(株)舟橋商店@社長ブログ

2014年09月

9/27(土)、所属する商工会議所青年部(YEG)の東北ブロック大会が
いわき市で開催されました。
ブロック大会は、全国それぞれ9の地域で、この時期毎週末
行われています。(重ならないように9週連続!)
今年の東北大会は同県のいわき市開催だったので、
県内からも多くのメンバーが、郡山YEGも50名超の参加数でした。

今大会の楽しみの一つ、小泉進次郎氏の記念講演会。
氏は現在、内閣府大臣・復興大臣の2つの政務官を兼任しています。

今回は復興大臣政務官という立場で
「東日本大震災と日本の将来」という演目でのご講演。
これを、いわき市で開催するという事に大きな意義がありました。

1411949777431

ただし、内容的には「被災地」に限らず、「全国の地方都市の再生」
全国には、自分の街にしか出来ないオリジナリティあふれる
街おこしを行っている熱い方たちがいるが、ほぼ例外なく
古い「規制」や「既得権益」の壁に当たって苦労しているとのこと。

氏は、これらの規制や法をなくしたり変えたりするのが、政治家でしか
出来ない使命だとおっしゃっていました。
また、成功事例を精力的に視察して回り、それらの事例を全国に
発信・波及していくことも、日本の活性化につながるとも。

その他、東京一極集中をいかに地方に分散するかのアイディアが
ぞくぞくと出てきました。
1時間の講演時間もぴったりで終了、すっかり引き込まれました。

それにしても33歳にして、あの政治家らしからぬバイタリティあふれる考え方と
素晴らしい話しっぷり、人気が出るはずです!
歳の差10を考えると、自分もまだまだ勉強が足りないと思いました
参加して本当に良かったです!もっと頑張らなくては!

ご存じのように、郡山市内には郡山警察署郡山北警察署の
2つの警察署があります。
9/18(木)午前中は、石油組合の用件でこの2つの警察署長を
訪問してきました。

用件は「ポケットティッシュの寄贈」
福島県石油組合は、毎年「ポケットティッシュ」を作成し、
秋の交通安全運動に合わせて、県内すべての警察署に
寄贈していますが、県内の各支部がじぶんの管内の
警察署を担当します。

今回は予定していた支部長が行けなくなり、急遽初めて私が行くことに。

行ってびっくりしたのは、新聞記者さんも来ていて
写真取材をしていること。
また、今年で13年連続での寄贈であることから、
署長さんたちの対応も大変慣れている様子でした。
早速、翌日からの交通安全運動中に配布してくださるとのこと。

下の写真は、記者さんに頼んで私のカメラで撮ってもらいました!
※郡山北警察署・署長室にて
1411006664737


年間の交通安全運動の目的は、交通違反者の検挙が目的ではなく
交通事故軽減につなげる注意喚起が大きな目的。

寄贈するポケットティッシュには「災害に備えて常時満タン給油を」
の文章を入れていますが、安全運転(無事故)のポイントは、
運転時の精神の安定と適度な緊張感かと。
常に満タン給油をされている方は、やはり心も運転にも余裕がありますね。

また、ガソリンスタンドで啓蒙できるとすれば「エコドライブ」
エコドライブは、必然的にスピードを落とし車間距離を保たざるを得ないので
燃費向上だけでなく、絶対に事故軽減につながります!

それにしても翌朝の朝刊2紙に写真付きで掲載されましたが、
多くの方から「見たよ!」の電話が・・・
地元紙ははやっぱり、みんな見られているんですね

9/14(日)は郡山市西部台に第二体育館で、
福島県フットサルリーグ2部の第7節が開催。

福島県でフットサルのリーグ開催は、今年で10年目。
今でこそ名が知れてきたフットサルも、10年前は
まだまだマイナーなスポーツでした。

ただし10年前でも、サッカー同様4年に一度の
ワールドカップが開催されている人気スポーツ。
フットサルでも、やはりブラジルが強いです。

国内でも県リーグを立ちあげている先進県もあった中、
特に福島県・東北は遅れている県でした。

その福島県リーグもやっと10年を数えるに至ったのは、
加盟するチームが順調に増え、その皆さんの運営協力が
あったからこそ。

私は3年前から、福島県フットサル連盟の副理事長を
仰せつかっている関係で、この日はリーグ運営の担当日。
とは言え、私自身が他団体の役職も多いため運営協力は、
年に数回しか出来ていません。
池田理事長、役立たずでスミマセン

1410741886352


たまにしか見ていないせいか、逆に参加チームのレベルが
毎回上がっている姿を見るのも楽しみです。
今回の運営は2部のリーグでしたが、来期の第1部昇格を
モチベーションに相変わらず、熱い戦いばかりでした!

ところで、運営担当(会場責任者)は基本、レフェリーはやりません。
私は無資格なので、どっちにしろ出来ませんが・・・
「早く資格をとって!」と、ちくりちくりと言われ続けていますが、
取っちゃったら、審判としてもっと、あてにされるのが目に見えていて・・・
もうちょっと、無資格でいいかな・・・

9/7(日)は、息子・娘の通う喜久田中学校の資源回収が行われました。
朝方まで激しい雨が降っていたので、頭の中で「今年も中止?」
というのも、去年は「警報」つきの大雨により止む無く中止した経緯が。
中止後に、各方面から「せっかく用意していたのに!」と
クレームの連絡があったのを思い出し、2年連続中止はマズイと
心配になりました。
そんな心配をしていると、学校からメール連絡あり。
「開始する9:00頃は、雨が止みますので、予定通り実施します」
今は、スマホのアプリで雨雲の予想が見れるので、
関係者の実施有無判断に、とても役に立ちますね!

1410224705722

予想通り雨は止み、終わるころには晴れ間も!
中学生も、積極的に参加・手伝いをしてくれました!

それにしても、昨年の中止時のクレームの通り、
地域の皆さんは、この日のために、多くの資源を
取って置いてくださるんですね!
今年も多くの資源量が集まりました!

毎回思いますが、自分が小さい頃は「廃品回収」と言っていました。
同じ収集事業でも、集めたものがただ捨てられるのか、
リサイクルされるのか、では本当に大きな違いですよね。

8/31(日)は、地元・熱海町の市民体育祭でした。
「市民」体育祭とはいうものの、市民一同ではなく
各行政(町)単位で、各地で一斉に開催されます。

その実施主体は、それぞれの町の「公民館」
熱海町は熱海公民館が主催で、実行委員組織として
9つの「分館」、いわゆる地元の公民館が入っています。

初めて知ったのですが、地元の公民館も
その地元から「館長」「主事」の2人が委嘱されて
年間の運営が行われています。

運営と言っても、年間数回行われる公民館行事の
お手伝いや、参加者の動員がもっぱら。

実は6月から、地元公民館の「主事」を仰せつかり
今回の市民体育祭から、お手伝いをすることになりました。

1409572755255

写真は、当日の様子ですが心配された雨も降らず、絶好の天気でした。

競技の大半は、9つの分館対抗の種目。
最終種目のリレーは、分館ごとの応援合戦で本当に盛り上がります。

体育祭が午前中で終わった後は、結果はさておき
お楽しみの「反省会」。
この反省会の準備が、私・主事の本当のお仕事。
そう、食べ物の手配・飲み物の買い出しなど、
実は当日よりも、前日までの準備が大変だったんです。

でも、いざ反省会でみなさんが楽しんでいる姿を見ると
やっぱりに嬉しいですね♪
頑張って準備した甲斐があります!

それにしても、公民館の冷蔵庫の調子が悪く、
せっかく前日から入れておいた飲み物が
全く冷えていませんでした(T_T)
急遽氷を用意して、クーラーボックスで急冷しましたが・・・

冷蔵庫、新しくしてもらわなくっちゃ!
って、これも自分の仕事かな?

このページのトップヘ