青臭いきれいごと

What in the world am I talking?

紅いヒマワリ ?!

070712_紅いヒマワリ .JPG
 最近やたら草木や花やらが目に付いてしまって。
 それで、通り掛かりで目に入ったこのヒマワリ。赤というより紅いといった方がいいような色。曇り空の下で見たせいか、何だか異様な感じかしないでもないですが。
 手近にある色の本といえば長崎成輝著『日本の伝統色』(京都書院)くらいしかないけれどこれをみると、韓紅花(からくれない / Rose Red)と臙脂色(えんじいろ / Crimson Red)が混ざりあったくらいが近いかな。
 この時期は周辺の家の畑や道端にヒマワリはよく見ますが、こんな色(品種)は見たことがありませんでした。(おそらく)
 これが植えられていたのは、市境の「毘沙門堂」という建物(昔道標としてされていた大木の切株を保存するために建てられた)の前の花壇で、ここはもうしょっちゅう、それこそ生まれてから数え切れないくらい何度もなんども通っているのに、これまで植えられていたのかどうか、全然気付かなかった!
 この色は、わたしが知らないだけで珍しいものでもないのでしょうか…ね?

飛騨コーヒーのカフェ・オ・レ

飛騨コーヒーのカフェ・オ・レ.JPG
 コーヒー牛乳やカフェ・オ・レやその類の飲み物は大好きですが、スーパーやコンビニで売っているのではなかなか好みの味がありません。香料が気になったり、変に甘かったり逆に苦かったり…

 そんななか、この飛騨コーヒーの「カフェ・オ・レ」は久々にいい味に出会ったと思いました。
 なんでも店頭の説明書きによると(周りに怪しまれないようにメールしている振りして携帯にメモをした)、「有機栽培無農薬コーヒーを自家焙煎し抽出した本格的なコーヒー」で、「ミネラル分の多い鹿児島産粗糖を使用し甘さ控え目」だそうです。確かに控え目で上品な味。自然な牛乳(へんな表現だな)に近い気がするのらは「飛騨産生乳を66パーセント使用」しているからかな。

 飛騨コーヒーの「コーヒー牛乳」もなかなか美味しかったのですが、とにかく「カフェ・オ・レ」がいい!大山乳業の「白バラコーヒー」に勝るとも劣らない。
 
 瓶入り、180mlで120円です。フタに印字されていた製造しているところと住所はメモし忘れてしまいました。

山あじさい


 紫陽花が今ちょうど見ごろで、あちこちの家の周りに青や赤紫や淡い青やピンクの紫陽花を見かけます。これまでは何気なく見ていたのですが、その色や形の種類が豊富なことに驚きます。
 初めて見て一目ぼれしたのがこの「山あじさい」。花びらや葉の渋い色付きがすてきです。その微妙な色具合が画像にうまく表れているかどうか…。(買ったばかりでまだ植え替え前の鉢入れの状態)
 他の苗木屋さんでも山あじさいを見ましたが、これがいちばん美しく色が出ていました。草丈は30〜40センチということでこれ以上は伸びないと思います。色は「七変化」するそうですが、このままの方がいいな。

 わたしは、花や木のことはわからないのですが、こうして自分好みの花を見つけるのは楽しいです。

『世界遺跡紀行』 エフェソス(トルコ)覚書


6月1日のBS2『世界遺跡紀行』はトルコのエフェソスでした。
※先回記事で番組名を、番組冒頭にテレビ画面に出るタイトル通り『遺跡紀行』としましたが、インターネット上やテレビのリモコン操作で見る番組表には『世界遺跡紀行』とあるので今後はこちらでいきます。続きを読む

『遺跡紀行』のすすめ


 NHK 総合やBSでときどき『遺跡紀行』という番組を放送しています。

 今朝放送されたのはヨルダンのペトラでした。ちょうど前日読んでいた本にこの遺跡がでてきたのでタイムリーでした。
続きを読む

2007年4月 読んだ本

 この月も間民俗学ブームが続いているが、さらに世界史関連など、日本以外に目を向けてみた。とくに魔女や異端とキリスト教関係の本が多かった。また海外の小説もいくつか。
続きを読む

県中央植物園の桜


七部咲きでした。
今日まで無料開放。夜桜もきれいでしょうね。

植物園は今回初めて行ったのですが、思った以上に広大な敷地にたくさんの種類の植物や樹木があって、弁当持参で一日中過ごせそうです。桜や梅は楽しめますが、そのほかは芽吹いていないのが多く、新緑の頃にまた来たいです。普段の入園料は600円ですが、その価値は十分にあります。


2007年3月 読んだ本

*途中続きを読む

2007年2月 読んだ本

総じて宮本常一ブーム到来。
民俗学ってこんなにおもしろいんだ〜

感想は書きたいが、余裕がないのでタイトルなどだけ。続きを読む

The Policeの再結成

最近の音楽関連の情報は全く知らなかったので、先日知人からこのお知らせを聞いて喜んでいました。
続きを読む

2007年1月 読んだ本と寸評

更新が止っていました。
書きたいネタは山積みなのですが、これだけ。今月読んだ本と、簡単な感想(「評」と呼べるものではなく)を書きます。自分のための覚書のようなものです。

昔ほとんど読まなかった分、1冊でも多くの本に出会いたくて、なるべく速く読んでいるのですが、本ってじっくり読んだ本があとあと心に残るものだなと気づきました。わたしの場合は。
続きを読む

絶景


雨晴海岸から望む立山連邦
今までに見た中で最高の状態
続きを読む
Team -6
チーム・マイナス6%
Profile
Recent Comments
Categories
Archives
Blog List
Link


『こんにちわ』撲滅委員会

高岡タウン

平安京

トルコライス マニアックス
Tags





このブログを評価する
  • ライブドアブログ