☆ブログランキングに参加しております

    にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

    

    商品先物ブログ・RSSナビ

■ ■ 内外の市況・ニュース記事など ■ ■

◆9月13日の海外株式・債券・為替・商品市場
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-09-13/PEZZ8N6KLVR501?srnd=cojp-v2
◎NY外為:ユーロ大幅高、ドラギ総裁発言で−ドルは軟調
 13日のニューヨーク外国為替市場ではユーロが大幅上昇し、今月の高値を付けた。米消費者物価指数(CPI)の伸びが鈍化したほか、欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が景気の先行きに楽観的な見通しを示したことが材料。
 ユーロは一時、1ユーロ=1.1701ドルまで上昇した。ECBが2018、19年の成長率見通しを引き下げたにもかかわらず、ドラギ総裁はユーロ圏経済は世界的リスクに対応できる十分な強さがあるとの認識を示した。8月の米CPIはコア指数が前年同月比2.2%上昇と、前月の2.4%上昇から伸びが鈍った。
 クレディ・アグリコルのG10為替戦略責任者バレンティン・マリノフ氏は同総裁の発言について、「かなり自信があり」、「ここしばらくなかったほどポジティブ」だったと印象を語った。
 ニューヨーク時間午後4時46分現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.3%低下。ドルは対円では0.6%高の1ドル=111円95銭。ユーロは対ドルで0.6%高の1ユーロ=1.1690ドル。
 ドルは主要10通貨の大半に対して下落。ただ、通商合意を成立させる上で中国は米国よりもプレッシャーを受けているとのトランプ米大統領の発言が伝わった後、ドルは下げ幅を縮小した。アトランタ連銀のボスティック総裁は、米労働市場はほぼ完全雇用の状態にあり、インフレは米金融当局の目標に近いとして、「向こう数四半期」にわたる漸進的な利上げが望ましいとの見解を示した。
◎米国株・国債・商品:株が上昇、ハイテク持ち直す−原油は反落
 13日の米株式相場は上昇。情報技術(IT)やヘルスケア銘柄が値上がりし、S&P500種株価指数は4日続伸した。米国債は朝方の上げを失い、小幅下落した。
・ 米国株は上昇、ハイテクやヘルスケア好調でS&P500は4日続伸
・ 米国債は小幅下落、5年債と30年債の利回り差がフラット化
・ NY原油は反落、供給懸念の緩和や中国巡る米大統領ツイートが重し
・ NY金は反落、米CPIや米中貿易巡るトランプ氏発言で

 朝方発表された米消費者物価指数(CPI)がコア指数の予想外の伸び鈍化を示したこと、またハイテク株の大幅上昇が米国株をプラス圏に保った。ただ、中国との貿易紛争を解決する「プレッシャーは全く」感じていないとトランプ米大統領がツイートした後には、上げ幅を縮小した。
 S&P500種は前日比0.5%上げて2904.18、ダウ工業株30種平均は147.07ドル(0.6%)高の26145.99ドル、ナスダック総合指数は0.8%高。
 ニューヨーク時間午後4時47分現在、米10年債利回りは1ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇し2.97%。
 ニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)が反落。供給不安が緩和したほか、需要を抑制する貿易戦争への懸念が高まったことが売りを誘った。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物10月限の終値は1.78ドル(2.5%)安の1バレル=68.59ドル。ロンドンICEの北海ブレント11月限は1.56ドル下げて78.18ドルで終了。国際エネルギー機関(IEA)は月次リポートで、イランの供給が減少しているが、サウジアラビアなど他の産油国が不足分を埋め合わせられるかどうかは不明だと指摘した。一方、トランプ米大統領は、米国が中国に強硬姿勢を取った結果「中国市場は崩壊している」とツイートした。
 ニューヨーク金先物相場は反落。この日発表の米経済指標が見直されたことに加え、中国との通商協議を巡るトランプ米大統領の発言を材料に下げに転じた。朝方は8月米CPIのコア指数の伸びが予想に反して鈍化したことからドルが下げ、金は1218ドルまで値上がりした。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は0.2%安い1オンス=1208.20ドルで終了。
 米国債は、8月の米CPIが予想以上に弱い数値となったことを受けて上昇していたが、その後の取引で前日比下げに転じた。8月のCPIは総合が前月比0.2%上昇(市場予想は0.3%上昇)、コアが0.1%上昇(同0.2%上昇)。
◎欧州債:下落、トランプ大統領の中国関連発言で下げ幅縮小
 13日の欧州債市場では、イタリア債が入札後の大幅安から持ち直して引けた。ECBの経済予測と英EU離脱関連のニュースで、ユーロ圏国債と英国債は下落。終盤にトランプ米大統領が中国との通商交渉で合意を成立させるプレッシャーはないと発言してリスク回避が市場に戻り、それぞれ下げ幅を削った。
◆ゴールドマン、米株弱気相場入りの可能性を警告−貿易摩擦激化で
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-09-12/PEYP566KLVR801?srnd=cojp-v2
 今年に入り貿易摩擦がエスカレートする中で米国株の投資家は冷静さを保っているが、ウォール街から聞こえてくる警告は強まるばかりだ。
[ 後略 ]
◆きょうの国内市況(9月13日):株式、債券、為替市場
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-09-13/PEZ88K6S972B01?srnd=cojp-v2

■中国との通商協議、米国は合意圧力受けず=トランプ大統領
https://jp.reuters.com/article/usa-trade-china-trump-idJPKCN1LT2NK
 トランプ米大統領は13日、中国との通商合意を締結する圧力を受けていないとの認識を示した。
 ツイッターで「米国は中国と合意する圧力にさらされておらず、中国側が圧力を受けている。米国市場は急伸し、中国市場は低迷している。間もなく巨額の関税収入が入ってくるほか、国内生産(活発化)の動きもみられるだろう。会うなら会おうか?」とつづった。
■今年4回の利上げが必要か様子見=米アトランタ連銀総裁
https://jp.reuters.com/article/bostic-idJPKCN1LT35Q
 米アトランタ地区連銀のボスティック総裁は13日、年内あと1回の利上げが適切なのか、2回が適切なのかを判断するために様子見姿勢を取っていると述べた。ただ米労働市場にはまだ改善の余地は残されているとの見方も示した。
■大型ハリケーン米上陸へ 東海岸で洪水の恐れ
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35358180U8A910C1EAF000/
■ECB、債券購入縮小と12月終了予定を確認ー金利は維持へ
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-09-13/PEZTL16KLVS801?srnd=cojp-v2
 欧州中央銀行(ECB)は13日、債券購入について10月からの縮小と、12月末での終了計画をあらためて表明した。政策金利は据え置いた。
 ECBは10ー12月の債券購入を月額150億ユーロ(約1兆9500億円)と、これまでから半減させる。12月で終了する決定は引き続き、経済指標次第だとも説明した。政策金利は「少なくとも2019年夏の終わりまで」現行水準にとどまることも再確認した。
■ECB理事会後のドラギ総裁発言要旨
https://jp.reuters.com/article/draghi-pressconfab-highlights-idJPKCN1LT2DA
■英住宅価格、合意なきEU離脱で35%急落 中銀総裁が内閣に=英紙
https://jp.reuters.com/article/britain-eu-carney-houses-idJPL3N1VZ5KF
■トルコ中銀、政策金利を24%に引き上げーリラ大幅高
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-09-13/PEZRT46KLVRR01?srnd=cojp-v2
 トルコ中央銀行は13日、政策金利引き上げを発表した。エルドアン大統領の利下げを求める発言にもかかわらず、予想以上の大幅利上げに踏み切った。通貨リラは上昇した。
 チェティンカヤ総裁率いる金融政策委員会は、1週間物レポ金利を6.25ポイント引き上げ24%とした。ブルームバーグがまとめたエコノミスト調査では3.25ポイントの利上げが見込まれていた。
■トルコ大統領、インフレ高進は中銀の誤った対応が原因と批判
https://jp.reuters.com/article/turkey-currency-erdogan-cenbank-idJPKCN1LT1HM
■中国国務院、国有企業の債務削減でガイドライン策定=新華社
https://jp.reuters.com/article/china-economy-soe-debt-idJPKCN1LT2NQ
■中国、ベネズエラに約5600億円の融資枠−マドゥロ大統領訪中で
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-09-13/PEZJKT6JIJUO01?srnd=cojp-v2
■外貨準備、人民元に大きくシフトの中銀は少数派
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-09-12/PEX32Q6KLVR801?srnd=cojp-v2

●米コア消費者物価指数、予想外に伸び鈍化−総合指数も上昇鈍る
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-09-13/PEZUV96KLVRL01?srnd=cojp-v2
 8月の米消費者物価指数(CPI)は、変動の大きい食品・エネルギーを除くコア指数が市場予想に反して伸びが鈍化した。被服費が前月比で70年ぶりの大幅マイナスを記録、医療費も前月比で低下したことなどが影響した。
 米労働省が13日発表した資料によると、8月のコア指数は前年同月比2.2%上昇。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の中央値は2.4%上昇、7月は2.4%上昇だった。8月の総合指数も同2.7%上昇と、7月の2.9%上昇から伸びが鈍った。市場予想は2.8%上昇。
●米週間新規失業保険申請件数:1000件減の20.4万件、予想21万件
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-09-13/PEZUW4SYF01T01?srnd=cojp-v2
●英中銀が政策金利据え置き、ブレグジットへの懸念拡大を指摘
https://jp.reuters.com/article/boe-stays-pat-idJPKCN1LT2E0



☆ ランキング参加中です クリック頂ければうれしいです

    にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ