Junk Station跡地

ジャンキーな管理人(fumiya)がお届けする日常系ブログです。

昨日、レガシィを引き取ってきました。調子を見ながら走行したので帰宅途中に
また白煙が・・・ということはなかったですw

とりあえず、今回の修理に関しては本来であれば保証適応外の部品だった訳ですが
納車してすぐだったので、サービスしてくれました。ただ、レッカーの会社から
高速道路代の請求があり、それのみ負担してくれとのことでした。だから、実質無料
の修理となりました。

ちなみに原因については、ラジエターからの冷却水漏れということで漏れた冷却水が
エンジンルームで暖められて蒸発して白煙になったようです。だから、オーバーヒート
はしていないようです。(現に冷却水はそれほど減っていなかったらしいです。)

交換部品はラジエターそのもので、純正品ではなく社外品を取り付けたそうです。
マーチでお世話になったショップの店長の話だと5万円くらいの修理になるらしいです。
(たぶん、純正品での値段だと思います。)

あと、話は変わりますが今度はエアコンの動作がちょっと怪しいです。中古車屋から
家に帰る途中で、車内がかなり暑くて23.0度でエアコンを動作させたらかなりの
温風が出ました。22.5度にしたら急に風が冷たくなって冷風状態。また23.0度
に戻したら温風が・・・。壊れてる・・・???

まぁ、しばらく様子見ですかね。
あと、色々あってしばらくは車に乗れない日が続きます。
本当は峠道とか走ってみたいのですが、結局一度も行ってませんね・・・。

IMG_0013

こんにちは、写真の状態になったfumiyaです。納車2日目で保証を使うことに
なるとはびっくりです。エンジン切ったらボンネットから白煙ですからね・・・。

詳しく説明してみましょう。

納車1日目で一応、加速感が持続しないガコンガコンは直ったはずだったんです。
でも、パワーモードで試してみたい気持ちがあり、高速へ。合流で問題はなかった
のですが、追い越し車線で加速するとガコンガコン。あれ?と思ってブースト計を
見ると1.4くらいを指して急激に値が小さくなる・・・というのを繰り返していました。

で、途中のSAに入って再びブーストコントローラーの説明書を読んで確かに最小設定
であることを確認して再び本線へ。やっぱり、ガコンガコン・・・。こりゃ、ブースト
コントローラー壊れる?となり、適当なところで降りて帰りました。

で、帰り道に例のお店によって、ブーストコントローラーをもう一度見てもらおうと
エンジンを切ったら白煙が出ました。この時、水温計は通常位置(真ん中くらい)だった
のでおかしいと思いましたが、急いで店長を呼んで見てもらいました。

結果から言うと冷却水が飛び散っていました。オーバーヒートだろうとのこと。
(冷却水自体は空にはなっていませんでした)
ただ、ボンネット裏の遮熱材に白い部分があるから今回が初めてではないかもとも言われ
ました。つまり、前のオーナーがやらかしていた可能性もあるわけです。

そういえば、買ったときに遮熱材が一部剥がれていたんです。でも、中古車屋に聞いたら
「距離が距離ですから、普通ですよ。」と言われて納得したんですが、やっぱりダメだった
ということですかね。

とりあえず、今日、自動車屋に聞いてみた感じだとラジエータ交換するらしいです。
吹かすと冷却水が漏れている場所があって、交換すれば直るとのことでした。部品が
来れば週末には修理完了できそうです。

しかし、レッカー呼んだり、あちこち電話したり・・・車って結構大変なものなんですね。
任意保険のロードサービス使えばもっとスマートにできたはずだったのに気づかなくて
面倒な手順を踏んでしまいました。まぁ、結果的に費用は発生しなかったので良かった
ですが・・・。店から家まで多少タクシー代が発生したくらいです。

社会勉強になりますね。2日間でここまでやってくれるとは・・・なかなかこの先も
やってくれそうです。良いか悪いかは別にして。

朝、マーチで高速道路を走って中古車屋に行って無事に納車されました。
しかし、車体の傷が結構目立ちますね・・・まぁ、値段なりかな?
そして、帰り道。街乗りでは、パワーを持て余している気がしたので帰りの高速で
全開にさらに強い加速が来るかと思いきや・・・ガコンガコン。あれ???

その後にパワーモードに入れたりマニュアルシフトにしたりしましたが原因は解らず。
色々試しているうちに高速道路は終わり、駐車場に着いてしまいました。
仕方がないので以前同じ型のレガシィB4に乗っていた友人に意見を求めるもよく解らず。

午後になって「そうだ、ブースト計を見てみよう!」と思い立ち再び高速へ。
一区間乗りました。再び全開、針が1.5くらいを指した後に急激にダウン。
これってやばくね???
(たぶん、危険を予測して強制的にブースト値を下げる動作をしています。)

となり、帰り道に予約なしの飛び込みでマーチの部品を取り付けてもらったお店に。
ちょっと待ちましたが、ブーストコントローラーの設定をしてもらいました。無料でw
とりあえず、AとBがあるんですがAは一番安全に振って最小値、Bはちょい上げくらいで
あとは走ってみないと分からないとのことでした。

ブーストコントローラーはHKSのEVC4だと思われるのですが、実際のブースト値が
指定できないのでボリュームを回して実際にブースト計を見ながらやるしかないです。

で、Aから試してみたんですが結論から言うとAでもちょっと不安な値が出ました。
1.1か1.2くらいでした。全開時に加速感は持続するようになりガコンガコンもなくなり
ました。けど、これって大丈夫なのかな???まぁ、これ以上に値を絞ることは
できないのでこれでいくしかないんですけどね。

最後に内装の写真とか。
IMG_0011
この位置にブースト計があるので、非常に見づらい・・・。
エアコンは移設してあり、その上にBluetooth対応のオーディオが入っています。
(もちろん、USBにAUXもある。)
マフラーはフジツボ、エアロはSTI(?)で組んでいるようです。

今回は長くなったのでこの辺で。
では!

↑このページのトップヘ