。幅広くショートカバーが入った。
 ドルは米雇用統計発表後に下げ足を速めた。6月の米雇用統計では、失業率が昨年8月以降で初めて上昇し、4%となった。市場予想は3.8%だった。平均時給は前月比0.2%増、市場予想は0.3%増だった。
 ポンドは上昇。午後遅くに一時急伸し、2週ぶり高値付近となった。英国のメイ首相と内閣がソフトな欧州連合(EU)離脱のアプローチで合意したことに反応した。
 ユーロは米雇用統計後のショートカバーや、関税を巡る当局者発言を手掛かりとした逃避需要で上昇した。
 ニューヨーク時間午後4時53分現在、主要通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.4%低下。ユーロは対ドルで0.4%高の1ユーロ=1.1741ドル。ドルは対円で0.2%安の1ドル=110円46銭。
◎米国株・国債・商品:株続伸、バイオ高いー原油は供給不足懸念
 6日の米株式相場は薄商いの中を続伸。バイオジェンのアルツハイマー病新薬候補が臨床試験で有意な結果を示したため、バイオテクノロジー関連銘柄を中心に買いが入った。米国債は小幅高。強弱まちまちの内容だった米雇用統計や、米中貿易摩擦悪化の影響を消化する動きにもなった。
・ 米国株は続伸、バイオ株に買い
・ 米国債は小幅高、10年債利回り2.82%
・ NY原油は反発、供給不足になるとの懸念で
・ NY金は反落、利上げペース維持との見方で−米雇用者数が予想上回り

 米国の主要株価指標は上昇。S&P500種株価指数は週間で1カ月ぶりの大幅高となった。雇用統計では雇用者数の伸びが予想を上回った。バイオ株や半導体銘柄、ソフトウエア、ハードウエアに買いが入り、ナスダックの指数も上昇した。S&P500種株価指数は前日比0.9%高の2759.82で終了。ダウ工業株30種平均は99.74ドル(0.4%)上昇し24456.48ドルで終えた。
 午後5時現在、米10年債利回りは1ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の2.82%。
 ニューヨーク原油先物市場のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)は反発。米中の貿易摩擦が悪化し、需要を抑制する可能性があるものの、米国の対イラン制裁により供給不足になるとの見通しから買いが優勢になった。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物8月限は86セント(1.2%)高の1バレル=73.80ドルで終了。ロンドン北海ブレント9月限は28セント安い77.11ドルで終えた。
 ニューヨーク金先物相場は反落。6日の米雇用者数の伸びが予想を上回ったため、米金融当局が利上げペースを維持するとの見方から売りが優勢になった。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物8月限は0.2%安の1オンス=1255.80ドル。
◎欧州債:中期債上昇で10年債との格差縮小、ドイツ債も堅調
 6日の欧州債市場では中期債が買われ、10年債との利回り格差が縮小した。米国が中国に対する関税を発動させたことに加え、軟調だった米雇用統計も国債相場を押し上げた。
◆中国株:上昇、一時急落と荒い値動き−人民元は下げ幅縮小
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-07-06/PBFOKF6K50XV01
◆きょうの国内市況(7月6日):株式、債券、為替市場
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-07-06/PBFH9Y6JIJUS01

■米中、互いに関税発動 対立が一段と激化
https://jp.reuters.com/article/usa-trade-china-tariff-idJPKBN1JW0NI
■米国務長官が北朝鮮に到着、非核化めぐり詳細協議
https://jp.reuters.com/article/pompeo-nkorea-idJPKBN1JW0T3
■英との2国間貿易協定、トランプ大統領の優先課題=駐英米大使
https://jp.reuters.com/article/usa-trump-trade-idJPKBN1JW2P8
■英、トランプ氏訪問日程発表=女王会見、チャーチル生家で夕食
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018070700193&g=int
■英首相、EU離脱交渉方針で閣僚と合意 自由貿易圏など提案
https://jp.reuters.com/article/britain-eu-idJPKBN1JW311?il=0
■イランと英独仏中ロが外相会合、核合意存続巡り突破口見出せず
https://jp.reuters.com/article/iran-nuclear-idJPKBN1JW2ZW?il=0
■南太平洋での中国の影響力拡大、国家安全保障の脅威に=NZ
https://jp.reuters.com/article/newzealand-defence-idJPKBN1JW0ZC
■ドイツは外資規制撤廃すべき、「恐れず中国企業と協業を」=李首相
https://jp.reuters.com/article/china-germany-li-idJPKBN1JW29E
■国連事務次長が訪朝へ、人道支援関連で
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32734840X00C18A7000000/
■北朝鮮、核弾道ミサイル発射可能な潜水艦を開発か
https://jp.wsj.com/articles/SB10211042715003633993804584330450087965982

●米雇用、6月は予想上回る21.3万人増 失業率4.0%に上昇
https://jp.reuters.com/article/us-job-june-idJPKBN1JW28G
●米5月貿易赤字6.6%減、金額ベースで1年7カ月ぶり低水準
https://jp.reuters.com/article/us-may-trade-deficit-idJPKBN1JW2D6



☆ ランキング参加中です クリック頂ければうれしいです

    にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ