東京おかしランドの揚げたてポテトチップス

 今日東京駅の中にオープンしたお土産屋「東京おかしランド」をブログでレポートする。「東京お菓子ランド」での検索が多いが、正しくは「東京おかしランド」。オープン初日とあって、店内は大混雑。テレビの取材もきているようだ。「東京おかしランド」にはグリコ、森永、カルビーのアンテナショップがある。東京駅限定のお土産や、出来たてのポテトチップスやアーモンドを食べられるなど、楽しめるしかけが盛りだくさん。
東京おかしランド

 不二家の「PEKOPOKO SWEETS LAND」は、9月2日までの限定ショップ。オリジナルパッケージのミルキーなど、「東京おかしランド」限定のお菓子が売られている。

不二家限定商品

不二家限定商品

 グリコの「ぐりこ・やKitchen」には、「グリコマンのべっこうあめ」など珍しいグリコのお菓子が並ぶ。店の中にはガラス張りの厨房があり、目の前でアーモンドをつくるところを見られる。作りたてのアーモンドはその場で買うことができる。味はココア(500円)、プレーン、塩、ペッパー(380円)。出来たてのアーモンドは香ばしく、かりっとしておいしかった。

ぐりこ・やKitchen

グリコマンのべっこうあめ

目の前でアーモンドをつくるところを見られる

目の前でアーモンドをつくるところを見られる

出来たてアーモンド

出来たてアーモンド

出来たてアーモンド

 森永の「森永のおかしなおかし屋さん」では、ハイチュウを使ったショーが行われている。大きなハイチュウをひねったり伸ばしたりして、作品にしている。パティシエ姿のキョロちゃんがプリントされたどらやきなど、東京駅限定のお土産もたくさん。キョロちゃんやカプすけくん(?)もいて、にぎわっている。

森永のおかしなおかし屋さん

ハイチュウを使ったショー

キョロちゃんグッズ

パティシエ姿のキョロちゃんがプリントされたどらやき

カプすけ

 今日のメインイベント、カルビーの「カルビープラス」では揚げたてのポテトチップスを食べられる。大人気でなんと一時間待ちの行列だった。厨房では店員さんがポテチを揚げ、塩をまぶしている。目と鼻の先でポテトチップスづくりが見られて楽しい。

カルビープラス

目と鼻の先でポテチづくりが見られる

目と鼻の先でポテチづくりが見られる

目と鼻の先でポテチづくりが見られる

目と鼻の先でポテチづくりが見られる

 ポテトチップスはうす切りが厚切りを選べる。味はしおバター、チーズ、ぺペロンチーノ、ロイズチョコ。値段は280円。迷ったあげく、チーズとチョコをオーダー。気になるホットスナック「ポテりこ」も注文した。

 ポテトチップスは山盛りで結構ボリュームがある。揚げたてのポテチは温かく、サクサクしている。特にあまじょっぱいチョコがおいしい。

揚げたてのポテトチップス

揚げたてのポテトチップス

揚げたてのポテトチップス

ポテりこ

 じゃがりこならぬ「ポテりこ」、これがうまかった。フライドポテトに似ているが、食感がちょっと違う。サクサク軽くホクホク温かい。ポテトチップスより冷めにくいのでおすすめだ。

  東京駅の「東京おかしランド」は、限定のお土産も豊富で実演販売もあり楽しかった。今は混雑しているので、落ち着いてから行くとより楽しめると思う。

「東京おかしランド」
場所:東京駅八重洲地下中央口出てすぐ
アンテナショップ:「ぐりこ・やKitchen(江崎グリコ)」「森永のおかしなおかし屋さん(森永製菓)」「カルビープラス(カルビー)」

↓この記事を読んだ人は下の記事も読んでいます
東京駅の新お土産!「シルシルミシル」で優勝したロールケーキ、「トーキョーキャラメルロールプレミアム」が超おいしい