トレンドおっちゃん

“トレンドおっちゃん”を自称する現役外務員による、日々の相場観測と 現状の認識を書き綴っています

食の楽しみ

奇妙な食べ物20種類―英メディア

■死ぬまでに食べてみたい奇妙な食べ物20種類―英メディア
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130915-00000000-rcdc-cn
 2013年9月12日、人々の味の好みは異なることから、美食に対する定義は様々だ。なかには不思議なものを美味として食用する人もいる。英デイリー・メールが世界の様々な独特の食べ物を紹介している。国際在線が伝えた。

1、日本―フグ
命の危険をもたらす食べ物はそう多くはない。日本で最も有名なこうした料理の一つがフグだ。もし毒のある部分を取り除かなければ、命にかかわる。2000年以降、日本ではフグにあたって死んだ人は20人以上に達している。

2、オーストラリア―オオボクトウの幼虫(ウィチェッティグラブ)
ウィチェッティグラブをおやつに食べると聞くと、びっくりするかもしれない。オーストラリア人はこれらの蛾の幼虫をウィチェッティグラブと呼び、先住民の伝統的な食べ物だ。

3、韓国―サンナクチ
生きたタコを食べてみたくはないだろうか?サンナクチは伝統的な韓国料理で、タコを小さく切ったものだが、食べる時にはまだ動いている。そのため、時には飲み込むときにむせないようにしなければならない。

4、日本―塩辛
子どもの頃、ブタのレバーの匂いを気持ち悪いと思ったなら、これは試さないほうがよいだろう。塩辛とは日本の料理の一つで、原材料は発酵させたイカの内臓などの海洋生物だ。食べる時には一口で飲み込んだ後、ウィスキーをあおる人が多い。

5、全世界―バッタ
バッタはたんぱく質を多く含み、世界各地で人気だ。アジアの街角でも炒めたバッタが売られており、メキシコではChapulinesと呼ばれるバッタをライムやにんにくと一緒に食べるのが一般的だ。メキシコのスーパーチェーン、Wahacaのロンドン支店でも先月、バッタ料理の販売を始めた。

6、東南アジア―スネークワイン
スネークワインは中国やベトナムなどで人気で、滋養強壮の効果があると見られている。ヘビを黄酒に浸すか、蛇の血などの体液を酒と混ぜて作る。

7、カンボジア―クモのフライ
クモのフライはカンボジアの料理だ。慣れるのには時間がかかるだろう。クモのフライはライムや黒コショウで味付けして食べる。本の紹介によると、あるレストランでは毎週200匹以上のクモのフライを提供しているという。

8、中国―ピータン
英語の名前は「100年卵(Century eggs)」だが、本当に100年も保存していたわけではなく、わずか数カ月なので安心して欲しい。それでも黄味が深緑色、白味が茶色に変わるには十分だ。

9、アイスランド―ツノメドリの心臓
世界トップクラスのシェフ、Gordon Ramsay氏が2008年に撮影された番組内でツノメドリの心臓を食べた際に、問題となるような発言をして論議を呼んだことがあった。その後、視聴者42人が英国の監督管理部門に電話で抗議したという。いずれにせよ、ツノメドリの心臓はアイスランドの有名な料理だ。

10、韓国―ポンテギ
幼虫がダメなら、ポンテギはどうだろう?この蚕の蛹は韓国の伝統的なおやつだ。

11、メキシコ―アリの卵
テキーラはリュウゼツランという植物から作られる。しかしリュウゼツランの根元に巣食うアリの幼虫も食べることができるのはご存知だろうか。

12、中国―子供の尿で煮た卵(童子蛋)
中国の童子蛋は世界で最も驚くべき食べ物の一つだろう。毎年春、中国浙江省東陽市では、子供の尿で煮たこの卵を食べる。

13、アラスカの一部地区―テパ(鮭の頭を内臓と発酵させたもの)
「臭い頭」というあだ名のこのアラスカの伝統的な料理が流行しないのも無理はないかもしれない。この料理は現地のユピク人が主に食べるもので、魚の頭と内臓を地面に埋め、腐らせたものだ。

14、アイスランド―ハカートル
「郷に入りては郷に従え」という言い方がある。アイスランドでこの言葉に従うなら、ハカートルを食べてみるべきだろう。これは魚を数カ月地面に埋めて自身の体液で発酵させ、その後細く切って干して乾かしたものだ。

15、中国・韓国―ネズミの子どもの酒
ネズミの子どもの酒は滋養強壮に役立つ酒で、生まれたばかりの子ネズミを漬け込んで作る。

16、欧州―鶏のとさか
鶏のとさかをディナーの食材にすると聞くと、それほど驚かないかもしれないが、イタリアでは「cibreo」と呼ばれる有名なソースの材料となる。鶏のとさかはフランスのグルメ界でも有名で、一般に料理の飾りとして用いられる。

17、スウェーデン―シュールストレミング
スウェーデン人は発酵した酸っぱい味のニシンが大好きだ。缶詰を開けると強烈な匂いがするため、一般に屋外で食べる。

18、米国―ロッキーマウンテンオイスター
聞いたことのない名前かもしれないが、この米国の料理は実は油で揚げた牛の睾丸だ。米国西部のカーボーイたちが好んで食べたといい、一般に祝祭日に食べたものだ。

19、ブラックアイボリーコーヒー
去年、ブラックアイボリーコーヒーと呼ばれるコーヒーが500gあたり5500ドル(約54万8000円)と世界で最も高価なコーヒーとなった。こんなに高価なコーヒーなら美味しいのは当然だろうが、ひょっとしたらゾウの糞の香りもするかもしれない。なぜならこのコーヒーはゾウの糞の中のコーヒー豆を利用したものであるためだ。別名「象糞コーヒー」とも呼ばれる。

20、フィリピン―バロ
ゆで卵や卵焼き、目玉焼きには飽き飽きした人は、この半分ひよこになりかけの卵のバロを試すとよいかもしれない。

(提供/人民網日本語版・翻訳/YH・編集/武藤)


 日頃から、機会があれば小泉武夫東京農大名誉教授のご著書によく登場するシュールストレミングとやらを、河川敷で試してみたいなんて思っていたりする。。。

☆ ランキング参加中です クリック頂ければうれしいです

    にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ    


マグロの血合いーその弐

 さて、マグロの血合い料理その弐は、血合いの味噌汁。この料理、日頃から敬愛している東京農大の小泉武夫教授の著書で読んだレシピ(マグロではなくカツオだったと記憶しているが)なのだが、家では昨年の秋以来寒い日にはよく作って食べた。
 血合いに圧をかけて血抜きするのは昨日記した大和煮とおなじ。これを味噌汁の具として程よい大きさに切っておく。一方大根も、切った血合いの大きさに美しく調和するように、銀杏にでも短冊にでもなるべく上品に切っておく。
 次に、汚れてもかまわないかなと思える鍋に水を入れ、切っておいた血合いを水のうちから投入。煮てゆくと「ワッ!・ワッ!」とあきれるぐらいアクが出てくる。すばやくていねいに取り除こう。この時どうしても鍋のふち周りにはアクがこびりつくので汚れてもかまわない鍋とあえて記したのでした。
 やがてアクも取り除かれ、汁が澄んでくる。いよいよ切っておいた大根の投入。心静かに、ことこと煮ていき大根によく火が通ったところで味噌を好きなだけ溶かし入れて出来上がり。生臭さ味はほとんどなくなる。
 この味噌汁、ホントのさかな好きにはウケル。それになんだか出来たてより一晩ほどおいたものの方が、より「 んまっ!!」ですよ。

マグロの血合い

 先日の日曜日、予定は近所でダメモトでブダイ狙いのルアー釣り(なんと前週、目撃した!)だったのだが、あいにくの雨。こんな時、僕はよく何か料理を作ろうと決める。
 10時を待って近くのスーパーに行った。魚売り場を見回ったところ、ひとパック390円のマグロの血合いを発見、値位置も程良く、買シグナルを出していたのですぐさま成行き買い、1kg以上はあったと思う。思うところあって大根も小口買い。
 帰宅後、何はさておき血合いの血抜き。ステンレスのトレイにクッキングペーパーを多めに敷き、血合いを並べて、その上にまたクッキングペーパー、板、レンガで圧力をかけ冷蔵庫へ。あとは世界の趨勢などに思いを馳せ(ウソです)夕方を待つ。
 さて夕方となりました。調理その壱は・・「マグロの血合いの大和煮」が旨いんではないかと考えた。血合いは程良い角切りとし、熱湯でさっと湯通し、あと冷水に入れ水を切っておく。しょうがは千切りにしておく。水、醤油、砂糖をひと煮立ちさせた煮汁に血合いを入れ、しょうがを上にちらし、落し蓋をしてグツグツで出来あがりとなった。いざ食卓へ  んまっ!!
 その弐は・・大根を一緒に買ったのには訳があり、昨年の秋ぐらいから我が家では定番だったのだが・・が・(テテンガテンと読みます)つづく。

ごまあじ

 我が家ではこの季節よく「ごまあじ」をやる。本当はそのような料理があるのかどうかは知らないのだが、福岡で暮らして以来、我が家ではそう呼んでいるのだ。
 福岡の郷土料理で「ごまさば」と言うのがある。さばの刺身に、醤油に酒みりん、いり白ごま青ねぎなどを調合した漬けだれ風のものをかけて10分ほどおいたもので、酒の肴にはもちろん、熱いごはんにのせたり、お茶漬けにもする。この「ごまさば」を小料理屋で食べて以来、根っから魚好きの僕は俄然ハマッテしまったのだった。福岡ではスーパーマーケットでもよく刺身用のサバ(マサバか関サバ)を売っている時がある。ある休日、意を決して買ってきてその味を再現してみせたところ、わが家族の嗜好に見事にハマッタのだった。小学生のせがれらは「ごまさば」で大きくなった。
 東京に舞い戻ってきて以来、サバの刺身でというわけにもゆかず、もっぱらアジの刺身で代用しているのだが、「ごまさば」ならぬ「ごまあじ」は、しみじみうれしくなつかしい味なのです。

このヒトは何かを知っている・・・サバヒー異聞

 サバヒーという魚はどんな味がするんだろうと、いろいろ想像をめぐらしていた。英名でミルクフィッシュというらしいからミルキーな味?いや、でもお粥の上にのせて食されているらしいから、どちらかというと淡白で旨みの強い魚だろうな、いやそんなにうまい魚でもないだろう、なぜってそんなにうまい魚ならわが日本人がほうっておくはずはないな、などと想像していた。
 そんなことを思いながら先日ネットでサバヒーの写真を眺めていた時だった。「あら、それオツユにする魚じゃない?きっとそうよ」後ろから覗き込んでいた妻の声だった。「どんな味だった?」と聞くと「忘れた」、「名前はなんと言う魚?」「知らない」ここで久々の夫婦の会話は途切れた。忙しそうにさっさとむこうに行ってしまったのだ。
 このヒトはいつもこうなのだ。面倒なこと、ややこしいことには決して近づこうとしないし、なるべく避けて通るという人生を貫いている。ましてや突如として変なモノ(妻による解釈)に興味をもつ僕に対してはその態度はとりわけ一貫している。
 妻は南島の出身である。愛しのサバヒーについて、このヒトは何かを知っている・・・。
 
 

サバヒーに会いたい ーその2ー

 「サバヒー」という語感に惹かれて、その魚についてネット上で調べていた。少しずつその知識も増えてきたので、以下に記す。

 サバヒーは虱目魚とも書き、主に台湾、フィリピン、インドネシアの近海に多く生息しており、また食されている魚らしい。養殖も簡単で盛んらしい。もともと海水魚だが汽水や淡水でもへっちゃらだとのこと。うなぎと同じだ。

 英名だとミルクフィッシュと言われる。アジアでは、主にお粥やスープにして食されているらしい。

 日本でも虱目魚倶楽部という有志のクラブがあって、メンバーを募っては台南方面に出かけて行ってサバヒー粥を食べている人たちがいるらしい。そもそもこのような人たちがいるということがとてもうれしい。

 日本のカツオ一本釣り漁で、その活き餌となるイワシ、キビナゴが激減しており(先週もテレビで報道されていた)そのピンチヒッターとして輸入され、その研究・実験がなされているらしい。

 最近の不幸は、サバヒーの養殖池が、ブラックタイガーエビの養殖池としてもおあつらえ向きだったことで、エビ好きニッポンの影響を受けて養殖池がそれに取って代わられているとのことだ。

 調べた成果は大体こんなところだ。じゃあ愛しのサバヒーに会ってどうしたいのかというと・・・まずは自己紹介とともに彼女(勝手にメスと決めているが)に、かねてからいたく惹かれていたことを告白しなければならないだろう。それから、「ウイヤツジャノゥ、モチットチコゥ、チコゥ」などと言いながら、その肢体をとくと眺め・・そして食べてしまうのだ。             −たぶんまだつづくー

サバヒーに会いたい-たぶんその1

 朝食をとりながらその日の新聞を読む習慣がある。この月曜日いつものように新聞をめくっていたのだが、いきなり「サバヒー」という活字に目が止まった。「ん?サバヒー?ん?」初耳、いや初目(?)だった。無知にして今まで見聞きしたことがなかった言葉だったが、いたくその「語感」に惹かれたのだった。産経新聞の「食の政治学」という欄だったのだが、読んでいくうちに「サバヒー」というのは台湾、とりわけ台南などで養殖もされてもいる魚だそうで、代表的な庶民の味らしい。英名ミルクフィッシュ、お粥にのせたりスープにしたりするのだそうである。
 その夜、子供の本棚から小学館の魚の図鑑を取り出し調べてみたら、ちゃんと載っているではないか。その姿をあえて形容するなら、ニシンを少しスマートにして尾の切れ込みをカッコよく流線的に整え、ウロコを小ぶりに上品に、そして全体に色白にした感じだった。
 日本にはいないのだろうか。どこに行けばサバヒーに会えるのだろう。沖縄あたりまで行けば会えるのだろうか。サバヒーに会いたい。
                               
                               ーたぶん続くー
Profile
広告規制に基づく表示

こちら は必ずご覧下さい
GOLD
WTI
Archives
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ