June 28, 2010

993km。

土曜日から、青森に行ってきた。
東北大会、人生初参加。

結果は、初戦敗退。
敗因は、選手のコンディションを整えられなかった、
監督の責任。
自分の緊張が、選手にも影響してしまった。
不完全燃焼。

自分の勤務先の目の前に勤務している大学の先輩も、
「上級大会は緊張するよ」って言いながら、
結果、団体戦3位。
勉強させてもらいました(夜の部は、特にw)。

同じ地区の選手が、個人戦ベスト4.
第1シードを破った試合は、
監督の存在が流れを変えていたと思う。

今回の大会参加は、
今後の自分自身にも、大きい意味を持った。
かなり、勉強できた。
強いチームは、監督もしっかりしている。
今後のチーム作りに活かしていこうと思う。
まだまだ、半人前以下だった自分が恥ずかしい。





最近、どこか自分を見失っていた。
無気力になっていた。
その原因は、自分自身にあったのだ。
結果ばかりを気にして、
出てしまった結果に絶望して。

自分を見失っていたから、
体調も悪かった。
今日は、本当に最悪だった。
薬は学校に忘れていたし。
帰宅後、ダッシュで医者へ。2時間待ち。
「厳しい言い方だけど、治らない。」
はっきりと言われた。
受け入れるのに、時間がかかったけど。



でも、自分は自分でしかないのだ。



自分の事は、嫌いで嫌いで仕方がなかったけど、
目標のために、戦わなきゃならない。
逃げるのは、簡単。
苦しいけど、苦しいけど、追い続ける。
本当に、自分には必要だから。
本当に、自分が欲しいと思ったから。

諦めなければゼロではない。
勝負は、捨ててはいけない。
後ろ向きになったら、可能性すらゼロ。
強気に攻める。
自分を信じる。

この前の勝負の結果も、逆転できるかもしれない。
そんな夢物語を描きながら、
一日一日を頑張りたいと思う。

fullthrottle_1222 at 21:21|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

June 20, 2010

Father。

本日、父の日。
子供の時、父親は、こんな日も家で仕事をしていた。

実家には、思い入れの強い一枚の写真がある。
母親の手伝いをしていた、兄貴と俺を撮った一枚。
父親が、仕事の合間に撮ってくれた一枚。
あの時の情景を、俺は忘れられない。
あの写真は、いつか使いたい。
そんな一枚。


働くようになってから、
両親の偉大さを感じた。
兄貴の学費と俺の学費は、半端な額じゃないし、
迷惑はたくさんかけてきたはずだ。


今、正直しんどい。
でも、最後の最後に踏ん張って戦えるのは、
戦い続ける姿を見せてもらったから。


いつ、親孝行できるのだろう。と思う事は多い。
残念ながら、まだまだ落ち着く事はできそうにないけど、
いつか、必ず。






気絶するほど遠くまで来た
 ……異国の大空の下でRock'n Roll.I love you
 ……どこの空も夕日もキレイさ 星空もキレイさ
 ……今 僕は奇跡のかけらの指輪を探している どこにも売ってない
 ……I feel alright”


奇跡のかけらの指輪、その指輪の意味。
それは、周りの人たちの出逢いだろう。

これからも輝石として輝いていたい。
これからも軌跡を描いていきたい。
これからも奇跡を起こしたい。

そんなこと考えながら、仕事してます。

気絶するほど遠くでも、同じ空の下。
身体には、気をつけて。それでは。



fullthrottle_1222 at 14:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 16, 2010

Beautiful World。

どん底にいるからこそ、
はい上がっていくしかないと思う。
前を向いて進んでいかないといけないと思う。

ネガティブな状況を、ポジティブに変えるために。


まずは、明日もコートでボールを追いたいと思う。







もしも願い一つだけ 叶うなら
君の側で眠らせて

fullthrottle_1222 at 23:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 13, 2010

負けるな。

色々な事がありすぎて、落ち込みたくなったけど、
そんな余裕もないくらい、やるべき事が多すぎる。
落ち込んでいる事を忘れさせるくらい。

でも、忘れられない事もあるし、
忘れたくない事もある。
後悔しても何も変わらないんだけども、
当分動けそうには、無い。

今置かれている現実は、
今までの過去の積み重ねなのだろう。
今、苦しいのは、今までの自分が楽をしてきただからだろう。
自己責任。

書きたい事は、たくさんあるけど、
止まらなくなるから、やめよ。





いつか生命の旅 終わるその時も 祈るでしょう
あなたが憧れた「あなた」であることを
その笑顔を 幸せを



fullthrottle_1222 at 23:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 27, 2010

何だか、こんな気分。

TODAY AFTERNOON
TODAY AFTERNOON
どんよりしてるのは空じゃない
間違ってる 食い違ってる
このままでいいとは思わない
ONEDAY 今日も開かない
折り畳みの真実が虚しい
オレでよけりゃ必要としてくれ
CALL ME CALL ME
電話一本でいつでも呼んでくれ
後悔ないようにしとくぜ

枝切られる 枝切られる
都会では両手を伸ばせない
だから何を抱いていいのか
わからなくなることあるんだ
「人間的」とは何かな
答えの数が世の中の形
君がよけりゃ必要としてくれ
CALL ME CALL ME
やけに胸が騒ぐEVERYDAY
CALL ME CALL ME

何年過ぎても同じさ 人が人の上を目指し
何年先でも同じさ
「I LOVE YOU」「I LOVE YOU」が灰になる

雑草みたいにさりげなく
アスファルトを突き破りたい、、

君がよけりゃ必要としてくれ
CALL ME CALL ME
たまに星がキレイだってことを
君に君に CALL ME CALL ME
オレでよけりゃ必要としてくれ
CALL ME CALL ME
恋に罪に欲に胸に花に水に風に雲に空に星に
永遠に永遠に永遠に CALL ME
電話一本でいつでも呼んでくれ
後悔ないようにしとくぜ


CALL ME
作詞・作曲 YOSHII LOVINSON

fullthrottle_1222 at 21:07|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

May 16, 2010

こわれた。

自分の嫌いな所を10個見つける事は簡単だけれど、
自分の好きな所を10個見つける事は全くできない。

前に、そんな事を話していた事を思い出す。
そう、あの日もいい天気なのに、
どこにも行かずに、室内にいたと思う。
あの日の自分と今の自分は、
何か変わっただろうか。



掃除をしていたら、昔の論文が出てきた。
高校時代の小論文の評価「中身が見えない」
大学時代の小論文の評価「内容が陳腐」
社会人になってからの論文の評価「自分が無い」

自分が人よりできないから、
人の二倍、三倍、四倍、それ以上頑張らなきゃいけない事は、
誰よりも自分が知っている。
そして、その頑張りを評価するのは、他人だという事も。
自分にとっての頑張りは、
他人にとって、大した事ではない事も。




何かに集中ができない。
何かに夢中になれない。
何かに熱くなれない。
それは、自分に原因があるのだと思う。
「楽しくなくなったら、辞め時だと思う」
そう言われた事も、今は分かる気がする。

全く余裕がない。
精神的にも、肉体的にも。

余裕というのは、自信とリンクしていて、
自信があるから、余裕が生まれるんだと思う。
自信は、努力した結果、生まれるんだと思う。

では、今の自分は何に向かって努力しているのだろう。
今の自分の目標は何なのだろう。
どこに向かって、進んでいけばいいのだろう。
進んでいく自信も無いし、引き返す自信も無い。
もう、何も分からなくなってしまった。



何がきっかけか分からないけど、
感情の箱が壊れてしまった。
色んなものが止まらない。やべー。

fullthrottle_1222 at 23:23|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

May 12, 2010

ひとやすみ。

熱が出て(多分)2日目。
普通に仕事に行けています。
そんな今の体温37.6。

医者に行ったら、
「とりあえず、休みなさい」
と言われました。
4月1日から、完全な休日は2日間だけだったしね。
ちなみに、風邪の診断は出ませんでした。
不幸中の幸い。


ヘヴィーな事が続いて、
精神的にグロッキー状態が続いているのが、
一番の原因でしょう。
食生活も乱れまくり。
ほとんど、朝飯・昼飯食べてないし。





尊敬している先生が結婚した理由を、
「このままの生活をしていると、ダメだ思ったから結婚した」
って、真顔で言っていたけれど、
『こういうことなんだなぁ』と
身を持って体験させてもらってます。
結婚なんて、とてもとてもとても遠いけども。

身体からは赤信号が出ているけれど、
止まれる状況じゃないので、
とにかく、突っ走ってみようと思います。

さて、仕事。仕事。

fullthrottle_1222 at 20:54|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

May 04, 2010

たからもの。

今日、前任校との練習試合だった。
引き継ぎの関係上、
3月の後半は部活に行けず、
最後の挨拶もできないまま、
新しい学校に行くことになってしまっていた。

そして、今日の試合後の挨拶時に
『たからもの』を彼らから貰えた。


ひとりひとりのコメントが、
こんなに心に響くと思わなかった。
こんなに大きく成長したと思わなかった。

俺が本当に伝えたかったことが、
彼らに伝わっている。
それが、本当に嬉しかった。


サングラス、していてよかった。
もう、迷わない。

fullthrottle_1222 at 19:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ラジオの中から。

愛想なしの君が笑った そんな単純な事で
遂に肝心な物が何かって気付く
打ち明け話にあった純情を捧げたって奴に
大人げなく嫉妬したりなんかして

ねえ 等身大の愛情で挑んでるのに
世間は暗い話題

恋なんて言わばエゴとエゴのシーソーゲーム
Ah いつだって君は曖昧なリアクションさ
友人の評価はイマイチでも She So Cute
Ah 順番を待ってたんじゃつらい
勇敢な恋の歌

劣等感を逆手にとってわがままばかりの君が
隠し持った母性本能は凄い

ねえ 変声期みたいな吐息でイカせて
野獣と化して

Ah Ah 何遍も恋の辛さを味わったって
Ah 不思議なくらい人はまた恋に落ちてく
運命のイタズラってやつも考慮して
Ah 照準を絞ってステップアップしたい
そう祈って眠るだけ

アダムとイブの時代から
Ah 流れくる我らの血潮
Mm 愛の神秘に魅せられて
Ah 迷い込む恋のラビリンス

(シーソーゲーム)世界中の誰もが
(シーソーゲーム)業の深い生命体
(シーソーゲーム)過ちを繰り返す人生ゲーム
シーソーゲーム

恋なんて言わばエゴとエゴのシーソーゲーム
Ah 図に乗って君はまたノーリアクションさ
何遍も恋の苦さを味わったって
Ah 不気味なくらい僕は今恋に落ちてく
愛想が尽きるような時ほど She So Cute
Ah お望み通り Up Side Down
勇敢な戦士みたいに愛したいな
Fu



リクエストしたのは、どこの誰だか知らないけど、
大切なものを思い出せた気がする。

ありがとう。

GWもあとわずか。
さて、仕事。仕事。



fullthrottle_1222 at 07:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 25, 2010

涙。

「始まりには、理由はないけど
終わりには、理由がある。」
そう言っていたのは、格好のいいお兄さんだった。

「何かを手に入れたければ、
何かを失わなければならない。」
そう言っていたのは、夢を叶えた先輩だった。

「人生という物語があるのならば、
今後はどんな展開が待っているのだろう。」
そう思ったのは、半年前の天気の良い日だった。

もう、一つの物語の続きが描かれる事はないだろう。

鳴らない電話は、鳴らない電話のままだった。
もう、鳴る事はないだろう。

届けたいものは、届かなかったのだろう。
今日一日、出会った日から今までのことが
夢であることを、もう一度起こることを、何度願っただろう。
食欲が無くなるってことは、こういうことなんだろう。

納得いかない事実、受け入れなければならない現実。


逃げ出したい。それが、正直な気持ち。

fullthrottle_1222 at 22:15|PermalinkComments(5)TrackBack(0)