☆ブログランキングに参加しております

    にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

    

    商品先物ブログ・RSSナビ

■ ■ 内外の市況・ニュース記事など ■ ■

◆10月4日の海外株式・債券・為替・商品市場
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-10-04/PG2TWE6JIJUQ01?srnd=cojp-v2
◎NY外為:ドル指数は今年最長6日続伸、資源国通貨が下げ
 米雇用統計の発表を翌日に控えた4日のニューヨーク外国為替市場で、ブルームバーグのドル指数は今年最長の6営業日続伸。世界的な国債利回りの上昇と米中貿易摩擦への懸念から、資源国通貨は値下がりした。
 ドルは新興国と資源国の通貨に対して値上がりした一方、円とポンドに対しては大きく下げた。この日はハイテク株と石油関連株が軟調。米中貿易摩擦への懸念拡大を受けて、米10年債利回りは伸び悩んだ。
 ニューヨーク時間午後4時50分現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.1%上昇。ドルは対円で0.5%安い1ドル=113円94銭。ユーロは対ドルで0.3%高の1ユーロ=1.1515ドル。
 ユーロはドルに対し反発。欧州連合(EU)のトゥスク大統領が英国のEU離脱での合意を真剣に考えていると述べた後、上げ幅を拡大した。またポンドも対ドルで上昇。アイルランド国境問題が良い方向に向かっているとのEU当局者発言が伝わった。
◎米国株・国債・商品:株下落、国債利回り上昇−ハイテク株が安い
 米国株は下落し、ボラティリティーが上昇した。米国債は売られ、利回りは数年来の高水準をつけた。S&P500種株価指数は3週ぶり安値に下げた。産業別11指数のうち9指数が下落。10年債利回りは7年ぶりに3.2%を一時上回り、株式市場で高配当利回り銘柄が売られた。テクノロジー株が特に下げ、ナスダック100指数は6月以来の大幅安となった。中国がマイクロチップを使って米国企業をハッキングしていたとのブルームバーグの報道が売り材料となった。
・ 米国株は下落、ボラティリティーが上昇
・ 米国債は下落、10年債利回りは一時3.2%超
・ NY原油は大幅反落、米石油受け渡し拠点の在庫増を嫌気
・ NY金は続落、ドルや国債利回りの上昇で需要減退

 S&P500種株価指数は0.8%安の2901.61。ダウ工業株30種平均は200.91ドル(0.8%)下げて26627.48ドル。
 10年債利回りは1ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇して3.19%。
  プリンシパル・グローバル・インベスターズのチーフグローバルエコノミスト、ボブ・バウア氏は「10年債利回りは、年内か来年初めに3.5%に達するとみている。そうなれば株式市場にとって大きな問題になるだろう」と述べた。
 米国経済の強さを裏付ける経済統計が米国債の売りを誘発し、利回りは一気に押し上げられた。北米自由貿易協定(NAFTA)に代わる新協定合意を好感し、株価を押し上げていた投資家にも動揺が広がった。さらに米中関係も緊張が高まっている兆しが見られ、貿易摩擦は悪化する恐れがある。ペンス米副大統領は中国が米国の選挙に介入していると主張。米政府高官の発言としては、過去に例を見ない強硬な表現で中国批判を展開した。アリババ・グループ・ホールディングの共同創設者で会長の馬雲(ジャック・マー)氏は、関税問題が商取引を破壊すると警告していた。
 原油先物相場は大幅反落。米石油受け渡し拠点であるオクラホマ州クッシングの在庫がさらに積み上がっていたことが、ジェンスケープの報告資料で分かったと関係者が明らかにした。米エネルギー省が前日発表した統計でも大幅な在庫増が示されていた。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物11月限は2.08ドル安の1バレル=74.33ドルで引けた。ロンドンICEの北海ブレント12月限は1.71ドル安の84.58ドル。
 金先物相場は続落。4営業日のうち3日で下落した。ドルの戻しや米国債利回り上昇で、金の需要が後退した。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は0.1%安の1オンス=1201.60ドルで終了。
◎欧州債:ドイツ債が米国債につれ安、米利上げ見通しが相場圧迫
 4日の欧州債市場では、5−10年債を中心にユーロ圏国債が下落した。供給や、米利上げ見通しに対する再評価が相場を圧迫した。
◆きょうの国内市況(10月4日):株式、債券、為替市場
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-10-04/PG28F76JIJUS01?srnd=cojp-v2

■ペンス米副大統領、演説で中国批判 貿易や軍事に幅広く言及
https://www.cnn.co.jp/world/35126604.html
ペンス米副大統領は4日、中国に関する演説を行い、「略奪的」な経済慣行や米国に対する攻撃的な軍事姿勢、トランプ大統領の再選を阻もうとする試みを挙げて幅広い中国批判を展開した。
[ 後略 ]
■米、EUや日本との通商協定模索へ 中国依存は縮小=農務長官
https://jp.reuters.com/article/usa-trade-agriculture-idJPKCN1ME2OD
 パーデュー米農務長官は4日、米国が貿易面で中国市場に余りに依存したことは「おそらく間違いだった」とし、中国以外の国と貿易協定を模索する考えを示した。
■グーグルの中国向けアプリに「待った」=米副大統領
https://jp.wsj.com/articles/SB10174653378051494177104584512364291994646
 マイク・ペンス米副大統領は4日、アルファベット傘下グーグルに対し、中国再参入に向けた検索アプリの開発を停止するよう求めた。中国当局による検閲を強化することになると主張している。
■米連邦地裁、ZTEが猶予措置に違反したと判断 監視人任期延長
https://jp.reuters.com/article/usa-trade-china-zte-idJPKCN1MD2WO
 米テキサス州ダラスの連邦地裁判事は3日、中国通信機器大手の中興通訊(ZTE)が2017年3月に課された猶予措置に違反したとの判断を示した。
 米政府は4月、ZTEが米国の対イラン制裁に絡む合意に違反したとして米企業からの部品調達を7年間禁止。ZTEは主要事業が停止する事態に陥ったが、多額の制裁金支払いに加え、経営陣の刷新や社内に米国の監視担当者を置くことなどを条件に、制裁措置の解除で合意していた。
■中国、マイクロチップ使ってアマゾンやアップルにハッキング−関係者
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-10-04/PG2CZY6TTDS801?srnd=cojp-v2
■アップルとアマゾン、中国のハードウェア攻撃報道を否定
https://jp.reuters.com/article/china-cyber-idJPKCN1ME1WY
■米海軍、大規模示威行動の実施を提案 中国への警告
https://www.cnn.co.jp/usa/35126536.html
■英、アイルランド国境問題で新提案 詳細検査回避へ=EU関係筋
https://jp.reuters.com/article/britain-eu-ireland-backstop-idJPKCN1ME160
■ロシアのスパイ活動を米英オランダが暴露、米当局はハッカー7人訴追
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-10-04/PG2UK86K50XW01?srnd=cojp-v2
■韓国外相「終戦宣言と核施設廃棄を交換条件に」 北への核申告要求は先送り提案
http://www.afpbb.com/articles/-/3192080?cx_part=latest
■北朝鮮とのプロジェクトで制裁の適用除外を要請へ−韓国外相
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-10-04/PG254Q6TTDS301?srnd=cojp-v2-overseas
 韓国現政権による提案や要請は、「非核化」に何のプラスももたらさない。過去においても、現在においても、そしておそらく将来においても。
■金融緩和長期化にリスク、消費税は15%必要=IMF対日報告書
https://jp.reuters.com/article/imf-japan-report-idJPKCN1ME0VR
■日本企業が「欧州の玄関口」に別れ−英国の合意なきEU離脱に備える
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-10-04/PG1WY36JTSE901?srnd=cojp-v2

●米新規失業保険申請件数:前週比8000件減の20.7万件、予想21.5万件
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-10-04/PG2QYJSYF01T01?srnd=cojp-v2
●米製造業新規受注、8月は+2.3% 11カ月ぶりの伸び
https://jp.reuters.com/article/idJPL4N1WK31A



☆ ランキング参加中です クリック頂ければうれしいです

    にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ