雨晴(あまはらし)海岸あるいは、氷見市七尾市の海岸から、海越しに望む立山連峰の景色は、この地域に住むわたしたちが誇る絶景ですが、昨日付けの北日本新聞に、高岡市観光協会がほかの地域でこれに勝る景色がないか、そのライバルを募集しているという記事がありました。

それには、
1.「海岸から」…海岸から見える事
2.「海越しに」…海面に浮かんでいるように見える事
3.「3000メートル級の山並み」…連峰・連山である事
という3つの条件が要るとのこと。高岡市観光協会のホームページより


記事によると雨晴海岸は、チリのバルパライソから見るアンデス山脈と、イタリアのナポリから見るベスビオ山とあわせ、世界3大絶景といわれてきたそうです。
【補足】どうやらこれは地理学者の志賀 重昂氏が、同海岸を訪れた際に『陸続きで連峰を海上遥かに望める景勝の地は、この雨晴海岸と南米のチリのバルパライソから見たアンデス、そしてイタリアのナポリから見たベスビオしかない』と言われたことによるものらしいです。

しかし、バルパライソは高台からは見えるが海岸から見えるかは疑問、ベスビオ山は標高1,281mの独峰で、条件が満たされるとはいえず、そこで雨晴海岸に勝る絶景を観光協会で募集をしています。
現在世界各国の17件の情報が寄せられていて、国内では駿河湾越しに見る富士山があるがこれも独峰のため条件は満たせず、そのほかの海外の情報も条件に不明な点が多く、まだ追跡調査中です。


雨晴ほどの、いやあれに勝る景色はあるのか、見てみたいです。
有力情報をお持ちの方は高岡市観光協会へ!


雨晴海岸からの写真:
雨晴海岸 3月24日

上の写真は先週の天気の良い日に海岸へ行って撮ったもの。快晴だったので今度こそ絶景が拝める!と海岸へ急ぐ。写真愛好家がチラホラ撮りに来ていました。わかりにくいでしょうかね?実際に見たほうが、海の向こうに雪のかぶった連峰がもっとよくわかるのですが、この日は完全に澄み切った青空であったわけではなかったので、もっと条件の良いときにいつか見に行こうと思っています。



追記 2007.2.10
上記の写真はいまいちでしたので、その後撮った写真を載せます。
撮影は2007年1月30日です。

立山連峰を拝む

また、デジカメで撮った画像をちょっとだけアルバムに載せました。
こちらにいって、個別画像をクリックすればさらに拡大して見られます。
http://www.flickr.com/photos/fumifumi/
実際に見るともっと迫力があるのですが、ただ普通に撮っただけではこんな程度…というのが残念!
ズームでも撮ればよかったなぁ




絶景関連リンク:
太田雨晴観光協会
立山連峰 〜世界の絶景〜(富山イメージアップキャンペーン)
氷見市ライブカメラ【市街地・海越しに望む立山連峰】(氷見市)