2009年01月15日

犬を飼うってステキです ――か?

今日はいつもの記事と違って、この前の3連休中に見つけた私の心に留まったお話についてご紹介したいと思います。


ちょっと長くなってしまいますが、とくに「犬を飼うってステキです ――か?」は、読みやすくとても良い読み物なので是非みなさんに読んでいただきたいなぁと思います。
(マンガなのでお子さんでも楽しめます!)


中には、ちょっとハードなものもあるので悲しくなってしまうかもしれませんが、心が元気な時にぜひご覧になって下さい・・・。


◇ ◇ ◆ ◇ ◇


まずは、「本当の話」。

↑文中に出てくるQueue(クゥー)さんは、都内で動物保護活動を行う団体として登録した上で、店舗を構えフードの販売やDogCafeなどを運営されていたそうです。

そこで目にした犬と飼い主のお話が書かれています。

めんどくさいからと犬を手放す(保健所へ連れて行く=殺されてしまうのと同じことです)と言う若いカップル。
好きなことをさせるのが犬のため・・としつけや健康管理をしない飼い主・・・。
子供の教育のため、となんでも子供に面倒を見させようとする親・・・。。

書かれている(多分)代表のミワさんの目を通した文からは、「なんでこんなとんでもない考えをする人間がいるのだろう!」とまったく理解できない気持ちになりますが、たぶんここに書かれている人達はその人なりに真面目で真剣なんだろうと思います。
自分も、知らないうちに同じような「とんでもない考え」をしていないのか、改めて客観的に見つめ直すことも大事だな、と思いました。

Queueが住所を公表し店舗を構えていたのは、動物放棄される可能性もあるけれど、そういった飼い主の相談を受けたり、いたしかたなく保護することになった場合でも保護犬の氏素性が分かった状態で保護できる→新しい里親が見つけやすくなる。ということもあったようです。
残念ながら、現在は諸事情により現在は店舗型をとりやめ非公開型で活動を続けているそうです。


さて、2つ目は「犬を飼うってステキです ――か?」。

1つ目のQueueのお話にもありましたが、犬って誰でも飼っていいわけじゃないのですよね。

このお話は、東京都福祉保健局・生活環境部獣医衛生課が作成した読み物です。
犬を飼うってどんなことだろう?ということが、お子さんにもとても分かりやすく書いてあります。(マンガになっています)
子供だけでなく大人でも楽しめる内容ですし、これから犬を飼おうと思っているご家庭はもちろん、犬を飼ったことのある方でも今までの犬との生活を振り返ってホロリとさせられるのではないでしょうか。

是非オススメなので、ちょっと失敬してこちらに貼らせていただきました。
大元は、東京都福祉保健局環境・衛生>動物愛護>読み物・パンフレットなど
に載っています。

では、はじまりはじまり〜〜〜

su00

su01

su02

su03

su04

su05

su06

su07

su08

su09

su10

su11

su12

su13

su14

su15

su16


su17

su18

su19

su20

su21

su22

su23

su24

su25

su26


su27

su28

su29

su30

su31

su32

su33

su34

su35

su36

su37

su38

su39

su40

su41

su42

su43

su44

su45

su46




いかがでしたでしょう。

ギクッとしたこと・・・
私も、ココアを飼う前は「誰でも・ごく普通に」飼っているものだと思っていました。
もちろん留守がちな家では犬も可哀そうでしょうけど、その点は我が家は大丈夫だと思っていました。

ココアを飼う前に私が飼ったことがあるのは、熱帯魚やハムスター・・・。
どれもお互いの意思疎通ができるほどの間柄になれるはずもなく、(たぶん)人間に近い思考ができる犬や猫に憧れていました。
・・・ところが、我が家にやってきたココアはまるで子供の頃に飼っていたハムスターのよう!
狂ったように走りまわり、何も考えていないような瞳・・。
呼んでみても無視。ジッと見つめられていても、私たちのことを見ているわけではないようでした。
それがとても辛かった。

・・実際・・恥ずかしながら、ココアが来た1日目にしてマンガの男の子のように「大変なことになってしまった!」と不安でたまらなくなったことも、、
私ももう立派な大人のはずなのに、なんということでしょうね。
しかも、飼う前からこの子はちょっと大変そうだな(笑)と思っていながら飼ったはずなのに、、有頂天だったのでしょうね、お恥ずかしい限りです。
それから「お店に返すなら早い方が(次の貰い手が見つかりやすいから)いいんじゃないか?」とか、数日ドキドキして過ごしました・・。
(さすがに酷いと思って、口には出せませんでした)


なんとか返却することは思い留まったものの、教育の面でもココアは全て教えてあげないと何一つ(人間がさせたいことは)できませんでした。
(もちろん、楽しい可愛いこともたくさんありました☆)

酷い書き方してゴメンね、ココア。

でも似たような経験をされている方って、意外といらっしゃるんじゃないかな。。
きっと「犬を飼おう!」と思っていたあの頃は、こんな話を聞いてもまさしく『魔法』がかかっていたから、「ウチは大丈夫!」と思ったかもしれません。
でも最初からうまく行くなんてほんの一握りなんでしょうね。
人間の都合のいい事を自然と学んでくれることだって、きっとほとんどないのが普通なのでしょう。

ただし、それを乗り越えれば!
493日目 05ココア
こんな純粋な瞳が待っているんですよね!

いつもフガフガ言うほど夢中になって私の手を舐めてくるココア。
冷たくされても、怒られても、こんなふうにストレートに愛情を伝えてくるって、なんて健気なんでしょう。
しつけは大変だったけど(まだまだ途中だけど)、我が家もやっとココアとの意思疎通ができるようになってきました。
それでも大変なことはありすぎるほどありますし、本当はQueueのお話に出てくるトンデモ飼い主も特別異常な人と言うわけでもないのかもしれません。
ただし!飼った以上は責任を持って最後まで可愛がってあげてほしいです。
私なんて、上記のように飼い主としてとても偉そうなことは言えませんし、今後ココアが歳をとっていったらどんなことが待っているか分かりません。
けれど、捨てられたペットがどうなってしまうのか・・・理不尽な理由で殺されていく小さな命について次のリンク先で知ることができます。。

(もし、新しいワンちゃんを飼われて以前の私のような気持になっている人がこれを読んでいたなら、時間が経てばできるようになる(良くなる)はずだから諦めずに少しずつ練習を続けてほしいな・・。今となっては「こうしていれば」ということが色々あるけど、まずはワンコが何を考えてるか想像して、うちの子に分かるような方法を一緒に探し出してあげて欲しいです。私は専門家じゃないけど、そのうち必ず・・と気持ちを楽に..・・☆人生イロイロ、ワンコもイロイロ(笑)!)


次は、同じように「犬を飼うってステキです ――か?」を読んだ方の日記です。

犬を飼うってステキです ――か?(ふみバカ日記)

↑この方は2匹のワンちゃんの里親になられています。
マンガに出てくように、飼い始めはイタズラに悩まされてノイローゼ直前だったそうです。
その後、運動によってフラストレーションを発散させたりして問題は解決していきました。
きっと犬を飼われている方なら「分かる分かる・・」という部分もあるのではないでしょうか。

さて、この日記の最後の方に動物愛護センターを見学された方のブログ記事が2つリンクされています。
ももの母さんの「家族を待てない犬たち1・2」と、華ママさんの「処分される命1・2」です。
作者さんのご意向があるので、当ブログからのリンクは避けます。

内容は、里親探しのボランティアをされている作者さん方が動物愛護センターでの殺処分を見学されたレポートになっています。
辛い内容ですが、なかなか知る事のできない情報なので、できればご覧になって欲しいと思います。

コチラ>>犬を飼うってステキです ――か?(ふみバカ日記)の文中からお願いします。

私は、こうした現場をニュース番組の特集で見たことがありました。
いくつかの部屋に分かれていて、1日ずつ隣へ移動していきます。
最後は殺処分が行われるガス室です。
そこへたどり着くまでが命の猶予です。

でもTVでの放映はそこまで。
当然、処分の様子は流すことができません。
私は今までガスであれば苦しまずに死ぬことができるのだと思っていました。
よく一酸化炭素中毒の事件では、気づかないうちに意識を失って動けなくなると聞いていたからです。
しかし、どうやらこのレポートを読む限りでは安楽死ではなかったようです。

行政や、処分に携わる人を責めることはできません。
1日に大量の動物を処分しなくてはいけないのでしょう。
たしかに、もっとほかに方法があるのかもしれないけれど・・・この仕事に、こんなに辛いのに愛情を持ってお仕事されている方のことを考えると、ただ捨てないでほしいと思います。
だからと言って私は里親になったりボランティアに参加したりするわけではないけれど、安易に子供を産ませたり、飼いきれないからと捨てるのはなくしてほしい・・と思います。

最後は重いお話になってしまったけれど、
長々とお付き合いくださって、ありがとうございました。

fumifumi_3 at 19:34│Comments(18)TrackBack(2)オススメ! 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 犬を飼うってステキです--か?  [ うつ病闘病日記 ]   2009年01月17日 00:54
すっごく共感出来ました〜
2. ペットのお世話はお任せください!<ドクタードッグ>  [ みんなでペットを愛でるブログ ]   2011年10月09日 10:41
ペットのお世話はお任せください!<ドクタードッグ>弊社はパピィからシニアまでさまざまなペットのお世話をしているペットシッターDOCTOR+DOGです。シッター、介護、しつけ、家事代行まで請け負っています。

この記事へのコメント

1. Posted by max1120peace0311   2009年01月17日 01:17
すっごく共感出来ました

まあまあ賢いけど…大人しくて…物足らないMAXと…おバカで…やんちゃだけど…憎めないPEACE…

しんどい時は…手放したくなったり…飼わなかったら良かった…って思ったりしてました

でも…みんな一度は…そう思うんですね…安心しました

それに…私が…自殺しない理由の一つに…この二人が居てるおかげ…私の死=二人の死を意味するからです(暗いコメで…ごめんなさい)

だから…私は…この二人を捨てたりはしません…どれくらい生きるのかは…解らないけど…最後まで一緒です
2. Posted by チャッピーママ   2009年01月17日 02:32
この「犬を飼うってステキです ――か?」は、他のブログで見たことあります。
前見た時も、何だかジワーンときたけど、今日改めて見ても、やっぱりジワーンとくるなぁ。
こういう冊子は、ペットショップの店頭に置いてもらいたいよね。
飼う方はもちろん、売る方もにも啓蒙していかないと、結局は殺処分される子が後を絶たないという悲しい現実は続いていくんでしょう……。

思うんだけど、ブログをやってる飼い主さんって、とっても意識が高くて、情報もいろいろ持ってるし、どんな理由があろうとも、途中でポイするなんてあり得ない。
でも問題は、それ以外の一部の飼い主さん。
そういう人にこそ、ふみふみさんのこの記事を読んで欲しいよね。
でも悲しいかな、ネットなんて見ないのかな?

ココアちゃんの純真な目、この目で見つめられたら、思わず抱きしめたくなっちゃうよね。
そうそう、気長に根気よく、これが鉄則なのに、結果が出ないとついつい焦っちゃうのもわかるよ〜。

ところで、お知らせです。
Happy Chappyが諸事情で現在見られない状態になってるの。
困ったわ〜〜〜。
しばらく待っててね。
3. Posted by ふみふみ   2009年01月17日 02:44
max1120peace0311さんへ

なんか「こんな話があったよ!」程度のつもりが、重いテーマになってしまいました、、
それなのにコメントありがとう

マンガの中にもあったけど、飼い主が犬より先に逝ってはいけないとあったけど、本当ですよね。
どんなペットだってそうなんだろうけど、なんの疑いもなく純粋に求めてくれる存在って(言葉がないから人間が勝手に美化してるだけかもしれないけど)そうそうないもの。
必要とされてるって、十分な存在理由だと思います。
そういう意味では、MAX&PEACEくん達はmax1120peace0311さんに救われ、max1120peace0311さんはこの子たちに救われているんですね
って、ちょっとクサイか・・

去年は祖父が亡くなって、パパさんの小さい頃から飼っていた猫も亡くなったんです。
人もペットも最期の迎え方ってとっても難しいんだなと思いました。
でも残された人が悩んでも仕方無い部分もあるし、その家族なりにできることをしてあげたって心の折り合いをつけることが大事なのかな・・って傍で見ていて思いました。
・・・話がズレまくりですね
4. Posted by ふみふみ   2009年01月17日 03:03
チャッピーママさんへ

そうそう、ブログ覗いてたんだけどずっとエラーだからチャッピーママさん側のサーバーでも落ちちゃったのかな??とか思ってました
大丈夫ですか?

なんだか今回、偉そうな内容になっちゃって・・でも文才がないからうまく表現できなくて・・
私も「犬を飼うって〜〜」読み返すたびにジワ〜っとしてます(笑)
このお話パパさんにも勧めたんだけど、これを読ませた後で出かけたのね。
その日は成人の日で、ラジオからやたらとCMやらラジオドラマやら、ちょっといい親子話が流れてて、普段もらい泣きなんてしないパパさんが涙モードに入っちゃってたみたいで「えそこで泣くの」と思うくらいちょっとしたとこで泣いてました(笑)
普段ウルッとするのは私の方なんだけど

でもお役所が作ったお話の割にはよくできてますよね
いい話なんだから、もっと一般の人にも広めて欲しいな〜
ネットを見る人って、いろんな情報が得られるから散歩中のオシッコに水をかけるなんて知識も持ち合わせているけど、とくに高齢の方なんて犬にワクチンすら打ってないんじゃないかとか・・かなりの偏見だけどでも昔と今じゃ考え方が違うんだろうな〜って思うんです。(←それだけが問題ではないでしょうけど)
犬の糞→土の上なら肥料になる!的な。。
そういう問題があるから、犬=不潔と思われるのも仕方無いかな・・とか。。
でもきっと数十年後には、日本も今と違った環境(捨て犬の問題も含めて)になってるかもしれませんね〜
ママさん、ありがと〜〜
5. Posted by ロッタママ   2009年01月17日 20:13
ふみふみさんの仰りたいことがとても伝わってくる記事でした。チャッピーママさん仰るようにブログを綴っていらっしゃる方は意識高い、同感です。私は結婚して自分で飼う犬はロッタで2匹目ですが先住犬のプティの最期、本当に大変な老犬介護でした。それで小型犬は15〜20年生きると考えて自分の年齢に足してみてもう今度が体力的に最後のチャンスかなあと思いました。認知症、昼夜逆転、24時間体制での排泄介助、最後半年はもう何もかもあの子のために時間と体力を捧げました。ですからやるだけのことはやった、という思いでペットロスにはならなかったのですが私の体が回復するのに時間がかかってしまって。何せ私が点滴に通うほど体力消耗しておりました。(最後の2週間くらいの平均睡眠時間3時間くらいだったので)人間もワンちゃんもやはり家族が見守る中で天国へ送り出すことが一番大切なのだという思いは今も強く感じています。人間は人間の勝手でワンちゃんを飼うのですもの、責任は持たなければね。
6. Posted by ふみふみ   2009年01月20日 02:25
ロッタママさんへ

ロッタママさん、プティちゃんの介護そんなに大変だったんですね。
このブログでリンクさせて頂いている「愛ちゃんママ」さんのところで犬の認知症について教えて頂いていたので、犬の介護も大変なのだと知っていたのですが、その方のワンちゃん達はみな中型犬ほどの大きなワンちゃんだったので、漠然と小型犬はあまり認知症にはなりにくい・・と思っていました。
小型犬であっても同じなんですね。
しかしプティちゃんは最期、家族の時間を全部自分に使ってもらえて幸せでしたね。
なんらかの事情で家族が面倒を看れない場合もあるでしょうし、どんな状況になるか・・その時になってみないと分かりませんものね。
ウチの場合はどうなるんだろう・・家族構成が変わってるかもしれないし、家族の協力も必要なんでしょうね。
とにかく今は、ココアが健康な老後を送れるようにできることをすることですよね
ロッタママさん、貴重なお話ありがとうございました
7. Posted by 桃のママ   2009年01月21日 10:41
ん、ん、ってうなずきながら熟読させてもらいました。
そうなんですよね〜犬って可愛いし、また欲しいって衝動と毎日戦ってるんだけど・・・・
いっぱい愛情もそそぎたいし、まだまだ桃一人でも課題がおおい現実だもん。
改めて初心にもどるってことなんでしょうね。
ダメ犬は一匹もいない、そう飼う側の問題なんですよね。
犬って子供以上、その子の人生に責任があるって思うわ。
人間の子供なら自分の道を歩いていけるけど、ワンは目を閉じる瞬間まで一人じゃ生きていけないんだもんね。
でも桃がいて私はよかったし、悩まされる事も多々あるけど、それ以上のなにかをもらっています。
ふみふみさん、素敵な記事をアップしてくれありがとう

桃ママは犬を飼うって素敵だというより、犬って素敵〜って思っているわ(^^)
8. Posted by チャッピーママ   2009年01月21日 14:11
取り急ぎご報告だけ。
アドレス変わりました。
引き続きよろしくね〜♪
9. Posted by カレン   2009年01月21日 17:34
「犬を飼うってステキです ――か?」、初めて見たけど子供にもわかりやすくていいですね。
私も子供の頃犬が欲しいと思ってたけど親の許可がおりなくてヤドカリとかハムスターを飼ってました。
我が家の場合は母が犬苦手(というか動物苦手)だったからNGだったんだけど・・・。
子供って「可愛い」というだけで欲しくなっちゃって動物を飼うということがどういうことなのかあまり考えてなかったりしますよね。
以前テレビで保護センターへ連れてくる無責任飼い主たちを見ましたが、物を捨てるように置いていって、全然辛そうな感じがしませんでした。短い間だと思うけど、その一緒に過ごした時間に少しでも愛情があったらあんなことできないと思うのに・・・何を思いながら飼っていたんだろう?
犬の介護はまだまだ先になりそうだけど、今からちょっと不安はあったりします。動けなくなったり徘徊したりという症状なら体力が必要だったり犬に時間を取られるだけだけど、鳴いたり吠えたりするようになってしまうとどうしたらいいものかと。夜中に鳴きっぱなしとなるとご近所に迷惑だし(特にうちはマンションなので)。
思いつくのは周りに何もないものすごい田舎へ引っ越すことくらい。
人間の老後にも不安があるけど、愛犬の老後・介護にも不安を感じてる人は多いのかもね。
10. Posted by ふみふみ   2009年01月22日 08:14
桃のママさんへ

なるほどね。
親がなくても(人間の)子は育つって言うものね(笑)
まぁそれは冗談にしても、犬は最後まで面倒みないと生きられないものね。
いっぱい愛情注ぎたい・・わかります。
今なら愛情独り占めだもの。
・・皆さんの意見、また改めて考えさせられました。
それからブログで取り上げてくださって、どうもありがとう。
本当は一番に、飼うことが辛くなって悩んでいる方の目に止まってくれると嬉しいです。
ペット業界を変える力はなくても、捨てようか迷っている方を思いとどまらせるくらいは・・できるかもしれないもの。
「本当の話」に書いてあった言葉、『処分するなら、せめてご自身の手の中で
息を引き取らせてあげてください。』『ただ、飼い主のぬくもりを幸せと感じながら殺されていくんです。でも、その方がその子にとって幸せ。だって保健所で殺されるの待たなくていいのだから。』
本当にそうだな、ワンはそれでも幸せなんだろうな・・と思うと涙が出ました。
保健所へ連れて行くなら、そのくらい責任を取った方がいいのかもしれません・・。
どうか、手放すなら新しい飼い主のもとへ送り出してあげて欲しいです。
11. Posted by ふみふみ   2009年01月22日 08:16
チャッピーママさんへ

了解です〜
12. Posted by ふみふみ   2009年01月22日 08:47
カレンさんへ

このマンガ、誰でも心当たりがありそうな部分をうまく突いていますよね。
ウチは、両親は動物が好きでたくさんの動物と暮らしてきた経験もあったのだけど「飼ったら旅行できない」ということでペットを飼うことはありませんでした。
でもある意味それも正解かな・・と思います。
生き物を飼って得られるものもあるけど、ペットショップなんかで眺めて我慢して飼わない勇気もあるかなって。
それが「飼いたい」からってみんなが飼っていいわけじゃないってことかな。
衝動的に飼ってしまった私が言えることじゃないんだけど
私もそういうTV見たことあります。
今は思いもよらない色んな価値観の人がいるから全てではないかもしれないけれど、ある程度常識があるかなと自負していた私でさえ育児ノイローゼ気味だった頃は飼ったことが辛かった。。
私はそれでも可愛いと思えたから良かったけど、そういう人が辛い気持のまま愛情を持てずに捨ててしまうこともあるのかなって思うんです。
立派な飼い主さんはたくさんいるけど、捨てる人を責めるだけでなく(←カレンさんがって意味じゃないです)悩んでいる心をほぐしてあげられたらいいな。

老後・・ココアは今でもけっこう鳴いているんだけど、窓が閉まっていると聞こえない(隣家の赤ちゃんの声を聞いたことがない)と思ってたんだけど、実は丸聞こえだったりして
聞いた話(「愛ちゃんママの部屋」)だと、留守にすると不安でずっと鳴き続けるという話。
一緒にいれば平気なら、外出を控えるとか・・?
なってみないと分からないけれど、難しいですねぇ・・。
13. Posted by くるみんこ   2009年01月22日 21:15
何度も読んだのよ。
で、コメ入れようとしたんだけど
いつも時間切れ。
ようやく時間が取れました。
これ、ほかのブログで読んだことがあります。よくかけてるよね。わかりやすい。
私も犬を飼おうと思ってから
実際に飼うことになったのは約1年くらい
かかりました。
たくさん考えたのよ。一生の責任を持つことだもんね。出来るんだろうかってね。そのためにはお金を出して迎え入れることも必要だなって。ちょっといやらしいけどね。
もっと大変だ〜って思ってたから、思いのほか手がかからなかったような気が。
その手のかかり方もかわいく思えるんだけどね。みんながそう思っていてくれると、不幸なケースが減る、なくなるんだろうね。
かわいいって思えるのって大事ね。
14. Posted by ふみふみ   2009年01月23日 19:11
くるみんこさんへ

何度も読んでもらってありがとう<(_ _)>
こういうのって皆いろんな思いがあるだろうし、一言でまとめるのも難しいよね。
私もずっと飼いたいと思いながら我慢してました。でも結局勢いで買ってしまった、、結婚みたいな感じかな
で、もし今改めて犬を飼うとしてもやっぱりお金で買ってしまうかな…本当は里親になってあげるのが一番なんだろうけど
ん〜〜いろいろ考えると犬を飼うこと自体が自分勝手なことのような気もするし…難しいですね。
殺されるために生まれてくる豚肉だって食べてるわけだし…綺麗なことを言ってたら矛盾してきちゃいますね

くるみちゃんは思ったほど手がかからなかったのね(^^)
ココアは手がかかったよ〜(爆)
虫がいたから世話でも手がかかったけど、なんと言うか‥犬という高等生物とは思えないほど感情がない…というか、、とにかくそこにげんなりさせられたなぁ。
元々興奮しやすいから、多分その頃は常に興奮し過ぎて自分でもよく分からない状態(心ここにあらず)になっちゃってたんだろうね。
ってか、何度も病気かと思った
…以前似たようなコメント頂いたことがあるので、たまにそういう子いるんでしょうね
やんなっちゃうって気持ち分かるけど、最初が大事と思うから頑張って欲しいわ。
なんて、また同じようにココアを最初から育て直せ!と言われたら自信ないけど、、やり直したいことはたくさんあるけどね
あ!あと優しく語りかけていっぱい撫でてあげることも大事だよね
そうして自分に懐いてくれたら可愛いって気持ちも湧いてくるんじゃないかなぁ
くるみんこさんの仰るように手がかかるけど自分の子供のように可愛いと思えたらお互いに幸せですね
15. Posted by たろう   2010年08月18日 03:26
2 僕は小動物に囲まれて生活をしてきて今は犬とも暮らしています。
ですが犬の方が大変と感じた事はありません。正直な感想を述べると犬より小動物の方が飼育は難しいと思います。
なので「命ある生き物を飼うとはどういう事なのか?」を伝える読み物に(金魚や小鳥とは違う)とは書かれたくなかったと感じました。
16. Posted by ふみふみ   2010年08月18日 10:35
たろうさんへ

コメント、ありがとうございます

この「読み物」の中で、金魚・カブトムシ・小鳥を飼うのとは違う、と書かれているのは、
犬は躾をしなくてはならない、ということが言いたいのかな?と思いました。

しかし、たろうさんの仰るように、責任を持って飼おうと思えば犬であろうと小動物であろうと大変ですね。
小動物は小さい分だけ弱いでしょうし、いろいろ気をつけねばいけないですね。

ここは犬ブログなので、つい犬を飼うという目線で書いてしまいましたが、たろうさんのように他のペットを飼っている方の視点で見ると、「なるほど」と思いました。

私もハムちゃんや熱帯魚の事を話題に挙げましたが、誤解を与えるような書き方になってしまったと反省しております。

もちろん私は犬が生き物の中で最高だとは思っていませんし、
ペットとして飼っていた生き物を川や野山に勝手に捨てるという問題がある現在、最後までちゃんと飼う!という点で犬も小動物も同じなのですから、こういった読み物としては残念な一節かもしれませんね。
17. Posted by すぴか   2012年02月02日 00:18
はじめまして!
既に時は2012年・・・今更ここにコメントしてすみません。

実は、初めて犬を飼いまして、色々悩み、切なくなり、そして嬉しく、愛しくと色々な感情になりながら1か月過ごしてきました。
我が家のトイプードル「ふう」も3か月ちょっとに成長しました。

ココアちゃんの成長記・育犬日記を最初からずっと読んできました。
全部読んでからコメントしようと思ったのですが、この日の記事に涙しまして、コメントしちゃいました。

私もかわいさに逆上して(?)飼い始めてしまったような感じも否めません。
思ったより大変で、毎日トイレの始末ばかり。(笑)
後追い鳴きにイライラして、ふうちゃんの大嫌いなビニールのシャリシャリ音をわざとさせて怖がらせたりしました。
その時の怯えた表情・・・

この子は、私が守るしかないんだなぁと激しく反省。
どんなにトイレを外しても、どんなにキャンキャン鳴いても、どんなに人の言うこと聞かなくても、でもやっぱりいとおしい我が子です。

これからも大変な事いっぱい待ってるはずですが、でも私は絶対この子を見捨てない!
そう思いました。


いきなり、熱いコメントすみません。。。
ココアちゃん、かわいいですね♪
参考にもさせてもらってるし、勉強にもなるし、赤ちゃんの時の写真はどこかうちの子にも似てるし、親近感がわきます。(勝手に・・・)
この先も楽しみに拝読させていただきますね。

ありがとうございました!
18. Posted by ふみふみ   2012年02月02日 22:09
すぴかさんへ

コメントとっても嬉しかったです
ありがとうございます
(そんなにコメの多いブログじゃないので、過去記事でも大丈夫ですよ〜。気づきますから(^^)v)

まず、ココアのブログを最初からずっと読んでくださってありがとうございました。
まだまだだなぁという部分が多々ありますが、こうやって少しでも参考にしていただけたり、またはダメな部分に共感していただけたり(笑)すると、本当に嬉しく思います(*^。^*)

この記事でも書いてますが、飼う前というより、実は現在すでに飼っていて悩んでる人の助けになりたいと思ってる所があります。
事前の覚悟は大事だけど、なってみないと分からない部分があるのと、自分も少なからず手こずった経験から、少しは気持ちは分かるかな?と思うからです。

私もすぴかさんのように悩んだり、憎たらしく思ったり、罪悪感でいっぱいになったり…しました。
でも、一生懸命だったからだと思います。

もし、すぴかさんが困ったことがあったら…たいした力にはなれないかもしれませんが、愚痴ったりするのも大歓迎ですのでコメントしてくださいね

「愛しい」と思えてるから大丈夫
1年も経てば、「ふう」ちゃんとの暮らし方も見えて来てると思いますよ(^^)ガンバッテ

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile
ココア
誕生日:2007年1月26日
性別:女の子
毛色:レッド(だった)
性格:頑固でマイペース?
好きなもの:かじること
嫌いなもの:取り押さえられること

現在の体重:3.55kg
(4/14現在)

author:ふみふみ

4〜5月あたりの抜けている記事(過去記事)、順次アップ予定です。
なるべく早くガンバリマス。
※過去記事の更新情報は、
「過去記事 更新情報」をご覧下さい。↓ ↓
〜〜ココア年齢〜〜
Recent Comments
電力使用率(東京電力)
電力使用状況お知らせブログパーツ|政府の節電ポータルサイト「節電.go.jp」
ユナイテッドピープル基金
東北関東大震災 緊急支援クリック募金
支援したい人向け情報
東日本大震災について、ブロガーとして何ができるのか…
たくさんの支援の輪が広がり、情報をまとめきれないでいます。

ひとまず、支援先を掲載することにしました。
団体によって支援対象や支援方法が異なるので、希望にあう団体を探されるとよいかと存じます。
※なお、リンク先の支援団体についてはご自身でよく検討されたうえ、ご協力ください。
詐欺のような場合もあるかもしれませんので、ご注意ください。


<追記>現在、多くのサイトが運営終了したり、内容が様変わりしてきてますので、今後表示方法を整理する予定です



◆支援まとめ
【義援金・募金・寄付できるサイトまとめ】東日本大地震-NAVERまとめ

復興支援-Yahoo!JAPAN
ただいまボランティアさんの力が必要とされています


◆動物関係支援
どうぶつ救援本部-(財)日本動物愛護協会
↑ボランティア、支援金、支援物資の受け付け、被災者へ向けたペットの情報が載ってます。

被災地動物情報のブログ
↑人員&物資の募集も。左のブログテーマから選ぶと記事が探しやすいです。


◆クリック募金(1日1クリックです)
ユナイテッドピープル基金<あなたにできること>
↑一番上の「クリック募金で協力する」を選ぶ

被災された方向け情報
◆情報まとめ
復興支援-Yahoo!JAPAN
↑被災地情報、被災ペット情報など

東日本大震災に関する情報-Google
↑避難者名簿(画像)共有サービスなど

↑運営終了のため名簿サービスはなくなり、赤十字社へのリンクなど総合的なリンクが残るのみ

◆動物関係情報
東日本大震災ペット情報サイトまとめ-NAVERまとめ

被災地動物情報のブログ
↑保護犬の情報も

行方不明の動物を探しています
↑画面左の県名をクリックすると情報を見ることが出来ます

福島県動物救護本部
↑福島県で保護された情報が載ってます

新装開店 お庭にようこそ
↑福島被災動物のリスト集を冊子で送ってくれます
PDFで見ることもできます

Animal Finder(動物消息情報)
↑動物の消息を探すための検索と情報提供が簡単にできます

↑2012年3/31をもってサービス終了済

msnペットサーチ
↑ペットを探す・新しい飼い主になる

↑サービス終了?


◆安否確認
Person Finder(消息情報)-Google
↑安否情報の検索と消息情報の提供が簡単にできます

↑10/30をもってサービス終了済
World Pet News
今日のおすすめレシピ