鏡餅 「むかし、あるところに爺さんと婆さんが住んでおりました。
正月の十五日に、爺さんが隣り村から帰ってきよると、家の近くの松の木の下で七人の旅人が雨宿りをしておりました。

爺さんが、
「まあまあ、むさくるしいところじゃが入ってお休みなされ」
と言って家へ案内してきました。 しばらく休んでおりましたが、雨が降りやまぬので旅人が、
「傘を借してもらえまいか。正月にはきっと返しにくるから」
と爺さんに頼みました。

 爺さんと婆さんは大そう親切な人であったので、よろおんで貸してあげることにしました。
爺さんと婆さんが家の中を探して、蓑と笠をやっと四つだけ出してしました。
やっと婆さんが番傘を日本とり出してきたので、これを二人にわたしました。 どうしても一人に着せるものがないので、爺さんの着ていた合羽を貸してあげることにしました。 七人の旅人はよろこんで雨の中を外へ出て行きました。

 それから一年間、何事もなくうち過ぎましたが、やがて大晦日の晩がやってきました。
爺さんが、
「これ婆さんや、貧乏人は困ったもんじゃのお。正月がくるというのに餅もつけんとはのう。どうれ、もう寝るとするか」
と言いながら寝かけておりますと、門の前でがやがやはなし声が聞こえます。
しばらくすると、
「今晩は」
と言って、七人の旅人が入って来ました。
爺さんが、
「おお、おお、これは、この前の方々、ほんまにようきてくださった。こんなむさくるしいところじゃが、上がって休んでつかはれ、さあさあ」
と座敷へ上げました。
旅人の一人が、
「これ、爺さん、婆さんや、わしらは年取り(正月)の神じゃ、お前さん達が、親切で心のやさしい人なので、正月の福を授けにやってきたのじゃ、何でも欲しいもんがあったら遠慮なく言いなはれ」
と言いました。
爺さん婆さんは、急なことで大へんびっくりしました。
「ほんなら、うちんくは貧乏じゃけん年取りが出来まへん。お金と米をつかはれ」
と頼みました。

神さんは、それはやさしいことだと言って、小槌を出して、
「これは打ち出の小槌というて、なんでも好きなもんが出てくるんじゃ」
と言って、爺さんに渡しました。
七人の神さんのうち、爺さんの合羽を借りた一人の神さんだけが残り、六人の神さんは帰っていきました。
あとに残った神さんが、
「これ、爺さんや、まだなんぞ欲しいもんはないか、あったら遠慮なく言いなはれよ」
と言いましたので、爺さんは、
「神さん、ほんならわしら子供がないけん、子供を授けてつかはれ」
と言いました。 
すると神さんは、それはやさしいことだ、そんなら元日の朝、夫婦がお早うございます、と挨拶しさえすれば若返るから、それから子供をつくりなはれと言って帰っていきました。

 夜が明けるそうそう、夫婦は神さんにいわれた通り、
「お早うございます」
と挨拶すると、急にわかしい(青年)になりました。
それから夫婦には子供が生まれて、この家は繁昌しました。」

  (湯浅良幸・緒方啓郎共編「阿波の民話 第一集~阿波郡」未來社より)