☆ブログランキングに参加しております

    にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

    

    商品先物ブログ・RSSナビ

■ ■ 内外の市況・ニュース記事など ■ ■

◆7月10日の海外株式・債券・為替・商品市場
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-07-10/PBNHS06TTDS201
◎NY外為:ドル指数、下げに転じる−米企業利益への楽観で上昇後
 10日のニューヨーク外国為替市場ではドルがまちまちとなり、ドル指数は上げを消した。リスク選好の高まりでユーロのショートカバーが入ったことや、新興国資産の持ち直しを受けた資源国資産の上昇が背景となった。
 午後5時前にトランプ米大統領が追加関税の対象となる中国製品2000億ドル(約22兆2000億円)のリストを公表する準備を行っていると伝わり、円は急速に下げ渋った。ノルウェー・クローネやポンド、オーストラリア・ドルは米ドルに対し小幅に上昇した。
 ニューヨーク時間午後4時55分現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.1%低下。ドルは対円で0.2%高の1ドル=111円08銭。ユーロは対ドルで0.1%高の1ユーロ=1.1745ドル。
 ユーロの対ドル相場は早い時間に、7月の欧州経済研究センター(ZEW)景況感指数が2012年以来の低水準を更新したことや、フランスの鉱工業生産が前年同月比で予想外に低下したことを受けて下げ幅を拡大していたが、徐々に下げ幅を縮小して前日比ほぼ変わらずとなった。
◎米国株・国債・商品:株が4日続伸、市場は決算シーズンに注目
 10日の米株式相場は上昇。米国債は下落した。貿易戦争に関する新たな懸念が出てこない中、市場では決算シーズンに注目が集まっている。
・ 米国株は4日続伸、市場は決算シーズンに注目
・ 米国債は下落−10年債利回り2.87%
・ NY原油は上昇、生産混乱や米在庫減少見通しで
・ NY金は下落、ドルが堅調に推移

 S&P500種株価指数は4営業日続伸と、6月初め以降で最長の連続高。個別株ではペプシコが高い。決算で利益が市場予想を上回ったことが好感された。一方で、JPモルガン・チェースとシティグループの決算発表を13日に控えて銀行株は下落した。S&P500種株価指数は前日比0.4%高の2793.84。ダウ工業株30種平均は143.07ドル(0.6%)上昇し24919.66ドル。
 米国債市場ではニューヨーク時間午後4時45分現在、10年債利回りが1ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇し2.87%。
 ニューヨーク原油先物市場のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)は3営業日続伸し、1週間ぶり高値となった。米原油在庫の減少が世界の供給混乱を悪化させるとの懸念が広がった。カナダや北アフリカ、ペルシャ湾で生産や輸出に支障が生じているほか、ノルウェーの油田でのストライキも生産に影響。またブルームバーグの調査によれば、米国の原油在庫は先週400万バレル近く減少したもようだ。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物8月限は26セント(0.4%)高の1バレル=74.11ドル。ロンドンICEの北海ブレント9月限は79セント上げて78.86ドル。
 ニューヨーク金先物相場は下落。ドルが堅調に推移したことから、金の需要が後退した。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物8月限は0.3%安の1オンス=1255.40ドル。市場ではトルコを巡る不透明感や、ドイツ景況感指数の低下、英国の政局混迷などが注目された。
◎欧州債:ドイツ債、英国債が下落−EFSFの新発債発行などが圧迫
 10日の欧州債市場では、ベルギーと欧州金融安定ファシリティー(EFSF)が新発債を供給する中でドイツ債が下落。イタリア債は同国のサボナ欧州問題担当相が他のユーロ圏諸国の離脱に備えるべきだと発言した後、下げ幅を拡大した。
 メイ英首相の退陣につながる政治的リスクがひとまず後退したとの見方から、英国債は下落。10年債利回りは5ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇して1.30%。EUとの離脱交渉で明確な打開があれば利回り上昇が見込めるものの、この公算はますます小さくなっているとみられている。
◆きょうの国内市況(7月10日):株式、債券、為替市場
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-07-10/PBN2K06JIJUP01

■米国、2000億ドル相当の対中関税リストを週内公表の公算大
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-07-10/-2000
 トランプ米大統領は新たに中国製品2000億ドル(約22兆2000億円)相当の関税対象リストを公表する準備を行っている。事情に詳しい関係者2人が明らかにした。
 リスト公表は早ければ10日で、今週中には公表される可能性が高いと、非公表であることを理由にこれら関係者が匿名で語った。リスト公表後に公聴会を開催するほか、一般から意見を求める。
■米FRB公定歩合、NY連銀のみが引き上げに反対=議事要旨
https://jp.reuters.com/article/fed-discount-rate-meeting-0710-idJPKBN1K02O1
■米、イラン産原油禁輸制裁で一部諸国の適用除外を検討=国務長官
https://jp.reuters.com/article/usa-iran-oil-exemption-0710-idJPKBN1K0276
■米がWHOの母乳推進決議阻止? 企業利益優先の一例と米紙指摘
http://www.afpbb.com/articles/-/3181936?cx_part=latest
■EU大統領、防衛支出巡り米大統領けん制 NATO首脳会談控え
https://jp.reuters.com/article/usa-trump-europe-10-idJPKBN1K030F
 トゥスク氏は「親愛なる米国へ。同盟国を尊重すべきだ」と指摘。また、「親愛なるトランプ大統領。米国は欧州ほど素晴らしい同盟国は持っていないし、これからも持たないだろう」し、現在の欧州防衛支出が総額でロシアを上回り、中国と同程度だと主張した。
■メイ英首相、EU離脱方針を堅持 閣僚らの相次ぐ辞任でも
https://jp.reuters.com/article/britain-eu-idJPL4N1U64XW?il=0
■イタリア、ユーロ加盟巡り「不測の事態」に備える必要=欧州担当相
https://jp.reuters.com/article/italy-euro-savona-0710-idJPKBN1K025Z
■イランがドイツで預金引き出し計画、米大使は独政府に阻止要請
https://jp.reuters.com/article/iran-nuclear-germany-usa-idJPKBN1K0195
■トルコに広がる通貨危機の不安、大統領の介入に懸念
https://jp.wsj.com/articles/SB12639639366454393958204584339061884137986
■NZ、哨戒機4機を調達 太平洋で軍事力増強の中国に対抗
https://www.cnn.co.jp/world/35122193.html
■中国の習主席、中東の経済再建に200億ドルの融資を確約
https://jp.reuters.com/article/china-xi-middle-east-idJPKBN1K00OZ
■パナマと中国、自由貿易協定に向けて交渉開始
https://jp.reuters.com/article/panama-china-free-trade-idJPKBN1K00KF
■劉暁波氏の妻、ドイツに到着 中国が出国許可、イメージ悪化回避か
http://www.afpbb.com/articles/-/3181958?cx_part=latest
■コラム:中国のドル建て起債抑制は逆効果、さらなる資金流出も
https://jp.reuters.com/article/china-dollar-debt-breakingviews-repeat-idJPKBN1K00GU

●米自発的離職率、5月は17年ぶり高水準 労働市場の底堅さ示す
https://jp.reuters.com/article/us-quit-may-idJPKBN1K02GA
●ドイツ:ZEW景況感指数、2012年以来の低水準−貿易摩擦の悪化響く
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-07-10/PBN8H06K50XU01
●中国:生産者物価の伸び加速、6月は4.7%上昇−商品価格底堅く
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-07-10/PBMNIZ6S972801


☆ ランキング参加中です クリック頂ければうれしいです

    にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ