☆ブログランキングに参加しております

    にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

    

    商品先物ブログ・RSSナビ

■ ■ 内外の市況・ニュース記事など ■ ■

◆8月8日の海外株式・債券・為替・商品市場
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-08-08/PD56VV6JIJUP01
◎NY外為:ドル下落、加ドルが荒い値動き−逃避先通貨は上昇
 8日のニューヨーク外国為替市場ではカナダ・ドルが荒い値動きとなった。女性の人権活動家をサウジアラビア当局が拘束したことを巡りカナダと対立する中、サウジアラビアがカナダ資産を売却する方針だと伝わった。円やスイス・フランなどの逃避先通貨は上昇した。
 サウジの中央銀行と国営年金基金はそれぞれの海外資産運用担当者に対し、カナダ資産を7日から売却するよう指示したと、英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が伝えた。報道後にカナダ・ドルは一時0.5%下落したが、その後は上昇に転じた。
 一方、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は、米国株の下落や中国による対米追加関税賦課に押され、下げに転じた。
 ニューヨーク時間午後3時50分現在、ドル指数は前日比0.1%低下。ユーロは対ドルで0.1%高の1ユーロ=1.1613ドル。ドルは円に対し0.4%安の1ドル=110円99銭。
◎米国株・国債・商品:S&P500種ほぼ変わらず、貿易摩擦が圧迫
 8日の米株式市場ではS&P500種株価指数がわずかに下げ、上昇は4日連続で終わった。貿易摩擦が高まったほか、米国がロシアに制裁を科したことが上値を重くした。
・ 米国株、S&P500種株価指数はほぼ変わらず
・ 米国債はほぼ変わらず、10年債利回りは2.97%
・ NY原油は急反落、米中の貿易摩擦悪化で
・ NY金は小幅続伸、1オンス=1221ドルで終了

 S&P500種は取引終了間際に小幅安に転じた。一時は日中取引ベースの最高値に迫る場面もあった。薄商いの中を相場は全般にもみ合いに終始した。原油価格が大幅安となったため、エネルギー銘柄などは下落。米中双方が追加関税の適用期日を発表したため、株式相場は安く始まった。
 ニューヨーク時間午後4時過ぎの暫定値では、S&P500種株価指数が前日比0.1%未満安い2857.70で終了。ダウ工業株30種平均は45.16ドル(0.2%)安の25583.75ドルで終えた。一方、ナスダック総合指数は0.1%上げて7883.32。
 午後4時27分現在、10年債利回りは1ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の2.97%。
 ニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)が大幅反落。米国の在庫が減少したものの、米中の貿易摩擦悪化を受けて売りが膨らんだ。中国は23日から米国のガソリンなどに25%の関税を賦課する。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物9月限は2.23ドル(3.2%)安い1バレル=66.94ドルで終了。ロンドンICEの北海ブレント10月限は2.37ドル安の72.28ドルで終えた。
 ニューヨーク金先物相場は小幅続伸。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は0.2%高い1オンス=1221ドルで終了した。
◎欧州債:イタリア国債が下落、副首相発言で−中核国債は堅調
 8日の欧州債相場では、イタリア国債が財政に関する一連の当局者発言を受けてもみ合う展開。株式相場の軟調や取引終盤の安全逃避需要に支えられ、中核国の債券は上昇
◆きょうの国内市況(8月8日):株式、債券、為替市場
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-08-08/PD4PP06S972Z01

■米経済は好調、追加利上げを正当化=リッチモンド連銀総裁
https://jp.reuters.com/article/usa-fed-barkin-idJPKBN1KT230
 米リッチモンド地区連銀のバーキン総裁は8日、米経済は追加利上げを正当化できるほど強いとの認識を示した。
 バーキン総裁は米経済について講演し、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標が正常な水準を下回っているのは、連邦準備理事会(FRB)の金融政策がなお、堅調な成長をさらに押し上げようとしていることを示すと指摘。
 「失業率が低くインフレ率が実質的にFRBの目標水準にある状況で、正常な水準より低い金利が適切と主張するのは困難」と語った。
■中ロ印のイラン石油投資、米制裁で停滞 決済が壁に
https://jp.wsj.com/articles/SB10580036691592874334704584397280851966714
 中国、ロシア、インドは、米国の対イラン制裁再開にもかかわらず、イランからの石油輸入を継続する立場を示している。だが、銀行決済が困難な状況に追い込まれており、3カ国の対イランの石油開発投資はここにきて暗礁に乗り上げているもようだ。
■トルコ代表団、米国務副長官と会合 緊張緩和に向けた進展得られず
https://jp.reuters.com/article/turkey-security-usa-idJPKBN1KT2AN
■米、ロシアに追加制裁 民間機の発着停止も検討
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33982240Z00C18A8000000/
■米、ロシアにジョージア親ロ派地域からの撤退を要求 紛争から10年
http://www.afpbb.com/articles/-/3185390?cx_part=latest
■北朝鮮と協力強化=「米国は信用されず」−イラン大統領
http://www.afpbb.com/articles/-/3185441?cx_part=latest
■サウジがカナダへの追加措置検討、資産売却の報道も−対立深まる
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-08-08/PD5DF76TTDS701
■マレーシア当局、ナジブ前首相を資金洗浄で起訴 本人は無罪主張
https://jp.reuters.com/article/malaysia-politics-najib-idJPKBN1KT14Y
■イランとの経済関係は合法、権利は保護される必要=中国外務省
https://jp.reuters.com/article/iran-nuclear-china-idJPKBN1KT2U0
■中国が報復、23日から米製品に追加関税を賦課へ−貿易摩擦が激化
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-08-08/PD57FA6VDKHS01
■中国の自動車輸入台数、6月は9割減 関税引き下げ待ちで買い控え
http://www.afpbb.com/articles/-/3185403?cx_part=latest
■尖閣周辺に中国船 4日連続
https://www.sankei.com/politics/news/180808/plt1808080006-n1.html
■内患外憂の習近平氏に吹き始めた逆風−中国国民に不安広がる
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-08-08/PD4D5M6K50XS01

●中国:7月の輸出が予想上回る、輸入も大幅増−貿易摩擦の中で
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-08-08/PD4HPW6S972901



☆ ランキング参加中です クリック頂ければうれしいです

    にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ