ぱっちりとした大きな目を好む人は多いですね。

当院の小顔矯正にいらした方も「目を大きくしたい」 という希望があります。

他にも「目の大きさが左右違う」 「まぶたが重い」 「目のくま、くすみ」 などのお悩みが多いのですが、

整形手術でないと不可能なことと、軽度なものは小顔矯正で改善できるものがあります。

一重まぶたを二重にする。これは整形手術でないとできません。

「目を大きくする」 これは整形手術での目頭切開法・目尻切開法により目を大きく整形する方法があります。

「まぶたが重い」 これも整形手術では切開して脂肪を取る方法や、たるんだ皮を切り取る方法があります。

当院の小顔矯正で可能なことは眼瞼下垂による まぶたの重さの改善です。眼瞼下垂とは、まぶたを上げる筋肉(眼瞼挙筋)が弱くなることで、まぶたが下がってきている状態を言います。



まぶたには、眼球を損傷や乾燥から守る役割があり、特に上まぶたには目を開けるための筋肉(眼瞼挙筋)と目を閉じるための筋肉(眼輪筋)があり、両方のバランスのとれた働きによって眼球が保護されています。ところが、眼瞼挙筋の働きが悪くなると上まぶたが上がらず、上下のまぶたの幅が狭くなり重たい目になってしまうのです。

他にも片方の目が小さいとか元々二重なのに片目が一重っぽくなっているという症状もあります。

つまりこの筋肉の動きを良くしてあげることで、まぶたの開きが良くなり重たさが改善されます。目の大きさが左右違うことも関連する筋肉の動きの悪さが原因ですし、目の周りのくすみやクマは血液の循環が落ちて目の周りが、うっ血し、それが続くと肌が酸化し色素の沈着がはじまりクマができるのです。また水分が溜りむくむので老け顔にもなります。