☆-(ノ゚Д゚)人(゚Д゚ )ノぃぇーぃ一ヶ月ぶり

これが通常ペースなんです、ごめんなさい。

ひとまずメモ代わりにでもちまちま書いていけたらいいなぁ…

 

今回の奴は厨二病が必要以上に入っていますことよ

種族?設定が中心

 

前回お酒は飲んだことないんじゃないかなぁとか書いたけど

実家面子のことを考えたらまずそんなことはなかった

確実に飲んでる。ジュースとかごまかされて。

 

 

rakugaki_20090707a

超おおざっぱ地図。東西南北不明。

魔人種村Aがシセベルの実家。村(?)全体が家族といった感じ

湖は結構でっかい。村Bとはお隣さん感覚。仲良し。

 

"土地"と"関係性"に縛られる一族。

どちらかの条件や因子がある場合のみ特殊能力が発現する。

 

全体的に戦闘種族。なにがしかの特殊戦闘技能持ちが多い。

シセベルは"特殊戦闘技能"自体は特に無し。特殊能力はある。

現在幼体のため将来性はあるがおそらく成体になっても特殊戦闘技能は発現しない可能性の方が大きい。

幼体だから発現能力は少ない?が、実家に帰ればある程度発現可能。

学園内はまだ発現可能状態までの"関係性"がないので発現不可。

 

実家では哨戒担当。索敵能力が高い。この索敵が特殊能力。

感情・意識・目的・使命等、形がない物を感知する。

感知できるのは索敵を意識したその時のみ、移動中などは感知できないことが多い。

この感知できない隙を狙われて一度左腕を肩の辺りから一度失っている。

その時、完全な不意打ちで直前になってもその攻撃を認識していなかったこと、

治療を得手とする義姉・知人の治療と、このことに関して一切"恨まない"ことにより再生

(恨みはそれ単体だけで、正当な理由があれど力になるから)

このアタリの事情もあって「感情」に対する考え方が他の人(家人含む)とはズレているところがある。

 

一族は基本的に召喚、練成の系統体質。

召喚するのはもちろん、召喚されるのもある。

実はシセベルも契約すれば召喚可能。ただし、本人の意向が強く関わる。

魔法工学を専攻したのは純粋にシセベルの意思。

召喚・練成の能力が現時点でさほどないのもある。

(成体したらどうなるかは未定/現時点では知識がないのもあり使用できない)

 

今日のところはとりあえずここまでヾ('ω'*)ノ