講演会・セミナ情報

2014年07月22日

平成26年度 がん疼痛緩和と医療用麻薬の適正使用推進のための講習会の開催(大阪)の御案内

主催厚生労働省
公益法人 日本薬剤師研修センター
公益財団法人 麻薬覚せい剤乱用防止センター
後援大阪府
公益社団法人 日本医師会
一般社団法人 日本病院会
公益社団法人 全日本病院協会
公益社団法人 日本薬剤師会
一般社団法人 日本病院薬剤師会
公益社団法人 日本看護協会
一般社団法人 大阪府医師会
協賛麻薬生産者協会
コーディネーター元埼玉県立がんセンター総長・WHO専門家諮問部会委員(がん疼痛担当) 武田文和


この講習会への出席では、日本医師会生涯教育講座(4.5単位)、日本薬剤師研修センター研修認定薬剤師講座(3単位)、日本緩和医療薬学会緩和薬物療法認定薬剤師制度(5単位)などに提出する受講証明書をお渡ししましので、当日、受付にお申し出ください。

開催日時 平成26年9月14日(日) 13:00-17:00
開催場所 大阪市中央公会堂(通称:中之島公会堂) 大阪市北区中之島1丁目-1

講演演題
  1. 序説:医療用麻薬の適正使用を推進し、すべてのがん患者を痛みから解放しよう!
    元・埼玉県立がんセンター総長、WHOがん専門家諮問部委員(がん疼痛救済担当) 武田文和
  2. がん疼痛の評価と治療の進め方の基本
    青森県立中央病院がん診療センター 緩和医療科部長 的場元弘
  3. 医療用麻薬による依存を回避するために
    星薬科大学教授、WHO薬物依存専門家会議委員  鈴木 勉
  4. 薬剤師が身につけたいがん疼痛の治療薬の新たな知識と治療支援のスキル
    明治薬科大学 教授  加賀谷 肇
  5. 疼痛マネジメントにおいて看護師ができること
    聖路加国際病院オンコロジ―センター がん看護専門看護師 高橋美賀子
  6. 在宅での疼痛緩和の実際
    ふじ内科クリニック院長  内藤いづみ(甲府市)
  7. 医療用麻薬の適正管理について
    大阪府健康医療部薬務課麻薬毒劇物総括主査 藤川博之
  8. 質疑応答
    講師全員および厚生労働省麻薬行政担当官

受講料 無料

参加申し込み方法
麻薬覚せい剤乱用防止センターのホームページに開催案内があり、参加申込書をダウンロードできます。ダウンロードした申込用紙に必要事項を記入し、FAXで麻薬覚せい剤乱用防止センターにお送りください、申込書にFAX番号が示してあります。申込期限は9月11日です、当日の申し込みは受け付けない予定です。

本講習会の歴史と経過、開催の意義
1995年以来、わが国におけるWHO方式がん疼痛治療法の普及を急ごうと国が主催して、東京と大阪では隔年ごとに全国規模の中央講習会を開いています。この開催通知は大阪での中央集会ですが、他の道府県では、おおむね3年ごとに地域講習会を開催しています。講習会開催の目的は、がん診療にかかわっている医師、薬剤師、看護師の方々に、世界基準であるWHO方式がん疼痛治療法の基本知識を身につけていただき、がん対策基本法が指示している疼痛緩和等の早期からの実施によるがん患者のQOL向上を全国津々浦々で実現することを実現することを目指しての知識の普及に貢献することです。最近は薬剤師の出席が増加していますが、共にがん医療に従事している医師、看護師、とくに一人でもがん患者診療にあたっている医師の方々も御出席いただきたいと存じます。知識とスキルの普及は、津々浦々のがん患者すべてを痛みから解放することを実現させるでしょう。
また、がん疼痛の鎮痛治療に必須の医療用麻薬の現行規制は国際条約に沿ったもので、過去四半世紀の間に、医療で使いやすい改訂が行なわれ、がん患者の痛み治療における医療用麻薬が使いやすくなっています。そうした点についても講演いたします。医師、薬剤師。看護師の多数の方々の御来席をお待ちいたします(コーディネーター:武田文和)。


fumikazutakeda at 19:50|PermalinkComments(0)