久しぶりに、学生時代の友人(同大学・他学部・同サークル)とご飯を食べに行きましたヾ('ω'*)ノキャッキャッ

 

 

ちょうどまほがくのテスト課題に「学年末試験」があるところに、

友人のうち一人が、卒論が「錬金術(の歴史)」だった子なのでいろいろ聞いてきました。

 

その友人と同じゼミ同期の別の学生の卒論が「魔女狩り(の歴史)」だったり、

その他の卒論も「天使(の歴史)」だったりしますが…一応、現代日本に存在する大学です

 

 

いろいろ聞いたり、話が少しずれたりしている中ででた話題が”正しい箒の乗り方”

久々に友人に会えた喜びも含めてテンションを引きずったまま、勢い落書きその2

 

実際絵にしてみると…これは…

2コマ風な流れにしたかったので、ぴく百の織をひっぱってきました。

だいたいはキャプションにも書いたとおりの理由です

あとは勢いだけのらくがきなので他所様のキャラはさすがに気が引けたのもあります

 

しかし、やはりマジものの知識はすごいです

今回、聞いたのは基礎の基礎の基礎程度ではあるとは思いますが

それでも全く知識がなかった立場からすると すごい! の一言!

その友人が副業占い師なせいか語り方が上手くって、聞いててものすごく面白かったです

聞いた話の中で、まほがくにコンバートできそうなものがあったので今からわくわくしてます

 

 

が、いつになったらかけるかなぁ…(´ω`)ウフフ