☆ブログランキングに参加しております

    にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

    

    商品先物ブログ・RSSナビ

■ ■ 内外の市況・ニュース記事など ■ ■

◆10月11日の海外株式・債券・為替・商品市場
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-10-11/PZ82WDDWX2PT01?srnd=cojp-v2
◎NY外為:ドルや逃避先通貨に売り、米中合意やEU離脱を楽観
 11日のニューヨーク外国為替市場では、ドルや逃避先通貨が下落。貿易協議で米中が部分的な合意に達するとの観測を早い時間から織り込み、午後に合意成立のニュースが流れた際の反応は鈍かった。
・ ポンドはドルに対し大幅続伸。ニューヨーク時間午後3時55分現在、1.8%高の1ポンド=1.2666ドル
・ 米中で部分合意が成立したとのニュースが詳細を伴わず流れた後、目立った動きはドルが円に対しこの日の高値を試した程度
・ 中国は来月チリで開かれるAPECサミットに先立ち、中国での貿易協議にライトハイザーUSTR代表とムニューシン財務長官率いる米側交渉団を正式に招待した−CNN
・ ブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.5%低下。ドルは主要10通貨の大半に対して下げた
・ ドル指数は週間ベースでも0.5%低下
・ 10月のミシガン大学消費者マインド指数(速報値)は予想外に上昇、ドル安材料に
・ ドルは対円で0.4%高の1ドル=108円42銭
・ 一時は108円63銭に上昇、8月1日以来の高値をつけた。週間ベースでも上昇
・ 米国債利回りに連れ高
・ ユーロはドルに対して0.4%高の1ユーロ=1.1046ドル
・ 日中高値は1.1063ドル
◎米国株・国債・商品:株は1週間ぶり大幅高、米中の貿易協議が進展
 11日の米株式相場は3日続伸し、1週間ぶりの大幅高となった。米中の貿易協議で進展が見られたことを好感した。
・ 米国株は3日続伸、アップルは最高値更新
・ 米国債は下落、10年債利回り1.73%
・ NY原油先物は大幅続伸、米中が貿易協議で部分合意
・ NY金先物は続落、逃避需要が減退−米中や英・EU交渉が進展

 S&P500種株価指数は過去最高値まであと1.8%未満に迫った。トランプ米大統領は米中が貿易戦争の休戦につながる合意の「第一段階」に達したと発表。早ければ来月にも署名となる可能性があるという。最も厄介な問題の幾つかは依然未解決なことから、S&P500種はこの日の高値を離れて引けた。アップルは最高値を更新。同社は中国で「iPhone(アイフォーン)」を大量に販売する。英国の欧州連合(EU)離脱交渉で進展が示唆されたことも株価を支えた。S&P500種は前日比1.1%高の2970.27。ダウ工業株30種平均は319.92ドル(1.2%)上げて26816.59ドル。ナスダック総合指数は1.3%上昇。
 ニューヨーク時間午後4時52分現在、米10年債利回りは6ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の1.73%。
 ニューヨーク原油先物相場は大幅続伸。米中の貿易協議進展を好感した。トランプ大統領は両国が部分的合意に達したと発表した。イランのタンカーが紅海で攻撃されたことも買いにつながった。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物11月限は前日比1.15ドル(2.2%)高の1バレル=54.70ドルで終了。ロンドンICEの北海ブレント12月限は1.41ドル上げて60.51ドル。
 ニューヨーク金先物相場は続落。週間ベースでは3月以来の大幅安となった。米中貿易協議や英国の欧州連合(EU)離脱交渉で進展が示唆される中、逃避需要が減退した。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は0.8%安の1オンス=1488.70ドルで終了した。
◎欧州債:英国債が下落、2営業日で6年ぶりの大幅な下げ
 11日の欧州債市場では、英国債が下落。欧州連合(EU)とジョンソン英首相がともに離脱合意は可能だと示唆したことで、同国10年債利回りは2営業日として6年ぶりの大幅上昇となった。ドイツ債も下落した。欧州中央銀行(ECB)が出資比率(キャピタルキー)を調整する可能性があるとの報道で、イタリア債は上昇した。
◆〔表〕IMM通貨先物の取組=CFTC(10月8日終了週)
https://jp.reuters.com/article/%E3%80%94%E8%A1%A8%E3%80%95%EF%BC%A9%EF%BC%AD%EF%BC%AD%E9%80%9A%E8%B2%A8%E5%85%88%E7%89%A9%E3%81%AE%E5%8F%96%E7%B5%84%EF%BC%9D%EF%BC%A3%EF%BC%A6%EF%BC%B4%EF%BC%A310%E6%9C%888%E6%97%A5%E7%B5%82%E4%BA%86%E9%80%B1-idJPL3N26W3WK

■トランプ大統領、米中の部分合意を発表−貿易協定「第一段階」
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-10-11/PZ86Y1DWRGG201?srnd=cojp-v2
 トランプ米大統領は11日、米中が貿易戦争の休戦につながる合意の「第一段階」に達したと発表した。
 合意の一環として、中国は一部の農産物に関して譲歩したという。トランプ氏がホワイトハウスで記者団に話したところによれば、合意はまだ文書化されておらず、それには3週間から5週間を要する見通し。
 部分合意は一部の短期的な問題を解決する可能性がある一方、難しい問題は残る。米政府が貿易戦争で目指すのは、知的財産の侵害や強制的な技術移転、国内産業の助成に対する不満の解決が中心となっている。
■米国防長官、トルコにシリア攻撃停止要求
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO50930910S9A011C1000000/
■トランプ大統領はトルコ制裁承認も、発動に動かず−ムニューシン長官
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-10-11/PZ84EH6JIJUO01?srnd=cojp-v2
■米金融当局、月600億ドル相当のTビル購入へ−10月中旬に開始
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-10-11/PZ7TUDDWX2Q201?srnd=cojp-v2
 米金融当局は11日、月間600億ドル(約6兆5000億円)の米財務省短期証券(Tビル)購入を10月中旬に開始すると明らかにした。バランスシートの拡大を再開し、9月に短期金融市場で生じた混乱の再発防止を目指す。
 発表によると、Tビル購入は「少なくとも来年の第2四半期(4−6月)」まで継続される。
■英EU離脱交渉が山場へ、バルニエ氏は事態に進展あったと示唆
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-10-11/PZ7JOTT0AFB701
■イランのタンカーがサウジ沖で爆発、「ミサイル2発の攻撃」と国営メディア
https://jp.reuters.com/article/tanker-iran-idJPKBN1WQ0GL
■中国、「信頼できない」企業リスト公表は米中通商協議次第=関係筋
https://jp.reuters.com/article/usa-trade-china-entities-idJPKBN1WQ2C0

●米消費者マインド指数、10月は予想外に上昇−3カ月ぶり高水準
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-10-11/PZ7QZ4T0G1L301?srnd=cojp-v2



☆ ランキング参加中です クリック頂ければうれしいです

    にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ