☆ブログランキングに参加しております

    にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

    

    商品先物ブログ・RSSナビ

■ ■ 内外の市況・ニュース記事など ■ ■

◆10月9日の海外株式・債券・為替・商品市場
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-10-09/PGCNPD6JTSEM01?srnd=cojp-v2
◎NY外為:ドル小反落、利回り低下で−交渉楽観でポンドは上昇
 9日のニューヨーク外国為替市場ではドルが小反落。英国の欧州連合(EU)離脱を巡り双方が合意するとの楽観でポンドが上昇したほか、約7年ぶりの高水準に達した米10年債利回りが低下に転じたことがドル売りを誘った。
 ブルームバーグ・ドル指数は一時0.4%上昇したが、小幅低下となった。ドルは主要10通貨のうちスウェーデン・クローナを除く全てに対して下げた。
 英国のEU離脱を巡り、来週開かれるEU首脳会議の前に双方が合意する可能性があると、交渉担当者らは考えている。ウォールストリート・ジャーナルが事情に詳しい複数の関係者の話として報じた。関係者の身元は明らかにしていない。ポンドは主要10通貨のうち最も堅調だった。
 米10年債利回りは3.26%近辺まで上昇したが、3.21%付近まで低下。ここ1週間で初めて下げている。
 ニューヨーク時間午後4時38分現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.1%低下。ドルは対円で0.2%安い1ドル=112円97銭。対ユーロではほぼ変わらずの1ユーロ=1.1494ドル。
 ヘイリー米国連大使が年末で退任すると伝わると、ドルは伸び悩んだ。ただ、ドルは過去2週間、堅調な地合いにある。米国債利回りの上昇基調と逃避買いが背景。
 ダラス連銀のカプラン総裁は中立水準に向けて利上げを継続するべきだとの認識を示した。フィラデルフィア連銀のハーカー総裁は労働市場には「スラック(たるみ)がほとんどない」と発言した。
 ドルは対円で4日続落。米中の貿易関係が一段と悪化するとの懸念がドル売りにつながっている。
 取引終盤、トランプ大統領が利上げについて「そう急ぐ必要はないと思う」と話すと、ドルは下げ幅を拡大する場面もあった。
◎米国株・国債・商品:ハイテク株の下げが一巡、国債利回り低下
 米国株はテクノロジー銘柄が下げ止まったものの、広範な株高とはならなかった。貿易を巡る緊張の高まりや弱めの世界経済見通しを受け、米国債の利回りは7年ぶり高水準から低下した。
・ 米国株はハイテク銘柄が下げ止まり、S&P500種とダウは下げ
・ 米国債は上昇、10年債利回りは3bp下げて3.21%
・ NY原油は反発、ハリケーンの接近やIEAの警告で
・ NY金は反発、IMFの世界成長予測下方修正に反応

 前日までの3営業日で4%近く下げていたナスダック100指数は、上昇幅こそ縮小したがプラス圏にとどまった。S&P500種株価指数は下落。米塗料メーカーのPPGインダストリーズが7−9月(第3四半期)決算についてアナリスト予想に届かない見通しを示したことで、素材銘柄が大幅に下げた。S&P500種株価指数は前日比0.1%下げて2880.34、ダウ工業株30種平均は56.21ドル(0.2%)安の26430.57ドル。ナスダック総合指数は0.1%未満上昇。
 ニューヨーク時間午後4時55分現在、米10年債利回りは3ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下し3.21%。
 原油先物相場は反発。ハリケーン「マイケル」がフロリダ州に接近しており、これに備えた石油関連施設の操業停止が目立ってきた。また、石油市場は「危険区域に入りつつある」との国際エネルギー機関(IEA)からの警告が材料視された。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物11月限は67セント(0.9%)高の1バレル=74.96ドルで引けた。ロンドンICEの北海ブレント12月限は1.09ドル上げて85.00ドル。
 金先物は反発。国際通貨基金(IMF)による世界経済成長率予測の下方修正を受け、安全資産としての金の需要が高まった。IMFは貿易摩擦のエスカレートや新興国市場への圧力を背景に、世界経済が伸び悩むとの見解を示した。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は0.2%高の1オンス=1191.50ドルで終了。
◎欧州債:イタリア債が下げ解消、主要閣僚会合開催でリスク志向改善
 9日の欧州債市場では、イタリア債が下げを解消。予算案に関する政府会合がこの日の夜に開かれると伝わり、リスク選好の動きとなった。
◆パキスタン通貨急落、事実上の切り下げ示唆する動き−関係者
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-10-09/PGBOZL6S972F01?srnd=cojp-v2
◆きょうの国内市況(10月9日):株式、債券、為替市場
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-10-09/PGBBZ46KLVR401?srnd=cojp-v2

■トランプ大統領、中国への追加関税を再表明 対米報復措置なら
https://jp.reuters.com/article/usa-trade-china-idJPKCN1MJ25U
 トランプ米大統領は9日、中国が対米報復関税措置を実施すれば、2670億ドル相当の中国製品に対し追加関税を発動するとあらためてけん制した。
■ハッキング用チップ、米通信大手のネットワークでも発見−関係者
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-10-09/PGCCIQ6S972A01?srnd=cojp-v2-overseas
 米大手通信会社のネットワークで、スーパーマイクロ・コンピューターが供給したハードウエアの中にハッキングを可能にするチップが見つかり、8月に除去されたと、この通信会社から委託を受けたセキュリティー専門家が明らかにした。米国向けに生産されたテクノロジー部品が中国で不正に手を加えられたことを示す新たな証拠となる。
[ 後略 ]
■トランプ氏:FRBは利上げ急ぎ過ぎている−金融政策に再び不満表明
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-10-09/PGCN226TTDS001?srnd=cojp-v2-overseas
■米朝首脳会談は中間選挙後に=トランプ大統領
https://jp.reuters.com/article/northkorea-usa-trump-election-idJPKCN1MJ2RS
■北朝鮮の完全非核化、道筋見通せるようになった=米国務長官
https://jp.reuters.com/article/northkorea-usa-pompeo-idJPKCN1MJ2G1
■WTOの上級委員会、米国の狙い通りに機能停止へ=外交筋
https://jp.reuters.com/article/wto-idJPKCN1MJ006
■IMF:アルゼンチンの景気後退は深刻化、ブラジルは成長鈍化へ
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-10-09/PGBA0K6TTDSH01?srnd=cojp-v2
■EU離脱交渉、来週の首脳会議で前進へ EUも譲歩を=英担当相
https://jp.reuters.com/article/britain-eu-idJPL4N1WP5AU?il=0
■ダイムラーが浙江吉利と中国合弁を協議、ライドヘイリングで−関係者
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-10-09/PGBT5C6KLVRE01?srnd=cojp-v2
■中国政府の通貨防衛能力を懸念せず=IMF調査局長
https://jp.reuters.com/article/imf-worldbank-china-idJPKCN1MJ07Z
 そういう問題だろうか(笑)
■中国、米国からのLPガス輸入停止 中東が代替調達先に
https://jp.reuters.com/article/us-trade-china-lpg-idJPKCN1MJ23R
■米国の関税圧力に中国が譲歩することはない−鐘商務相
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-10-09/PGBNWW6S972C01?srnd=cojp-v2
 トランプ政権の通商交渉は、カナダ、メキシコ、韓国、欧州などの同盟国に対して、関税(特に自動車関税の脅し)をテコに交渉を合意に持ち込んだ。
 しかし、対中国では訳が違う。一連の関税は単なる交渉戦術ではない。「譲歩」するしないというレベルの問題ではないだろう。

■パキスタン、IMFに支援要請へ−財政悪化で
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-10-09/PGB26Y6TTDS301?srnd=cojp-v2-overseas
■日・メコン地域首脳会議、持続可能な開発議論 米朝会談を評価
https://jp.reuters.com/article/mekong-japan-summit-idJPKCN1MJ054

●米インフレ期待、9月は変わらず=NY連銀調査
https://jp.reuters.com/article/usa-fed-inflation-survey-idJPL4N1WP4EJ
●独輸出、8月は予想外に減少 経済の勢い失速示唆
https://jp.reuters.com/article/germany-export-slow-idJPKCN1MJ0XL



☆ ランキング参加中です クリック頂ければうれしいです

    にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ