☆ブログランキングに参加しております

    にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

    



■ ■ 内外の市況・ニュース記事など ■ ■

◆2月22日の海外株式・債券・為替・商品市場
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-02-22/QOYAOGDWLU6T01?srnd=cojp-v2
◎米国市況:ハイテク株に売り、米国債利回りは上昇−商品ほぼ全面高
 22日の米金融市場では、バリュエーション懸念でハイテク株が下げた一方、商品相場は堅調、米国債利回りが上昇した。新型コロナウイルスの打撃を受けた世界経済が回復に向かう中、市場は経済成長とインフレの加速を織り込む過程にある。

・ 米国株は続落、バリュエーション懸念でハイテク株に売り
・ 米国債利回りは上昇、ベアスティープニング進行
・ ドルは3日連続安、商品高で資源国通貨は上昇
・ NY原油は大幅反発、需給逼迫見通しで−ブレント65ドル台
・ 金が続伸、ドル安やインフレ上昇見通しで買い

 S&P500種株価指数は前営業日比30.21(0.8%)下げて3876.50。この1年で最長の5営業日連続安となった。エネルギー株と金融株が上昇し、ダウ工業株30種平均は27.37ドル(0.1%)高い31521.69ドル。ナスダック総合指数は2.5%下落。割高なグロース銘柄が敬遠された。
 商品相場はほぼ全面的に堅調。銅相場は9年ぶりに1トン当たり9000ドルを超え、2011年に記録した過去最高値に接近した。世界的に経済が回復するにつれ、供給ひっ迫が深刻化するとの見方が背景にある。
 外国為替市場ではドルが3日連続で軟調。金利の先行きを見極めようと、市場は23日のパウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長による議会証言に注目している。ブルームバーグ商品スポット指数は2013年以来の水準に上昇。オーストラリア・ドルとニュージーランド・ドルは18年以来の高値に押し上げられた。主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は、0.1%下落。ニューヨーク時間午後4時25分現在、ドルは対円で38銭(0.4%)安い1ドル=105円7銭。昨年11月以降で最長の4日連続安となった。トレーダーによれば、105円近辺では日本勢からの買いが入る可能性が高い。ユーロは対ドルで0.3%高い1ユーロ=1.2152ドル。
 底堅い米株式相場の影響で、午後の米国債市場ではベアスティープ化が進んだ。アジア時間では5年債から30年債にかけて利回りが軒並み数カ月ぶりの水準に上昇する場面もあったが、米国の午前の取引では先物にまとまった買いが入ったこともあり、アジア安値から一時的に相場は持ち直した。10年債利回りは3ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%) 上昇の1.367%。この日の最高水準となった1.393%は、2020年2月以降超えられていない。超長期債の発行に関するイエレン米財務長官の発言に対し、長期債の利回りは反応が薄かった。
 ニューヨーク原油先物相場は大幅反発。主にワクチン普及で景気がこの夏回復し、世界で需給が急速に逼迫(ひっぱく)するとの見方が広がった。ゴールドマン・サックスはロンドンICEの北海ブレントが数カ月以内に75ドルに達する可能性があると指摘した。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物3月限は2.25ドル(3.8%)高の1バレル=61.49ドルで終了した。同限月はこの日が最終取引日だった。北海ブレント4月限は2.33ドル高の65.24ドル。上昇率は3.7%と1月上旬以来の高さだった。
 金スポット相場は2営業日続伸し、先週つけた7カ月ぶり安値からの回復が続いた。株式相場の軟調やインフレ率上昇見通しの高まり、ドル安などを受け、金の投資妙味が高まった。ニューヨーク時間午後3時19分現在は前週末比1.3%高。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は1.7%高の1オンス=1808.40ドルで終了。
◎欧州市況:株下落、コロナ禍の勝ち組売られる−ドイツ債上昇
 22日の欧州株は下落。投資家は新型コロナウイルス禍での勝ち組銘柄を手放した。英国でロックダウン(都市封鎖)の緩和に対する楽観から旅行株が買われ、1年ぶりの高値となった。ストックス欧州600指数は0.4%下落。一時は1.3%安まで下げていた。テクノロジーやパーソナルケア、公益事業といったディフェンシブおよび成長セクターの銘柄を中心に売りが広がった。一方、ジョンソン英首相が6月21日からの経済の完全な再開を計画していることが明らかになると、旅行株は急伸した。
 欧州債市場では、ドイツ30年債利回りの1日当たりの変動幅が昨年11月9日以来最大となった。ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁が長期債の名目利回りを注視していると発言すると、急激なブルフラット化の動きをもたらした。
◆銅相場9000ドル、ニッケル2万ドル突破−回復期待で供給不足に警戒感
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-02-22/QOWOFSDWRGG901?srnd=cojp-v2
・ 銅3カ月物は一時3%余り値上がりし、 9187ドルと2011年以来の高値
・ ゴールドマンは市場が過去10年で最も深刻な供給不足になると予想
 アジア時間帯22日午前の取引で、ロンドン金属取引所(LME)の銅相場が約9年ぶりに1トン=9000ドルを突破し、ニッケル相場も同2万ドルを上回った。
 新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)からの回復に伴う需要拡大が供給不足に拍車を掛けるとの観測が広がった。経済の先行指標とされる銅の価格は、このままいけば過去最長の11カ月連続上昇となる。
◆米で緊迫の3連休−天然ガス価格急騰でトレーダーが現金確保に奔走
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-02-22/QOW343DWLU6N01?srnd=cojp-v2

■イエレン米財務長官、法人税の増税にバイデン政権は「前向き」
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-02-22/QOXPV8DWLU6S01?srnd=cojp-v2
■失業率の改善スピードで成果判断、コロナ経済対策巡り米財務長官
https://jp.reuters.com/article/usa-treasury-idJPKBN2AM1ZZ
■バイデン氏、中小企業支援の要件変更 零細企業などにも恩恵へ
https://jp.reuters.com/article/usa-biden-smallbusiness-idJPKBN2AM2KT
■ECB、国債利回り上昇「緊密に注視」 対応余地ある=総裁
https://jp.reuters.com/article/ecb-policy-lagarde-idJPKBN2AM1ZB
■英、コロナ感染70%減少 ファイザー製ワクチンの初回接種で
https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-britain-phe-idJPKBN2AM254
■イラン、必要ならウラン濃縮度60%まで引き上げ=ハメネイ師
https://jp.reuters.com/article/iran-nuclear-idJPKBN2AM2B2
■インド、中国からの投資案件45件を承認へ=関係筋
https://jp.reuters.com/article/india-china-investment-idJPKBN2AM0ZV
■中国外相、バイデン米政権に2国間関係リセットを要請
https://jp.reuters.com/article/usa-china-wang-yi-idJPKBN2AM042
■日本の12社、ウイグル弾圧企業との取引停止へ−報道
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-02-22/QOWP1VDWRGG501?srnd=cojp-v2

●米景気先行指標総合指数:1月は前月比0.5%上昇−予想0.4%上昇
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-02-22/QOXRHMDWX2PT01?srnd=cojp-v2
●独Ifo景況感指数は2月に上昇、景気回復に期待高まる−現況も改善
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-02-22/QOXATNDWRGG701?srnd=cojp-v2


☆ ランキング参加中です クリック頂ければうれしいです

    にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ