☆ブログランキングに参加しております

    にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

    

    商品先物ブログ・RSSナビ

■ ■ 内外の市況・ニュース記事など ■ ■

◆1月11日の海外株式・債券・為替・商品市場
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-01-11/PL6MQZ6KLVR401?srnd=cojp-v2
◎NY外為:ドル指数ほぼ変わらず、週間は低下も200日線上回る
 11日のニューヨーク外国為替市場では、ブルームバーグ・ドル・スポット指数がほぼ変わらず。米政府閉鎖長期化の影響を巡る不透明感や、シリア国境でのトルコ軍展開で地政学的緊張が高まりつつあることを背景に、ドルは週間での下げ幅を縮小した。
 トランプ大統領はメキシコ国境の壁建設費用を確保するために直ちに国家非常事態を宣言することはないと述べた。米連邦政府職員約80万人にこの日、給与が支払われなかった。
 ニューヨーク時間午後4時45分現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数はほぼ変わらず。一時は0.4%下げる場面もあった。ドルは対円で0.1%高の1ドル=108円56銭。対ユーロでは0.3%上昇の1ユーロ=1.1461ドル。円は対ユーロで0.2%上げて1ユーロ=124円43銭。
 ドル・スポット指数は週間ベースでは0.6%下げ、これで4週続落。ただ、200日移動平均線は上回って引けた。
 昨年12月の米消費者物価指数(CPI)は、総合指数が前月比0.1%低下と、市場予想と一致。前年比は1.9%上昇で、こちらも予想と一致した。
◎米国株・国債・商品:株が小反落、原油安でエネルギーに売り
 11日の米株式相場は小反落。ゼネラル・モーターズ(GM)の楽観的見通しを受けて自動車株が上昇したものの、エネルギー銘柄の下落や米政府閉鎖が重しとなった。米国債は大幅反発。
・ 米国株は小反落、公益やエネルギーが下げ−GMなど自動車は高い
・ 米国債は大幅反発、10年債利回り2.70%
・ NY原油は反落、景気見通しの見極めで上げ一服
・ NY金は反発、週間では0.3%高で4週連続の上昇

 主要3株式指数は全て小幅に下落。S&P500種株価指数は終盤に下げ幅を大きく縮小したものの、ここ1週間余りで初めてのマイナスとなった。原油安を受けた公益、エネルギー銘柄の下げが響いた。S&P500種は週間ベースでは2.5%上昇し、3週連騰。S&P500種は前日比ほぼ変わらずの2596.26。ダウ工業株30種平均は5.97ドル(0.1%未満)低下し23995.95ドル。ナスダック総合指数は0.2%安。
 ニューヨーク時間午後4時55分現在、米10年債利回りは4ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下し2.70%。
 ニューヨーク原油先物は反落。9営業日続伸を経て、上げが一服した。景気の見通しや、石油輸出国機構(OPEC)が米国のシェールブームに対抗できるかを見極める動きが広まった。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物2月限は1ドル(1.9%)安の1バレル=51.59ドルで終了。週間ベースでは7.6%の上昇となった。ロンドンICEの北海ブレント3月限は1.20ドル安の60.48ドルで終えた。
 ニューヨーク金先物は反発。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物2月限は0.2%高の1オンス=1289.50ドルで終えた。週間ベースでは0.3%高と4週連続のプラスで、上昇局面としては10月以来最長。ドルの下落と株式相場変動を背景に、金の逃避需要が増した。
◎欧州債:イタリア債とドイツ債が上げ幅縮小、英国債は下落
 11日の欧州債はイタリア債とドイツ債が上げ幅を縮小。英国債はEU離脱協定を巡る議会採決を15日に控えて下落した。
◆きょうの国内市況(1月11日):株式、債券、為替市場
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-01-10/PL3TTZ6K50XV01?srnd=cojp-v2

■トランプ米大統領、非常事態宣言「急がず」 議会の行動見極めへ
https://jp.reuters.com/article/usa-shutdown-trump-idJPKCN1P52FB
■シリア駐留米軍の撤収開始、中東の動揺拡大
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39918560R10C19A1FF8000/
■米・トルコ、来週も協議継続 シリアのクルド人勢力巡り=ボルトン氏
https://jp.reuters.com/article/usa-turkey-kurds-idJPKCN1P51Y5
■英首相のEU離脱合意、大差の否決見通しに警告相次ぐ−閣僚辞任示唆
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-01-11/PL5YXY6S972801?srnd=cojp-v2-overseas
■華為社員ら2人がポーランドで逮捕、中国のスパイとして活動した疑い
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-01-11/PL6F1U6JTSE801?srnd=cojp-v2-overseas
■中国の吉利、保有する独ダイムラー株の半分以上を売却−関係者
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-01-11/PL5SGN6JTSEE01?srnd=cojp-v2-overseas
■日仏2プラス2、海上共同訓練の定期実施で合意
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39959300S9A110C1EAF000/

●米消費者物価指数:12月はコア指数が前月と同率の伸び
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-01-11/PL65QL6KLVR701?srnd=cojp-v2-overseas



☆ ランキング参加中です クリック頂ければうれしいです

    にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ