☆ブログランキングに参加しております

    にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

    

    商品先物ブログ・RSSナビ

■ ■ 内外の市況・ニュース記事など ■ ■

◆7月18日の海外株式・債券・為替・商品市場
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-07-18/PUUUOWT1UM0X01?srnd=cojp-v2
◎NY外為:ドル急落、NY連銀総裁の発言やイラン無人機撃墜で
 18日のニューヨーク外国為替市場ではドル指数が大幅に低下。ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁が、各国・地域の中央銀行は経済に問題が生じている兆候があれば迅速に行動を起こすべきだと講演で述べた。
・ ニューヨーク時間午後4時55分現在、ブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.5%低下
・ ドルは主要10通貨の全てに対して下落。特にオーストラリア・ドルとポンドに対する下げが大きい。主要中銀の政策決定会合を控え、短期的なボラティリティーは総じて高くなった
・ 米連邦準備制度理事会(FRB)のクラリダ副議長はFOXビジネスとのインタビューで、見通しに対する不確実性が高まっており、景気が下降するのを待ってから行動するのは望ましくないと当局は考えていると述べた。ムニューシン米財務長官はこれより先、「現時点で」米国のドル政策に変更はないと述べた
・ イランの無人機を米海軍が防衛のためにホルムズ海峡で撃墜したとトランプ大統領が明らかにすると、ドルの下げは一段と大きくなった
・ ポンドはドルに対して一時1%上昇。英国との離脱交渉を担当する欧州連合(EU)のバルニエ首席交渉官が、アイルランド国境問題で代替策を議論することに前向きな姿勢を示したことが手掛かり。同氏はただ、簡単な解決策はなく、時間はかかるだろうとも述べた
・ 欧州委員会の報道官はその後、離脱協定案を再交渉することはないとあらためて表明
・ ドルは円に対しては0.6%安の1ドル=107円30銭。ユーロは対ドルで0.5%高の1ユーロ=1.1277ドル。ポンドは対ドルで0.9%高の1ポンド=1.2548ドル。豪ドルは米ドルに対し、0.9%上昇した
・ 6月の豪雇用データが堅調だったことで、豪中銀が利下げを停止するとの観測が広がった
◎米国株・国債・商品:株が反発、米利下げ観測−国債は続伸
 18日の米株式相場は反発。経済に危うい兆候が出てきたら、中央銀行は速やかに行動する必要があるとニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁が述べた後、上昇に弾みがついた。米国債は続伸。
・ 米国株は反発、半導体に買い−ネットフリックス急落
・ 米国債は続伸−10年債利回り2.02%
・ NY原油は4日続落、米中貿易や過剰供給を不安視
・ NY金は続伸、米景気先行指標の低下やドル安加速で

 金融や消費関連銘柄の上げが目立ち、S&P500種株価指数の上昇に寄与した。アップルなど向けに半導体を受託生産する台湾積体電路製造(TSMC)が明るい見通しを示したことで、半導体株が買われた。一方、ネットフリックスは米加入者数の減少が嫌気されて急落、NYSE・FANGプラス指数を押し下げた。S&P500種株価指数は前日比0.4%高の2995.11。ダウ工業株30種平均は3.12ドル(0.1%未満)高の27222.97ドル。ナスダック総合指数は0.3%上昇。
 ニューヨーク時間午後4時59分現在、米10年債利回りは2ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の2.02%。
 ニューヨーク原油先物相場は4営業日続落。米中貿易戦争の休戦状態を巡る悲観論が引き続き重しとなった。ロシアの石油パイプラインの稼働が全面再開したと伝わり、過剰供給不安も広がった。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物8月限は1.48ドル(2.6%)安の1バレル=55.30ドルと、約1カ月ぶりの安値で終了。ロンドンICEの北海ブレント9月限は1.73ドル安の61.93ドル。
 ニューヨーク金先物相場は続伸。6月の米景気先行指標総合指数が予想外に低下したことやドル安を背景に、上昇に転じた。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物8月限は0.3%高の1オンス=1428.10ドル。
 イランが制裁緩和を条件に核査察の強化を受け入れると提案したとの報道で、株式相場はいったん押し上げられたものの、イランの無人機を米海軍が撃墜したとトランプ大統領が明らかにすると、伸び悩んだ。通常取引終了後に発表した決算で売上高が予想を上回ったマイクロソフトとクラウドストライク・ホールディングは、時間外で株価が上昇した。
◎欧州債:イタリア、スペイン債が上昇−ドイツ債は上げ縮小
 18日の欧州債市場ではイタリア債とスペイン債が上昇、周辺国債の上昇をけん引した。パフォーマンスは中核国、準中核国債を上回った。世界的に株価が軟調だったほか、 ECBのスタッフがインフレ目標の見直しについて検討を開始したことが明らかになったと、ブルームバーグが報じたことが背景。フィラデルフィア連銀製造業景況指数が予想を上回ると、上値が重くなった。
◆金投資に限る、低金利と量的緩和は終わり新時代へ−ダリオ氏
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-07-18/PUT8PY6K50XS01?srnd=cojp-v2
・ 資本主義と社会主義の対立が激しさを増す可能性
・ 金投資はリスク軽減とリターン向上の両方につながると記述
 資産運用会社ブリッジウォーター・アソシエーツの創設者、レイ・ダリオ氏は低金利と量的緩和の時代は終わりを迎えようとしていると考え、今後は資本主義と社会主義の対立が激しさを増す時代に入る可能性があるとみている。そのような新たな市場パラダイムへの対応策は金投資に限るという。
[ 後略 ]
◆中国本土株から香港株にシフト−株式ファンド運用絶好調の曲揚氏
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-07-18/PUTTOZ6S972J01?srnd=cojp-v2-overseas
◆きょうの国内市況(7月18日):株式、債券、為替市場
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-07-18/PUTQVBT1UM1001?srnd=cojp-v2

■FRB副議長とNY連銀総裁、景気支援に向けた迅速な行動支持
https://jp.reuters.com/article/usa-fed-idJPL4N24J4M3
 米連邦準備理事会(FRB)のクラリダ副議長と米ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁は18日、米経済を支援するため迅速に行動すべきだとの認識を示した。米連邦公開市場委員会(FOMC)で共に投票権を持つ2人がこうした見解を示したことで、30─31日のFOMCで当局者がより積極的な利下げに動くとの観測が高まった。
 米経済が景気後退(リセッション)入りするという明らかな兆候がみられないなか、米中貿易戦争による企業の業況感悪化や世界的な製造業部門の低迷、インフレ率がFRB目標の2%を下回っていることが、早急かつ積極的に措置を講じる根拠になり得るか、政策当局者の間で議論が高まっている。
 中銀会合で講演したウィリアムズ総裁は、自身のリサーチから得た教訓として、金利とインフレが低水準にある場合、経済的な問題が現実化するのを待つ余裕はないと指摘。
 特に、中立金利が0.5%前後にある場合、それが当てはまるとした。インフレ調整後の中立金利は現在の政策金利である2.25─2.50%近辺にある。
[ 後略 ]
■セントルイス連銀総裁:米利下げ、貿易の不確実性解消に寄与も
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-07-18/PUULHC6VDKHS01?srnd=cojp-v2
■米中当局者がきょう電話協議、今後の対面協議を期待=米財務長官
https://jp.reuters.com/article/usa-trade-china-idJPKCN1UD2E9
■米艦艇がイランの無人機を撃墜、ホルムズ海峡近くで−トランプ大統領
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-07-18/PUUUYU6S972C01?srnd=cojp-v2
■中国のウイグル人巡る対応は「世紀の汚点」=米国務長官
https://jp.reuters.com/article/usa-religion-china-idJPKCN1UD2F1
■G7会合:「下振れリスク」認識、財政からの経済支援を約束
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-07-18/PUUGE6T1UM1701?srnd=cojp-v2
■麻生財務相:なにか起きればそれなりの対応考えているー消費増税
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-07-18/PUUCJUT1UM1601?srnd=cojp-v2
  政治・経済の見通しに対する不確実性から各国当局が利下げに動いているさなか、日本が利上げするに等しい。再びデフレに陥り、円の独歩高を招きかねない。

●フィラデルフィア連銀製造業景況指数:7月は10年ぶりの大幅上昇
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-07-18/PUU9TK6JTSEE01?srnd=cojp-v2
●米景気先行指標総合指数:6月は前月比0.3%低下−予想0.1%上昇
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-07-18/-0-3-0-1?srnd=cojp-v2
●米新規失業保険申請件数:前週比8000件増の21.6万件−予想と一致
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-07-18/PUU83HT0G1LA01?srnd=cojp-v2
●ECB、インフレ目標の見直しについて検討−関係者
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-07-18/PUU8MM6KLVR401?srnd=cojp-v2
●南ア中銀、0.25%利下げ 追加措置には慎重姿勢
https://jp.reuters.com/article/south-africa-rate-cut-idJPKCN1UD2U8
●インドネシア中銀、0.25ポイント利下げ−景気支援に軸足
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-07-18/PUTUAU6S972B01?srnd=cojp-v2
●中国の債務、GDP比300%超 世界の債務総額の15%=国際金融協会
https://jp.reuters.com/article/china-economy-debt-idJPL4N24J1XY
●韓国中銀、予想に反し3年ぶり利下げ 追加緩和を示唆
https://jp.reuters.com/article/south-korea-interest-rate-idJPKCN1UD05N


☆ ランキング参加中です クリック頂ければうれしいです

    にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ