船橋競馬場のコース概要


船橋競馬場 コース概要
funabashiCourse
外コースダート 左回り内コースダート 左回り
一周距離1400m一周距離1250m
幅員25m幅員20m


コーナーの内外に高低差を付けたスパイラルコースを採用。スピードの上がる4コーナーで外に振られる現象を抑えています。


船橋競馬場の特徴


船橋競馬場は、地方競馬では直線が長い競馬場です。また枠順の有利不利が少ないです。


船橋競馬場コース

【1000m】
短い距離なので、圧倒的に逃げ馬が有利です。スタートで出遅れると致命的な不利になります。


【1200m】
2コーナー奥からのスタートで、斜めに進入するために、内枠が有利になります。
逃げ・先行が有利になるケースが多くなります。


【1400m】
この距離だけは内コースを使用しています。内コースでコーナーがきつく、また1コーナーまでも距離が短いのが特徴です。 そのため、内から行く先行するタイプの馬に有利で、追い込み一手では厳しくなります。


【1500m】
1コーナーまでの距離が短いため、内枠が有利になります。800mや1200mに比べて 逃げ馬の割合が少し減ります。


【1600m】
1コーナーまでの距離が1500mより長くなり、枠順の有利不利が解消されます。
また差しでも充分届くケースがあります。


【1700m】
発走が4コーナーで、1600m以上に最初の直線が長いため、枠順の有利、不利はないと言えます。 レースの流れがスローになりがちなため、逃げ・先行は注意が必要です。


【1800m】
発走が4コーナー奥からになります。枠順の有利、不利はなく各馬が力を出し切せる条件ですが、外枠の方が内を見ながらゆったり走れるため、若干有利とも考えられます。


【2000m】
発走して、すぐに3~4コーナーを通過するという特殊なコースで、完全に内枠が有利です。 コーナーを5回も回るため、スローになりがちで、逃げ・先行できる馬の活躍が目立ちます。


【2400m】
展開や枠順よりも馬のスタミナが問われるコースです。





当たる競馬予想
毎週勝負レースの3連単の買い目や、競馬歴の浅い競馬初心者の方でも簡単に予想できる競馬予想法や、競馬に抵抗がある女性の方でも競馬を気軽に楽しむことが出来る方法を紹介しております。
banner7



船橋競馬場のレース開催日情報2014のトップへ戻る