2012年11月13日

新しい命

11月3日の夜長男より電話で
「おしるしがあって、腹が痛いって言ってる」と
「初産だし まだまだだろうから、様子を見ていつでも病院行ける準備だけはしときなよ」と電話をきった。

翌朝 着信があり電話すると
「陣痛みたいのがきて、今病院来とる。けどまだまだだから一度家に帰るように言われたけん 実家に今から
行っとくけん、あと15時間くらいはかかるかもと言われた」とのこと

家のこともあり行く予定にしていたのでちょうどいいタイミング!!
嫁の実家に電話を入れ「よろしくお願いします」と挨拶をし
「まだまだみたいですよ」と少し話をし 様子を伺った。

こんな時に 主人は試合で北海道に・・・・・
主人を送りだし、10時過ぎに一人徳島に車を走らせた。

時々息子から様子を知らせる電話が入り、「もう生まれた?!」「まだ」と言いながら
14時過ぎに病院に到着

丁度 陣痛のピークで嫁の声に 我が出産を思い出しこっちが痛くなるような・・・不思議な感じ
息子も、分娩室を出たり入ったり落ち着かない様子
そして いよいよ
H.24.11月4日14時15分 私の到着を待っていてくれたかのように 産声があがった!!
感動で涙があふれた。立ち会った息子も「感動した」と涙を浮かべていた。

少し前の検診で 2400gより大きくならないので6日に入院して誘発分娩にしましようと言われていて
小さめ小さめと言われ心配もあったが
生まれてみれば 2722g 48僂慮亀い塀の子!!
本当によかった
いろいろ 大変だっただけに本当に無事に生まれてくれておかげさまでした。
嫁も若いだけあって元気です。

長男が 「嫁が変わった 言葉づかいが優しくなった」と
若い夫婦も親となり子どもに育ててもらうのだろう

今は 嫁の実家のお世話になり助けてもらいおかげさまです。

家族全員が11月生まれです。
長男が 
「じいちゃんが亡くなって、すぐこの子ができたんやなーなんか意味るよな 
しかもじいちゃんも11月生まれやし」と
本当にそうだなーと

こらから いろいろあるだろうけど夫婦仲良くお互いを思いやり生活して欲しいと願うばかりです。





full_of_life1919 at 09:22|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2012年10月20日

いよいよです!!

今日を逃してはまた当分更新できないかもと投稿することに!!

長男が結婚し子供が出来、いろいろあったけど
それも 降りかえってみると必要あってのことだったのだと思うのです。
早いのもので、予定日の来月6日が近づいてきました。
しばらくの安静期間を経て元気に今を迎えていてくれることがおかげさまです。

「丁度良い感じに下りてきてるみたいです。小さめなんですけど前回から100gは成長しているので
大丈夫って言ってました。次も一週間後でNSTをするみたいです。」
とメールが入り ほんとによかったあと思いました。
どうぞ、無事に五体満足に生まれてきたくれますようにと願うばかりです。

それと重なり 家の完成も間近に迫りとても忙しいのですが 充実している毎日です。
来週には こちらの行事もあり行ったり来たりと忙しくなりそうですが、一つ一つ喜んでさせてもらおうと
思います。

たくさんの方にお世話になり支えてもらい今があることに感謝です。
そして 
先祖の誰一人欠けても自分は存在しないことを思うと生まれてくる尊い命に感謝しかないのです。

full_of_life1919 at 12:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年07月23日

ようやく・・・

先日
水周りの最終確認に徳島に主人と行ってきた

だいぶお腹が目立ってきた
はやいものだ
術後体調が思わしくなかったり、若いがゆえに許せないことがあったり心配も多い
でも
少しずつ落ち着いていたようだ
予定日は11月6日
家の完成は11月末、地鎮祭、建前と終わり、あっという間だ

今日は検診だったとメールがきた
逆子で少し小さめだけど順調とのこと
いい心で穏やかに生活して欲しいと思う

お盆には 初盆ということもあり 私たち夫婦・長男夫婦・次男・実家の母とお墓参りにでかける
大移動だが、なかなかこんな機会もないので楽しみ!!

こらから 若い夫婦にはいろいろあるだろうけど、お互い尊重し思いやり成長して欲しいと思っている
手本になるような夫婦になりたいとも思う


嫁と姑の関係にいざなってみると やはり育った環境で考え方の違いを感じたりすることもある
でも、そのことに対していいと思っていうことでも、だい3者が言えば素直に聞けることでも、親として言うと
息子をかばってるように聞こえることもあるということに気づいた
まずは嫁の思いを受け入れていこうと思っている
親に不足を思うといいことにならないことを思うと、私が嫁に不足を思わせる姑であってはいかないなあと思っている
うちに来てくれた大事な嫁である
息子にも 親として成長していってもらいたいと願って見守っていきたいと思う!!

full_of_life1919 at 20:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

大賀のハス

鳥取には2000年前からのハスが・・・・

試験場
大賀のハス説明
大賀のハス


full_of_life1919 at 20:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年07月10日

食事会

少し前
「今度の土曜日、何かある?」と主人
「別に ないよー。何?」
「人 呼んでいい?!」
「うーん、いいけど何人? どんな人たち?会社の人?」
「4家族!!」
「えー 4家族 うち入れて5家族???!!!座れる?」
いつも 送ってくれる方、いつもお世話になっている部下の方々です
もう 誘ってるだろうから・・・・喜んでまではいかないものの、まっいいかあと
「いいよ 何しようか」と
大人10人、小学生2人

雨もきになったけど 軒があるので軒先にパラソルをさしバーベキューに決定!!

ホームセンターで購入した また使えるからね!!

次第に 準備も楽しくなり 喜んで迎えことができ楽しい時間を過ごせました。

バーベキューが整うまでに ちらし寿司・揚げ茄子のポン酢かけ・トマトのサラダ・変わり奴・梅とささみの春巻きと料理も喜んでもらえたかな!!
バーベキューもお肉も山陰ならではの岩がきもあったりと御馳走でした!!

途中、デザートにグレープフルーツゼリー・人参の蒸しパンケーキ・コーヒーも

焼くのは 男性陣の仕事 居間とリビングに分かれ 奥様たちとも意気投合!!
同じ転勤族ならではの 悩みや愚痴が・・・・・
関東から初の転勤が鳥取、倉吉の奥様は
もう 何もない こんなにつらいのに真剣に主人は考えてくれないなどなど・・・・
かと思えば
私と同様 いいとこだねー 自然が御馳走だよねと意気投合
受け止め方で 楽しめたらいいなーと思うけど それぞれにいろんな思いがあるんだなーと・・・・

ほんとに楽しかった!!
主人から
「ありがとう」も言葉も 何よりの御馳走でした!!
「今日これなかった人も次は一緒に、またしましょう」ということに
次は プラス2家族!!
「今度は、男はみんな外だな」と主人
また 楽しみが増えました!!


full_of_life1919 at 09:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年06月09日

紫陽花

しばらく とてもいいお天気でお洗濯もよく乾き
お布団もたっぷりおひさまをす吸い込んで気持ち良い日が続きました

いよいよ
「弁当忘れても、傘忘れるな!!」の時期かな

先日 知り合いのお宅でとってもきれいに紫陽花が咲いていました
梅雨もいいかも・・・・

隅田の花火という可憐な紫陽花でした

隅田の花火

full_of_life1919 at 13:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年05月15日

2日遅れの母の日

今日は 少しまだだるく昼から家でおとなしくしていた。
まだ 本調子ではないみたい。

3時過ぎウトウトしていると「ピンポーン」と誰かきた。
「郵便です」

大きな大きな段ボール
「何だろう?」

二男からだ!!

開けてびっくり!!

鉢よせのプレゼントが

ほんと 嬉しい 今までこんなことはなかったなあー 

誰かに言われたんだろうか 「母の日した?」って

生活もままならないのに 社会にでるということはやはりいろいろな出会いの中で
気づいたり、反省したりとあるのだなーと思った
おかげさまだ!!

ゆうじろうからのプレゼント




full_of_life1919 at 15:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年05月14日

母の日に!!

母の日になると思いだすのが
亡き母に 付き合ってる時贈った鉢植えのカーネーション
きっと喜んでくれるだろうと思い電話をとった。
「〇〇ちゃん、こんなん枯れるやろーいいのに」
「ガーン」ショックで泣きながら 実家の母とパパちゃんに電話をしたことを懐かしく思い出す。
主人に
「憶えてる?」と聞いてみた。
「憶えてないな〜」
そんなものかと・・・・・・
仏壇の母には 懲りずにカーネーションを!!

実家の母は 72歳だが 社会協議会を定年後もデイサービスで働いている。
ずっと母の日には「口紅」を贈っている。
いつまでも 若々しく人さまのお役にたてる仕事に誇りを持ち働く母にきれいでいて欲しいから
思えば
寮母から始まり寮母しながら通信教育で保母の資格を取り、企業内の保育園で働き、次には特別養護施設で働き、そこでも資格を取り、私が高校の時より安定した仕事をと社会協議会の仕事につき定年まで務めたのだ。
凄い母、尊敬している。
この母のおけげで父がいなくても不自由することなく育ててもらった。
そして 周りの方に恵まれ支えてもらい感謝している。
これも 一生懸命な母の姿にみなが力を貸して下さったのだろうと思う。
母は 75歳まで働くのが目標という。
目標に向かう母の姿に私も力をもらいます。
「ありがとう お母さん」

長男夫婦から アートフラワーとそれぞれにメールが届いた。
ありがといことだ。嬉しかった!!
実は 嫁は入院中 入院する前に準備してくれていたのだと・・・
赤ちゃんができたかもと受診し 皮様のう腫がみつかったのだ。
喜び半分 心配半分のおめでた報告だった。
「赤ちゃんが教えてくれたんだよ。よかったんだよ」と言ってやれたが・・・心配もあった
皮様のう腫とは
若い人になりやすく妊娠中に見つかることが多い、原因は不明
それがあっても 子供は育つがお腹が大きくなりそれがねじれた場合緊急手術になりその時は赤ちゃんも
取り出さないとならないとのことだった
安定期に入り 手術することが一番リスクもなくいいとのことだったのだ。
血液検査の結果悪性の可能性は低いとのことだしたが・・・・摘出して調べてみないと安心はできない状態だった
10日、無事手術も終わり嫁も赤ちゃんも大丈夫とのこと
風邪で行ってやれなかったが その時刻にお参りに行き無事を願った。
ほんとに これで一安心だ。
まだまだ 若い二人いろいろあるだろう
姑として 嫁にいらない干渉をせず、それでいていいものは伝えていける親でありたいと思う。
さっそく 昨日長男より電話
たばこを吸わない約束をしたのに 吸ったことがわかりいろいろ言われたようで落ち込んでいた。
私からすると
入院中 一人で家のこともして仕事に行き毎日病院に行き一生懸命の長男に 少しは「悪いなとか」おもわないのだろうか「許す」ってことも「見て見ぬふり」ってことも大事だろうと思うけど・・・・
若いから 許せないんだろうなーと思う
でも 長男は「言わんでいいからな」というのです。
少し 嬉しかった。
こうして いろいろあっても相手を受け入れ大きな器になっていくのだと・・・・
私も パパちゃんに同じ思いをさせていたんだろうなと・・・・
似たような嫁が来るっていうから
大きな心で 見守ってやろうと思うのと同時に、自分自身も点検していこうと思うのです。

母の日プレゼント


full_of_life1919 at 08:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年05月09日

熱が出たー!!

連休まえより 超ハードなスケジュールをこなし連休3日徳島の子供たちのところへ
車ででかけた。
いろいろようを済ませ日帰りの予定が遅くなってしまった。

そんなこんなで 連休でホテルも取れずでも遅くなったからと悩んでいたら長男いわく
「うちに泊まったらいいが」と1ルームに大きい大きいパパちゃんとみんなで4人が寝たわけです。
布団もベットの重ねてあった布団をはいで かけ布団もなんとかありとそれなりに嫁が整えてくれて
なんだか 嬉しい嬉しい夜でした!!
二男には 用がありあえず冷蔵庫にちらし寿司を置いてきただけで寂しかったけど
「ありがと」と まあ二男らしいメールが
まあ 元気そうでよかったです。

こんな感じで充実して帰宅してものの やはり無理が利かない体になってきているのでしょう。
5日夜中あたりからしんどくなり ダウン翌日は何も食べれずひたすら寝るのみの一日が・・・・・
翌日も熱は下がってきたものの体はダルダルで起きれず
パパちゃんが ヨーグルトを運んでくれたりうどんを作ってくれたり 嬉しかったあー
ようやく昨日あたりから 動けるように

バスケットでも同じだけど
動けても 何でもない動きなのに痛みを感じたり 動けちゃうとあとで大変だったり
利いてた無理も利かなくなったり 自分の思いより疲れ方がハードだったり
気持ちだけで動くと危険がいっぱい
反省 ペースを考えようがこれからの課題です。




full_of_life1919 at 16:33|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2012年04月28日

初めて食べました!!

「葱坊主が出てきたら 天ぷらにして食べれるぞ」

「どのくらいになったら食べれるのだろう???」

昨日夕方歩いて行った帰り 裏のおじ様にばったり

「葱坊主の天ぷら食べたぞ」と!!!

「どのくらいで食べるんですか?」

おじ様の畑の葱坊主を取ってくれた!!

さっそく うちの畑の葱坊主と合わせ天ぷらに

おいしい
すごく 美味しい 初めて食べた
ここに 来てほんとしあわせです

葱坊主の天ぷら 珍しいものを母にも食べさせてあげたいが・・・・
最近 母には写メを取り手作りのはがきを出している 菜の花・アーモンドの花・人参の蒸しパンetc様子がわかって嬉しいと!!
また この写メもはがきにして送ろうと思う

full_of_life1919 at 16:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年04月22日

「生まれた」ことと「生きる」こと

ある冊子より

母親は子どもを「産んだ」と言い、子は母親から「生まれた」と言います。
子どもにとって誕生することは、自分でも選びようのない「受け身」の出来事です。

子どもの心の成長とは、自分の意思と関係なく始まった自分の生を「かけがいのないもの」として受け止め直すことであり、自分とそのまわりの世界を肯定的に捉えなおすことでもあります。言い換えれば、自分には責任のない「受け身」の立場をひっくり返して、生きることに責任を持っていこうとする過程です。

そのような転換を可能にするのは、こどもの生を肯定し尊重してくれる大人たち、とりわけ家庭の存在でしょう。子どもが自分を否定的に捉えず、「生まれてきてよかった」「この親でよかった」と思うためには、まず家族がそ子どもの存在を全面的に受け入れ、肯定しなければなりません。

家族の一人ひとりが自分の家族を愛し、互いの役割を尊重し認め合うことから始まります。親が子どもの存在に感謝の気持ちを持っていなければ、子どもも親に対する感謝の気持ちを持つことはできません。

「生まれる」ことは自分の意思ではどうにもならないことです。しかし「生きる」ことは違います。人は自分の意思で、自分の責任で、どう生きていくかを選んでいきことができるのです。
「生まれた」ことから「生きる」ことへの転換。すなわち、受け身であった生命を、子どもが「かけがいのないもの」として肯定的に捉え直して、「より善く生きていく」ためには、子どもの善さを認め、その役割を尊重してくれる、愛和に満ちた家庭こそが、善き温床となるのです。


自分勝手でわがままな自分だけど、子どもに親になる勉強をさせてもらってきたなあと思うのです。
パパちゃんにも たくさん受け入れてもらって支えてもらって
お母さんにも 心配ばかりかけて 受け入れてもらって
亡き主人の母や父にも
父に関しては 本当にお世話させてもらえたことが 心の財産になりました
子どもに こうなって欲しい ああなって欲しい 主人にこうして欲しいと自分のことばかりで相手に求めてばかりだった私が
ちょっとだけ パパちゃんの喜ぶ顔がみたい お父さんの一番いいようにしてもらおう お母さんはどうしたら喜ぶだろうと 親や主人 回りの人のことを考えるようになれたことが ありがたいなと思う
疲れていると 不機嫌全開で家族に気を使わせていたような自分だった
でも 今はそうじゃない自分が ちょっぴり嬉しい

子どもたちを 授かった時にこういう気持ちであったらと思うと・・・・・・
子どもちは いろいろ大変な思いをさせてしまった

けど早いもので
長男は 相手のご両親も公認で結婚前提でお付き合いしていた方と4月16日入籍し家庭を持つことになりました。
11月には お父さんになる予定です。
若い二人です。こらからいろいろあるでしょう。
お互いが 相手を思うやり認め合い支えあい絆を深めていって欲しいと思います。
私たち 夫婦も思いやり支えあい お手本となるよう努力していきたいと思うのです。

また 二男もたくさんの方にお世話になりなんとか働いて一人で生活してくれています。

昨年、10年共に暮らした父が亡くなり 父の誕生月に新しい命を授かることも不思議なめぐり合わせだと
状況がかわっていくけれど どんな時も変わってはならないことは相手を思う心、親を思う心だと思うのです。

なでしこ





full_of_life1919 at 10:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年04月10日

初めてみました!!

裏の畑のおじさまが
「アーモンドの花が咲いたぞー見に来るか?!」

「えー 行きます

なんてかわいい 桃のような愛らしい花でした

ほんと 最高の場所に引っ越してきたものです

ちなみに 花の後ろに見えるレンガ色の建物が我が家(2階建がつながった長屋のような)です

アーモンドの花
アーモンドの花を生ける


full_of_life1919 at 16:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年03月22日

はわいだで!!

某携帯会社のCMで 鳥取が一躍?有名に

鳥取に越してもうすぐ一年
第一印象は
レトロな感じでした!!
でも
海も山も近くて自然が御馳走 温泉もたくさんあって いいとこ だで!!

まだ 糸電話には驚いたが

パパちゃんが何もない時は 
「どこに するー?」と温泉巡り
先日は はわい温泉の大衆浴場へ行ってみました
入浴料350円 安い
サウナも露店もなかったけど お湯はいいお湯でした
まあ レトロな感じだで!!



はわいだで


full_of_life1919 at 17:22|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2012年03月19日

キャロット蒸しパン

掘らしてもらった美味しい人参で作りました!!

レタスクラブの付録より

ホットケーキミックス・・・・・・・・・・・・・150g
にんじん・・・・・・・・・・・・・・・・・1/2(約90g)2cm分を5mm角にきり、残りはすりおろす
卵・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1個
牛乳・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大2
サラダ油・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大2
砂糖・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・30g

作り方
1、ボールにすりおろした人参、卵、牛乳、油、砂糖を入れ混ぜる。
 ホットケーキミックスを加えさらに混ぜる。

2、マグカップ6個に1を入れ角切りの人参をのせる。ふんわりとラップをかけ、レンジで1個につき約40秒加熱
  する。竹串をさして生地がついてこなければ 出来上がり!!

  私は パウンド型に全部流しいれ レンジで約6分加熱して一気につくりました!!

ほんとに簡単で美味しいですよ

じいちゃんにも 食べさせてあげたかったなあ
離れてる子供たちにも
代わりに

「新作でーす。この前頂いた人参で作ったのよ〜」と並びの子育て真っ最中の
4軒のお宅にお届けしました

キャロット蒸しパン




full_of_life1919 at 16:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年03月18日

嬉しいプレゼント!!

先日 裏の畑のおじ様に いつもいつも新鮮なお野菜頂いてるので心ばかりのお礼を兼ねて
バレンタインに手作りのサツマイモのケーキとスコーンをプレゼントさせてもらいました
そしたら
御返しかなー
東京に行かれたそうで 銀座木村屋のあんパンいただきました
「嬉しい 嬉しい」頂きものでした

数日後 またまた大根、ニンジンを掘らせてもらい楽しかった

ほんと いいとこに引っ越してきました


雪も消え我が家の畑のねぎが ニョキニョキ伸びてきたよー
何を 植えたらいいのか また教えてもらおうーっと


大根、ニンジンを掘ってたら 大根に大きな穴が・・・・・
ダンゴムシが 食事をして住みついてるんだとか
すごーい 知らなかったー

大根についた ねっとりした上質の土や枯れた葉っぱ 大根のしっぽみんな土に返しておくとのこと
なるほど
捨てるもんないんだねー
自然ってすごい
みみずさんもダンゴムシさんもみんな 自然と共生・共存してるんだねー
文句いったり もっともっとって欲かいてるのは人間だけだ
自然が怒るの 無理もないなー
震災で もっともっと生活を見直していかないとって言いながら まだまだ意識が足りないなーって反省
鳥取にきて 自然が近くって昔 じいちゃん、ばあちゃんと田舎で暮らしてたことが懐かしく思い出すなー
いろいろ 工夫するのが楽しいこの頃です

御返し?!

full_of_life1919 at 11:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)