北からのひとりごとNEO

北海道でわんこと田舎暮らし中! 日々の暮らしがネタになる、 サバイバルな暮らしっぷりをどうぞ。

ブログのお引越し

北からのひとりごとは、以下へ引っ越しいたします。
お手数ですが、ブックマークの変更など、よろしくお願いいたします。

北からのひとりごと
http://kitakaranotayori.jp/diary/

仕事の実績はこちらです。
Fプランニング
http://www.kitakaranotayori.jp/fplanning/
実は去年ちょっと作りかけて放置していました…。
ちっとも進まないので、作りかけなんですが、もう見切り発車で告知します。
画像の引っ越しと、北からの便り自体のトップページがまだできていないのですうううう。
土曜日の午前中を作業時間にあてて、コツコツやる予定です。

しかしまぁ、とりあえず公開してみようかと。
まずい部分は直しながら〜。
どうぞよろしくお願いいたします。

#実はですね、過去のブログも引っ越ししようと
北からのひとりごとアーカイブ
http://kitakaranotayori.jp/diary_archive/
というのも作ってみたのですが、画像は元のURLへリンクされている
だけなのですよ。
これをすべて引っ越す労力はないわ…ということで、
こちらはお蔵入りになりそうです。

保育園児の夏休み

一応ね、スパカツ以外にもあれこれ立ち寄ったのですよ。

15_01
いつもは浦幌の市街経由で釧路へ行くのですが、 
十勝太(とかちぶと)経由で行ってみよう!と思い立ち、
そのあまりの砂利道っぷりにびびったり…。
(砂利の上に曲がりくねったアップダウンでびっくり)
上の写真は、途中の景勝地、
昆布刈石展望台です。 

15_02
釧路へ行くときには、たぶん誰もが立ち寄るだろう
白糠の道の駅「恋問(こいとい)」で、波と戯れたり〜。
(チビふなは抱っこから降りませんでしたが…)
暑かったので、海岸には人が大勢出てましたが、
さすが道東の太平洋、水が冷たいので泳いでいる人は皆無でした。

15_03
釧路市動物園に行ったり。
いや〜〜〜〜暑かった!暑かった!
涼しいはずの釧路、行くたびに猛暑なのはなぜ。

初めてアムールトラのココア、見ました♪

15_04
個人的にウケた、「高いところに上り、じっとしているヤギ」。
なぜかこの子だけこんなところでじーっとしています。ふれあいコーナーで、檻の中に入って触れます。

このヤギもそうですが、お腹大きいヤギが多かったです。
もう少しすると出産ラッシュになりそうです。
 
 和商市場にも、もちろん行きましたが写真はなし〜。

15_08
帰りは阿寒湖経由で。
カルガモに興味津々の2歳児。

15_09
帰宅後、更に花火をしてみました。
先日の打ち上げ花火は、ビビッてしまったチビふなですが
手持ち花火はお気に召したよう。
火をつけるところから全く怖がらず、 ちょっと振り回してみたり、
終わったそばから「次!次はこれやる!」とリクエスト。
楽しかったらしく、次の日も「花火は?」と聞かれました。
やっぱ、音が怖かったのかなぁ。

15_11
別の日。
大樹町の子ども盆踊りに参加しました。
もっと鮮明な写真もあるのですが、顔がわからないように
ボケた写真を選んでみました。
なかなかこのへんのさじ加減が難しいぜ…。

チビふなは、前半は私に抱っこでまったく歩こうとせず、
後半は旦那に連れられて、なんとか歩いてました。
全く踊らないので「もう帰る?」と聞いても
「いや!」と拒否。踊らなくても当人は楽しんでいるようで、
最後にもらった、参加賞のお菓子を、ものすごーく大事そうに
抱えていました。 

15_10
おまけ。
娘の撮ったゴン太。
ちゃんと床にはいつくばって、ゴン太の視線と同じ高さに
カメラを構えて撮影します。
撮った後は、ちゃんとカメラチェックします(笑)。
おもしろいのであれこれ撮影させてます。

以上、そんなこんなで2歳児の夏休み風景でした。
今日から保育所復帰です。
私は、たまっていた諸々のことを片付けています。
 

スパカツ目当てで、釧路に行ってきました

チビふなが生まれてから初めて、釧路へ行ってきました。

メインは泉屋のスパカツ!
一度食べてみたかったの〜。
というわけで、ホテルも泉屋に一番近いパコ釧路(初パコ…)。
私的に、パコは出張族のおじさんに人気のホテルという
イメージがあって、ファミリー利用は考えられなかったのですが、
女性客が少ない=女性大浴場がすいている、で
思ったよりもよかったです。

で、釧路と言ったら炉端焼きでしょー!という常識(?)を破り
晩御飯は念願の泉屋で。
ホテルの裏、同じブロックにあります(笑)。

15_05
鉄板にどどーんと、こんなですよ。
これで900円なり。
しかし、こちらは旦那が頼んだため、私は一口だけ〜。
(その一口も、すんごいイヤがられた…分けるの嫌いな人っているよね)

15_06
私はこちらを頼んでみました。
「泉屋風」というメニュー、750円。塩味。
ええっ、 スパカツより大盛りではないですか!!
一生懸命食べましたが、途中でギブアップ。旦那へ。

おいしいのだけど、同じ味を延々と食べるのに飽きちゃうので 
次回あったら、セットメニューを頼もうと思います。

個人的に一番おいしそうだったのはこれでした。
15_07
お子様ランチ、650円。この他、おもちゃもつきます。
(しかも好きなものを選べる)
ハンバーグが、ちゃんと作っていておいしかったです!
すんごいアツアツで来るので、我が家を含め、
どのテーブルも、子ども用にフーフーするのに必死。

全体的に量が多いので、大人の女性ならこのくらいでちょうどいいかも。
プリンとオムレットと缶詰と生クリームと、デザートの割合が多いせいもあり、
子ども2人でお子様ランチ1つ、というお客さんも多かったです。
おもちゃは別売りで150円で分けてくれるので、
やっぱりそういう家庭が多いのでしょう。 
 
スパカツ本家と言われる泉屋で食べましたが、
個人的な好みでいえば、大樹のサンジュリアン に軍配が上がります…。
サンジュリアンの半熟卵がいいんですよねぇ〜。
 この辺は好みなので、ま、適当に流してくださいませ。

どちらにせよ、食べたかったものを食べて満足です!

本日誕生日です〜前倒しで楽しみました♪

本日8月8日は私の誕生日です。
養命酒の「女性は7の倍数に体に不調が…」といっている、
その年です(ちなみに35歳ではない)。
健康第一で行こうと思います。

誕生日は今日なんですが、平日のため、前倒しで昨日やっちゃいました〜。

まずは、旦那が嫌がる娘を連れて(とーたんイヤイヤ時期)外出。
残った私は、朝からワンピ最新刊読んで号泣〜(娘がいるとゆっくり読めず)。

その後、お友達と予約していた「植えるcafe」さんでランチ♪
お店オープン時にサイト制作したものの、全く行けずに初めて!お客として
行ってきましたよ〜。

08_01
おしゃれな冷製スープから始まり

08_02
前菜盛り合わせ。

08_03
メインは豚。

08_04
フルーツたっぷり、甘さ控えめの、大人なデザートプレート。
この他に、パンとハーブティがつきます。

旦那には絶対足りない量なので、ここいくなら絶対ジョシと〜!と
決めてました。念願かなって嬉しいです。

帰宅したら、旦那が誕生日ケーキ買ってきてくれてました。
チビふなが選んでくれたそうです。
夕食はフツーに、そうめんだったんですが
食後にローソクつけて、娘と一緒に吹き消しました。
08_05
今年は六花亭の小さ目ケーキ。
もちろん、旦那と娘は別のケーキをしっかり買っていた(わはは)。

夜はチビふなと一緒に9時に寝て、朝までぐっすり!

楽しい誕生日前夜でした。
今日はおとなしく、仕事しておりますよ。
今年も楽しい1年でありますように〜〜〜。

歴舟川清流まつりに行ってきました

昨日大樹町で行われた、歴舟川清流まつりに行ってきました。
まつりは昼からやってますが、夕方から行われる
「ペルプネ火祭り」と花火大会だけの参加です。

まずはペルプネ火祭り。
手たいまつを持ってグルグル回る姿は、ちょっとアヤシイ感じがします(笑)。
01_01

200本の手たいまつを投げ入れると、真ん中の柱たいまつに
火が燃え移ります。
01_02

バターン!と倒れた方角が海側だったので
今年は豊漁ということです(山側だと豊作)。
01_03


ここから先は危険ですよ、という地帯を分けるのに、
普通はロープかなんかで区切ると思うのですが、今年は
木のろうそくでした(手前の丸太がそうです)。
木のろうそく、それ自体が燃えてるし!
この日は寒いくらいだったので、あったかかったんですが
これって都会のイベントだとありえないよな〜〜〜っていつも思う。
安全性とか問われそうで。

その後、会場内に展示され、
昼間は子供たちに好き放題触られまくっていた
消防車が出動し、鎮火してました。

01_04
最後は花火大会。
ま〜〜〜ものすごく「ささやかな」花火大会なんですけども、
ちびふなにとっては初めての打ち上げ花火。

01_05
混まないので、子連れにはありがたいです。
(しかも会場近くの知人宅に車を置かせてもらったので
駐車場から車を出す渋滞もなし)

予想通りというか、ちびふなは怖がって固まり、
花火に背を向けて私にしがみついてました。

決して泣くわけではないのですが、か細い声で
「こわい…」「帰りたい…」「もう終わった?」の繰り返し。
こんなんでは、勝毎花火大会に行ける日はいつなのか。
場数を踏んで、慣れておくれ〜。

ということで、夏の一日でした。

ポロシリでランチ♪

29_005
ちょっと時間が空いたので、久しぶりにポロシリへ。
この日は「自家農園サラダ」と「揚げ出しチキン」、飲み放題のコーヒー。
ごはん類を頼まなかったのにはわけがある!

29_006
プリンアラモード、食べたかったから〜!
お腹あけておいたのですよん。

おいしゅうございました。
現在夏休み期間中で、お昼は混みますが、少しずらすと大丈夫!

セミの羽化を観察!

昨晩、家の前でセミの幼虫発見!
ウキウキと家のカーテンに止まらせ、羽化を観察することにしました。
29_007
お、背中が割れてきた!

29_001
のけぞり!幽体離脱状態。

29_004

29_002
おお、羽が全部伸びました!きれい〜。

29_003
今朝はこんな感じになってました。
すっかり大人のセミに。

チビふなには最初「セミの赤ちゃんだよー」と教えたので
今朝↑この状態になったセミに、お人形のミルクを一生懸命あげていました。
そして抜け殻をちょんちょん触ってます(笑)

夏休みモードな話題でした。

2歳児のお弁当2連発

今月は娘のお弁当が2回ありました。
毎回持っていくたびに、保育士さんから
「OLのお弁当」「多い」「少ない」とあれこれ言われるので、
作るのがちょっとイヤ。
娘から「おいしかった♪」という声はいつ聞けるのでしょうか…。

さて。
14_01
これが「少なかった」と言われた弁当。
前々回のが「多かった」って言われたから調整したんですけどねぇ。

14_02
で、今回のがこれ。海苔巻きおにぎりの数が増えてるのと
弁当箱大きくしてみました。
上に乗ってるトドックポテトね、実は食べないのよね〜。
保育所なら食べるかと思って入れてみた。
(半分残してきた)
量自体は、ちょうどよかったみたい。

チーズを切り抜くのに、ハート型くらいは買ってこようと
誓った私なのでした。
包丁でむりやり切り抜いてみたんだけども、いびつ。

これでしばらくは弁当ないはず!

子ギツネこんこん

09_01
こないだ車で仕事に向かう途中、大樹町内でキツネの親子を見ました。
親ギツネはささっと草むらに隠れましたが、子ギツネは呑気に車に近寄ってきました。

北海道以外の方は「キタキツネかわいい!」なんですが
北海道に住んでいると「エキノコックス持ってるから、近づいちゃダメ!」「敵!」
という反応です。
ここまで地元とほかの地域の人の温度差のある動物も
めったにいないのでは、と思います。

わたしもどっちかというと後者なんですが
そんな私でも、さすがに子ギツネはかわいい!

ちょうどカメラ持っていたので、車停めて撮影してみました♪
北海道移住して14年目、キツネの写真撮ったのなんてほとんどないです(笑)。

たまにはこんな話題でも。

本日オープン!広島焼「てっちゃん」

本日、大樹町に広島焼きの店「てっちゃん」がオープンしました♪

広島出身の店主(てっちゃん)が作る広島風お好み焼きと、
たぶんこのあたりの方はほとんど食べたことがないだろう
「とんぺい焼」が自慢のお店です。

お店のメニューを作らせていただいたので、
オープンより前にお伺いしてきましたよん。
14_01
これが基本の広島焼(そば)、650円。
マヨネーズは席に置いてあるので、かけ放題です。
十分ボリュームありますが、麺2玉入ったWメニューもあり。
こちらは800円。

トッピングは、餅やネギといった定番の他、大樹納豆や半田ファームの
チーズなんてものもあり。

14_02
そんでこれがとんぺい焼き、450円。
豚ばら肉をお好み焼きの生地で焼いて、たまごでとじたものです。
私も初めて食べました〜。ビールに合う合う!

14_03
実は一番の話題だと思う、店主の「てっちゃん」です。
なんせ京大出身!ええ〜!?
東京で働いたのち、大樹町の農家さんで働き、
お店を出すにあたって、
広島のお好み焼きやさんで修行して、大樹に戻ってきたという…。

オープンするにあたり、広島からお父様が手伝いに来てらっしゃって
少しお話したのですが、
「東京で働いてたから、いつか帰ってくるんだろうと思っていたら
北海道に行ってしまって…。息子は、東京も北海道も変わらんやろ、
って言うんじゃけど…」って、ぼそっともらしてました。

ええ!私も似たようなことを親に言われましたとも!
わはは。

オープンぎりぎりにメニューを収めました。
リアルゴールドと一緒に(笑)。

もう少し、落ち着いたら食べに行きますね〜!
がんばれ!てっちゃん!

広島焼 てっちゃん
【住所】大樹町西本通11
【電話】01558-6-5779
【営業時間】11:00〜14:00、16:00〜22:00
【定休日】水曜日

Comment
Archives
Profile
  • ライブドアブログ