NHK 総合やBSでときどき『遺跡紀行』という番組を放送しています。

 今朝放送されたのはヨルダンのペトラでした。ちょうど前日読んでいた本にこの遺跡がでてきたのでタイムリーでした。
 『遺跡紀行』は、世界各地の遺跡を毎回一ヵ所を巡り、映像とともに簡単な紹介テロップが流れます。わずか3分の短い番組ですが、短いからこそ画面に釘付けとなり集中して見られます。なかなか行けない世界の遺跡の映像を見る楽しみもさることながら、使用されている音楽が映像とマッチしていてしかもわたし好みの曲が多いことで非常にポイントが高い。ナレーション有りもいいですが、音楽のみというのも静かに楽しめてリラックスできます。
 ちなみに流れている曲はクラシックもあれば、数年前にブームになった癒し系コンピレーション・アルバムの常連だったアディエマスや、ポップスまで様々です。一番印象的なのは、エジプトのルクソール神殿の映像に合わせて流れたサラ・ブライトマンの「Who wants to live forever?」です。元曲はクイーンですが、太陽王ラメセス2世の栄華も永遠ではない、今は静かに遺跡が後世のわたしたちに語りかけるのみ…栄枯盛衰の理を想い、しみじみときますよね(?)

 そして、本日放送されたヨルダンのペトラで流れていた曲は、「おっ、これいいな。どこかで聴いたことがある」と思って問い合わせたら、マドンナの「The Power of Goodbye」とのことでした。マドンナにそれほど詳しくないのでわかりませんでした。ペトラとマドンナの曲が?!と一見思われるかもしれませんが、よく合っていましたよ。


 ここで、そのとき一緒に問い合わせた近日の放送予定を記しておきます。※番組の空いている枠に入る形で、予定が変わることもあると思います。来月9日は時間は決まっているが、内容は未定だそうです。

○5月27日(日) BS2 AM3:55〜 アイルランド‐ニューグレンジ
○6月1日(金) 総合 AM3:55〜 ギリシャ‐クノッソス
○6月1日(金) BS2 AM4:15〜 トルコ‐エフェソス
○6月9日(土) BS2 AM3:55〜 ※内容未定


 わたしがこれまで見たのは、朝8時ごろが多かったのですが(今月にも一度あり)早朝ばかりです。興味ある方は、録画してみて下さい。本当にこの番組のファンという方はいないかなあ? mixiでコミュニティを作ろうと考えたこともありますが、あまりにマイナーすぎるかと思いやめました(笑)
 
 遺跡の番組なら同じNHKやもう長者番組ともいえるTBSのユネスコ世界遺産があるし、遺跡に限らず世界の史跡・名所を巡る旅番組まで含めたら、数え切れないほどあるでしょう。それなのにわざわざ新聞の番組欄に載らない、いつ放送されるかわからない『遺跡紀行』にこだわるのかと思われるかもしれませんが、いやいや、だからこそ稀少価値を感じるのです。わたしがはじめに見たのは5、6年前ですが、何かの番組を見た後に偶然見られた嬉しさでよけいお気に入りになっていました。ここ2、3年はお目にかかれなかったのですが、今月はじめに久々に見られて、また火がついた感じです。しかも5年ほど前に見たときに気になっていた曲を使われた回に巡り合えて、今度こそ曲名を知りたいと思い視聴者コールセンターに問い合わせ、スティーヴ・ライヒの『砂漠の音楽』ということがわかり、早速CDショップに走り注文し購入した次第でした。曲を聴いて高揚したのは久しぶりのことでした。
 そのとき紹介されていた遺跡は、ギリシャ-アテネのパルテノン神殿でしたが、わたしの記憶では5年前に砂漠の音楽を聴いたときは、クノッソスを紹介していた気がします。その放送が間もなくまるので楽しみです。ギリシャと砂漠の音楽って?と思うところですが、神秘的な曲でこれまた合うのです。


 この番組に関して、最近何度かNHKの視聴者コールセンターに問い合わせていて、このような短い番組でもたいていのことは調べてもらえることがわかりました。もっと早く問い合わせるべきでした。問い合わせの際は、あわせてこの番組を楽しみにしていることも伝えました。初回の放送が10年近く前で、新たに撮ることも考えられないし、VHSやDVDにもなっていないのでここにファンがいることをアピールしたいと思います。


 思わず熱くなりました!